【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171102174832.html
トイレに行っても手を洗わない女性の特徴

トイレに行っても手を洗わない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
トイレに行っても手を洗わない女性の特徴

トイレに行っても手を洗わない女性がいます。

潔癖な女性からすると信じられないような行動です。

彼女たちにはどのような考えがあるのか、その特徴の共通点を見ていきましょう。

  • あまり手を洗わない
  • 雑菌という意識がない
  • しつけをされていない
  • 大雑把で面倒くさがりな性格
  • 楽天的な性格
  • 人の目が気にならない
  • 男性にばれなければいい
  • まとめ

1. あまり手を洗わない

あまり手を洗わない

基本的にあまり手を洗わない女性がいます。

手を洗う習慣がある女性は、外出をする度に手を洗います。

しかし手を洗わないタイプの女性は、外出後に部屋の中に入ってもきっと手を洗わないと思います。

文化の違い、習慣の違いと言ってもいいほど、手を洗うという行動に対する考え方が違います。

そのためトイレに行った後に手を洗っても「何で?」と聞き返されてしまうでしょう。

2. 雑菌という意識がない

雑菌という意識がない

トイレに入った後に、なぜ手を洗うかといえば、「汚いから」と答える女性が多いでしょう。

正確には雑菌が手についてしまうので、それを洗い流すために手を洗います。

トイレだけでなく、外出をした時に手を洗うのも同様の理由からです。

病原菌にたまたま触れてしまった時は、放置するよりもしっかりと手洗いをして洗い流したほうが病気になる確率がぐっと下がります。

さらにトイレに行くと「大腸菌」が手につくことがあります。

トイレから出た後に手を洗うのは、大腸菌を流すためという理由が最も大きな理由になります。

大腸菌を流すためには、石鹸をつけてしっかりと時間を掛けて洗う必要があります。

トイレを出て手を簡単に洗い、石鹸も使わない女性は、雑菌という概念があまりない女性かもしれません。

「何となく汚いから」という理由で手洗いをしている可能性が高いでしょう。

3. しつけをされていない

しつけをされていない

子どもの頃に、手洗いをきちんとするようにしつけをされている女性は、大人になっても手洗いを欠かすことがありません。

理由は知らなくても、しつけができていればトイレを出た後、きちんと手を洗うことができます。

両親は雑菌についての知識がありますが、子どもは話してもわからないかもしれません。

そのような時に親はしつけとして、「理由がわからなくてもしなくてはいけないこと」を教えてくれます。

時間を守ること、夜遅くまで外にいないこと、嘘をついてはいけない、人を傷つけてはいけない、などの大切なことです。

大人になれば、なぜこのようなしつけをされたのか、理由を察することができます。

トイレに行っても手を洗わない女性は、親のしつけがあまりない家庭で育った可能性が高いです。

4. 大雑把で面倒くさがりな性格

大雑把で面倒くさがりな性格

大雑把な性格の女性は、手を洗う必要性を知っていても「まあいいか」と思ってしまいます。

また本当は手を洗ったほうが良い状況でも「面倒だからいいや」と思ってしまいます。

大雑把で面倒くさがりな女性は、ほとんどのことを「まあいいか、面倒だし」で済ませてしまいます。

トイレの後に、あまりにも汚いなと感じない限り、手を洗うこともないかもしれません。

トイレの後の手洗いに限らず、全てのことに対して同じような行動を取るでしょう。

5. 楽天的な性格

楽天的な性格

冬の時期は空気が乾燥しますので、雑菌が繁殖しやすくなります。

外出した後も、トイレに入った後も、きちんとした手洗いが必要にあります。

物事を悲観気味になる女性ほど、もし手洗いをしないと確実に病気になると思い、しっかりと手洗いをするでしょう。

一方で楽天的な性格の女性は「私だけは病気にならない」という変な自信を持っています。

楽天的で明るい性格ですが、うっかりした一面もあります。

結局、職場でいちばん最初に風邪を引いて、周囲のスタッフに風邪を流行らせてしまうこともあるでしょう。

6. 人の目が気にならない

人の目が気にならない

トイレから出た後は、あまり汚いと思わなくても、手を洗う人がほとんどだと思います。

トイレに入ったけれど用を足さないということがありますが、その場合でも手洗いをするでしょう。

それは他人の視線が気になるという理由もあります。

トイレに行ったのに手洗いをしなかったと思われるのが嫌だからです。

人の目が気にならない人は、手を洗うかどうかは自己判断になります。

手を使わずに用を足せた時などは、手を洗わずに済ませてしまうかもしれません。

7. 男性にばれなければいい

男性にばれなければいい

男性の視線ばかりを気にしている女性がいます。

このような女性は、「男性にばれなければ何をしてもいい」と思っているところがあります。

トイレは男性と女性に分かれていますので、女性トイレで何をしても男性には分かりません。

男性の目を気にする女性は、トイレから出た後で化粧直しはするのに、手は洗わないかもしれません。

一緒に行動している女性からすると、少し嫌な思いをさせられる行動かもしれません。

まとめ

トイレに行っても手を洗わない女性は、まず親のしつけの問題があります。

子どもの頃に手を洗うしつけがされていたら、大人になっても何も考えずに手洗いができるからです。

また、トイレの後の雑菌に関する知識がないのかもしれません。

さらに性格的に大雑把で面倒くさがりなのかもしれません。

トイレに行っても手を洗わない女性がどうしても嫌だと思ったら、雑菌の恐ろしさなどを遠回しに伝えると良いかもしれません。

トイレに行っても手を洗わない女性がいます。

潔癖な女性からすると信じられないような行動です。

彼女たちにはどのような考えがあるのか、その特徴の共通点を見ていきましょう。


あまり手を洗わない

基本的にあまり手を洗わない女性がいます。

手を洗う習慣がある女性は、外出をする度に手を洗います。

しかし手を洗わないタイプの女性は、外出後に部屋の中に入ってもきっと手を洗わないと思います。

文化の違い、習慣の違いと言ってもいいほど、手を洗うという行動に対する考え方が違います。

そのためトイレに行った後に手を洗っても「何で?」と聞き返されてしまうでしょう。

雑菌という意識がない

トイレに入った後に、なぜ手を洗うかといえば、「汚いから」と答える女性が多いでしょう。

正確には雑菌が手についてしまうので、それを洗い流すために手を洗います。

トイレだけでなく、外出をした時に手を洗うのも同様の理由からです。

病原菌にたまたま触れてしまった時は、放置するよりもしっかりと手洗いをして洗い流したほうが病気になる確率がぐっと下がります。

さらにトイレに行くと「大腸菌」が手につくことがあります。

トイレから出た後に手を洗うのは、大腸菌を流すためという理由が最も大きな理由になります。

大腸菌を流すためには、石鹸をつけてしっかりと時間を掛けて洗う必要があります。

トイレを出て手を簡単に洗い、石鹸も使わない女性は、雑菌という概念があまりない女性かもしれません。

「何となく汚いから」という理由で手洗いをしている可能性が高いでしょう。

しつけをされていない

子どもの頃に、手洗いをきちんとするようにしつけをされている女性は、大人になっても手洗いを欠かすことがありません。

理由は知らなくても、しつけができていればトイレを出た後、きちんと手を洗うことができます。

両親は雑菌についての知識がありますが、子どもは話してもわからないかもしれません。

そのような時に親はしつけとして、「理由がわからなくてもしなくてはいけないこと」を教えてくれます。

時間を守ること、夜遅くまで外にいないこと、嘘をついてはいけない、人を傷つけてはいけない、などの大切なことです。

大人になれば、なぜこのようなしつけをされたのか、理由を察することができます。

トイレに行っても手を洗わない女性は、親のしつけがあまりない家庭で育った可能性が高いです。

大雑把で面倒くさがりな性格

大雑把な性格の女性は、手を洗う必要性を知っていても「まあいいか」と思ってしまいます。

また本当は手を洗ったほうが良い状況でも「面倒だからいいや」と思ってしまいます。

大雑把で面倒くさがりな女性は、ほとんどのことを「まあいいか、面倒だし」で済ませてしまいます。

トイレの後に、あまりにも汚いなと感じない限り、手を洗うこともないかもしれません。

トイレの後の手洗いに限らず、全てのことに対して同じような行動を取るでしょう。

楽天的な性格

冬の時期は空気が乾燥しますので、雑菌が繁殖しやすくなります。

外出した後も、トイレに入った後も、きちんとした手洗いが必要にあります。

物事を悲観気味になる女性ほど、もし手洗いをしないと確実に病気になると思い、しっかりと手洗いをするでしょう。

一方で楽天的な性格の女性は「私だけは病気にならない」という変な自信を持っています。

楽天的で明るい性格ですが、うっかりした一面もあります。

結局、職場でいちばん最初に風邪を引いて、周囲のスタッフに風邪を流行らせてしまうこともあるでしょう。

人の目が気にならない

トイレから出た後は、あまり汚いと思わなくても、手を洗う人がほとんどだと思います。

トイレに入ったけれど用を足さないということがありますが、その場合でも手洗いをするでしょう。

それは他人の視線が気になるという理由もあります。

トイレに行ったのに手洗いをしなかったと思われるのが嫌だからです。

人の目が気にならない人は、手を洗うかどうかは自己判断になります。

手を使わずに用を足せた時などは、手を洗わずに済ませてしまうかもしれません。

男性にばれなければいい

男性の視線ばかりを気にしている女性がいます。

このような女性は、「男性にばれなければ何をしてもいい」と思っているところがあります。

トイレは男性と女性に分かれていますので、女性トイレで何をしても男性には分かりません。

男性の目を気にする女性は、トイレから出た後で化粧直しはするのに、手は洗わないかもしれません。

一緒に行動している女性からすると、少し嫌な思いをさせられる行動かもしれません。

トイレに行っても手を洗わない女性は、まず親のしつけの問題があります。

子どもの頃に手を洗うしつけがされていたら、大人になっても何も考えずに手洗いができるからです。

また、トイレの後の雑菌に関する知識がないのかもしれません。

さらに性格的に大雑把で面倒くさがりなのかもしれません。

トイレに行っても手を洗わない女性がどうしても嫌だと思ったら、雑菌の恐ろしさなどを遠回しに伝えると良いかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-