【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171031090650.html
嘘つきな女性の特徴

嘘つきな女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
嘘つきな女性の特徴

ごまかしやはぐらかしが多い、おしゃべり、おだて上手など嘘つきな女性の特徴についてまとめました。

  • おしゃべりである
  • 自慢話が多い
  • 嘘がバレそうになるとごまかす
  • 曖昧な態度が多い
  • 面倒事を嫌う
  • 要領が良い
  • おだて上手乗せ上手である
  • 噂やゴシップが好き
  • 自分については多くを語らない
  • 嘘をつくことに罪悪感を感じない
  • まとめ

1. おしゃべりである

おしゃべりである

嘘つきな女性はおしゃべりであることが多いです。

話すことが大好きで、感情的で情動的になりやすいです。

理性的なコントロールができずに、つい嘘をまじえて、話を大きくしてしまう傾向があります。

自分では嘘をついたつもりがなくても、話を盛りすぎて結果として、大げさな印象をもたれやすいです。

事実を事実の通り話さず、自分の感情を交えて話してしまうのは、女性によくある特徴でもあります。

そして女性同士で話してしまうと、話が大きくなってしまうのも事実です。

そのような特徴から、他人への誹謗中傷が過ぎてしまう場合もあるので、会話の時は自重することが大切です。

口は災いの元ということを心に刻みましょう。

2. 自慢話が多い

自慢話が多い

おしゃべりな女性は、自慢話が多いです。

見栄っ張りな性格から、つい嘘や誇張を混ぜて話してしまう傾向が強いです。

また、相手に見下されたり、足元を見られるのが嫌で嘘をついてしまう、臆病な性格の人もいます。

自分をありのままに評価できないために、自分がついた嘘で自分を苦しめてしまうこともあるでしょう。

虚飾や偽りをせずに、素直に自分を認めることも大切です。

3. 嘘がバレそうになるとごまかす

嘘がバレそうになるとごまかす

嘘つきな女性は、ごまかしたりはぐらかしたりすることが多いです。

自分の都合の悪い状況に陥ると、ごまかしや嘘をもって逃げようとします。

特に、嘘がばれそうな時は、曖昧に笑ったり、話をすり替えて、追及を回避することが多いでしょう。

そうした態度やふるまいから、信用を失いやすいのがネックです。

4. 曖昧な態度が多い

曖昧な態度が多い

嘘つきな女性は、曖昧な態度が多いです。

はっきりと物事を伝えたり、判断するのではなく、オブラートに包んだり、かわしたりすることが多いでしょう。

優しさや争い事が嫌いなゆえに、そのような曖昧さを見せることもありますが、時と相手によってはそうした態度のせいで嫌われることもあるでしょう。

また、自分自身が責任を負いたくないがために、曖昧さをもって回避しようとする時もあります。

このような消極的で卑怯なやり方を見抜く人もいるので、結果として敵を増やしてしまう短所もあるのです。

5. 面倒事を嫌う

面倒事を嫌う

嘘つきな女性は面倒事を嫌う場合が多いです。

面倒や我慢を避けたいがために、嘘をついて逃げることもよくあるでしょう。

言葉巧みに周囲を騙し、仕事や役割を押しつけるズルさもあります。

しかし、同じことを繰り返していると、社会人としての評価はどんどん下がってしまうでしょう。

周囲の人間と平和的に付き合いたいのであれば、役割や面倒事は分担し、一緒に問題を解決しなければなりません。

6. 要領が良い

要領が良い

嘘つきな女性は、要領が良い人が多いです。

器用さや、言葉の巧みさ、危機回避能力の高さなどから、面倒や問題を避け、上手く立ち回ることができる人です。

低リスクで生きられるという面は良いですが、場合によっては周囲に問題を押し付けがちなので、卑怯な人だと思われることもあるでしょう。

楽ばかりしていると、そのツケが回ってくることもあります。

自分の負うべき役目や、義務からは逃げないように取り組むようにしましょう。

また、余裕がある時は、周囲を助けたり、親切にすることも大切です。

7. おだて上手乗せ上手である

おだて上手乗せ上手である

嘘つきな女性は、おだて上手で乗せ上手です。

表面的なコミュニケーションは得意で、観察力にも優れているので、相手のツボをすぐに見つけることができます。

良い意味では褒め上手なのですが、ヨイショしすぎたり、媚びることもあるので、周囲から白い目で見られることもあるでしょう。

先輩や後輩から好かれやすいですが、あまりに言葉がすぎると、逆に薄っぺらい太鼓持ちと思われかねないので、自重することも大切です。

感情的にならず、冷静に評価し、発言しすぎないことが大切です。

8. 噂やゴシップが好き

噂やゴシップが好き

嘘つきな女性は、うわさやゴシップが好きな場合は多いです。

相手の秘密を守れずに、ついバラしてしまうこともあるので、関係にヒビが入らないように注意しなければなりません。

そして、うわさ話に、尾ひれをつけて広めやすい性格をしているので、しゃべりすぎるのは厳禁です。

「あの人は信用ならない」「口先ばかりだ」というような評価を受けやすいので、噂話に加わるのはほどほどにしておきましょう。

9. 自分については多くを語らない

自分については多くを語らない

嘘つきな女性の中には、おしゃべりではあっても、自分については多くを語らない場合も多いです。

嘘つきな人というのは、嘘をつく分だけ、周囲の人間を信用していないのです。

ですから、表面的な付き合いはしても、絶対に自分の内面は見せない、誰も信じられないという人間不信に陥っている人も多いのです。

それゆえに、深い付き合いの友人や恋人ができず、孤独を抱えて生きている人も多いです。

誰しも秘密はありますが、心を預けられる人がいない、安心できる人がいないというのはとても辛いことなのです。

10. 嘘をつくことに罪悪感を感じない

嘘をつくことに罪悪感を感じない

嘘つきな女性の中には、病的なまでに嘘をつき、罪悪感を感じない人もいます。

いわゆる虚言症と呼べるもので、自然と嘘をついてしまうことも多いです。

自分の妄想を信じ切ってしまい、発言が嘘になってしまうこともあるでしょう。

精神的な疾患である場合が多いので、医療機関に相談することも大切です。

まとめ

嘘つきな女性は、口が達者な場合が多いです。

しかし、表面的にはコミュニケーションがとれていても、内面は孤独に包まれていることが多いです。

口は災いのもとというように、嘘や虚飾の呪縛から逃れ、真摯な対応をとらなければ、深い人間関係は作れないのです。

ごまかしやはぐらかしが多い、おしゃべり、おだて上手など嘘つきな女性の特徴についてまとめました。


おしゃべりである

嘘つきな女性はおしゃべりであることが多いです。

話すことが大好きで、感情的で情動的になりやすいです。

理性的なコントロールができずに、つい嘘をまじえて、話を大きくしてしまう傾向があります。

自分では嘘をついたつもりがなくても、話を盛りすぎて結果として、大げさな印象をもたれやすいです。

事実を事実の通り話さず、自分の感情を交えて話してしまうのは、女性によくある特徴でもあります。

そして女性同士で話してしまうと、話が大きくなってしまうのも事実です。

そのような特徴から、他人への誹謗中傷が過ぎてしまう場合もあるので、会話の時は自重することが大切です。

口は災いの元ということを心に刻みましょう。

自慢話が多い

おしゃべりな女性は、自慢話が多いです。

見栄っ張りな性格から、つい嘘や誇張を混ぜて話してしまう傾向が強いです。

また、相手に見下されたり、足元を見られるのが嫌で嘘をついてしまう、臆病な性格の人もいます。

自分をありのままに評価できないために、自分がついた嘘で自分を苦しめてしまうこともあるでしょう。

虚飾や偽りをせずに、素直に自分を認めることも大切です。

嘘がバレそうになるとごまかす

嘘つきな女性は、ごまかしたりはぐらかしたりすることが多いです。

自分の都合の悪い状況に陥ると、ごまかしや嘘をもって逃げようとします。

特に、嘘がばれそうな時は、曖昧に笑ったり、話をすり替えて、追及を回避することが多いでしょう。

そうした態度やふるまいから、信用を失いやすいのがネックです。

曖昧な態度が多い

嘘つきな女性は、曖昧な態度が多いです。

はっきりと物事を伝えたり、判断するのではなく、オブラートに包んだり、かわしたりすることが多いでしょう。

優しさや争い事が嫌いなゆえに、そのような曖昧さを見せることもありますが、時と相手によってはそうした態度のせいで嫌われることもあるでしょう。

また、自分自身が責任を負いたくないがために、曖昧さをもって回避しようとする時もあります。

このような消極的で卑怯なやり方を見抜く人もいるので、結果として敵を増やしてしまう短所もあるのです。

面倒事を嫌う

嘘つきな女性は面倒事を嫌う場合が多いです。

面倒や我慢を避けたいがために、嘘をついて逃げることもよくあるでしょう。

言葉巧みに周囲を騙し、仕事や役割を押しつけるズルさもあります。

しかし、同じことを繰り返していると、社会人としての評価はどんどん下がってしまうでしょう。

周囲の人間と平和的に付き合いたいのであれば、役割や面倒事は分担し、一緒に問題を解決しなければなりません。

要領が良い

嘘つきな女性は、要領が良い人が多いです。

器用さや、言葉の巧みさ、危機回避能力の高さなどから、面倒や問題を避け、上手く立ち回ることができる人です。

低リスクで生きられるという面は良いですが、場合によっては周囲に問題を押し付けがちなので、卑怯な人だと思われることもあるでしょう。

楽ばかりしていると、そのツケが回ってくることもあります。

自分の負うべき役目や、義務からは逃げないように取り組むようにしましょう。

また、余裕がある時は、周囲を助けたり、親切にすることも大切です。

おだて上手乗せ上手である

嘘つきな女性は、おだて上手で乗せ上手です。

表面的なコミュニケーションは得意で、観察力にも優れているので、相手のツボをすぐに見つけることができます。

良い意味では褒め上手なのですが、ヨイショしすぎたり、媚びることもあるので、周囲から白い目で見られることもあるでしょう。

先輩や後輩から好かれやすいですが、あまりに言葉がすぎると、逆に薄っぺらい太鼓持ちと思われかねないので、自重することも大切です。

感情的にならず、冷静に評価し、発言しすぎないことが大切です。

噂やゴシップが好き

嘘つきな女性は、うわさやゴシップが好きな場合は多いです。

相手の秘密を守れずに、ついバラしてしまうこともあるので、関係にヒビが入らないように注意しなければなりません。

そして、うわさ話に、尾ひれをつけて広めやすい性格をしているので、しゃべりすぎるのは厳禁です。

「あの人は信用ならない」「口先ばかりだ」というような評価を受けやすいので、噂話に加わるのはほどほどにしておきましょう。

自分については多くを語らない

嘘つきな女性の中には、おしゃべりではあっても、自分については多くを語らない場合も多いです。

嘘つきな人というのは、嘘をつく分だけ、周囲の人間を信用していないのです。

ですから、表面的な付き合いはしても、絶対に自分の内面は見せない、誰も信じられないという人間不信に陥っている人も多いのです。

それゆえに、深い付き合いの友人や恋人ができず、孤独を抱えて生きている人も多いです。

誰しも秘密はありますが、心を預けられる人がいない、安心できる人がいないというのはとても辛いことなのです。

嘘をつくことに罪悪感を感じない

嘘つきな女性の中には、病的なまでに嘘をつき、罪悪感を感じない人もいます。

いわゆる虚言症と呼べるもので、自然と嘘をついてしまうことも多いです。

自分の妄想を信じ切ってしまい、発言が嘘になってしまうこともあるでしょう。

精神的な疾患である場合が多いので、医療機関に相談することも大切です。

嘘つきな女性は、口が達者な場合が多いです。

しかし、表面的にはコミュニケーションがとれていても、内面は孤独に包まれていることが多いです。

口は災いのもとというように、嘘や虚飾の呪縛から逃れ、真摯な対応をとらなければ、深い人間関係は作れないのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-