【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190609185835.html
振り込め詐欺の見分け方

振り込め詐欺の見分け方 | LADYCO

LADYCO
振り込め詐欺の見分け方

振り込め詐欺というと、最近よく話題になっていますね。

中には大金をだまし取られるパターンも多いようです。

そこで振り込め詐欺を見分ける方法についてまとめてみました。

  • 公式ホームページ、公式資料の確認
  • 警察、身近な人、専門家などに相談
  • 身に覚えのない支払いを絶対にしない
  • 合言葉を決める、子供の声をしっかり覚えておく
  • かかってきた電話番号を検索してみる
  • まとめ

1. 公式ホームページ、公式資料の確認

公式ホームページ、公式資料の確認

振り込め詐欺の手口としてまず知られているのは職員を装っての手口です。

支払方法が変更になった、これからの集金はこの口座に振り込みになったなどの嘘を使って振り込ませようとします。

その手の詐欺が多くなってきたこともあり現在は公式ホームページなどにもこのような手口には注意すること、こういった目的での集金は行っておりませんなどの記述があるはずです。

まずは自分でもしっかり調べてみることが大切です。

そうすれば他の場面でも騙されにくくなります。

2. 警察、身近な人、専門家などに相談

警察、身近な人、専門家などに相談

手続き等が複雑な場合には資料を確認してもそれが振り込め詐欺かどうかわからない場合もあります。

実際に資料に目を通さない人も少なくないのでそのような人は簡単に騙されてしまいます。

なので簡単に信用するのではなく、警察や身近な人に対して相談してみることが大切です。

何かわからないことがあれば金融機関などにおいても相談窓口は設定されていますし、警察も振り込め詐欺の防止に取り組んでいるため話は聞いてもらえます。

なんでも言われたとおりにするのではなく怪しいと思ったら疑うことや専門家に相談してみることを考えておきましょう。

3. 身に覚えのない支払いを絶対にしない

身に覚えのない支払いを絶対にしない

振り込め詐欺の手口は多種多様であり、中には本当のものと信じてしまうほど出来の良い請求書などもあります。

そのためうっかり支払ってしまう人も少なくありません。

請求書の内容をしっかりと読み、自分が確かに利用したものだけにお金を払うようにしましょう。

現在は認知されている被害件数も徐々に増えてきています。

自分は大丈夫だろうと思っている人ほどこれには注意してほしいと思います。

4. 合言葉を決める、子供の声をしっかり覚えておく

合言葉を決める、子供の声をしっかり覚えておく

これはオレオレ詐欺の手口の対策になります。

俺だけど急にお金が必要になったんだ、振り込んでくれない?という電話は最近よく知られるようになってきたので簡単には引っかかりにくくなってきたといえども、手口がいろいろあるので聞き方を変えられるだけで騙されてしまう人もいます。

対策としてまずは普段から子供と連絡をしっかりと取り合っておくことがまず一つの対策です。

あまりにも疎遠になっていると急な電話で詐欺に気づかなくなります。

次に合言葉に関して、電話の時に絶対これを聞くようにしておけば本人確認になることをしっかり決めておくことが大切です。

そうすれば犯人にはわからないのですぐに偽物と気が付くことができます。

5. かかってきた電話番号を検索してみる

かかってきた電話番号を検索してみる

電話番号を検索することでどこの会社がかけてきたかを調べることができます。

口コミサイトもあるので知らない電話番号からかかってきたらすぐに電話に出ないようにしましょう。

これはオレオレ詐欺の対策にも有効な手段です。

怪しい番号はいろいろなところに電話をかけているのでどんな人からかかってきたかすぐに調べてみて、迷惑電話や危険な電話番号の場合はすぐに着信拒否にして被害にあわないようにしましょう。

まとめ

このように、振り込め詐欺を防ぐ方法はいろいろありますが、振り込め詐欺の手口も年々増えてきています。

大切なことはしっかりと自分でも調べることです。

自分が新しい手口に引っかかる可能性もあるので従来の手口のことを知っていてもしっかり注意しましょう。

わからない場合はすぐに専門家に相談、お金はすぐに振り込まない、これを徹底しましょう。

そうすれば引っかかる可能性も低くなります。

振り込め詐欺というと、最近よく話題になっていますね。

中には大金をだまし取られるパターンも多いようです。

そこで振り込め詐欺を見分ける方法についてまとめてみました。


公式ホームページ、公式資料の確認

振り込め詐欺の手口としてまず知られているのは職員を装っての手口です。

支払方法が変更になった、これからの集金はこの口座に振り込みになったなどの嘘を使って振り込ませようとします。

その手の詐欺が多くなってきたこともあり現在は公式ホームページなどにもこのような手口には注意すること、こういった目的での集金は行っておりませんなどの記述があるはずです。

まずは自分でもしっかり調べてみることが大切です。

そうすれば他の場面でも騙されにくくなります。

警察、身近な人、専門家などに相談

手続き等が複雑な場合には資料を確認してもそれが振り込め詐欺かどうかわからない場合もあります。

実際に資料に目を通さない人も少なくないのでそのような人は簡単に騙されてしまいます。

なので簡単に信用するのではなく、警察や身近な人に対して相談してみることが大切です。

何かわからないことがあれば金融機関などにおいても相談窓口は設定されていますし、警察も振り込め詐欺の防止に取り組んでいるため話は聞いてもらえます。

なんでも言われたとおりにするのではなく怪しいと思ったら疑うことや専門家に相談してみることを考えておきましょう。

身に覚えのない支払いを絶対にしない

振り込め詐欺の手口は多種多様であり、中には本当のものと信じてしまうほど出来の良い請求書などもあります。

そのためうっかり支払ってしまう人も少なくありません。

請求書の内容をしっかりと読み、自分が確かに利用したものだけにお金を払うようにしましょう。

現在は認知されている被害件数も徐々に増えてきています。

自分は大丈夫だろうと思っている人ほどこれには注意してほしいと思います。

合言葉を決める、子供の声をしっかり覚えておく

これはオレオレ詐欺の手口の対策になります。

俺だけど急にお金が必要になったんだ、振り込んでくれない?という電話は最近よく知られるようになってきたので簡単には引っかかりにくくなってきたといえども、手口がいろいろあるので聞き方を変えられるだけで騙されてしまう人もいます。

対策としてまずは普段から子供と連絡をしっかりと取り合っておくことがまず一つの対策です。

あまりにも疎遠になっていると急な電話で詐欺に気づかなくなります。

次に合言葉に関して、電話の時に絶対これを聞くようにしておけば本人確認になることをしっかり決めておくことが大切です。

そうすれば犯人にはわからないのですぐに偽物と気が付くことができます。

かかってきた電話番号を検索してみる

電話番号を検索することでどこの会社がかけてきたかを調べることができます。

口コミサイトもあるので知らない電話番号からかかってきたらすぐに電話に出ないようにしましょう。

これはオレオレ詐欺の対策にも有効な手段です。

怪しい番号はいろいろなところに電話をかけているのでどんな人からかかってきたかすぐに調べてみて、迷惑電話や危険な電話番号の場合はすぐに着信拒否にして被害にあわないようにしましょう。

このように、振り込め詐欺を防ぐ方法はいろいろありますが、振り込め詐欺の手口も年々増えてきています。

大切なことはしっかりと自分でも調べることです。

自分が新しい手口に引っかかる可能性もあるので従来の手口のことを知っていてもしっかり注意しましょう。

わからない場合はすぐに専門家に相談、お金はすぐに振り込まない、これを徹底しましょう。

そうすれば引っかかる可能性も低くなります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-