【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190527143057.html
第一印象がいい人の特徴

第一印象がいい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
第一印象がいい人の特徴

人と接する時に重要となる第一印象。

第一印象によってその後のその人との付き合い方が左右されることもあります。

人見知りの人など第一印象で損したことはありませんか。

今回は「第一印象がいい人の特徴」について見ていきます。

  • 挨拶がきちんとできる人
  • 清潔感のある身なりの人
  • 明るくハキハキ喋る人
  • 笑顔を絶やさない人
  • 人の目を見ながら一方的に話さないように配慮する人
  • 相手の話を相槌を打ちながら聞く人
  • 低姿勢の人
  • 丁寧な対応の人
  • 気配りができる人
  • 言葉遣いが丁寧な人
  • 前向きな発言が多い人
  • 自然体で接する人
  • 柔らかい雰囲気の人
  • 人に合わせることができる人
  • 共感してくれる人
  • まとめ

1. 挨拶がきちんとできる人

挨拶がきちんとできる人

初めて会った時に、まず大事なのが挨拶です。

きちんと挨拶ができる人は相手に好印象を与えます。

基本的なことだと思われますが、人見知りをしたりすると緊張して挨拶がうまくいかず、挨拶がうまくいかないことがあります。

挨拶は初めて会った時の印象に大きく影響するものなので、どんなに緊張してもしっかり挨拶をするようにしましょう。

挨拶がきちんとできると相手との距離もぐっと縮まり、話しやすい空気になります。

2. 清潔感のある身なりの人

清潔感のある身なりの人

第一印象は見た目から入ります。

だらしない服装や髪型の人にはこう印象を持ちません。

しかし、清潔感のある身なりの人は好印象を持たれます。

乱れた髪型、露出度の高い服装、メリハリのない服装は好感を与えません。

また、行きすぎた身なりの人も相手に威圧感を与え、好感を与えません。

綺麗にセットされた髪型に程よいメイク、その場に応じた服装の人が相手に好感を与えます。

清潔感のある身なりの人は、雰囲気も柔らかく、安心感あります。

TPOを踏まえて、きちんとした身なりをするようにしましょう。

3. 明るくハキハキ喋る人

明るくハキハキ喋る人

喋り方一つで第一印象は大きく変わります。

明るくハキハキ喋る人は、とても好印象です。

会話をしていても楽しい気分になり、相手に「また話してみたい」という気持ちにさせることができます。

しかし、声が小さく何を話しているかわからないような人は、話していても聞き取りにくかったり、相手にストレスを与えます。

相手に聞き取りやすいように、明るくハキハキ喋ることで相手との会話もスムーズにさせることができます。

会話に自信がなくても、ハキハキと相手に聞き取りやすいように話すだけで随分印象が変わります。

4. 笑顔を絶やさない人

笑顔を絶やさない人

笑顔を絶やさない人は、第一印象でとても好感を持てます。

常に笑顔でいる人と接していると元気になり、明るい気持ちになりますよね。

ムスッととしている人と接していても不快な気持ちになったり、会話を早く終わらせたいと感じます。

しかし、その場だけの笑顔や不自然な笑顔ではダメです。

裏表のない自然体な笑顔で相手と接する人が第一印象に好感を与えます。

作り笑いは自分ではバレなわいつもりかもしれませんが、相手には伝わります。

自然体な笑顔で接するように心がけましょう。

5. 人の目を見ながら一方的に話さないように配慮する人

人の目を見ながら一方的に話さないように配慮する人

相手の目を話しながら、相手に話が伝わっているか配慮しながら話す人は第一印象から好感が持てます。

第一印象から一方的に話してくる人っていますよね。

相手に圧倒され、会話が聞き取れなかったり、威圧感を感じます。

相手のことを考えて、相手が会話を聞いているか配慮しながら話す言葉を選んだり、話すスピードを考えることは、お互いに話しやすい環境を作ることは相手とのより良い関係を築くこともできます。

対話は相手がいることでなりたいます。

一方的な会話は自己満足に過ぎず、相手に不快感を与えます。

また相手の目を見て話すことは、相手に安心感を与えます。

目を見ずに話をされても、相手の考えていることがわからなかったり、会話を終わられたいのかなと相手に不安を与えるので気をつけましょう。

6. 相手の話を相槌を打ちながら聞く人

相手の話を相槌を打ちながら聞く人

相手の話に相槌を打ちながら聞く人は第一印象で好印象を与えます。

相手にきちんと話を聞いている安心感を与え、話を聞いてもらっている方は話しやすいと感じます。

話しやすい人とは、今後も付き合って行きたいと感じます。

これは聞き上手な人の特徴でもあります。

相槌を打ちながら話を聞いてもらえると、もっと話したいという意欲も湧きます。

初対面から相手から心を開いてくれる可能性もあります。

話すことが苦手な人は、相手の話を相槌を打ちながら聞くことで相手に話しやすい空間を作り、打ち解けていくこともおススメです。

7. 低姿勢の人

低姿勢の人

低姿勢な人は第一印象でとても好感が持てます。

例えば、相手との別れ際で、相手の姿が見えなくなるまで頭を下げて見送るなど低姿勢な人はとても好感が持てます。

あまり自己否定になりすぎると相手に不快感を与えますが、低姿勢で真摯な態度な人には信頼が持てます。

8. 丁寧な対応の人

丁寧な対応の人

丁寧な対応の人には第一印象で好感が持てます。

相手に配慮しながら、丁寧におもてなしをします。

ビジネスではよく使われる手法ですが、プライベートでも相手に丁寧な対応を受けると嬉しいですよね。

例えば、会ったその日にお礼のメールを送るなど少しの気遣いで相手の印象が変わります。

初対面時に丁寧に対応してもらうと印象に残りやすく、プラスのイメージがつきやすくなるのです。

9. 気配りができる人

気配りができる人

気配りできる人は、第一印象からとても好感が持てます。

会話をしている際も、相手のことを配慮しながら話をしたり、相手に話を振ったりします。

数人で会話すわることがあっても、みんなで会話が楽しめるように工夫します。

例えば、みんながわかる話をしたり、会話に入ってからない人ができないように声掛けしたりとみんなのことを考えます。

また会話に対してだけでなく、気配り上手な人は相手のことをとても気遣います。

事前の準備や困った時にすぐに対応したりします。

10. 言葉遣いが丁寧な人

言葉遣いが丁寧な人

言葉遣いが丁寧な人は第一印象で好印象を与えます。

言葉選びはとても重要で、汚い言葉や荒っぽい言葉を使う人は相手に不快感を与えます。

言葉遣いが綺麗だと接していても清々しい気持ちになります。

初対面の人と接する際に言葉遣いを意識してみてはどうでしょうか。

11. 前向きな発言が多い人

前向きな発言が多い人

前向きな発言が多い人は一緒にいて楽しい気分になり、こちらまで前向きになります。

第一印象で前向きな発言が多い人はとても好感が高いです。

初対面で会話をしていて、前向きな発言が多い人とする会話はとても楽しく、「また会ってみたい」という気持ちになります。

前向きな人との会話は、楽しいだけでなく、相手にパワーも与えます。

ネガティブな人と会話をしても暗い気持ちになり、会話も弾みません。

初対面にネガティブな発言ばかりされると対応にも困りますよね。

前向きな発言が多い人には人を元気にさせる力があり、好印象を与えます。

12. 自然体で接する人

自然体で接する人

自然体で接する人は好感が持てます。

裏表なく、誰にでも同じような態度で接する人は信頼する方ができます。

また自然体で会話を楽しんでいる姿が相手に親近感を与え、相手との距離がとても近づきやすくなります。

初対面の時に相手に壁を作ってしまうと後々関わりにくくなります。

自分から心を開き、自然体で接することで相手に親近感を与えらことで「話しやすい人」と認識されるので好感を得ることができます。

13. 柔らかい雰囲気の人

柔らかい雰囲気の人

柔らかい雰囲気の人は、初対面の時から話しやすいと感じ、好感が持てます。

初対面の時から相手に壁を作るような態度をとったり、無表情だったりすると相手に圧迫感を与えます。

圧迫感を感じると相手側はどう接していいのか分からなくなり、話しにくい人と感じます。

柔らかい口調で優しく接することで好印象を与えます。

14. 人に合わせることができる人

人に合わせることができる人

人に合わせることができる人は初対面の時に好感が持てます。

協調性がある人には付き合いやすいというイメージがつき、印象良く写ります。

自分勝手に行動したり、相手を否定するような人とは関わりたくないですよね。

人に合わせることが上手な人は柔軟な対応ができます。

付き合いやすいというイメージだけでなく、頼りになる人という印象も与え、好感が高いようです。

15. 共感してくれる人

共感してくれる人

相手の意見を否定するような人は、第一印象からとても悪いです。

初対面でありながら、自分の意見を否定されると「関わりたくない」という気持ちが強くなります。

また失礼にも当たります。

しかし、相手の意見を否定せずに共感してくれる人は第一印象がとても良いです。

自分を受け入れて入れるという安心感から「もっと相手のことを知っていきたい」という気持ちにさせます。

まとめ

第一印象で好感が持てる人は、話し方や身なりだけでも印象が変わることがわかりました。

人見知りの人で初対面の人と接することが苦手な人も、話し方や言葉遣い一つで印象が変わるので取り入れてみてはいかがでしょうか。

内面的な部分で言えば、相手のことを考えながら行動できる人がとても印象がいいと言えます。

人のことを考えることができる人には安心感や信頼があり、好印象につながるようです。

人と接する時に重要となる第一印象。

第一印象によってその後のその人との付き合い方が左右されることもあります。

人見知りの人など第一印象で損したことはありませんか。

今回は「第一印象がいい人の特徴」について見ていきます。


挨拶がきちんとできる人

初めて会った時に、まず大事なのが挨拶です。

きちんと挨拶ができる人は相手に好印象を与えます。

基本的なことだと思われますが、人見知りをしたりすると緊張して挨拶がうまくいかず、挨拶がうまくいかないことがあります。

挨拶は初めて会った時の印象に大きく影響するものなので、どんなに緊張してもしっかり挨拶をするようにしましょう。

挨拶がきちんとできると相手との距離もぐっと縮まり、話しやすい空気になります。

清潔感のある身なりの人

第一印象は見た目から入ります。

だらしない服装や髪型の人にはこう印象を持ちません。

しかし、清潔感のある身なりの人は好印象を持たれます。

乱れた髪型、露出度の高い服装、メリハリのない服装は好感を与えません。

また、行きすぎた身なりの人も相手に威圧感を与え、好感を与えません。

綺麗にセットされた髪型に程よいメイク、その場に応じた服装の人が相手に好感を与えます。

清潔感のある身なりの人は、雰囲気も柔らかく、安心感あります。

TPOを踏まえて、きちんとした身なりをするようにしましょう。

明るくハキハキ喋る人

喋り方一つで第一印象は大きく変わります。

明るくハキハキ喋る人は、とても好印象です。

会話をしていても楽しい気分になり、相手に「また話してみたい」という気持ちにさせることができます。

しかし、声が小さく何を話しているかわからないような人は、話していても聞き取りにくかったり、相手にストレスを与えます。

相手に聞き取りやすいように、明るくハキハキ喋ることで相手との会話もスムーズにさせることができます。

会話に自信がなくても、ハキハキと相手に聞き取りやすいように話すだけで随分印象が変わります。

笑顔を絶やさない人

笑顔を絶やさない人は、第一印象でとても好感を持てます。

常に笑顔でいる人と接していると元気になり、明るい気持ちになりますよね。

ムスッととしている人と接していても不快な気持ちになったり、会話を早く終わらせたいと感じます。

しかし、その場だけの笑顔や不自然な笑顔ではダメです。

裏表のない自然体な笑顔で相手と接する人が第一印象に好感を与えます。

作り笑いは自分ではバレなわいつもりかもしれませんが、相手には伝わります。

自然体な笑顔で接するように心がけましょう。

人の目を見ながら一方的に話さないように配慮する人

相手の目を話しながら、相手に話が伝わっているか配慮しながら話す人は第一印象から好感が持てます。

第一印象から一方的に話してくる人っていますよね。

相手に圧倒され、会話が聞き取れなかったり、威圧感を感じます。

相手のことを考えて、相手が会話を聞いているか配慮しながら話す言葉を選んだり、話すスピードを考えることは、お互いに話しやすい環境を作ることは相手とのより良い関係を築くこともできます。

対話は相手がいることでなりたいます。

一方的な会話は自己満足に過ぎず、相手に不快感を与えます。

また相手の目を見て話すことは、相手に安心感を与えます。

目を見ずに話をされても、相手の考えていることがわからなかったり、会話を終わられたいのかなと相手に不安を与えるので気をつけましょう。

相手の話を相槌を打ちながら聞く人

相手の話に相槌を打ちながら聞く人は第一印象で好印象を与えます。

相手にきちんと話を聞いている安心感を与え、話を聞いてもらっている方は話しやすいと感じます。

話しやすい人とは、今後も付き合って行きたいと感じます。

これは聞き上手な人の特徴でもあります。

相槌を打ちながら話を聞いてもらえると、もっと話したいという意欲も湧きます。

初対面から相手から心を開いてくれる可能性もあります。

話すことが苦手な人は、相手の話を相槌を打ちながら聞くことで相手に話しやすい空間を作り、打ち解けていくこともおススメです。

低姿勢の人

低姿勢な人は第一印象でとても好感が持てます。

例えば、相手との別れ際で、相手の姿が見えなくなるまで頭を下げて見送るなど低姿勢な人はとても好感が持てます。

あまり自己否定になりすぎると相手に不快感を与えますが、低姿勢で真摯な態度な人には信頼が持てます。

丁寧な対応の人

丁寧な対応の人には第一印象で好感が持てます。

相手に配慮しながら、丁寧におもてなしをします。

ビジネスではよく使われる手法ですが、プライベートでも相手に丁寧な対応を受けると嬉しいですよね。

例えば、会ったその日にお礼のメールを送るなど少しの気遣いで相手の印象が変わります。

初対面時に丁寧に対応してもらうと印象に残りやすく、プラスのイメージがつきやすくなるのです。

気配りができる人

気配りできる人は、第一印象からとても好感が持てます。

会話をしている際も、相手のことを配慮しながら話をしたり、相手に話を振ったりします。

数人で会話すわることがあっても、みんなで会話が楽しめるように工夫します。

例えば、みんながわかる話をしたり、会話に入ってからない人ができないように声掛けしたりとみんなのことを考えます。

また会話に対してだけでなく、気配り上手な人は相手のことをとても気遣います。

事前の準備や困った時にすぐに対応したりします。

言葉遣いが丁寧な人

言葉遣いが丁寧な人は第一印象で好印象を与えます。

言葉選びはとても重要で、汚い言葉や荒っぽい言葉を使う人は相手に不快感を与えます。

言葉遣いが綺麗だと接していても清々しい気持ちになります。

初対面の人と接する際に言葉遣いを意識してみてはどうでしょうか。

前向きな発言が多い人

前向きな発言が多い人は一緒にいて楽しい気分になり、こちらまで前向きになります。

第一印象で前向きな発言が多い人はとても好感が高いです。

初対面で会話をしていて、前向きな発言が多い人とする会話はとても楽しく、「また会ってみたい」という気持ちになります。

前向きな人との会話は、楽しいだけでなく、相手にパワーも与えます。

ネガティブな人と会話をしても暗い気持ちになり、会話も弾みません。

初対面にネガティブな発言ばかりされると対応にも困りますよね。

前向きな発言が多い人には人を元気にさせる力があり、好印象を与えます。

自然体で接する人

自然体で接する人は好感が持てます。

裏表なく、誰にでも同じような態度で接する人は信頼する方ができます。

また自然体で会話を楽しんでいる姿が相手に親近感を与え、相手との距離がとても近づきやすくなります。

初対面の時に相手に壁を作ってしまうと後々関わりにくくなります。

自分から心を開き、自然体で接することで相手に親近感を与えらことで「話しやすい人」と認識されるので好感を得ることができます。

柔らかい雰囲気の人

柔らかい雰囲気の人は、初対面の時から話しやすいと感じ、好感が持てます。

初対面の時から相手に壁を作るような態度をとったり、無表情だったりすると相手に圧迫感を与えます。

圧迫感を感じると相手側はどう接していいのか分からなくなり、話しにくい人と感じます。

柔らかい口調で優しく接することで好印象を与えます。

人に合わせることができる人

人に合わせることができる人は初対面の時に好感が持てます。

協調性がある人には付き合いやすいというイメージがつき、印象良く写ります。

自分勝手に行動したり、相手を否定するような人とは関わりたくないですよね。

人に合わせることが上手な人は柔軟な対応ができます。

付き合いやすいというイメージだけでなく、頼りになる人という印象も与え、好感が高いようです。

共感してくれる人

相手の意見を否定するような人は、第一印象からとても悪いです。

初対面でありながら、自分の意見を否定されると「関わりたくない」という気持ちが強くなります。

また失礼にも当たります。

しかし、相手の意見を否定せずに共感してくれる人は第一印象がとても良いです。

自分を受け入れて入れるという安心感から「もっと相手のことを知っていきたい」という気持ちにさせます。

第一印象で好感が持てる人は、話し方や身なりだけでも印象が変わることがわかりました。

人見知りの人で初対面の人と接することが苦手な人も、話し方や言葉遣い一つで印象が変わるので取り入れてみてはいかがでしょうか。

内面的な部分で言えば、相手のことを考えながら行動できる人がとても印象がいいと言えます。

人のことを考えることができる人には安心感や信頼があり、好印象につながるようです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-