【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171106145240.html
子供に嫌われる女性の特徴

子供に嫌われる女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
子供に嫌われる女性の特徴

子供は女性なら安心して寄ってきてくれるものかと言えば実はそうでもありません。

子供に嫌われる女性の特徴とはどんなものなのでしょうか。

  • 正論ばかりを堅苦しく主張する
  • 子供気分ではしゃいでくれない
  • ムキになって怒ったり落ち込む
  • セクシー過ぎたりオシャレ過ぎる
  • 笑顔がウソっぽい
  • 理解した風で知ったかぶっているだけ
  • 目つきがきつい
  • 相手や日によって態度が違う
  • まとめ

1. 正論ばかりを堅苦しく主張する

正論ばかりを堅苦しく主張する

「○○をすると怪我をするからやめましょう」とか「おもちゃは仲良く交代で使いましょう」などというような正論は大人として子供に教えるべきことです。

しかし、そればかりを子供に主張し続けると堅苦しいつまらない女性だと思われてしまいます。

子供は「ま、いっか!気をつけるんだよ」とか「じゃあこうしてみる?」というようにこちらに歩み寄って欲しいと思っていることも多く、時には自分のために臨機応変に対応してくれるのを期待しています。

2. 子供気分ではしゃいでくれない

子供気分ではしゃいでくれない

「一緒に遊ぼう!」と張り切ったとしても、完全に子供気分になって心からはしゃいでくれないと口ばっかりでつまらない大人の女性だと思われてしまいます。

そんな時まで女性であることを気にして可愛らしく走ってみたり、高いところに登るのを「こわ〜い!」なんて言っていたら子供はがっかりするでしょう。

子供が求めている遊び相手はまさに子供、子供をリードするくらいのテンションで臨む必要があります。

3. ムキになって怒ったり落ち込む

ムキになって怒ったり落ち込む

子供に嫌われる女性は容姿のことを指摘されてムキになって怒ったり、「気にしているのに…」と落ち込んだりするような大人気ない女性ではないでしょうか。

子供は悪気なく「デブ!」とか「ウザい!」などと言うこともありますが、自分に興味を持ってもらいたくてそういうブラックなことを言って寄ってくる子もいますし、それによって相手がどんな人なのかを悟ろうとしていることもあります。

冗談や本音が拒絶されてしまうと子供は近寄りがたいと感じることでしょう。

4. セクシー過ぎたりオシャレ過ぎる

セクシー過ぎたりオシャレ過ぎる

子供はセクシー過ぎる女性に遠慮してしまいます。

女の子ならなんとなく負けたような気分になり、遠い存在に思えます。

男の子ならそばに寄って良いのかましてやだっこをせがむなんていけないのでは?と思ってしまうこともあるでしょう。

オシャレ過ぎる女性も同じように親近感がわかず、遠慮から嫌われてしまうこともあり得ます。

子供の前では飾りすぎないようにし、自然で素朴なくらいの方がいいですね。

5. 笑顔がウソっぽい

笑顔がウソっぽい

子供の前だからってウソっぽい笑顔を振りまく大人もいます。

それは子供でも作り笑いだとわかりますし、「笑顔なら安心してなついてくれるよね?」と言われているみたいで賢い子は馬鹿にされたと感じたりなおさら警戒することもあるのでやめてください。

目が笑っていないとかひたすら笑い続けているとバレやすいです。

時には真顔になったり照れ笑いを浮かべたりする女性は裏表がないように感じ、子供も安心して心を開いてくれます。

6. 理解した風で知ったかぶっているだけ

理解した風で知ったかぶっているだけ

「私が子供の頃もそうだったよ」とか「子供ってこういうの好きだよね」というような口ぶりで子供というものを理解した風な知ったかぶりな女性は子供に嫌われてしまいます。

特にマセた子供には「わかってないくせに!」とますます壁を作られ、時には意地悪心が働くきっかけを与えてしまうことにもなるのでうかつに発するべき言葉ではないでしょう。

本当にわかってあげたと思えた時や子供が深く落ち込んでいるような時に親身になって言うからこそ説得力が生まれるのではないでしょうか。

7. 目つきがきつい

目つきがきつい

目つきがきつい女性は子供に怖がられ、嫌われてしまいます。

視力が悪いなら眼鏡をかけたりコンタクトレンズを装着し、目をこらして子供を見たりしないようにしましょう。

睨まれていると感じた子供が可哀想ですし、誤解されてしまう自分自身も可哀想です。

目のサイズのせいできつく見られてしまうようであれば、化粧や眼鏡のフレームを変えたり黒目が大きくなるコンタクトレンズを試しましょう。

それだけでかなり違いも出ます。

8. 相手や日によって態度が違う

相手や日によって態度が違う

子供は大人をよく見ています。

この子には優しい口調だとか、この子にだけは目を見て話さないなども気づかれてしまうため、相手によって態度を変えないようにしてください。

たまに男の子や可愛い子にだけ優しくする大人の女性がいます。

それはそうではない子供に嫌われるので避けましょう。

日によって機嫌が悪かったりテンションが高い低いなどと差があるのも子供は混乱します。

相手がよくわからないから嫌いになってしまうということもあるので、子供の前では意識したいですね。

まとめ

いかがでしたか?

子供は子供目線で接することもできるような元気で愛嬌のある大人の女性が好きです。

また、わかりやすく心を開いてくれる人に対して安心して寄ってきてくれますので、仕事や子育てなどにおいて子供と接する機会の多い女性はそういったところにも心がけてみてください。

子供って案外鋭く大人を見ています。

繕って近寄りやすい女性を目指すのではなく、日頃から自分を磨いて安心感を自然に出せるような女性になりたいですね。

子供は女性なら安心して寄ってきてくれるものかと言えば実はそうでもありません。

子供に嫌われる女性の特徴とはどんなものなのでしょうか。


正論ばかりを堅苦しく主張する

「○○をすると怪我をするからやめましょう」とか「おもちゃは仲良く交代で使いましょう」などというような正論は大人として子供に教えるべきことです。

しかし、そればかりを子供に主張し続けると堅苦しいつまらない女性だと思われてしまいます。

子供は「ま、いっか!気をつけるんだよ」とか「じゃあこうしてみる?」というようにこちらに歩み寄って欲しいと思っていることも多く、時には自分のために臨機応変に対応してくれるのを期待しています。

子供気分ではしゃいでくれない

「一緒に遊ぼう!」と張り切ったとしても、完全に子供気分になって心からはしゃいでくれないと口ばっかりでつまらない大人の女性だと思われてしまいます。

そんな時まで女性であることを気にして可愛らしく走ってみたり、高いところに登るのを「こわ〜い!」なんて言っていたら子供はがっかりするでしょう。

子供が求めている遊び相手はまさに子供、子供をリードするくらいのテンションで臨む必要があります。

ムキになって怒ったり落ち込む

子供に嫌われる女性は容姿のことを指摘されてムキになって怒ったり、「気にしているのに…」と落ち込んだりするような大人気ない女性ではないでしょうか。

子供は悪気なく「デブ!」とか「ウザい!」などと言うこともありますが、自分に興味を持ってもらいたくてそういうブラックなことを言って寄ってくる子もいますし、それによって相手がどんな人なのかを悟ろうとしていることもあります。

冗談や本音が拒絶されてしまうと子供は近寄りがたいと感じることでしょう。

セクシー過ぎたりオシャレ過ぎる

子供はセクシー過ぎる女性に遠慮してしまいます。

女の子ならなんとなく負けたような気分になり、遠い存在に思えます。

男の子ならそばに寄って良いのかましてやだっこをせがむなんていけないのでは?と思ってしまうこともあるでしょう。

オシャレ過ぎる女性も同じように親近感がわかず、遠慮から嫌われてしまうこともあり得ます。

子供の前では飾りすぎないようにし、自然で素朴なくらいの方がいいですね。

笑顔がウソっぽい

子供の前だからってウソっぽい笑顔を振りまく大人もいます。

それは子供でも作り笑いだとわかりますし、「笑顔なら安心してなついてくれるよね?」と言われているみたいで賢い子は馬鹿にされたと感じたりなおさら警戒することもあるのでやめてください。

目が笑っていないとかひたすら笑い続けているとバレやすいです。

時には真顔になったり照れ笑いを浮かべたりする女性は裏表がないように感じ、子供も安心して心を開いてくれます。

理解した風で知ったかぶっているだけ

「私が子供の頃もそうだったよ」とか「子供ってこういうの好きだよね」というような口ぶりで子供というものを理解した風な知ったかぶりな女性は子供に嫌われてしまいます。

特にマセた子供には「わかってないくせに!」とますます壁を作られ、時には意地悪心が働くきっかけを与えてしまうことにもなるのでうかつに発するべき言葉ではないでしょう。

本当にわかってあげたと思えた時や子供が深く落ち込んでいるような時に親身になって言うからこそ説得力が生まれるのではないでしょうか。

目つきがきつい

目つきがきつい女性は子供に怖がられ、嫌われてしまいます。

視力が悪いなら眼鏡をかけたりコンタクトレンズを装着し、目をこらして子供を見たりしないようにしましょう。

睨まれていると感じた子供が可哀想ですし、誤解されてしまう自分自身も可哀想です。

目のサイズのせいできつく見られてしまうようであれば、化粧や眼鏡のフレームを変えたり黒目が大きくなるコンタクトレンズを試しましょう。

それだけでかなり違いも出ます。

相手や日によって態度が違う

子供は大人をよく見ています。

この子には優しい口調だとか、この子にだけは目を見て話さないなども気づかれてしまうため、相手によって態度を変えないようにしてください。

たまに男の子や可愛い子にだけ優しくする大人の女性がいます。

それはそうではない子供に嫌われるので避けましょう。

日によって機嫌が悪かったりテンションが高い低いなどと差があるのも子供は混乱します。

相手がよくわからないから嫌いになってしまうということもあるので、子供の前では意識したいですね。

いかがでしたか?

子供は子供目線で接することもできるような元気で愛嬌のある大人の女性が好きです。

また、わかりやすく心を開いてくれる人に対して安心して寄ってきてくれますので、仕事や子育てなどにおいて子供と接する機会の多い女性はそういったところにも心がけてみてください。

子供って案外鋭く大人を見ています。

繕って近寄りやすい女性を目指すのではなく、日頃から自分を磨いて安心感を自然に出せるような女性になりたいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-