【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171030151623.html
サイコパスの女性の特徴

サイコパスの女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
サイコパスの女性の特徴

最近、テレビや雑誌などでも耳にするようになってきた『サイコパス』とは、一体どのような特徴を持った人たちのことなのでしょうか。

  • 嘘を平気でつく
  • 自信満々で、ナルシストな傾向がある
  • 良心が欠如しており、人に対して冷淡
  • 自己コントロールが出来ない
  • 自分の過ちを認めない
  • 支配欲が強い
  • 幼少期の異常行動が多い
  • 自分の行動に責任を取れない
  • 弁が立ち、一見魅力的
  • まとめ

1. 嘘を平気でつく

嘘を平気でつく

サイコパスによく見られる特徴の一つとして挙げられるのが、嘘をつくことに対して罪悪感やためらいを感じないという点です。

息を吐くように嘘をつき、平気で作り話をしたり、話を盛ったりするものです。

その為、嘘をつかれた側は、あまりにも自然に振る舞っているためそれが嘘だと感じないのです。

2. 自信満々で、ナルシストな傾向がある

自信満々で、ナルシストな傾向がある

サイコパスタイプの人は、自分に対し、異常なほど自信を持っているものです。

やたらと自分の自慢話をしたり、規模の大きな夢を語ったりする傾向があります。

非現実的なレベルの話を持ち出したりすることも少なくありません。

誇大妄想も強く、周りを巻き込もうとすることも少なくないため、もし身近にやたらと大きな話をしたがる人がいたら要注意です。

他人の財産を使うことに対しても罪悪感を抱くことがないので、平気でお金の無心をしてくることもあります。

3. 良心が欠如しており、人に対して冷淡

良心が欠如しており、人に対して冷淡

一般的な人であれば、他人に対してある程度の感情移入をすることが出来、相手が今どのようなことを考えているのか読み取ろうとするものです。

しかし、サイコパスタイプの人はそういった感情を殆ど持ち合わせていません。

人に対する同情心や、罪悪感を抱くこともなく、自分が悪いことをしたという自覚すらありません。

4. 自己コントロールが出来ない

自己コントロールが出来ない

サイコパスの人たちは、自分の感情を抑制することを上手く出来ません。

突然癇癪を起こしたり、ヒステリックになったりすることも決して少なくありません。

感情の起伏も激しく、さっきまで怒っていたかと思えば、もう笑っていたり、今度は泣き出してしまったりすることもよくあります。

また、衝動的な行動に出ることも多く、いきなり大金をはたいて買い物をしたり、前触れなく引っ越したりすることもあります。

サイコパスの人たちは、将来のことに対して計画を立てるということが出来ません。

後先考えず、まず先に行動に走ってしまうのです。

5. 自分の過ちを認めない

自分の過ちを認めない

自分が悪いということを決して認めず、平気で人のせいにすることもあります。

それがどれだけ理不尽で、理屈に合わないことであろうとも、決して納得してくれません。

それどころか自分を否定した人物を非難したり、それ以外の人たちの同情を買うような芝居をしたりすることも平気で行います。

人を惑わすことを得意としているため、周囲の人達はつい同情し、サイコパスの人物の方に味方してしまうことも少なくありません。

その為、本来正しいはずである人物の方を一緒になって攻撃してしまうという悲しいことも起こり得るのです。

6. 支配欲が強い

支配欲が強い

サイコパスタイプの人は非常に独占欲や支配欲が強く、まるでそれをゲームのように楽しむ傾向にあります。

サイコパスの多くは恐怖を認識することが出来ません。

その為、それがポジティブに働いた場合、どんな局面でも恐れることなく行動できることに繋がり、他者を支配下に置こうとするのです。

サイコパスの人たちは、脳の報酬回路であるドーパミンに対する欲求が強く、自分の思い通りにすることを快楽とし、自己報酬を得ようとする傾向にあります。

実際、サイコパスの多くは非常に知能指数が高く、優秀な脳を持っています。

その為、政治家や弁護士、ビジネス界にはサイコパスタイプが多いと言われています。

7. 幼少期の異常行動が多い

幼少期の異常行動が多い

サイコパスタイプの人は、幼少期に虚言や犯罪などの異常行動を起こしていることが多いものです。

頻繁に他の子供達とトラブルを起こしたり、公共のものを平気で破壊したりすることも平気で行います。

また、家族や友人、信仰といったものよりも、物に執着する傾向が強いのも特徴的です。

サイコパスにとって、人とは数にしか過ぎないのです。

家族や友人に対して、愛情を持つことはほとんどなく、単に社会的地位を得るために結婚することも少なくありません。

例えば、自分の子供が落第したり、病気や怪我を負ってしまったら、途端に価値を見失い、世話をしなくなることもあります。

8. 自分の行動に責任を取れない

自分の行動に責任を取れない

サイコパスの人たちは約束を守ったり、義務を果たすということが極端に苦手です。

自分が割に合わないと思ったことはしないという意識が非常に強いのです。

その為、同じようなことを何度も繰り返してしまいます。

結婚をしても、ちょっとしたことで離婚することも全く厭いません。

結婚期が短かったり、離婚歴が多いのも特徴の一つです。

9. 弁が立ち、一見魅力的

弁が立ち、一見魅力的

サイコパスの最大の特徴は、カリスマ性を持ち合わせていることが多いというところにあります。

非常に弁が立ち、一見、正義感が強くて魅力的な人物に見えるのです。

社交的で、他者と打ち解けるのも非常に得意としているため、周囲の人達は異常さに全く気が付かないということも少なくありません。

しかし、実際はどういうときにどういう発言をすればいいのかをわかった上で演技をしているだけのことが多いので、上辺だけの関係で終わることも多いのです。

まとめ

サイコパス=犯罪者、犯罪予備軍のイメージも強いものですが、実際は多くの場合普通に日常生活を行っており、犯罪を犯す人は極稀です。

サイコパスの人たちは、行動に対するブレーキが存在せず、アクセルを踏んでしまえばどんどん加速していってしまうのです。

サイコパスタイプの人は人口の約1%程存在するといわれています。

もしかしたらこの人はサイコパスかもしれないと思う人も中にはいるでしょう。

そういった場合は、刺激をしないよう、そっと距離をとるようにしていきましょう。

最近、テレビや雑誌などでも耳にするようになってきた『サイコパス』とは、一体どのような特徴を持った人たちのことなのでしょうか。


嘘を平気でつく

サイコパスによく見られる特徴の一つとして挙げられるのが、嘘をつくことに対して罪悪感やためらいを感じないという点です。

息を吐くように嘘をつき、平気で作り話をしたり、話を盛ったりするものです。

その為、嘘をつかれた側は、あまりにも自然に振る舞っているためそれが嘘だと感じないのです。

自信満々で、ナルシストな傾向がある

サイコパスタイプの人は、自分に対し、異常なほど自信を持っているものです。

やたらと自分の自慢話をしたり、規模の大きな夢を語ったりする傾向があります。

非現実的なレベルの話を持ち出したりすることも少なくありません。

誇大妄想も強く、周りを巻き込もうとすることも少なくないため、もし身近にやたらと大きな話をしたがる人がいたら要注意です。

他人の財産を使うことに対しても罪悪感を抱くことがないので、平気でお金の無心をしてくることもあります。

良心が欠如しており、人に対して冷淡

一般的な人であれば、他人に対してある程度の感情移入をすることが出来、相手が今どのようなことを考えているのか読み取ろうとするものです。

しかし、サイコパスタイプの人はそういった感情を殆ど持ち合わせていません。

人に対する同情心や、罪悪感を抱くこともなく、自分が悪いことをしたという自覚すらありません。

自己コントロールが出来ない

サイコパスの人たちは、自分の感情を抑制することを上手く出来ません。

突然癇癪を起こしたり、ヒステリックになったりすることも決して少なくありません。

感情の起伏も激しく、さっきまで怒っていたかと思えば、もう笑っていたり、今度は泣き出してしまったりすることもよくあります。

また、衝動的な行動に出ることも多く、いきなり大金をはたいて買い物をしたり、前触れなく引っ越したりすることもあります。

サイコパスの人たちは、将来のことに対して計画を立てるということが出来ません。

後先考えず、まず先に行動に走ってしまうのです。

自分の過ちを認めない

自分が悪いということを決して認めず、平気で人のせいにすることもあります。

それがどれだけ理不尽で、理屈に合わないことであろうとも、決して納得してくれません。

それどころか自分を否定した人物を非難したり、それ以外の人たちの同情を買うような芝居をしたりすることも平気で行います。

人を惑わすことを得意としているため、周囲の人達はつい同情し、サイコパスの人物の方に味方してしまうことも少なくありません。

その為、本来正しいはずである人物の方を一緒になって攻撃してしまうという悲しいことも起こり得るのです。

支配欲が強い

サイコパスタイプの人は非常に独占欲や支配欲が強く、まるでそれをゲームのように楽しむ傾向にあります。

サイコパスの多くは恐怖を認識することが出来ません。

その為、それがポジティブに働いた場合、どんな局面でも恐れることなく行動できることに繋がり、他者を支配下に置こうとするのです。

サイコパスの人たちは、脳の報酬回路であるドーパミンに対する欲求が強く、自分の思い通りにすることを快楽とし、自己報酬を得ようとする傾向にあります。

実際、サイコパスの多くは非常に知能指数が高く、優秀な脳を持っています。

その為、政治家や弁護士、ビジネス界にはサイコパスタイプが多いと言われています。

幼少期の異常行動が多い

サイコパスタイプの人は、幼少期に虚言や犯罪などの異常行動を起こしていることが多いものです。

頻繁に他の子供達とトラブルを起こしたり、公共のものを平気で破壊したりすることも平気で行います。

また、家族や友人、信仰といったものよりも、物に執着する傾向が強いのも特徴的です。

サイコパスにとって、人とは数にしか過ぎないのです。

家族や友人に対して、愛情を持つことはほとんどなく、単に社会的地位を得るために結婚することも少なくありません。

例えば、自分の子供が落第したり、病気や怪我を負ってしまったら、途端に価値を見失い、世話をしなくなることもあります。

自分の行動に責任を取れない

サイコパスの人たちは約束を守ったり、義務を果たすということが極端に苦手です。

自分が割に合わないと思ったことはしないという意識が非常に強いのです。

その為、同じようなことを何度も繰り返してしまいます。

結婚をしても、ちょっとしたことで離婚することも全く厭いません。

結婚期が短かったり、離婚歴が多いのも特徴の一つです。

弁が立ち、一見魅力的

サイコパスの最大の特徴は、カリスマ性を持ち合わせていることが多いというところにあります。

非常に弁が立ち、一見、正義感が強くて魅力的な人物に見えるのです。

社交的で、他者と打ち解けるのも非常に得意としているため、周囲の人達は異常さに全く気が付かないということも少なくありません。

しかし、実際はどういうときにどういう発言をすればいいのかをわかった上で演技をしているだけのことが多いので、上辺だけの関係で終わることも多いのです。

サイコパス=犯罪者、犯罪予備軍のイメージも強いものですが、実際は多くの場合普通に日常生活を行っており、犯罪を犯す人は極稀です。

サイコパスの人たちは、行動に対するブレーキが存在せず、アクセルを踏んでしまえばどんどん加速していってしまうのです。

サイコパスタイプの人は人口の約1%程存在するといわれています。

もしかしたらこの人はサイコパスかもしれないと思う人も中にはいるでしょう。

そういった場合は、刺激をしないよう、そっと距離をとるようにしていきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-