【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190607124139.html
ウソ告白をされたときの女性としての対応

ウソ告白をされたときの女性としての対応 | LADYCO

LADYCO
ウソ告白をされたときの女性としての対応

恋愛は人を幸せな気持ちにもしてくれますが、反対に傷つけてしまうこともあります。

誠実に恋愛と向き合っていたとしてもそうなのですから、まして遊び半分の冗談のつもりで恋愛を利用したとしたとすれば、傷つけられた方のダメージはとても大きいでしょう。

そんなとき、ただただ泣き寝入りをしますか。

どうせなら、その傷つけた相手を後悔させたくありませんか。

そこで今回は、ウソ告白をされて傷つけられたとき、相手に復讐をするための方法について書いていきます。

  • 髪型を変える
  • ヒールの高めの靴を履く
  • 女性らしい服装を意識する
  • 立ち振る舞いを堂々と
  • 相手の好みの女性になりきる

1. 髪型を変える

髪型を変える

ウソの告白をされて傷ついたということは、まるでアナタが失恋をしたかのような立場になってしまっていませんか。

そこで髪をバッサリ切ってしまったりしては、よけいに“失恋の雰囲気"を盛り上げてしまうことになりかねないと思うかもしれません。

そもそもバッサリ髪を切るということは、相手への想いを断ち切るという意味合いが込められています。

しかしそれで気持ちの清算は済んだのだという“意思表示"にもなるのです。

もしもそこまでの思い切った行動はできないというときには、たとえばパーマやヘアアイロンなどを使って、アレンジを加えるのです。

人の印象というのは、髪型が大きく関わっているので、ヘアスタイルを変えるということは、もう気持ちの切り替えが済んでいるのだということを周囲にアピールすることになるのです。

2. ヒールの高めの靴を履く

ヒールの高めの靴を履く

女性なら経験があるかもしれませんが、ヒールのある靴を履くとスっと背筋が伸びるような感覚を持ちます。

嘘の告白をされて恥ずかしいや悔しいという気持ちになって、知らず識らずのうちに姿勢まで縮こまっているという可能性があります。

そうなると、相手の思うツボです。

なぜなら、ウソ告白をするということは「傷ついたアナタの様子」が見たいからではないでしょうか。

それなら、その目的をくじいてやりましょう。

そのために、いつもよりも高めのヒールの靴を履いて背筋を伸ばして胸を張って歩いて見せるのです。

女性は見栄っ張りですが、誇り高い生き物です。

ヒールの“コツコツ"という音をカッコよく鳴らして、大人の女性を演出するのです。

それはまるで「ウソ告白をするような幼稚な男の子なんて、相手にならないわ」というような雰囲気を醸し出してくれるでしょう。

3. 女性らしい服装を意識する

女性らしい服装を意識する

ウソ告白というのは、アナタのことを女性としてバカにしている行為です。

そこであえて、女性らしさを強調して“本当は女性として魅力的なのだ"と分からせてやりましょう。

そのためには努力も必要です。

女性らしい服装を着こなすための努力です。

たとえばスカートを履きこなすために、キレイな脚のラインをつくらなければなりません。

または、その服装に似合うためにメイク方法を変えることも必要になってくる場合だってあります。

ここで重要なことは、「間違った女性らしさの強調」にならないことです。

それはたとえば、やたらと胸元の開いたトップスを着たり、少しかかんだだけでパンティが見えてしまいそうなほどのミニスカートやショートパンツを着ることです。

言ってみれば、自分を女として“安売り"するような格好です。

そんな風なイメージチェンジは、ウソ告白のダメージから自暴自棄になっているという印象を与えてしまいうからです。

品のある女性を目指して、服装選びやメイク方法を工夫しましょう。

そうやって、ウソ告白をする男性とは「違う世界」の女性なのだと分からせてやるのです。

4. 立ち振る舞いを堂々と

立ち振る舞いを堂々と

立ち振る舞いを堂々とするといことは、男性らしくすることではありません。

「自分に自信を持っている」ということをアピールするのです。

これは、ダイエットよりも難しく奥の深いことです。

しかし効果は絶大です。

歩き方や話し方、表情までスキなく“女性らしくもあり強くもある"所作を身につければ、ウソの告白をするような男性は近寄ることもできないのです。

5. 相手の好みの女性になりきる

この方法は最も「復讐感」があると言えるかもしれません。

それは、ウソの告白をしてきた男性の好みを探り、そういった女性になりきるのです。

そうして男性に「きちんとした気持ちで向き合えばよかった、逃した魚は大きかった」と思わせるのです。

これらの方法に共通することは、ウソの告白をするような男性と“同じ土俵で戦わない"ということです。

女性としてみくびられないために、背伸びをしてでも「私は高嶺の花なのだ」ということを態度でしめすのです。

そうすれば、不誠実な行為をした男性は恥ずかしさに苛まれるのです。

女性として、強く誇り高いところを見せつけてやりましょう。

恋愛は人を幸せな気持ちにもしてくれますが、反対に傷つけてしまうこともあります。

誠実に恋愛と向き合っていたとしてもそうなのですから、まして遊び半分の冗談のつもりで恋愛を利用したとしたとすれば、傷つけられた方のダメージはとても大きいでしょう。

そんなとき、ただただ泣き寝入りをしますか。

どうせなら、その傷つけた相手を後悔させたくありませんか。

そこで今回は、ウソ告白をされて傷つけられたとき、相手に復讐をするための方法について書いていきます。


髪型を変える

ウソの告白をされて傷ついたということは、まるでアナタが失恋をしたかのような立場になってしまっていませんか。

そこで髪をバッサリ切ってしまったりしては、よけいに“失恋の雰囲気"を盛り上げてしまうことになりかねないと思うかもしれません。

そもそもバッサリ髪を切るということは、相手への想いを断ち切るという意味合いが込められています。

しかしそれで気持ちの清算は済んだのだという“意思表示"にもなるのです。

もしもそこまでの思い切った行動はできないというときには、たとえばパーマやヘアアイロンなどを使って、アレンジを加えるのです。

人の印象というのは、髪型が大きく関わっているので、ヘアスタイルを変えるということは、もう気持ちの切り替えが済んでいるのだということを周囲にアピールすることになるのです。

ヒールの高めの靴を履く

女性なら経験があるかもしれませんが、ヒールのある靴を履くとスっと背筋が伸びるような感覚を持ちます。

嘘の告白をされて恥ずかしいや悔しいという気持ちになって、知らず識らずのうちに姿勢まで縮こまっているという可能性があります。

そうなると、相手の思うツボです。

なぜなら、ウソ告白をするということは「傷ついたアナタの様子」が見たいからではないでしょうか。

それなら、その目的をくじいてやりましょう。

そのために、いつもよりも高めのヒールの靴を履いて背筋を伸ばして胸を張って歩いて見せるのです。

女性は見栄っ張りですが、誇り高い生き物です。

ヒールの“コツコツ"という音をカッコよく鳴らして、大人の女性を演出するのです。

それはまるで「ウソ告白をするような幼稚な男の子なんて、相手にならないわ」というような雰囲気を醸し出してくれるでしょう。

女性らしい服装を意識する

ウソ告白というのは、アナタのことを女性としてバカにしている行為です。

そこであえて、女性らしさを強調して“本当は女性として魅力的なのだ"と分からせてやりましょう。

そのためには努力も必要です。

女性らしい服装を着こなすための努力です。

たとえばスカートを履きこなすために、キレイな脚のラインをつくらなければなりません。

または、その服装に似合うためにメイク方法を変えることも必要になってくる場合だってあります。

ここで重要なことは、「間違った女性らしさの強調」にならないことです。

それはたとえば、やたらと胸元の開いたトップスを着たり、少しかかんだだけでパンティが見えてしまいそうなほどのミニスカートやショートパンツを着ることです。

言ってみれば、自分を女として“安売り"するような格好です。

そんな風なイメージチェンジは、ウソ告白のダメージから自暴自棄になっているという印象を与えてしまいうからです。

品のある女性を目指して、服装選びやメイク方法を工夫しましょう。

そうやって、ウソ告白をする男性とは「違う世界」の女性なのだと分からせてやるのです。

立ち振る舞いを堂々と

立ち振る舞いを堂々とするといことは、男性らしくすることではありません。

「自分に自信を持っている」ということをアピールするのです。

これは、ダイエットよりも難しく奥の深いことです。

しかし効果は絶大です。

歩き方や話し方、表情までスキなく“女性らしくもあり強くもある"所作を身につければ、ウソの告白をするような男性は近寄ることもできないのです。

この方法は最も「復讐感」があると言えるかもしれません。

それは、ウソの告白をしてきた男性の好みを探り、そういった女性になりきるのです。

そうして男性に「きちんとした気持ちで向き合えばよかった、逃した魚は大きかった」と思わせるのです。

これらの方法に共通することは、ウソの告白をするような男性と“同じ土俵で戦わない"ということです。

女性としてみくびられないために、背伸びをしてでも「私は高嶺の花なのだ」ということを態度でしめすのです。

そうすれば、不誠実な行為をした男性は恥ずかしさに苛まれるのです。

女性として、強く誇り高いところを見せつけてやりましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-