【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171029184458.html
転職が多い女性の特徴

転職が多い女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
転職が多い女性の特徴

あなたは大丈夫?転職が多い女性をまとめてみました。あなたの周りには転職が多い女性はいませんか?

  • コミュニケーションが苦手
  • なりたい自分がない
  • イメージで会社を選んでいる
  • 好きなことを仕事にしていない
  • ブラックな企業を選んでしまう
  • 自分に合わない雰囲気の職場
  • キャリアアップ思考がある
  • 好奇心が強い
  • まとめ

1. コミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手

仕事上の悩みのほとんどが「人間関係の悩み」だと言われています。

人間関係を円滑にこなすことができる女性は、どのような職場でも上手に立ち回ることができます。

コミュニケーション能力が高い女性は、転職を必要とするほど、現在の職場の居心地が悪くなることはないでしょう。

一方でコミュニケーションが苦手な女性は、なかなか職場の人間関係に馴染めません。

例え転職をしても、新しい職場になかなか慣れることがないため、また転職をしたくなってしまいます。

結果的に何度も転職を繰り返すことになるのです。

2. なりたい自分がない

なりたい自分がない

特に「なりたい自分」がハッキリしていない女性は、仕事選びの時に確信を持つことができません。

「これが私の理想の仕事だ」「私にぴったりの職場だ」という確信を持たずに衆力をして働き始めることになります。

働いてみるとやはりどこか違和感があり、この仕事は天職ではないと感じてしまいます。

そして転職活動を始めて、違う職場に移ります。

何度転職をしても、なりたい自分が分からないと、しっくりくる職場で働くのは難しいかもしれません。

偶然の出会いを求めて転職をしても、ぴったりの職場に出会える可能性はあまり高くないでしょう。

3. イメージで会社を選んでいる

イメージで会社を選んでいる

イメージだけで就職する会社を選んでいると、自分にぴったりの仕事をみつけることは難しいです。

テレビのCMで観るような、有名企業がブラック企業に認定されることも良くあります。

イメージで就職先を選ばずに、業界研究や企業研究をして、自分なりにじっくりと会社選びをすることが大切です。

4. 好きなことを仕事にしていない

好きなことを仕事にしていない

自分が好きなことがはっきりしているのに、好きなこととは関連性のない仕事をしてしまう女性がいます。

趣味と仕事を別にすることで、趣味をずっと愛し続けられるということはもあり、気持ちは分かります。

しかし仕事に対するモチベーションが湧かない場合は、問題になります。

転職を繰り返しても、楽しいと思える仕事が見つからない時は、趣味を仕事にしてみましょう。

例えばファッションアイテムに興味がある女性は、アパレルショップの店員さんとして働いてみましょう。

ずっと自分が好きなファッションアイテムに囲まれて仕事をする喜びがあります。

一緒に働くスタッフもファッションアイテムやオシャレ好きな女性ばかりなので、話も合いやすくコミュニケーションがしやすいかもしれません。

5. ブラックな企業を選んでしまう

ブラックな企業を選んでしまう

ブラック企業を選んで就職してしまうと、転職をすることになります。

勤務時間が異常に長く、しかもサービス残業で給与に反映されないなど、労働条件がやばい職場では長く働くことができません。

ブラック企業に勤めてしまった場合は、早めの転職は正解となります。

大切なのは二度とブラック企業で働かないように注意をすることです。

そのためにブラック企業の特徴を知っておきましょう。

1年中スタッフを募集している職場は、かなりブラックな可能性が高いです。

いつもスタッフを募集しているということは、スタッフが定着せず、すぐに離職してしまうということです。

労働条件が悪い、職場の環境が悪い、人間関係に問題があることが考えられます。

ブラック企業を避けて、働きやすい職場を選ぶことで、転職の回数を減らすことができるでしょう。

6. 自分に合わない雰囲気の職場

自分に合わない雰囲気の職場

例えば文系の女性が、体育会系の人たちが集まる職場で働くと、人間関係が難しく仕事が続かないかもしれません。

体育会系のノリが合わない女性が飲食店で働く時は、体育会系のノリが強い居酒屋で働くのは避けましょう。

それよりもまったりした雰囲気のカフェや落ち着いた雰囲気の喫茶店で働いたほうが、自分に合っているでしょう。

楽しく長く働ける職場は、自分に合った雰囲気の職場です。

就職する前に職場の雰囲気を確かめるようにしましょう。

7. キャリアアップ思考がある

キャリアアップ思考がある

キャリアップをするために、前向きな転職をする女性もいます。

転職をする度に自分のキャリアが前進している女性は、良い転職をしています。

最終的な仕事上の目標を達成するために、その調子でがんばって欲しいと思います。

8. 好奇心が強い

好奇心が強い

好奇心が強いため、様々な職場で働きたい女性がいます。

例えば派遣会社に登録すると、半年から1年ごとに、様々な職場で働くことができます。

正社員では就職できないような大企業にも、派遣としてなら働きに行くことができます。

大企業の福利厚生を楽しんだり、大きな食堂を満喫することもできます。

「仕事マニア」「企業マニア」的な女性にとって、転職は長期旅行に出かけるような意味合いが強そうです。

まとめ

転職が多い女性は、自分に合わない職場で働いてしまいがちです。

働きやすい職場のイメージをしっかり持たないと、何度でも転職をすることになります。

またコミュニケーションが苦手な女性も、なかなかひとつの職場で勤め上げるのは難しいでしょう。

一方でキャリアアップのため、好奇心を満たすために、前向きな転職を繰り返す女性もいます。

こちらのタイプは人生を楽しむための転職をする女性と言えるでしょう。

あなたは大丈夫?転職が多い女性をまとめてみました。あなたの周りには転職が多い女性はいませんか?


コミュニケーションが苦手

仕事上の悩みのほとんどが「人間関係の悩み」だと言われています。

人間関係を円滑にこなすことができる女性は、どのような職場でも上手に立ち回ることができます。

コミュニケーション能力が高い女性は、転職を必要とするほど、現在の職場の居心地が悪くなることはないでしょう。

一方でコミュニケーションが苦手な女性は、なかなか職場の人間関係に馴染めません。

例え転職をしても、新しい職場になかなか慣れることがないため、また転職をしたくなってしまいます。

結果的に何度も転職を繰り返すことになるのです。

なりたい自分がない

特に「なりたい自分」がハッキリしていない女性は、仕事選びの時に確信を持つことができません。

「これが私の理想の仕事だ」「私にぴったりの職場だ」という確信を持たずに衆力をして働き始めることになります。

働いてみるとやはりどこか違和感があり、この仕事は天職ではないと感じてしまいます。

そして転職活動を始めて、違う職場に移ります。

何度転職をしても、なりたい自分が分からないと、しっくりくる職場で働くのは難しいかもしれません。

偶然の出会いを求めて転職をしても、ぴったりの職場に出会える可能性はあまり高くないでしょう。

イメージで会社を選んでいる

イメージだけで就職する会社を選んでいると、自分にぴったりの仕事をみつけることは難しいです。

テレビのCMで観るような、有名企業がブラック企業に認定されることも良くあります。

イメージで就職先を選ばずに、業界研究や企業研究をして、自分なりにじっくりと会社選びをすることが大切です。

好きなことを仕事にしていない

自分が好きなことがはっきりしているのに、好きなこととは関連性のない仕事をしてしまう女性がいます。

趣味と仕事を別にすることで、趣味をずっと愛し続けられるということはもあり、気持ちは分かります。

しかし仕事に対するモチベーションが湧かない場合は、問題になります。

転職を繰り返しても、楽しいと思える仕事が見つからない時は、趣味を仕事にしてみましょう。

例えばファッションアイテムに興味がある女性は、アパレルショップの店員さんとして働いてみましょう。

ずっと自分が好きなファッションアイテムに囲まれて仕事をする喜びがあります。

一緒に働くスタッフもファッションアイテムやオシャレ好きな女性ばかりなので、話も合いやすくコミュニケーションがしやすいかもしれません。

ブラックな企業を選んでしまう

ブラック企業を選んで就職してしまうと、転職をすることになります。

勤務時間が異常に長く、しかもサービス残業で給与に反映されないなど、労働条件がやばい職場では長く働くことができません。

ブラック企業に勤めてしまった場合は、早めの転職は正解となります。

大切なのは二度とブラック企業で働かないように注意をすることです。

そのためにブラック企業の特徴を知っておきましょう。

1年中スタッフを募集している職場は、かなりブラックな可能性が高いです。

いつもスタッフを募集しているということは、スタッフが定着せず、すぐに離職してしまうということです。

労働条件が悪い、職場の環境が悪い、人間関係に問題があることが考えられます。

ブラック企業を避けて、働きやすい職場を選ぶことで、転職の回数を減らすことができるでしょう。

自分に合わない雰囲気の職場

例えば文系の女性が、体育会系の人たちが集まる職場で働くと、人間関係が難しく仕事が続かないかもしれません。

体育会系のノリが合わない女性が飲食店で働く時は、体育会系のノリが強い居酒屋で働くのは避けましょう。

それよりもまったりした雰囲気のカフェや落ち着いた雰囲気の喫茶店で働いたほうが、自分に合っているでしょう。

楽しく長く働ける職場は、自分に合った雰囲気の職場です。

就職する前に職場の雰囲気を確かめるようにしましょう。

キャリアアップ思考がある

キャリアップをするために、前向きな転職をする女性もいます。

転職をする度に自分のキャリアが前進している女性は、良い転職をしています。

最終的な仕事上の目標を達成するために、その調子でがんばって欲しいと思います。

好奇心が強い

好奇心が強いため、様々な職場で働きたい女性がいます。

例えば派遣会社に登録すると、半年から1年ごとに、様々な職場で働くことができます。

正社員では就職できないような大企業にも、派遣としてなら働きに行くことができます。

大企業の福利厚生を楽しんだり、大きな食堂を満喫することもできます。

「仕事マニア」「企業マニア」的な女性にとって、転職は長期旅行に出かけるような意味合いが強そうです。

転職が多い女性は、自分に合わない職場で働いてしまいがちです。

働きやすい職場のイメージをしっかり持たないと、何度でも転職をすることになります。

またコミュニケーションが苦手な女性も、なかなかひとつの職場で勤め上げるのは難しいでしょう。

一方でキャリアアップのため、好奇心を満たすために、前向きな転職を繰り返す女性もいます。

こちらのタイプは人生を楽しむための転職をする女性と言えるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-