【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171104161332.html
節約できない女性の特徴

節約できない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
節約できない女性の特徴

何故か無駄遣いが多くなってしまい、すぐに散財してしまう女性がいます。

節約できない女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

  • 細かいことが苦手
  • ブランド志向がある
  • 負けず嫌い
  • 今が楽しければいい
  • 節約をバカにしている
  • 一発逆転を狙っている
  • 親が浪費家
  • 見栄っぱり
  • 不安がある
  • まとめ

1. 細かいことが苦手

細かいことが苦手

大雑把な性格をしているため、細かいことを管理するのが苦手な女性です。

節約イコール我慢だったり、面倒だと感じているため節約をすることができません。

家計簿や日記帳も最初の1ヶ月くらい真面目に付けるのですが、途中でほりだしてしまい長続きしません。

キッチンなどには封を開けて使いかけの食材がいくつも収納してあったり、自分の持ち物を把握していません。

2. ブランド志向がある

ブランド志向がある

ブランド物に対して強いこだわりがあるため、ノーブランドのものとブランド物を比較するとすぐにブランド物を選んでしまいます。

それを選ぶ自分がまるで価値のある人間という意識があるため、ノーブランドの物が選べません。

つまり自分自身にはあまり自信を持っておらず、ブランド志向で自分をごまかしているのです。

3. 負けず嫌い

負けず嫌い

根がギャンブラーなようで負けず嫌いです。

勝負事では絶対負けたくないという気持ちがあるため、そのためには散財してしまっても構わないと思っています。

良い方向に負けず嫌いが働けばよいのですが、ライバル視している女性と張り合って高価なものを購入してしまったり、無駄な浪費をしてしまいがちです。

4. 今が楽しければいい

今が楽しければいい

節約というのは将来を見据えた行動ですが、節約できない女性というのは「今」を生きています。

そのため遠い将来のことを考えて行動することができません。

年を取ってから使うお金のことよりも、今の自分を楽しく生きるためならどれだけでも消費していいと感じています。

行き当たりばったりに行動しているため、節約どころか借金を作る可能性もあり危険な考え方です。

5. 節約をバカにしている

節約をバカにしている

節約できない女性は、「節約」する人のことをバカにしていることが多いです。

節約するということは計画的に生きている、将来を考えている、堅実な人ですが、節約するということは貧乏たらしいと考えています。

そんな貧乏たらしいことは恥ずかしいからできない、だから細かい節約なんてしないのだという結論に達しています。

6. 一発逆転を狙っている

一発逆転を狙っている

節約ができない女性というのは、本当は堅実に生きることができない自分をただ誤魔化しているだけです。

同年齢の女性と比べても明らかに貯蓄も少ないです。

ですが将来に対してポジティブに考えているのは、一発逆転を狙っているからです。

自分は魅力的だから年収の高い男性と結婚することができると、結婚で立場を逆転させることを狙っています。

そのためにさらに自分磨きと称して、必要以上に浪費に走る傾向にもあります。

7. 親が浪費家

親が浪費家

お金の感覚のスタートと言うのは、その人の親が関係しています。

親が浪費家だったため、節約ができないまま大人になってしまっています。

金銭感覚は特に親から受け継がれやすく、親がお金に対して無頓着で節約もしたことがないのなら、子供も同じように育ちやすくなります。

実家暮らしをしているうちはなかなか気付けませんが、一人暮らしを始めると自分で全て管理しなくてはいけないため改めてお金の使い方を考えるようになります。

親が浪費家の場合には、その後の生活次第では「節約ができない女性」を脱出することもできます。

8. 見栄っぱり

見栄っぱり

見栄を張らない人というのは、自然と無駄な消費も減ります。

節約しているということを恥ずかしいとは思っていませんし、堂々としていて自分に自信も持っています。

節約できない女性というのは、家計がどれだけ火の車だとしてもそれを他人には絶対知られたくはありません。

そのため見栄を張るためにならいくらでもお金を使ってしまいます。

見栄を張ることには意味がありませんが、見栄を張らないことには自分を他人に認めてもらえないと感じているのです。

自分に自信が持てるようになったり、ありのままの自分を褒めてくれる誰かがいると見栄を張る必要もなくなり節約もできるようになりますね。

9. 不安がある

不安がある

節約できない女性というのは、本当は節約もしなくてはいけないということは薄々気付いています。

お金に対する不安、将来に対する不安など色々抱えていることから、反対にお金を浪費するという行為に走ってしまうのです。

不安から節約ができずお金を使い、お金が貯まらない、そしてまたお金がないことで不安になるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

メンタルが弱くて行動に移すことができませんので、自分で管理するのではなく第三者に管理してもらうことで節約できる体質になることもできます。

まとめ

節約ができない女性には、心理下に「自分に自信が持てない」ということがあります。

自信のない自分を外側からごまかすために、節約せずに浪費をしています。

今のままの自分に自信を持つこと、そして他人を気にせずに生きることで無駄な浪費を抑えることができます。

親しい友達や恋人など、自分を愛してくれる人が心を支えてくれることで、節約できない原因を取り払うことが大切ですね。

何故か無駄遣いが多くなってしまい、すぐに散財してしまう女性がいます。

節約できない女性にはどのような特徴があるのでしょうか。


細かいことが苦手

大雑把な性格をしているため、細かいことを管理するのが苦手な女性です。

節約イコール我慢だったり、面倒だと感じているため節約をすることができません。

家計簿や日記帳も最初の1ヶ月くらい真面目に付けるのですが、途中でほりだしてしまい長続きしません。

キッチンなどには封を開けて使いかけの食材がいくつも収納してあったり、自分の持ち物を把握していません。

ブランド志向がある

ブランド物に対して強いこだわりがあるため、ノーブランドのものとブランド物を比較するとすぐにブランド物を選んでしまいます。

それを選ぶ自分がまるで価値のある人間という意識があるため、ノーブランドの物が選べません。

つまり自分自身にはあまり自信を持っておらず、ブランド志向で自分をごまかしているのです。

負けず嫌い

根がギャンブラーなようで負けず嫌いです。

勝負事では絶対負けたくないという気持ちがあるため、そのためには散財してしまっても構わないと思っています。

良い方向に負けず嫌いが働けばよいのですが、ライバル視している女性と張り合って高価なものを購入してしまったり、無駄な浪費をしてしまいがちです。

今が楽しければいい

節約というのは将来を見据えた行動ですが、節約できない女性というのは「今」を生きています。

そのため遠い将来のことを考えて行動することができません。

年を取ってから使うお金のことよりも、今の自分を楽しく生きるためならどれだけでも消費していいと感じています。

行き当たりばったりに行動しているため、節約どころか借金を作る可能性もあり危険な考え方です。

節約をバカにしている

節約できない女性は、「節約」する人のことをバカにしていることが多いです。

節約するということは計画的に生きている、将来を考えている、堅実な人ですが、節約するということは貧乏たらしいと考えています。

そんな貧乏たらしいことは恥ずかしいからできない、だから細かい節約なんてしないのだという結論に達しています。

一発逆転を狙っている

節約ができない女性というのは、本当は堅実に生きることができない自分をただ誤魔化しているだけです。

同年齢の女性と比べても明らかに貯蓄も少ないです。

ですが将来に対してポジティブに考えているのは、一発逆転を狙っているからです。

自分は魅力的だから年収の高い男性と結婚することができると、結婚で立場を逆転させることを狙っています。

そのためにさらに自分磨きと称して、必要以上に浪費に走る傾向にもあります。

親が浪費家

お金の感覚のスタートと言うのは、その人の親が関係しています。

親が浪費家だったため、節約ができないまま大人になってしまっています。

金銭感覚は特に親から受け継がれやすく、親がお金に対して無頓着で節約もしたことがないのなら、子供も同じように育ちやすくなります。

実家暮らしをしているうちはなかなか気付けませんが、一人暮らしを始めると自分で全て管理しなくてはいけないため改めてお金の使い方を考えるようになります。

親が浪費家の場合には、その後の生活次第では「節約ができない女性」を脱出することもできます。

見栄っぱり

見栄を張らない人というのは、自然と無駄な消費も減ります。

節約しているということを恥ずかしいとは思っていませんし、堂々としていて自分に自信も持っています。

節約できない女性というのは、家計がどれだけ火の車だとしてもそれを他人には絶対知られたくはありません。

そのため見栄を張るためにならいくらでもお金を使ってしまいます。

見栄を張ることには意味がありませんが、見栄を張らないことには自分を他人に認めてもらえないと感じているのです。

自分に自信が持てるようになったり、ありのままの自分を褒めてくれる誰かがいると見栄を張る必要もなくなり節約もできるようになりますね。

不安がある

節約できない女性というのは、本当は節約もしなくてはいけないということは薄々気付いています。

お金に対する不安、将来に対する不安など色々抱えていることから、反対にお金を浪費するという行為に走ってしまうのです。

不安から節約ができずお金を使い、お金が貯まらない、そしてまたお金がないことで不安になるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

メンタルが弱くて行動に移すことができませんので、自分で管理するのではなく第三者に管理してもらうことで節約できる体質になることもできます。

節約ができない女性には、心理下に「自分に自信が持てない」ということがあります。

自信のない自分を外側からごまかすために、節約せずに浪費をしています。

今のままの自分に自信を持つこと、そして他人を気にせずに生きることで無駄な浪費を抑えることができます。

親しい友達や恋人など、自分を愛してくれる人が心を支えてくれることで、節約できない原因を取り払うことが大切ですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-