【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171029184845.html
片づけられない女性の特徴

片づけられない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
片づけられない女性の特徴

片づけられない女性の特徴についてまとめました。

あなたの周りには片づけられない女性はいませんか?

  • 面倒くさがり
  • 位置を決めていない
  • 部屋のイメージがない
  • ゴミが目に入らない
  • 物が多い方が落ち着く
  • カオスの状態が好き
  • 捨てられない
  • コレクター癖がある
  • まとめ

1. 面倒くさがり

面倒くさがり

何をするのも面倒な女性は、部屋を片づけることもできません。

「汚れているな」「散らかっているな」と気が付くことができるのに、面倒な気持ちが勝ってしまい動くことができません。

面倒くさがる人を動かすのはとても難しいので、一緒に生活している人や、スペースを共有しなくてはいけない人は苦労します。

「片づけて」「汚いよ」と言ってみても「わかっているけど」と言うだけで、実際に動いてくれません。

結果的に周囲にいる人が、代わりに片づけることになるのです。

2. 位置を決めていない

位置を決めていない

物を片づけるためには、片づける場所を理解していなければいけません。

例えばテレビのリモコンを片づける時は、「リモコンがあるべき位置」に戻す必要があります。

リモコンがあるべき位置にない場合、それは片づけではなく「移動」になります。

いくら移動を繰り返しても、本来あるべき場所に戻せなければ片づけたことになりません。

このようなことにならないために、部屋にある物や机の上のある物すべてに「あるべき場所」を決めておく必要があります。

リモコンはテレビ台の上の箱の中、ゲームはテレビ台の引き出しの中など、まず位置決めをしてから片づけを始めましょう。

3. 部屋のイメージがない

部屋のイメージがない

どんな部屋に住みたいかというイメージがない人は、何をどこに置いていいかわかりません。

そのためごちゃごちゃした部屋になってしまいがちです。

またくつろぐスペースと食事をするスペース、眠るスペースなど、生活の目的別にスペースを分けられない人の部屋もごちゃごちゃしてしまいます。

例えばベッドの横にインスタント食品が置いてあったり、リビングに布団が敷いてあったりする部屋は、いくら整理整頓をしたとしても片づいた印象にならないでしょう。

自分がどのような生活をしたいか、そのためにどう部屋作りをするべきか、そしてどうスペースを区切りかなど、部屋のイメージ作りから始める必要があるでしょう。

4. ゴミが目に入らない

ゴミが目に入らない

ゴミがたくさん落ちている部屋でも平気で暮らせる人がいます。

このようなタイプの人はゴミが目に入っていない可能性があります。

リビングにバッグや本、食べかけの食品などが置いてあるのに、いつまで経っても片づけずに、1週間でも放置してしまう人もいます。

「何で片づけないの」と質問をすると、「気が付かなかった」という答えが返ってくることが多いです。

ゴミが目に入らなければ、気付くこともできず、結果的に部屋が片づくこともありません。

5. 物が多い方が落ち着く

物が多い方が落ち着く

ゴミ屋敷などに住んでいる人の中には、物が多い方が落ち着く人がいます。

とにかく大量の物に囲まれて暮らしたいタイプの人ですので、物を処分したり、片づけたりすることもありません。

例えば賞味期限が切れた食品は、本来必要がない物で捨てなければいけないものです。

しかし物には違いありませんので、物が多いことを求める人はいつまでも部屋の中に置いておきます。

時には異臭がしてしまい、近隣の住民に迷惑を掛けてしまうこともあります。

第三者が介入しないと問題が解決しないほど、片づけられないことが大問題になってしまうこともあります。

6. カオスの状態が好き

カオスの状態が好き

机の上がごちゃごちゃになっていても平気な人がいます。

雑誌が積み重なっていたり、おもちゃやお菓子がそこらじゅうにあるような机の上で、仕事を楽しそうにしているタイプの女性です。

このような女性は、机の上が整然と片づいているよりも、少しカオスな状態のほうが好きなタイプの女性です。

隣の机で仕事をしている人からすれば迷惑ですが、本人が気に入っているのでなかなか片づけようとしません。

誰かが強制的に片づけると怒りだすこともありますので、困ってしまいます。

7. 捨てられない

捨てられない

物に愛着を持ちすぎて、捨てられないために、部屋の中が物で埋まってしまう人もいます。

いくら収納するための棚を増やしても、収納能力を超える物があったら片づけることはできません。

片づけの基本は、物を捨てることですから、物を捨てられない人は片づけられない人ということになります。

例えば使用したノートや手帳、もらった年賀状や名刺、写真や手紙などは、大人になればどんどん増えてしまいます。

毎年確実に増えていきますので、いつか捨てる必要があります。

基本的に年賀状はその年にもらった分だけ取っておき、後は捨てたほうが整理がつきます。

名刺も交流がなくなった人のものは捨てた方がいいでしょう。

思い出の品は特に愛着がわきやすいので捨てにくくなります。

しかし捨てなければ絶対に片づきませんので、どこかで線引きをする必要があるでしょう。

8. コレクター癖がある

コレクター癖がある

物をたくさん集めてしまうコレクター癖がある女性も、部屋がなかなか片づきません。

例えばぬいぐるみの収集癖がある人は、ゲームセンターのクレーンゲームでぬいぐるみを取り、捨てることなく収集してしまいます。

ひとつひとつは小さなぬいぐるみでも、捨てずにとっておくと膨大な量になります。

テーマパークに行ってもついぬいぐるみに手が伸びてしまい、結果的にそのテーマパークのぬいぐるみをコンプリートしてしまうような人もいます。

ベッドの枕元に置いていただけのぬいぐるみが、寝室を占拠して、ついにはリビングや玄関にも進出してしまうほど集めてしまう人もいます。

その他にも本や、雑誌、ゲームなどを買い集めて、捨てずにとっておく女性がいます。

またコレクター癖がある女性は、ぬいぐるみだけ、本だけ、とはならず、複数の物を集める習性がありますので、さらに問題が多いです。

レンタル倉庫などを借りても、あっという間にそれ以上の物を集めてしまいます。

自分が持っているものは価値が高い物だけと決めて、あとはオークションで売るなど、持つ数の天井を決めないと片づけどころではない状態になるでしょう。

まとめ

片づけられない女性は、物を捨てるのが苦手だったり、そもそも物が多いことが好きな人だったりします。

物が多いことや片づいていないことを苦に感じていないため、いくらでも物を集めてしまうのです。

まずは片付いていることの素晴らしさに気付く必要があります。

片づけや断舎利に関する本などを読み、「片づけたい」「物を捨てたい」という意識を身につけることが大切です。

片づけられない女性の特徴についてまとめました。

あなたの周りには片づけられない女性はいませんか?


面倒くさがり

何をするのも面倒な女性は、部屋を片づけることもできません。

「汚れているな」「散らかっているな」と気が付くことができるのに、面倒な気持ちが勝ってしまい動くことができません。

面倒くさがる人を動かすのはとても難しいので、一緒に生活している人や、スペースを共有しなくてはいけない人は苦労します。

「片づけて」「汚いよ」と言ってみても「わかっているけど」と言うだけで、実際に動いてくれません。

結果的に周囲にいる人が、代わりに片づけることになるのです。

位置を決めていない

物を片づけるためには、片づける場所を理解していなければいけません。

例えばテレビのリモコンを片づける時は、「リモコンがあるべき位置」に戻す必要があります。

リモコンがあるべき位置にない場合、それは片づけではなく「移動」になります。

いくら移動を繰り返しても、本来あるべき場所に戻せなければ片づけたことになりません。

このようなことにならないために、部屋にある物や机の上のある物すべてに「あるべき場所」を決めておく必要があります。

リモコンはテレビ台の上の箱の中、ゲームはテレビ台の引き出しの中など、まず位置決めをしてから片づけを始めましょう。

部屋のイメージがない

どんな部屋に住みたいかというイメージがない人は、何をどこに置いていいかわかりません。

そのためごちゃごちゃした部屋になってしまいがちです。

またくつろぐスペースと食事をするスペース、眠るスペースなど、生活の目的別にスペースを分けられない人の部屋もごちゃごちゃしてしまいます。

例えばベッドの横にインスタント食品が置いてあったり、リビングに布団が敷いてあったりする部屋は、いくら整理整頓をしたとしても片づいた印象にならないでしょう。

自分がどのような生活をしたいか、そのためにどう部屋作りをするべきか、そしてどうスペースを区切りかなど、部屋のイメージ作りから始める必要があるでしょう。

ゴミが目に入らない

ゴミがたくさん落ちている部屋でも平気で暮らせる人がいます。

このようなタイプの人はゴミが目に入っていない可能性があります。

リビングにバッグや本、食べかけの食品などが置いてあるのに、いつまで経っても片づけずに、1週間でも放置してしまう人もいます。

「何で片づけないの」と質問をすると、「気が付かなかった」という答えが返ってくることが多いです。

ゴミが目に入らなければ、気付くこともできず、結果的に部屋が片づくこともありません。

物が多い方が落ち着く

ゴミ屋敷などに住んでいる人の中には、物が多い方が落ち着く人がいます。

とにかく大量の物に囲まれて暮らしたいタイプの人ですので、物を処分したり、片づけたりすることもありません。

例えば賞味期限が切れた食品は、本来必要がない物で捨てなければいけないものです。

しかし物には違いありませんので、物が多いことを求める人はいつまでも部屋の中に置いておきます。

時には異臭がしてしまい、近隣の住民に迷惑を掛けてしまうこともあります。

第三者が介入しないと問題が解決しないほど、片づけられないことが大問題になってしまうこともあります。

カオスの状態が好き

机の上がごちゃごちゃになっていても平気な人がいます。

雑誌が積み重なっていたり、おもちゃやお菓子がそこらじゅうにあるような机の上で、仕事を楽しそうにしているタイプの女性です。

このような女性は、机の上が整然と片づいているよりも、少しカオスな状態のほうが好きなタイプの女性です。

隣の机で仕事をしている人からすれば迷惑ですが、本人が気に入っているのでなかなか片づけようとしません。

誰かが強制的に片づけると怒りだすこともありますので、困ってしまいます。

捨てられない

物に愛着を持ちすぎて、捨てられないために、部屋の中が物で埋まってしまう人もいます。

いくら収納するための棚を増やしても、収納能力を超える物があったら片づけることはできません。

片づけの基本は、物を捨てることですから、物を捨てられない人は片づけられない人ということになります。

例えば使用したノートや手帳、もらった年賀状や名刺、写真や手紙などは、大人になればどんどん増えてしまいます。

毎年確実に増えていきますので、いつか捨てる必要があります。

基本的に年賀状はその年にもらった分だけ取っておき、後は捨てたほうが整理がつきます。

名刺も交流がなくなった人のものは捨てた方がいいでしょう。

思い出の品は特に愛着がわきやすいので捨てにくくなります。

しかし捨てなければ絶対に片づきませんので、どこかで線引きをする必要があるでしょう。

コレクター癖がある

物をたくさん集めてしまうコレクター癖がある女性も、部屋がなかなか片づきません。

例えばぬいぐるみの収集癖がある人は、ゲームセンターのクレーンゲームでぬいぐるみを取り、捨てることなく収集してしまいます。

ひとつひとつは小さなぬいぐるみでも、捨てずにとっておくと膨大な量になります。

テーマパークに行ってもついぬいぐるみに手が伸びてしまい、結果的にそのテーマパークのぬいぐるみをコンプリートしてしまうような人もいます。

ベッドの枕元に置いていただけのぬいぐるみが、寝室を占拠して、ついにはリビングや玄関にも進出してしまうほど集めてしまう人もいます。

その他にも本や、雑誌、ゲームなどを買い集めて、捨てずにとっておく女性がいます。

またコレクター癖がある女性は、ぬいぐるみだけ、本だけ、とはならず、複数の物を集める習性がありますので、さらに問題が多いです。

レンタル倉庫などを借りても、あっという間にそれ以上の物を集めてしまいます。

自分が持っているものは価値が高い物だけと決めて、あとはオークションで売るなど、持つ数の天井を決めないと片づけどころではない状態になるでしょう。

片づけられない女性は、物を捨てるのが苦手だったり、そもそも物が多いことが好きな人だったりします。

物が多いことや片づいていないことを苦に感じていないため、いくらでも物を集めてしまうのです。

まずは片付いていることの素晴らしさに気付く必要があります。

片づけや断舎利に関する本などを読み、「片づけたい」「物を捨てたい」という意識を身につけることが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-