【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171031181134.html
料理ができない女性の特徴

料理ができない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
料理ができない女性の特徴

人生に欠かせない食。

料理ができないという女性も中にはいる筈です。

そんな女性の特徴を挙げてみましょう。

  • 片付け・整理整頓ができない
  • 段取りができない
  • 不器用が過ぎている
  • 柔軟な思考ができない
  • 自意識が過剰
  • 行動力がない
  • 心が伴わない
  • まとめ

1. 片付け・整理整頓ができない

片付け・整理整頓ができない

キッチンに物が散乱していませんか。

どこに何があるかきちんと把握できていれば料理の進行もスムーズで、煩わしい思いをしなくて済みます。

料理中の動線を考えた調理器具の配置、必要なものがすぐに取り出せる位置に収納されていれば、「料理中に探し物をしていてお肉が丸焦げ」なんてことにはなりません。

また、冷蔵庫の中身は整理されていますか。

食品の詰め込み過ぎは、庫内の冷却効率を下げるので食品が傷んでしまうかもしれません。

冷蔵庫の奥に眠る賞味期限切れ食品は、あなたの手料理を食べる人の命を危険にさらす可能性があります。

2. 段取りができない

段取りができない

出来たての温かい料理を食卓に並べるには、段取りを立てなければなりません。

まずはお米を研いで炊飯器にセット。

お魚を煮ている間に野菜を刻んで・・と、煮る時間、茹でる時間を見ながら他の作業を同時に進めます。

ところが、慣れていない料理を行き当たりばったりで作り始めてしまうと、いつまでたっても料理が出来上がらなかったり、せっかくの料理が冷めてしまったりということが起きてしまいます。

料理完成後、流し台に洗い物が山盛りになってしまっているのも、料理ができない女性の特徴と言えるでしょう。

3. 不器用が過ぎている

不器用が過ぎている

日本はおもてなしの心を忘れないサービス精神旺盛な国です。

キッチンツールにおいても、ユーザーの利便性を追求した数々の便利器具が用意されています。

ですから、これらの様々な調理器具を駆使すれば、どんなに不器用な女性でもある程度カバーされます。

けれども、ピーラー(皮むき器)ぐらいは使いこなせることと、火の管理をうっかりし過ぎないことは、当然なことのようですが、自分や家族の身を守る為にも重要です。

4. 柔軟な思考ができない

柔軟な思考ができない

料理をする上で大切なのが、臨機応変な対応力です。

世には様々な料理本が出回り、ネット上にはレシピが溢れています。

一つのレシピを見た時に、「キャベツがないからできない」と、レシピ通りに食材が揃わなければ諦める女性は、料理のセンスが乏しいと言わざるを得ません。

料理中に、醤油を切らしていた、何かの用意を忘れていた場合、少し柔軟に考えて見て下さい。

キャベツがなければ、他の葉物野菜で代用できますし、お醤油がなければあっさり塩味に、と料理の途中でも急遽メニューを変更しても良いのです。

料理に決まりはないのですから。

5. 自意識が過剰

自意識が過剰

料理経験が豊富で腕もベテランの域に達している女性は、食材や調味料の分量をだいたいこのくらいと、目で量って味付けできます。

けれども、分からないのに適当に量って味見もしない女性は美味しくない料理を作ってしまいます。

自分が入れた分量で美味しいに違いないという自信はどこから来るのでしょうか。

そして根拠もない自信から、最初からドサッと調味料を入れてしまう女性も要注意です。

味が薄ければ足す事ができますが、物によっては濃すぎても引くことができない料理もあります。

勿論、作ったご自身だけが食べる料理であれば問題はありません。

6. 行動力がない

行動力がない

料理ができない女性と言っても、料理を初めから一人で上手くできる女性は稀です。

レシピには「茹でこぼす」「板ずり」など、初見ではなかなかピンとこない料理用語も出てきます。

そこで、面倒だと感じるか、調べながらも自分の手を動かして作ってみるかどうかが、できる女性になるかできない女性になるかの分岐点です。

一度は失敗しても諦めずに何度も挑戦していれば、段々とコツを掴んで上達していきます。

新しいレシピに一つずつ挑戦していけば、レパートリーも確実に増えます。

料理能力は、時間を作って挑戦する行動力に比例します。

7. 心が伴わない

心が伴わない

これまでは料理を作る時の技術面や能力について挙げました。

最後は見えない部分、料理をする時の心構えについて考えます。

例えば急いでいて、「何でも良いから取り敢えずお腹に入る物を」と、料理をします。

すると、本当に「取り敢えずの料理」ができます。

では、「美味しくなあれ」と、心を込めて作るとどうなるでしょうか。

その想いが不思議と料理の端々に現れます。

野菜の切り方や料理の盛り方、女性の心が一皿の料理の中に見て取れるのです。

不機嫌に料理をするのか、楽しんで料理をするのか、どちらの調理方法が美味しそうですか。

まとめ

これら7つの特徴は、料理の時だけに限らず、その女性の普段の生活からも読み取れます。

「部屋が足の踏み場もないほど散らかっている」「仕事をいつも予定通りに終えられない」「何度も同じミスを繰り返す」といった傾向のある女性は料理ができない可能性があります。

けれども、一番大切なことは、その女性ご自身の「料理ができるようになりたい」という想いです。

想えば行動を起こし、口にも心にも美味しい料理ができるようになるのです。

人生に欠かせない食。

料理ができないという女性も中にはいる筈です。

そんな女性の特徴を挙げてみましょう。


片付け・整理整頓ができない

キッチンに物が散乱していませんか。

どこに何があるかきちんと把握できていれば料理の進行もスムーズで、煩わしい思いをしなくて済みます。

料理中の動線を考えた調理器具の配置、必要なものがすぐに取り出せる位置に収納されていれば、「料理中に探し物をしていてお肉が丸焦げ」なんてことにはなりません。

また、冷蔵庫の中身は整理されていますか。

食品の詰め込み過ぎは、庫内の冷却効率を下げるので食品が傷んでしまうかもしれません。

冷蔵庫の奥に眠る賞味期限切れ食品は、あなたの手料理を食べる人の命を危険にさらす可能性があります。

段取りができない

出来たての温かい料理を食卓に並べるには、段取りを立てなければなりません。

まずはお米を研いで炊飯器にセット。

お魚を煮ている間に野菜を刻んで・・と、煮る時間、茹でる時間を見ながら他の作業を同時に進めます。

ところが、慣れていない料理を行き当たりばったりで作り始めてしまうと、いつまでたっても料理が出来上がらなかったり、せっかくの料理が冷めてしまったりということが起きてしまいます。

料理完成後、流し台に洗い物が山盛りになってしまっているのも、料理ができない女性の特徴と言えるでしょう。

不器用が過ぎている

日本はおもてなしの心を忘れないサービス精神旺盛な国です。

キッチンツールにおいても、ユーザーの利便性を追求した数々の便利器具が用意されています。

ですから、これらの様々な調理器具を駆使すれば、どんなに不器用な女性でもある程度カバーされます。

けれども、ピーラー(皮むき器)ぐらいは使いこなせることと、火の管理をうっかりし過ぎないことは、当然なことのようですが、自分や家族の身を守る為にも重要です。

柔軟な思考ができない

料理をする上で大切なのが、臨機応変な対応力です。

世には様々な料理本が出回り、ネット上にはレシピが溢れています。

一つのレシピを見た時に、「キャベツがないからできない」と、レシピ通りに食材が揃わなければ諦める女性は、料理のセンスが乏しいと言わざるを得ません。

料理中に、醤油を切らしていた、何かの用意を忘れていた場合、少し柔軟に考えて見て下さい。

キャベツがなければ、他の葉物野菜で代用できますし、お醤油がなければあっさり塩味に、と料理の途中でも急遽メニューを変更しても良いのです。

料理に決まりはないのですから。

自意識が過剰

料理経験が豊富で腕もベテランの域に達している女性は、食材や調味料の分量をだいたいこのくらいと、目で量って味付けできます。

けれども、分からないのに適当に量って味見もしない女性は美味しくない料理を作ってしまいます。

自分が入れた分量で美味しいに違いないという自信はどこから来るのでしょうか。

そして根拠もない自信から、最初からドサッと調味料を入れてしまう女性も要注意です。

味が薄ければ足す事ができますが、物によっては濃すぎても引くことができない料理もあります。

勿論、作ったご自身だけが食べる料理であれば問題はありません。

行動力がない

料理ができない女性と言っても、料理を初めから一人で上手くできる女性は稀です。

レシピには「茹でこぼす」「板ずり」など、初見ではなかなかピンとこない料理用語も出てきます。

そこで、面倒だと感じるか、調べながらも自分の手を動かして作ってみるかどうかが、できる女性になるかできない女性になるかの分岐点です。

一度は失敗しても諦めずに何度も挑戦していれば、段々とコツを掴んで上達していきます。

新しいレシピに一つずつ挑戦していけば、レパートリーも確実に増えます。

料理能力は、時間を作って挑戦する行動力に比例します。

心が伴わない

これまでは料理を作る時の技術面や能力について挙げました。

最後は見えない部分、料理をする時の心構えについて考えます。

例えば急いでいて、「何でも良いから取り敢えずお腹に入る物を」と、料理をします。

すると、本当に「取り敢えずの料理」ができます。

では、「美味しくなあれ」と、心を込めて作るとどうなるでしょうか。

その想いが不思議と料理の端々に現れます。

野菜の切り方や料理の盛り方、女性の心が一皿の料理の中に見て取れるのです。

不機嫌に料理をするのか、楽しんで料理をするのか、どちらの調理方法が美味しそうですか。

これら7つの特徴は、料理の時だけに限らず、その女性の普段の生活からも読み取れます。

「部屋が足の踏み場もないほど散らかっている」「仕事をいつも予定通りに終えられない」「何度も同じミスを繰り返す」といった傾向のある女性は料理ができない可能性があります。

けれども、一番大切なことは、その女性ご自身の「料理ができるようになりたい」という想いです。

想えば行動を起こし、口にも心にも美味しい料理ができるようになるのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-