【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171029182947.html
逆セクハラする女性の特徴

逆セクハラする女性の特徴 | LADYCO

LADYCO
逆セクハラする女性の特徴

セクハラというのは男性が女性に行うイメージがありますが、実際は女性が男性に行う「逆セクハラ」というものもあります。

女性の中には無意識の内に逆セクハラをしてしまっている場合があります。

今回は「逆セクハラの特徴」についてご紹介します。

  • ボディタッチ
  • シモネタを言ってくる
  • 露出の高い服を着てくる
  • 彼女の事をやたら聞いてくる
  • 力が無いのを馬鹿にしてくる
  • 男のくせにと言ってくる
  • 体の事を色々とイジってくる
  • 顔の事を色々とイジってくる
  • まとめ

1. ボディタッチ

ボディタッチ

女性の中にはスキンシップのつもりで、ボディタッチをしてくる人があります。

「女性が触ってくるのは男性からしたら皆嬉しい事」と感じている女性が多くいますが、実際の所は興味の無い女性に触られるのは男性したら嫌な物です。

もし会社の中で、いきなり女性に抱きつかれたりしたりしたら、周りからも変な目で見られるので男性からしたらとても迷惑な事です。

もしスキンシップの為に男性に積極的にボディタッチをしている女性がいたら気を付けてください。

2. シモネタを言ってくる

シモネタを言ってくる

シモネタを男性に対して言ってくるのも逆セクハラです。

女性の中にはシモネタが大好きな人がいまして、子供のような下品な発言を男性に対して、してくる人がたまにいます。

男性からしたら女性のシモネタはあまり聞きたくないです。

男性は女性に対して出来れば上品であって欲しいと思い描いているのに、シモネタを連発されたら冷めてしまいます。

しかも、女性のシモネタは生々しい場合が多いので、場がシーンとなる事も多々あります。

3. 露出の高い服を着てくる

露出の高い服を着てくる

暑い時期などになると、胸元を強調した服や胸元を開けた服を着てくる女性がいます。

女性からしたらサービスのつもりですが、そのような服で仕事場に来られると、男性は仕事に集中が出来ないですし、チラっと見ただけで「ちょっとー!今見たでしょー!」変な扱いをされてしまいます。

他にもミニスカートや下着が見えるような薄い服を着てくるのも逆セクハラになるので注意です。

4. 彼女の事をやたら聞いてくる

彼女の事をやたら聞いてくる

男性に対して「ねえねえ〇〇さんは彼女いるの?」「彼女さんとは仲良いの?」などのように、男性に対して女性事情や彼女事情をやたらと聞いてくるのも逆セクハラです。

男性は女性に対して彼女の事はあまり聞かれたくないです。

もし彼女の事を言った所で、社内にその話が漏れたら最悪です。

女性は噂話が大好きなので男性からしたらそのような性の話はあまりしたくないのです。

このように、プライベートの事をズカズカ聞くのは逆セクハラになるのでご注意。

5. 力が無いのを馬鹿にしてくる

力が無いのを馬鹿にしてくる

男性は皆が力持ちってわけでは無いです。

中には力が無い男性もいます。

仕事で重たい物を持つときに「〇〇さんは力が無いですね」などと言ってしまうのは、男性からしたらかなり傷つきます。

女性だって男性に「力モリモリで男性みたいですね」と言われたらムカっときますよね。

それと同じで、男性も女性に「女のようにか弱いですね」などと言われたらムカっとくるのです。

6. 男のくせにと言ってくる

男のくせにと言ってくる

「男のくせに!」という言葉は女性が良く使ってしまうセリフですが、これも逆セクハラです。

「男のくせに泣くな!」「男のくせにアルコールが弱いってダサい」などのような言葉は男女差別発言に値します。

女性だって「女のくせに料理も出来ないってヤバいよ」「女のくせに結婚しないの?それで良いの?」などと言われたくないですよね。

現代社会は男女差を無くすように努力がされています。

女性の社会進出が増えてきているのが良い例です。

なので「〜のくせに」という言葉は現代社会では使うと嫌われる要因になってしまうので注意です。

7. 体の事を色々とイジってくる

体の事を色々とイジってくる

男性の体を色々とイジってくるのも逆セクハラです。

例えば「〇〇さんの体ムキムキでカッコ良いですね」「〇〇さんはガリガリですね。

もっとゴハンを食べないとヤバイですよ」
などのように、悪気が無くても男性の中にはそれを良い風に取らない人もいます。

他にも太っている事や背が低い事のようなコンプレックスをイジるのも良く無いです。

男性だってメンタルが強い人と弱い人がいます。

なので、イジるのは程々に。

8. 顔の事を色々とイジってくる

顔の事を色々とイジってくる

顔の事をイジってくるのも男性からしたら不快です。

男性は女性のようにメイクも出来ないので顔を良く見せようがないです。

なのに「〇〇さんは顔濃すぎますね」「〇〇さんの顔イケてますね」など馬鹿にしたようなセリフを言われるとムカっとなります。

逆セクハラを防ぐには自分がされたら嫌な事はしない。

これに尽きます。

女性だって顔の事をイジられたらイラつきますよね。

男性も同じです。

まとめ

このように女性が男性に行うセクハラの種類はとても多いです。

女性からしたらサービスのつもりで行っても男性からしたらとても迷惑な場合がとても多いです。

他にも「男の癖に」のような発言も男性のプライドをボロボロになるので、女性の人は注意してください。

逆セクハラをする事によって訴えられる事もあるので、女性の人は男性に対しては慎重に関わった方が良いです。

セクハラというのは男性が女性に行うイメージがありますが、実際は女性が男性に行う「逆セクハラ」というものもあります。

女性の中には無意識の内に逆セクハラをしてしまっている場合があります。

今回は「逆セクハラの特徴」についてご紹介します。


ボディタッチ

女性の中にはスキンシップのつもりで、ボディタッチをしてくる人があります。

「女性が触ってくるのは男性からしたら皆嬉しい事」と感じている女性が多くいますが、実際の所は興味の無い女性に触られるのは男性したら嫌な物です。

もし会社の中で、いきなり女性に抱きつかれたりしたりしたら、周りからも変な目で見られるので男性からしたらとても迷惑な事です。

もしスキンシップの為に男性に積極的にボディタッチをしている女性がいたら気を付けてください。

シモネタを言ってくる

シモネタを男性に対して言ってくるのも逆セクハラです。

女性の中にはシモネタが大好きな人がいまして、子供のような下品な発言を男性に対して、してくる人がたまにいます。

男性からしたら女性のシモネタはあまり聞きたくないです。

男性は女性に対して出来れば上品であって欲しいと思い描いているのに、シモネタを連発されたら冷めてしまいます。

しかも、女性のシモネタは生々しい場合が多いので、場がシーンとなる事も多々あります。

露出の高い服を着てくる

暑い時期などになると、胸元を強調した服や胸元を開けた服を着てくる女性がいます。

女性からしたらサービスのつもりですが、そのような服で仕事場に来られると、男性は仕事に集中が出来ないですし、チラっと見ただけで「ちょっとー!今見たでしょー!」変な扱いをされてしまいます。

他にもミニスカートや下着が見えるような薄い服を着てくるのも逆セクハラになるので注意です。

彼女の事をやたら聞いてくる

男性に対して「ねえねえ〇〇さんは彼女いるの?」「彼女さんとは仲良いの?」などのように、男性に対して女性事情や彼女事情をやたらと聞いてくるのも逆セクハラです。

男性は女性に対して彼女の事はあまり聞かれたくないです。

もし彼女の事を言った所で、社内にその話が漏れたら最悪です。

女性は噂話が大好きなので男性からしたらそのような性の話はあまりしたくないのです。

このように、プライベートの事をズカズカ聞くのは逆セクハラになるのでご注意。

力が無いのを馬鹿にしてくる

男性は皆が力持ちってわけでは無いです。

中には力が無い男性もいます。

仕事で重たい物を持つときに「〇〇さんは力が無いですね」などと言ってしまうのは、男性からしたらかなり傷つきます。

女性だって男性に「力モリモリで男性みたいですね」と言われたらムカっときますよね。

それと同じで、男性も女性に「女のようにか弱いですね」などと言われたらムカっとくるのです。

男のくせにと言ってくる

「男のくせに!」という言葉は女性が良く使ってしまうセリフですが、これも逆セクハラです。

「男のくせに泣くな!」「男のくせにアルコールが弱いってダサい」などのような言葉は男女差別発言に値します。

女性だって「女のくせに料理も出来ないってヤバいよ」「女のくせに結婚しないの?それで良いの?」などと言われたくないですよね。

現代社会は男女差を無くすように努力がされています。

女性の社会進出が増えてきているのが良い例です。

なので「〜のくせに」という言葉は現代社会では使うと嫌われる要因になってしまうので注意です。

体の事を色々とイジってくる

男性の体を色々とイジってくるのも逆セクハラです。

例えば「〇〇さんの体ムキムキでカッコ良いですね」「〇〇さんはガリガリですね。

もっとゴハンを食べないとヤバイですよ」
などのように、悪気が無くても男性の中にはそれを良い風に取らない人もいます。

他にも太っている事や背が低い事のようなコンプレックスをイジるのも良く無いです。

男性だってメンタルが強い人と弱い人がいます。

なので、イジるのは程々に。

顔の事を色々とイジってくる

顔の事をイジってくるのも男性からしたら不快です。

男性は女性のようにメイクも出来ないので顔を良く見せようがないです。

なのに「〇〇さんは顔濃すぎますね」「〇〇さんの顔イケてますね」など馬鹿にしたようなセリフを言われるとムカっとなります。

逆セクハラを防ぐには自分がされたら嫌な事はしない。

これに尽きます。

女性だって顔の事をイジられたらイラつきますよね。

男性も同じです。

このように女性が男性に行うセクハラの種類はとても多いです。

女性からしたらサービスのつもりで行っても男性からしたらとても迷惑な場合がとても多いです。

他にも「男の癖に」のような発言も男性のプライドをボロボロになるので、女性の人は注意してください。

逆セクハラをする事によって訴えられる事もあるので、女性の人は男性に対しては慎重に関わった方が良いです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-