【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171030151741.html
誤解されやすい女性の特徴

誤解されやすい女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
誤解されやすい女性の特徴

誤解されやすい女性は思っていることと違うように受け止められてしまうことがあります。

どのような特徴を持った女性なのか探ってみましょう。

  • 思ったことを言葉にしない
  • 暗い雰囲気を持っている
  • 笑顔がステキなのも時にはあだとなる
  • 口調がキツイ&はっきりものを言い過ぎる
  • ボディータッチが多い
  • 周りに気を遣いすぎる
  • 一人でいるのが好き
  • 友達が多い
  • まとめ

1. 思ったことを言葉にしない

思ったことを言葉にしない

自分の思ったことを言葉にしない女性は何を考えているのかわかりにくいので誤解されてしまうことが多くあります。

周りは表情や態度で気持ちを察しようとするのですが、もともとむすっとした顔の人なら怒っていると決めつけられてしまったり、だらっと座っているとつまらないのかなと勝手に予想されてしまったりします。

逆に言わないことで賛成と受け止められ、どんどん話が進んでしまうこともあります。

やはり言うべきことは言わないと伝わりません。

2. 暗い雰囲気を持っている

暗い雰囲気を持っている

暗い雰囲気の女性は怒っているとか具合が悪い、悩んでいるなどと誤解されることがあります。

「何ともないよ」と言っても「遠慮しないで」となおさら心配されてしまうこともあるので面倒な思いをすることもあるでしょう。

また、雰囲気が暗いと実は楽しい女性であってもつまらない印象を与えます。

表情だけではなく髪型、メイク、服装なども暗い雰囲気を感じさせるきっかけになるので注意しましょう。

3. 笑顔がステキなのも時にはあだとなる

笑顔がステキなのも時にはあだとなる

笑顔がステキな女性は多くの場面では人気者になりやすく笑顔を褒めてもらえますが、笑顔でいるべきではない場面でも無意識に微笑んでしまうようだと場違いだとかふざけていると解釈されて怒られてしまったり誤解されることもあるでしょう。

誤解されないためには笑顔がウリの女性でも場に見合った表情を心がける必要があります。

微笑んでいるだけで「この人無神経なの?」とイライラされるなんて悲しいことですから気をつけましょう。

4. 口調がキツイ&はっきりものを言い過ぎる

口調がキツイ&はっきりものを言い過ぎる

さっぱりした性格の女性は口調がちょっとキツくなることがあります。

また、はっきりものを言い過ぎて残酷な人だと誤解されてしまうこともあります。

その人のためにあえて厳しいことを言ってあげた、みんなが言いにくいことを代わりに言ってあげた、こんな善意の気持ちの時ですら誤解されてしまうのですからそこに優しさがあると気づいてもらうのは簡単なことではありません。

言う相手や状況を見極める力も必要ですね。

5. ボディータッチが多い

ボディータッチが多い

盛り上がると肩を叩いたり酔っ払って人にやたらとくっつく女性は、男性から「自分に気があるのかな?」と誤解されることもあるでしょう。

自分にとっては無意識のことや誰にでもしているコミュニケーションのつもりでも、他の人にあまりされないことや女性から触れられるなんてちょっとドキっとすることには敏感になる男性も多いのでわきまえておくべきです。

好きな男性にその姿を見られることで勝手に誤解されて離れていってしまっても悲しいですからね。

6. 周りに気を遣いすぎる

周りに気を遣いすぎる

周りに気を遣いすぎると「いい子ぶっている」「男性や上司にアピールしている」「他を陥れようとしている」などと誤解されることもあります。

本当に優しい人でも手柄は人にも分けてあげるくらいがいいのかもしれません。

それに、気を遣いすぎる女性に対しては周りも気を遣って疲れてしまうこともあるためちょっと苦手に思われることもあります。

いいことのつもりでも人によっては眩しすぎることもあり、素直に受け止められないことがあるのだと覚えておいてください。

7. 一人でいるのが好き

一人でいるのが好き

一人でいるのが好きな女性は、周りに声をかけてもらってもそっけない態度をとってしまうことが度々あります。

そのせいで「私のこと、嫌いなのかな?」とか「人と仲良くしたくないのかな?」と誤解されてしまい、それ以降放置されてしまうなんてことにもなります。

一人が多いと自分の性格や気持ちをフォローしてもらう機会も減ってしまうので、時には意識的に人の輪に入って周りと仲良くしておくことも誤解されないためには必要な工夫かもしれません。

8. 友達が多い

友達が多い

友達が多くいくつかのグループに所属しているような女性は八方美人やお調子者などと誤解されます。

そして「あっちのグループといる時はこっちを悪く言っているんじゃないの?」などと影で言われてしまうこともあり、いかにも女性ならではといった人間関係の難しさではないでしょうか。

友達が多くても誤解されないためにはいつも心をオープンにして裏表のない態度をとることが大切です。

まとめ

こうして探ってみると女性が誤解されないようにするのはなかなか難しいことのようです。

周りに気を遣って自分を押し殺すと好き勝手誤解されてしまいますし、良かれと思って言葉にすると性格が悪いとか空気が読めないなどとまた勝手なことを言われてしまうこともあります。

女性に限ったことではありませんが、人とうまく付き合っていくには早めに信頼を築いてお互い理解し合うことが必須のようですね。

ただ、誤解されながら人とのコミュニケーションを学んでいくこともあり、全くネガティブに考えるのもどうなのでしょうか。

誤解されやすい女性は思っていることと違うように受け止められてしまうことがあります。

どのような特徴を持った女性なのか探ってみましょう。


思ったことを言葉にしない

自分の思ったことを言葉にしない女性は何を考えているのかわかりにくいので誤解されてしまうことが多くあります。

周りは表情や態度で気持ちを察しようとするのですが、もともとむすっとした顔の人なら怒っていると決めつけられてしまったり、だらっと座っているとつまらないのかなと勝手に予想されてしまったりします。

逆に言わないことで賛成と受け止められ、どんどん話が進んでしまうこともあります。

やはり言うべきことは言わないと伝わりません。

暗い雰囲気を持っている

暗い雰囲気の女性は怒っているとか具合が悪い、悩んでいるなどと誤解されることがあります。

「何ともないよ」と言っても「遠慮しないで」となおさら心配されてしまうこともあるので面倒な思いをすることもあるでしょう。

また、雰囲気が暗いと実は楽しい女性であってもつまらない印象を与えます。

表情だけではなく髪型、メイク、服装なども暗い雰囲気を感じさせるきっかけになるので注意しましょう。

笑顔がステキなのも時にはあだとなる

笑顔がステキな女性は多くの場面では人気者になりやすく笑顔を褒めてもらえますが、笑顔でいるべきではない場面でも無意識に微笑んでしまうようだと場違いだとかふざけていると解釈されて怒られてしまったり誤解されることもあるでしょう。

誤解されないためには笑顔がウリの女性でも場に見合った表情を心がける必要があります。

微笑んでいるだけで「この人無神経なの?」とイライラされるなんて悲しいことですから気をつけましょう。

口調がキツイ&はっきりものを言い過ぎる

さっぱりした性格の女性は口調がちょっとキツくなることがあります。

また、はっきりものを言い過ぎて残酷な人だと誤解されてしまうこともあります。

その人のためにあえて厳しいことを言ってあげた、みんなが言いにくいことを代わりに言ってあげた、こんな善意の気持ちの時ですら誤解されてしまうのですからそこに優しさがあると気づいてもらうのは簡単なことではありません。

言う相手や状況を見極める力も必要ですね。

ボディータッチが多い

盛り上がると肩を叩いたり酔っ払って人にやたらとくっつく女性は、男性から「自分に気があるのかな?」と誤解されることもあるでしょう。

自分にとっては無意識のことや誰にでもしているコミュニケーションのつもりでも、他の人にあまりされないことや女性から触れられるなんてちょっとドキっとすることには敏感になる男性も多いのでわきまえておくべきです。

好きな男性にその姿を見られることで勝手に誤解されて離れていってしまっても悲しいですからね。

周りに気を遣いすぎる

周りに気を遣いすぎると「いい子ぶっている」「男性や上司にアピールしている」「他を陥れようとしている」などと誤解されることもあります。

本当に優しい人でも手柄は人にも分けてあげるくらいがいいのかもしれません。

それに、気を遣いすぎる女性に対しては周りも気を遣って疲れてしまうこともあるためちょっと苦手に思われることもあります。

いいことのつもりでも人によっては眩しすぎることもあり、素直に受け止められないことがあるのだと覚えておいてください。

一人でいるのが好き

一人でいるのが好きな女性は、周りに声をかけてもらってもそっけない態度をとってしまうことが度々あります。

そのせいで「私のこと、嫌いなのかな?」とか「人と仲良くしたくないのかな?」と誤解されてしまい、それ以降放置されてしまうなんてことにもなります。

一人が多いと自分の性格や気持ちをフォローしてもらう機会も減ってしまうので、時には意識的に人の輪に入って周りと仲良くしておくことも誤解されないためには必要な工夫かもしれません。

友達が多い

友達が多くいくつかのグループに所属しているような女性は八方美人やお調子者などと誤解されます。

そして「あっちのグループといる時はこっちを悪く言っているんじゃないの?」などと影で言われてしまうこともあり、いかにも女性ならではといった人間関係の難しさではないでしょうか。

友達が多くても誤解されないためにはいつも心をオープンにして裏表のない態度をとることが大切です。

こうして探ってみると女性が誤解されないようにするのはなかなか難しいことのようです。

周りに気を遣って自分を押し殺すと好き勝手誤解されてしまいますし、良かれと思って言葉にすると性格が悪いとか空気が読めないなどとまた勝手なことを言われてしまうこともあります。

女性に限ったことではありませんが、人とうまく付き合っていくには早めに信頼を築いてお互い理解し合うことが必須のようですね。

ただ、誤解されながら人とのコミュニケーションを学んでいくこともあり、全くネガティブに考えるのもどうなのでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-