【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171029183846.html
謝らない女性の特徴

謝らない女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
謝らない女性の特徴

自分のミスやまちがいによって人に迷惑をかけた時でも、謝らない女性がいます。

「自分は悪くない」と言い張って、決して謝ろうとはしない女性にはどんな特徴があるのでしょうか。

  • プライドが高く自己愛が強い
  • 負けず嫌い
  • 自分を客観視できない
  • 道徳心がない
  • 「自分は悪くない」と思っている
  • 幼児性が強い
  • まとめ

1. プライドが高く自己愛が強い

プライドが高く自己愛が強い

謝らない女性の心理的特徴として、まずあげられるのが「プライドが高い」ということでしょう。

「容姿に自信がある」「仕事や勉強ができる」「育ちがいい」「学歴が高い」など、自分に自信があって、大変に高いプライドを持っています。

そういう女性にとって、人に謝ることはプライドが許しません。

それは「人に頭を下げる自分」が許せないのです。

人に対して常に上から目線でいる女性にとって、人に頭を下げるというのは、屈辱的な行為と考えていいでしょう。

プライドの高い女性は自己愛も大変に強いものです。

人に謝ることによって自分が傷つくことを、強い自己愛が許しません。

高いプライドと強い自己愛が、自分が貶められるようなことを許さないこと、自分が傷つくことを許さないことが、自分に非があっても謝らない女性の心理的特徴ということになるでしょう。

2. 負けず嫌い

負けず嫌い

ものごとをなんでも勝ち負けで考えてしまうというのも、謝らない女性の心理的特徴の一つです。

頭を下げて謝るというのは、自分の非を認める行為です。

「自分が間違ってました」と非を認めることは、謝らない女性にとって「負けを認めた」ということになるわけです。

たとえば、仕事でミスをして、同僚に迷惑をかけたとしましょう。

その時、「ごめんなさい。

自分のミスであなたに迷惑をかけました」
ということを素直に認めてしまうと、その瞬間、「ミスをしなかった相手よりも自分の方が仕事において劣っていることを認めることになる」と、謝らない女性は考えます。

負けを認めたくない、人より劣っている自分を認めたくないという意識を持っていること、つまり、「負けず嫌い」と言うのが、謝らない女性の特徴ということになるでしょう。

3. 自分を客観視できない

自分を客観視できない

自分の非を認めない人は、すぐに言い訳をしたり、責任逃れをしたり、時には他の人に責任転嫁をします。

その様子は、他の人から見ると、大変に見苦しいものに違いありません。

周囲の人から「みっともない」と思われてしまうのが、謝らない女性ということができるでしょう。

もし、そんなみっともない自分を自覚できたなら、自分で改善する気にもなるはずです。

「言い訳や責任転嫁はみっともないことだから、これからはすなおに非を認めて謝るようにしよう」という気持ちになるに違いありません。

ところが、謝らない女性は、そんなふうに自分のことを客観的に見ることができません。

自分のみっともなさに気づかず、また、人から悪い評価を得ていることにも気がつかないため、何度でも「悪いことをしたり、人に迷惑をかけても謝らない」ということを、繰り返すと考えていいでしょう。

自分を客観視できないというのも、謝らない女性の特徴なのです。

4. 道徳心がない

道徳心がない

道徳心に欠けるというのも、謝ろうとしない女性の特徴ということができるでしょう。

たとえば、約束の時間に遅刻して、人を長い時間待たせたとします。

時間を守るというのは、社会常識であり、人間として当たり前のマナーです。

待たせることによって相手に迷惑をかけたのですから、「申し訳ない」という気持ちになるのがふつうでしょう。

そこに働いているのは、「人間は約束を守らなくてはならない」という道徳心にほかなりません。

謝らない女性は、この道徳心が欠如しているのです。

相手をどんなに待たせても、自分のミスで人にどんな迷惑をかけても、「すまない」という気持ちになりません。

良心が痛まないために、謝る必要性を感じないのです。

5. 「自分は悪くない」と思っている

「自分は悪くない」と思っている

謝らない女性には2つのタイプがあると考えていいでしょう。

「自分の非に気づいているタイプ」と、「自分の非に気づいていないタイプ」です。

後者のタイプは、つまり、「自分は悪くない」と思っているのです。

謝らない女性は、人にも言い訳しますが、同時に自分にも言い訳をしています。

たとえば、約束の時間に遅れた場合でも、「電車にぎりぎり間に合わなくて、乗り遅れた。

車掌が閉まったドアを開けてくれればあの電車に乗れたのだから、自分は悪くない」
と考えます。

時間に余裕を持って出なかったために、電車に乗り遅れて遅刻したのですから、自分に非があるわけですが、それを車掌のせいにするわけです。

悪いのは車掌で自分は悪くないのだから、謝る必要はないと考えるのが、謝らない女性の心理と言うことになるでしょう。

6. 幼児性が強い

幼児性が強い

強情な子どもがいます。

兄弟げんかして、親に怒られ、「謝りなさい」と言われても、強情を張って謝ろうとしない子どもです。

子どもには、このように「自分が悪い」と気づいていたとしても、我を張って、それを認めようとしないことが少なくありません。

謝らない女性は、そんな強情な子どもと同じと考えていいでしょう。

誰が見ても自分に非があることが明らかで、自分でもそれを認識しているにもかかわらず、幼児性が強いために、つい強情を張ってしまうのです。

まとめ

人に迷惑をかけたり、約束を破ったりしても、決して謝らない女性について、どんな特徴があるのか見てきました。

身近にそういう女性がいると「どうして謝ろうとしないのだろう?」と不思議に感じることもあるでしょう。

謝らない女性の心理を知るための参考になさってください。

自分のミスやまちがいによって人に迷惑をかけた時でも、謝らない女性がいます。

「自分は悪くない」と言い張って、決して謝ろうとはしない女性にはどんな特徴があるのでしょうか。


プライドが高く自己愛が強い

謝らない女性の心理的特徴として、まずあげられるのが「プライドが高い」ということでしょう。

「容姿に自信がある」「仕事や勉強ができる」「育ちがいい」「学歴が高い」など、自分に自信があって、大変に高いプライドを持っています。

そういう女性にとって、人に謝ることはプライドが許しません。

それは「人に頭を下げる自分」が許せないのです。

人に対して常に上から目線でいる女性にとって、人に頭を下げるというのは、屈辱的な行為と考えていいでしょう。

プライドの高い女性は自己愛も大変に強いものです。

人に謝ることによって自分が傷つくことを、強い自己愛が許しません。

高いプライドと強い自己愛が、自分が貶められるようなことを許さないこと、自分が傷つくことを許さないことが、自分に非があっても謝らない女性の心理的特徴ということになるでしょう。

負けず嫌い

ものごとをなんでも勝ち負けで考えてしまうというのも、謝らない女性の心理的特徴の一つです。

頭を下げて謝るというのは、自分の非を認める行為です。

「自分が間違ってました」と非を認めることは、謝らない女性にとって「負けを認めた」ということになるわけです。

たとえば、仕事でミスをして、同僚に迷惑をかけたとしましょう。

その時、「ごめんなさい。

自分のミスであなたに迷惑をかけました」
ということを素直に認めてしまうと、その瞬間、「ミスをしなかった相手よりも自分の方が仕事において劣っていることを認めることになる」と、謝らない女性は考えます。

負けを認めたくない、人より劣っている自分を認めたくないという意識を持っていること、つまり、「負けず嫌い」と言うのが、謝らない女性の特徴ということになるでしょう。

自分を客観視できない

自分の非を認めない人は、すぐに言い訳をしたり、責任逃れをしたり、時には他の人に責任転嫁をします。

その様子は、他の人から見ると、大変に見苦しいものに違いありません。

周囲の人から「みっともない」と思われてしまうのが、謝らない女性ということができるでしょう。

もし、そんなみっともない自分を自覚できたなら、自分で改善する気にもなるはずです。

「言い訳や責任転嫁はみっともないことだから、これからはすなおに非を認めて謝るようにしよう」という気持ちになるに違いありません。

ところが、謝らない女性は、そんなふうに自分のことを客観的に見ることができません。

自分のみっともなさに気づかず、また、人から悪い評価を得ていることにも気がつかないため、何度でも「悪いことをしたり、人に迷惑をかけても謝らない」ということを、繰り返すと考えていいでしょう。

自分を客観視できないというのも、謝らない女性の特徴なのです。

道徳心がない

道徳心に欠けるというのも、謝ろうとしない女性の特徴ということができるでしょう。

たとえば、約束の時間に遅刻して、人を長い時間待たせたとします。

時間を守るというのは、社会常識であり、人間として当たり前のマナーです。

待たせることによって相手に迷惑をかけたのですから、「申し訳ない」という気持ちになるのがふつうでしょう。

そこに働いているのは、「人間は約束を守らなくてはならない」という道徳心にほかなりません。

謝らない女性は、この道徳心が欠如しているのです。

相手をどんなに待たせても、自分のミスで人にどんな迷惑をかけても、「すまない」という気持ちになりません。

良心が痛まないために、謝る必要性を感じないのです。

「自分は悪くない」と思っている

謝らない女性には2つのタイプがあると考えていいでしょう。

「自分の非に気づいているタイプ」と、「自分の非に気づいていないタイプ」です。

後者のタイプは、つまり、「自分は悪くない」と思っているのです。

謝らない女性は、人にも言い訳しますが、同時に自分にも言い訳をしています。

たとえば、約束の時間に遅れた場合でも、「電車にぎりぎり間に合わなくて、乗り遅れた。

車掌が閉まったドアを開けてくれればあの電車に乗れたのだから、自分は悪くない」
と考えます。

時間に余裕を持って出なかったために、電車に乗り遅れて遅刻したのですから、自分に非があるわけですが、それを車掌のせいにするわけです。

悪いのは車掌で自分は悪くないのだから、謝る必要はないと考えるのが、謝らない女性の心理と言うことになるでしょう。

幼児性が強い

強情な子どもがいます。

兄弟げんかして、親に怒られ、「謝りなさい」と言われても、強情を張って謝ろうとしない子どもです。

子どもには、このように「自分が悪い」と気づいていたとしても、我を張って、それを認めようとしないことが少なくありません。

謝らない女性は、そんな強情な子どもと同じと考えていいでしょう。

誰が見ても自分に非があることが明らかで、自分でもそれを認識しているにもかかわらず、幼児性が強いために、つい強情を張ってしまうのです。

人に迷惑をかけたり、約束を破ったりしても、決して謝らない女性について、どんな特徴があるのか見てきました。

身近にそういう女性がいると「どうして謝ろうとしないのだろう?」と不思議に感じることもあるでしょう。

謝らない女性の心理を知るための参考になさってください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-