【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171103162531.html
ウソ泣きのうまい女性の特徴

ウソ泣きのうまい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
ウソ泣きのうまい女性の特徴

ウソ泣きの上手い女性に共通して言える事はいくつかあります。

そうした女性の大きな特徴としては注目を浴びたいと言う動機からであったり、かわいがられたいと言う動悸が潜んでいます。

  • 悲劇のヒロイン
  • 気にかけて欲しい/構ってもらいたい
  • か弱い女性だと見られたい
  • ぶりっこ
  • 目立ちたい
  • 甘えん坊
  • 泣けば許されると思っている
  • 習慣化
  • まとめ

1. 悲劇のヒロイン

悲劇のヒロイン

ウソ泣きをする女性の性格の傾向としては、悲劇のヒロインをきどっている女性が居ます。

テレビドラマやアニメの主人公気取りで、私が被害者的な装いの1つにウソ泣きというのがあります。

仕事などで、それほどミスをきつく注意をしたわけでもないのにウソ泣きをして「そんなに重大なミスをしたわけでもないのに、ものすごく叱られた」というような空気を出し、突然泣き出したりします。

その為、周りの視線が注意をした人が悪いというように目に映ってしまいます。

その為、あの子に注意をすると直ぐに泣いて、立場が悪くなるからと注意ができなくなってしまいます。

2. 気にかけて欲しい/構ってもらいたい

気にかけて欲しい/構ってもらいたい

泣く事によって注目を浴びたいと言う事です。

泣いていたら「どうしたの?」と優しく声をかけられたり「よかったら話し聞こうか?

というような優しい言葉をかけてくれる人がいます。

そうした優しい人(特に男性)の気を引こうと、ウソ泣きをする女性が居ます。

ウソ泣きをする女性の特長のひとつとしては、気にかけて欲しかったり構って欲しかったりするので、どうしたらそのような言葉をかけてもらえるかというタイミングを図るのがとても上手です。

そのような、歪んだ感情が、ウソ泣きという行動に繋がります。

3. か弱い女性だと見られたい

か弱い女性だと見られたい

当然、理不尽なことで注意をされたときに上司に立ち向かって意見をしたりする女性と、何か注意などをされて泣いている女性を見た場合に後者の女性のほうがか弱い女性に見られます。

理不尽な事で注意をする上司だという事が、大人であれば理解できるので「あー、またあの上司が暴言はいてるよ」程度で聞き流すか反論するかが社会の中では行なわれます。

しかし、そうした対応ではなく「泣く」という行為を見せる事で、私はとてもか弱い女性だから誰か守ってと言うオーラを出します。

4. ぶりっこ

ぶりっこ

ウソ泣きの上手い女性の特徴のひとつに、ブリッコというのがあります。

男性の前では表情をくるくると代え女の子らしく見られようと必死で愛想よく立ち居振舞う傾向にあります。

当然、権力のある女性(上司や先輩)にも同じような行動を とることがありますが、嫌いな人や自分にとって目に付く人と何かトラブルがあるとウソ泣きをしてその人を悪者にしようとする傾向があります。

人を見て態度を代えることが出来る、いわゆる演技のスペシャリストです。

5. 目立ちたい

目立ちたい

大人になってからは人前で泣くと言うのは、恥ずかしい行為だと思い普通は人前では泣かずに人に見えないところで泣いているケースが殆どです。

しかし、ウソ泣きが上手な女性と言うのは、ある意味目立ちたいと言う気持ちが心の中にあります。

泣く事で普通の人とは違う異常なことだと言う事を周囲にアピールする事で、自分の存在を認識させようとしています。

普通は繰り返しそのような行為があればあきれ果ててしまいますが、優しい人間や愛想のいい人はそうした女性にたいして声をかけてしまうため、余計にウソ泣きを人前でしても恥ずかしいと思わなくなってしまいます。

6. 甘えん坊

甘えん坊

ウソ泣きの上手な女性の傾向には、甘えん坊や甘やかされて育てられたという背景があります。

幼少期から泣いていれば過保護に親がかばってきたり、慰めてきたりする事を繰り返しおこなうと子どもも学習をします。

なけば、両親から優しい言葉をかけてもらえるので、何かあれば泣いて甘えてしまえてしまえばよいと学習してしまいます。

家庭環境にもよりますが、怒られてないていても、反省するまで許されないのか泣いたら優しい言葉で甘やかされて育ったのかでも変わってきます。

7. 泣けば許されると思っている

泣けば許されると思っている

基本的に泣けば何でも許されると言う、心理状況がウソ泣きを助長させます。

小さい頃の家庭環境を含め、学校生活でも何かトラブルがあって涙を流す事によって「大丈夫?」「何があったの?」と周りから優しい言葉をかけられたり、注意をされたときに深く反省していると言う態度を示す意味で、涙を流す事で許されて育ってきた場合に大人になってもその習慣が抜けず、泣くほどつらいことではなくても涙を流せば許されると言う事が身体に染み付いてしまっているとウソ泣きはうまくなります。

8. 習慣化

習慣化

ウソ泣きが上手な女性と言うのは、涙を流す事が習慣化してしまい涙腺のコントロールをするのが上手くなっています。

その為、ちょっとしたことで被害者ぶったり感動を表す意味でウソ泣きをすることで相手の気を引きます。

決して感動したり、悲しかったり、罪悪感が無くても上手に涙をながせる演技者です。

日常的に行なっていれば、習慣化してしまい感情に関係なく演技をする事が可能になります。

こうした習慣は、可愛らしく注目を浴びたい女性には多く存在します。

その背景には、育てられた環境なども大きく影響してくる傾向にあります。

まとめ

ウソ泣きが上手な女性というのは、悲劇のヒロインを演じて周囲に気にかけてもらったり、かまってほしいというオーラを出している人がほとんどです。

また、そうして注目を浴び、鳴けば何でも許されると思い込んでいる人がほとんどです。

そうした環境が習慣化してしまうと、何かあればすぐに涙を見せるという行動に移ります。

ウソ泣きの上手い女性に共通して言える事はいくつかあります。

そうした女性の大きな特徴としては注目を浴びたいと言う動機からであったり、かわいがられたいと言う動悸が潜んでいます。


悲劇のヒロイン

ウソ泣きをする女性の性格の傾向としては、悲劇のヒロインをきどっている女性が居ます。

テレビドラマやアニメの主人公気取りで、私が被害者的な装いの1つにウソ泣きというのがあります。

仕事などで、それほどミスをきつく注意をしたわけでもないのにウソ泣きをして「そんなに重大なミスをしたわけでもないのに、ものすごく叱られた」というような空気を出し、突然泣き出したりします。

その為、周りの視線が注意をした人が悪いというように目に映ってしまいます。

その為、あの子に注意をすると直ぐに泣いて、立場が悪くなるからと注意ができなくなってしまいます。

気にかけて欲しい/構ってもらいたい

泣く事によって注目を浴びたいと言う事です。

泣いていたら「どうしたの?」と優しく声をかけられたり「よかったら話し聞こうか?

というような優しい言葉をかけてくれる人がいます。

そうした優しい人(特に男性)の気を引こうと、ウソ泣きをする女性が居ます。

ウソ泣きをする女性の特長のひとつとしては、気にかけて欲しかったり構って欲しかったりするので、どうしたらそのような言葉をかけてもらえるかというタイミングを図るのがとても上手です。

そのような、歪んだ感情が、ウソ泣きという行動に繋がります。

か弱い女性だと見られたい

当然、理不尽なことで注意をされたときに上司に立ち向かって意見をしたりする女性と、何か注意などをされて泣いている女性を見た場合に後者の女性のほうがか弱い女性に見られます。

理不尽な事で注意をする上司だという事が、大人であれば理解できるので「あー、またあの上司が暴言はいてるよ」程度で聞き流すか反論するかが社会の中では行なわれます。

しかし、そうした対応ではなく「泣く」という行為を見せる事で、私はとてもか弱い女性だから誰か守ってと言うオーラを出します。

ぶりっこ

ウソ泣きの上手い女性の特徴のひとつに、ブリッコというのがあります。

男性の前では表情をくるくると代え女の子らしく見られようと必死で愛想よく立ち居振舞う傾向にあります。

当然、権力のある女性(上司や先輩)にも同じような行動を とることがありますが、嫌いな人や自分にとって目に付く人と何かトラブルがあるとウソ泣きをしてその人を悪者にしようとする傾向があります。

人を見て態度を代えることが出来る、いわゆる演技のスペシャリストです。

目立ちたい

大人になってからは人前で泣くと言うのは、恥ずかしい行為だと思い普通は人前では泣かずに人に見えないところで泣いているケースが殆どです。

しかし、ウソ泣きが上手な女性と言うのは、ある意味目立ちたいと言う気持ちが心の中にあります。

泣く事で普通の人とは違う異常なことだと言う事を周囲にアピールする事で、自分の存在を認識させようとしています。

普通は繰り返しそのような行為があればあきれ果ててしまいますが、優しい人間や愛想のいい人はそうした女性にたいして声をかけてしまうため、余計にウソ泣きを人前でしても恥ずかしいと思わなくなってしまいます。

甘えん坊

ウソ泣きの上手な女性の傾向には、甘えん坊や甘やかされて育てられたという背景があります。

幼少期から泣いていれば過保護に親がかばってきたり、慰めてきたりする事を繰り返しおこなうと子どもも学習をします。

なけば、両親から優しい言葉をかけてもらえるので、何かあれば泣いて甘えてしまえてしまえばよいと学習してしまいます。

家庭環境にもよりますが、怒られてないていても、反省するまで許されないのか泣いたら優しい言葉で甘やかされて育ったのかでも変わってきます。

泣けば許されると思っている

基本的に泣けば何でも許されると言う、心理状況がウソ泣きを助長させます。

小さい頃の家庭環境を含め、学校生活でも何かトラブルがあって涙を流す事によって「大丈夫?」「何があったの?」と周りから優しい言葉をかけられたり、注意をされたときに深く反省していると言う態度を示す意味で、涙を流す事で許されて育ってきた場合に大人になってもその習慣が抜けず、泣くほどつらいことではなくても涙を流せば許されると言う事が身体に染み付いてしまっているとウソ泣きはうまくなります。

習慣化

ウソ泣きが上手な女性と言うのは、涙を流す事が習慣化してしまい涙腺のコントロールをするのが上手くなっています。

その為、ちょっとしたことで被害者ぶったり感動を表す意味でウソ泣きをすることで相手の気を引きます。

決して感動したり、悲しかったり、罪悪感が無くても上手に涙をながせる演技者です。

日常的に行なっていれば、習慣化してしまい感情に関係なく演技をする事が可能になります。

こうした習慣は、可愛らしく注目を浴びたい女性には多く存在します。

その背景には、育てられた環境なども大きく影響してくる傾向にあります。

ウソ泣きが上手な女性というのは、悲劇のヒロインを演じて周囲に気にかけてもらったり、かまってほしいというオーラを出している人がほとんどです。

また、そうして注目を浴び、鳴けば何でも許されると思い込んでいる人がほとんどです。

そうした環境が習慣化してしまうと、何かあればすぐに涙を見せるという行動に移ります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-