【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171103162558.html
さげまんの女性の特徴

さげまんの女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
さげまんの女性の特徴

世の中には一緒にいる男性の運気を下げてしまう女性がいます。

それをさげまんの女性と言いますが、そんなさげまんの女性とはどのような特徴があるでしょうか。

  • 連絡の頻度が多い
  • 男友達を求める傾向がある
  • 自分の意見を曲げない
  • 周りに彼氏の悪口を言いふらす
  • 自分はモテるしあげまんだと思っている
  • 家庭に問題がある
  • まとめ

1. 連絡の頻度が多い

連絡の頻度が多い

さげまんの女性は相手の男性に対して極度に連絡を入れます。

今何をしているのか、お昼は何を食べたのかなどそんなに細かいこと教えなきゃいけないのかというくらいの頻度で来ます。

それがたとえ仕事中でも関係ありません。

仕事してるから連絡の返事はできないの解っているはずなのに「なんで返事来れないの」と不条理なほどにキレられてしまうのです。

夜になっても、相手の男性は眠たいのにしばらくラインのやり取りを付き合わせたり時には電話してきたりと、これでは相手も寝不足になって明日の仕事に身が入らなくなってしまいますね。

そして会社で成績を下げてしまうのです。

挙げ句のはてには「仕事中でも連絡返すくらいはできるでしょ」「少しくらい寝なくたって大丈夫だって」と勝手なことばかり言ってきます。

2. 男友達を求める傾向がある

男友達を求める傾向がある

さげまんの女性に限って男性の友達を増やそうとしています。

さげまんの女性は基本的にはさみしがりやで人肌を求めているので、少しでもチャンスがあるのであれば接近して友達になろうとするのです。

本当は自分のことを理解してくれる友達がいないので、自分から求めていかにも友達が多いとアピールしたいのです。

しかしそうやって男友達を求めるあまりに、すぐに体の関係を許してしまい、ただの都合のいい女になってしまうというような悪いスパイラルに陥りやすいこともさげまん女性の特徴と言えるでしょう。

3. 自分の意見を曲げない

自分の意見を曲げない

さげまんの女性は断固として自分の意見を曲げることはしません。

これは一見、意思が強くて良いのではと思うかもしれませんが、そうではないのです。

人によって意見が違っていても良いようなことに関しても、自分の思っていることが正しくて、それ以外はおかしいと言い張るのです。

例えば「カレーにいれる肉は牛肉でしょう、鶏肉なんて許せない」と言うように、好みは人それぞれの問題に関しても自分の考え以外は許さないのです。

これでは相手の男性もまともに相手をしたくなくなりますね。

合わせることもだんだんしんどくなってしまいます。

4. 周りに彼氏の悪口を言いふらす

周りに彼氏の悪口を言いふらす

もしかしたらこんな光景を見たことある人もいるのではないでしょうか。

彼氏のいないところで周りにいる人たちに彼氏の悪口を言っている女性です。

これはさげまんの女性の特徴であり、付き合っている彼氏はたまったものではありません。

たまたま喧嘩をして、「こんなことがあって昨日は頭に来た」というような、ちょっとした愚痴のようなことであればまだ良いのですが、「ほんと、私の彼氏は口が臭くて」「たまに料理作ってくれても不味くてさ」と、言わなくても良いようなことを言ってしまうのは良くないことですね。

彼の評判は自然と落ちていってしまい、知らないうちに運気が下がってしまっているのです。

5. 自分はモテるしあげまんだと思っている

自分はモテるしあげまんだと思っている

さげまんの女性は、悲しいことですが自分がさげまんである自覚はありません。

それどころかあげまんだと本気で勘違いをしています。

私がいるから彼は頑張れているのだと思ってしまっているのです。

しかも同時に自分はモテるとも思ってもいるわけです。

もちろん現実はモテているわけではありませんが、態度と言葉で「私はモテている」と表してしまうのですね。

もちろん自分でそう思っているのですから、なにもしない限り今後それが治ることはないので、彼にとっては辛いところなのです。

6. 家庭に問題がある

家庭に問題がある

これがさげまんになったそもそもの特徴と言えるものでしょう。

さげまんの女性には、実は家庭環境が良くなかったということがあります。

親同士の喧嘩が耐えなかったとか、父親の浮気がひどかった、母親がヒステリックだったなどという、問題のある家庭で育ったということが、さげまんの女性になってしまったのでしょう。

家庭環境が悪いと子供には確実になにかが影響してしまい、一番よくあるのは愛情不足です。

それが大人になってから愛情が欲しいがばかりに、周りにいる人に構ってほしくて、迷惑なくらいに接しようとするのですね。

自分のことを見て欲しいし接して欲しいという気持ちが人一倍強いのです。

根本は本人の問題ではなく、家族にあったと言えるでしょう。

まとめ

さげまんの女性の特徴をあげていきました。

上にあげたものを一言で表すとワガママということになります。

ワガママな女性と付き合ってしまったら、その男性は疲れるし運気も下がってしまうのは解りますよね。

しかし問題なのは、さげまんの女性は自分にその自覚がないのです。

ワガママな女性は自分のワガママは可愛いものだし正しいことだと思っています。

ですので、さげまんの女性は誰かに指摘されない限りはずっとさげまんであるしかないのです。

世の中には一緒にいる男性の運気を下げてしまう女性がいます。

それをさげまんの女性と言いますが、そんなさげまんの女性とはどのような特徴があるでしょうか。


連絡の頻度が多い

さげまんの女性は相手の男性に対して極度に連絡を入れます。

今何をしているのか、お昼は何を食べたのかなどそんなに細かいこと教えなきゃいけないのかというくらいの頻度で来ます。

それがたとえ仕事中でも関係ありません。

仕事してるから連絡の返事はできないの解っているはずなのに「なんで返事来れないの」と不条理なほどにキレられてしまうのです。

夜になっても、相手の男性は眠たいのにしばらくラインのやり取りを付き合わせたり時には電話してきたりと、これでは相手も寝不足になって明日の仕事に身が入らなくなってしまいますね。

そして会社で成績を下げてしまうのです。

挙げ句のはてには「仕事中でも連絡返すくらいはできるでしょ」「少しくらい寝なくたって大丈夫だって」と勝手なことばかり言ってきます。

男友達を求める傾向がある

さげまんの女性に限って男性の友達を増やそうとしています。

さげまんの女性は基本的にはさみしがりやで人肌を求めているので、少しでもチャンスがあるのであれば接近して友達になろうとするのです。

本当は自分のことを理解してくれる友達がいないので、自分から求めていかにも友達が多いとアピールしたいのです。

しかしそうやって男友達を求めるあまりに、すぐに体の関係を許してしまい、ただの都合のいい女になってしまうというような悪いスパイラルに陥りやすいこともさげまん女性の特徴と言えるでしょう。

自分の意見を曲げない

さげまんの女性は断固として自分の意見を曲げることはしません。

これは一見、意思が強くて良いのではと思うかもしれませんが、そうではないのです。

人によって意見が違っていても良いようなことに関しても、自分の思っていることが正しくて、それ以外はおかしいと言い張るのです。

例えば「カレーにいれる肉は牛肉でしょう、鶏肉なんて許せない」と言うように、好みは人それぞれの問題に関しても自分の考え以外は許さないのです。

これでは相手の男性もまともに相手をしたくなくなりますね。

合わせることもだんだんしんどくなってしまいます。

周りに彼氏の悪口を言いふらす

もしかしたらこんな光景を見たことある人もいるのではないでしょうか。

彼氏のいないところで周りにいる人たちに彼氏の悪口を言っている女性です。

これはさげまんの女性の特徴であり、付き合っている彼氏はたまったものではありません。

たまたま喧嘩をして、「こんなことがあって昨日は頭に来た」というような、ちょっとした愚痴のようなことであればまだ良いのですが、「ほんと、私の彼氏は口が臭くて」「たまに料理作ってくれても不味くてさ」と、言わなくても良いようなことを言ってしまうのは良くないことですね。

彼の評判は自然と落ちていってしまい、知らないうちに運気が下がってしまっているのです。

自分はモテるしあげまんだと思っている

さげまんの女性は、悲しいことですが自分がさげまんである自覚はありません。

それどころかあげまんだと本気で勘違いをしています。

私がいるから彼は頑張れているのだと思ってしまっているのです。

しかも同時に自分はモテるとも思ってもいるわけです。

もちろん現実はモテているわけではありませんが、態度と言葉で「私はモテている」と表してしまうのですね。

もちろん自分でそう思っているのですから、なにもしない限り今後それが治ることはないので、彼にとっては辛いところなのです。

家庭に問題がある

これがさげまんになったそもそもの特徴と言えるものでしょう。

さげまんの女性には、実は家庭環境が良くなかったということがあります。

親同士の喧嘩が耐えなかったとか、父親の浮気がひどかった、母親がヒステリックだったなどという、問題のある家庭で育ったということが、さげまんの女性になってしまったのでしょう。

家庭環境が悪いと子供には確実になにかが影響してしまい、一番よくあるのは愛情不足です。

それが大人になってから愛情が欲しいがばかりに、周りにいる人に構ってほしくて、迷惑なくらいに接しようとするのですね。

自分のことを見て欲しいし接して欲しいという気持ちが人一倍強いのです。

根本は本人の問題ではなく、家族にあったと言えるでしょう。

さげまんの女性の特徴をあげていきました。

上にあげたものを一言で表すとワガママということになります。

ワガママな女性と付き合ってしまったら、その男性は疲れるし運気も下がってしまうのは解りますよね。

しかし問題なのは、さげまんの女性は自分にその自覚がないのです。

ワガママな女性は自分のワガママは可愛いものだし正しいことだと思っています。

ですので、さげまんの女性は誰かに指摘されない限りはずっとさげまんであるしかないのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-