【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518104240.html
ぐいぐい来る人が苦手!簡単な対処方法8選

ぐいぐい来る人が苦手!簡単な対処方法8選 | LADYCO

LADYCO
ぐいぐい来る人が苦手!簡単な対処方法8選

人との関わりをまったく持たずに生きていくことは、ほとんど不可能に近いでしょう。

さらにSNSが発達している現代では、簡単に人とコミュニケーションが取れるので、鬱陶しいくらいぐいぐい来る人と関わる場面も多いというもの。

今回はぐいぐい来る人が苦手な人のための、簡単な対処法8選を見ていきましょう。

  • できるだけ会わない、連絡を取らないようにする
  • 信用できる友達や同僚に間に入ってもらう
  • 反応を薄くする
  • 少し持ち上げて一人で話し続けさせる
  • その人のいいところを探してみる
  • 人脈を広げるため、と割り切る
  • 考え方を変えてみる
  • 思い切って話に乗ってみる
  • まとめ

1. できるだけ会わない、連絡を取らないようにする

できるだけ会わない、連絡を取らないようにする

かなり強引な方法ですが、この手段はその人を遠ざけるには最強に有効な一手ですね。

しかし、この場合、あまりにも態度に出し過ぎてしまうと相手に不快な気分を与えてしまうことにもなりかねないので、なんらかのトラブルを回避するためには当たり触らず離れられるよう、十分に注意しなければなりません。

ただ、あまりにもその人と関わることが苦痛であれば、そうせざるを得ないところもあるでしょう。

とは言っても仕事での人間関係でしたら実行するのは難しいので、その場合は次の項の対策の方がいいかもしれません。

2. 信用できる友達や同僚に間に入ってもらう

信用できる友達や同僚に間に入ってもらう

1対1で関わると、そのぐいぐい来る重圧を一身に受けることになってしまいます。

そんな時は他の信用できる友達や同僚に理由を話して、間に入ってもらうようにしましょう。

ぐいぐい来る相手に対してこちらが2人いたら、その重圧を半分にすることができますし、自分の友人がいることで安心感も生まれ、苦痛は少なくなるはずです。

3. 反応を薄くする

反応を薄くする

これもなかなか威力がある一手です。

話しかけているのに、“はい”“うん”、などあまりにも反応が薄ければ、それ以上話しかける気も萎えてくるというもの。

徐々に離れていってくれるかもしれません。

4. 少し持ち上げて一人で話し続けさせる

少し持ち上げて一人で話し続けさせる

その人との話を成立させようとすると気を使うので、苦手意識が生まれるのかもしれません。

ぐいぐい来る人は、一人でも勝手に話し続けられるものです。

だったら話の都度の最初に少し持ち上げて、ずっとひとりで話をさせればよいのです。

だいたいの人は自分の話を聞いてほしいと思っているので、一方的にでも自分が話をできれば、満足して帰っていきますし、こちらも話半分で聞いていれば、ストレスにもなりません。

ただ、相手がこちらにとって嫌な話をしてくるのであれば、違う対処が必要です。

5. その人のいいところを探してみる

その人のいいところを探してみる

その人に対して「ぐいぐい来る」、というだけでマイナスイメージを持っているかもしれません。

それ以外のところに目を向けてみて、人しての魅力を探してみましょう。

そうするとその人のことを理解しようとする気持ちが生まれ、一緒にいても苦にならないのではないでしょうか。

6. 人脈を広げるため、と割り切る

人脈を広げるため、と割り切る

ぐいぐい来る人は、他の人にもぐいぐい行っている可能性が高いです。

それを嫌がる人もいるでしょうが、逆にだからこそ好いて可愛がる、尊敬する人も多いはずです。

だいたいそういう人は、たくさんの人脈を築いていることも多いです。

その人と関わると自分の人脈も広がるはず、と割り切って考えてみるのはいかがでしょうか。

7. 考え方を変えてみる

考え方を変えてみる

ぐいぐい話をしにくるということは、少なくともあなたに人としての好意を持っているということ。

そんなの余計な御世話!と思われる方もいるかもしれませんが、なんとも思われていなかったり嫌われているよりは、関わろうと思うほどの好意を持ってもらえていることは人として嬉しいはずです。

そう思うと、こちらからもその人と関わってみよう、と思えるかもしれません。

8. 思い切って話に乗ってみる

思い切って話に乗ってみる

その人のことを何も知らないとその人に対しての警戒心があるのは当たり前ですが、話してみると意外と同じ趣味や共通点を持っているかもしれません。

趣味が似たものであれば、話しているうちに知らなかった有益な情報を取り入れられる可能性もありますし、同じ共通点を持っていれば親近感も生まれ、もしかしたら同じ悩みも持っているかもしれないのでお互いに相談することもできるでしょう。

気づいたら一生の親友になっていた、なんてこともあり得るのです。

まとめ

いかがでしたか?

人間関係を円滑に進めるのは簡単なことではありませんが、少しの対策で良い関係を築けることもあります。

ぐいぐい来る人に悩んでる方は、ぜひ実践してみてください。

人との関わりをまったく持たずに生きていくことは、ほとんど不可能に近いでしょう。

さらにSNSが発達している現代では、簡単に人とコミュニケーションが取れるので、鬱陶しいくらいぐいぐい来る人と関わる場面も多いというもの。

今回はぐいぐい来る人が苦手な人のための、簡単な対処法8選を見ていきましょう。


できるだけ会わない、連絡を取らないようにする

かなり強引な方法ですが、この手段はその人を遠ざけるには最強に有効な一手ですね。

しかし、この場合、あまりにも態度に出し過ぎてしまうと相手に不快な気分を与えてしまうことにもなりかねないので、なんらかのトラブルを回避するためには当たり触らず離れられるよう、十分に注意しなければなりません。

ただ、あまりにもその人と関わることが苦痛であれば、そうせざるを得ないところもあるでしょう。

とは言っても仕事での人間関係でしたら実行するのは難しいので、その場合は次の項の対策の方がいいかもしれません。

信用できる友達や同僚に間に入ってもらう

1対1で関わると、そのぐいぐい来る重圧を一身に受けることになってしまいます。

そんな時は他の信用できる友達や同僚に理由を話して、間に入ってもらうようにしましょう。

ぐいぐい来る相手に対してこちらが2人いたら、その重圧を半分にすることができますし、自分の友人がいることで安心感も生まれ、苦痛は少なくなるはずです。

反応を薄くする

これもなかなか威力がある一手です。

話しかけているのに、“はい”“うん”、などあまりにも反応が薄ければ、それ以上話しかける気も萎えてくるというもの。

徐々に離れていってくれるかもしれません。

少し持ち上げて一人で話し続けさせる

その人との話を成立させようとすると気を使うので、苦手意識が生まれるのかもしれません。

ぐいぐい来る人は、一人でも勝手に話し続けられるものです。

だったら話の都度の最初に少し持ち上げて、ずっとひとりで話をさせればよいのです。

だいたいの人は自分の話を聞いてほしいと思っているので、一方的にでも自分が話をできれば、満足して帰っていきますし、こちらも話半分で聞いていれば、ストレスにもなりません。

ただ、相手がこちらにとって嫌な話をしてくるのであれば、違う対処が必要です。

その人のいいところを探してみる

その人に対して「ぐいぐい来る」、というだけでマイナスイメージを持っているかもしれません。

それ以外のところに目を向けてみて、人しての魅力を探してみましょう。

そうするとその人のことを理解しようとする気持ちが生まれ、一緒にいても苦にならないのではないでしょうか。

人脈を広げるため、と割り切る

ぐいぐい来る人は、他の人にもぐいぐい行っている可能性が高いです。

それを嫌がる人もいるでしょうが、逆にだからこそ好いて可愛がる、尊敬する人も多いはずです。

だいたいそういう人は、たくさんの人脈を築いていることも多いです。

その人と関わると自分の人脈も広がるはず、と割り切って考えてみるのはいかがでしょうか。

考え方を変えてみる

ぐいぐい話をしにくるということは、少なくともあなたに人としての好意を持っているということ。

そんなの余計な御世話!と思われる方もいるかもしれませんが、なんとも思われていなかったり嫌われているよりは、関わろうと思うほどの好意を持ってもらえていることは人として嬉しいはずです。

そう思うと、こちらからもその人と関わってみよう、と思えるかもしれません。

思い切って話に乗ってみる

その人のことを何も知らないとその人に対しての警戒心があるのは当たり前ですが、話してみると意外と同じ趣味や共通点を持っているかもしれません。

趣味が似たものであれば、話しているうちに知らなかった有益な情報を取り入れられる可能性もありますし、同じ共通点を持っていれば親近感も生まれ、もしかしたら同じ悩みも持っているかもしれないのでお互いに相談することもできるでしょう。

気づいたら一生の親友になっていた、なんてこともあり得るのです。

いかがでしたか?

人間関係を円滑に進めるのは簡単なことではありませんが、少しの対策で良い関係を築けることもあります。

ぐいぐい来る人に悩んでる方は、ぜひ実践してみてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-