【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180514164033.html
非現実的な考えの人の特徴

非現実的な考えの人の特徴 | LADYCO

LADYCO
非現実的な考えの人の特徴

妄想?非現実的な考えをする方って独特の雰囲気がありますよね、 それではそのような方にありがちな特徴を紹介していきましょう。

  • 自分の考え方が正しいと信じている
  • 一度思い込んだら、その思いに固執する
  • 悪い方へ考える思考の癖がある
  • 過去にあったことにとらわれている
  • ポジティブに考える人が嫌い
  • 理想が高い
  • 妥協はできない
  • 現実的な考え方をつまらないと感じている
  • 今、現在の状況を受け入れたくない
  • 非現実的なことでも強く願えば叶うと信じている

1. 自分の考え方が正しいと信じている

自分の考え方が正しいと信じている

妄想癖のある人というのは、自分の考え方が正しいと自信を持っていることが多いです。

他の人が聞けば、短絡的じゃないかとか、正しいか確認をとってからじゃないと信じられないと思うことでも、妄想癖がある人は早い段階で確信、確定してしまうのです。

後で間違っていたと判明した時でも自分は信じ込んでいるためその間違いを絶対に認めようとしません。

それゆえに周りからは妄想癖があると思うわけです。

2. 一度思い込んだら、その思いに固執する

一度思い込んだら、その思いに固執する

妄想癖のある人というのはやっかいです。

と、言うのも一度思い込んだらその思いに固執するからです。

その執着の強さは見ていて病的ですらある場合もあります。

普通の人が2〜3日で忘れるような、気にも留めないようなことでも、妄想癖のある人というのは何年経ってもその思いから離れようとしません。

3. 悪い方へ考える思考の癖がある

悪い方へ考える思考の癖がある

妄想癖のある人は基本的にネガティブに考える癖があります。

いい方向、ポジティブに考える人の場合は楽しい想像、夢想家といっていい意味に受け取られるものです。

面白いファンタジー小説を書ける作家さんなどは常に面白いことを考えることができる人でしょう。

尊敬しますよね。

一方で悪いことばかりをフォーカスする、ひたすらネガティブになり悪いことを言うだけという場合、これは妄想であり時として人に多大な迷惑をかけることにもなります。

4. 過去にあったことにとらわれている

過去にあったことにとらわれている

妄想癖のある人は過去にあったことにとらわれています。

もう何年も前のことでも昨日あったことのように鮮明に覚えているのです。

ただし事実をゆがめたり、自分に都合のいいドラマになっています。

自分の頭の中でそのことを繰り返し繰り返し考えているうちに嘘の話が事実に成り代わっているのです。

5. ポジティブに考える人が嫌い

ポジティブに考える人が嫌い

妄想が強い、非現実的な考え方をする人というのは、ポジティブに考える人が嫌いです。

「気にしなくてもいいよ」「もう大丈夫だよ」とポジティブな人は共感を示した後になぐさめや励ましの言葉をかけてくれるものです。

それは思いやりだと受け止めて感謝をすることがありません。

むしろ、「能天気だ」とか「適当なことを言っているだけ」などと批判して自分が思慮深く洞察力に優れていると思うだけなのです。

6. 理想が高い

理想が高い

妄想癖のある人は日頃から頭の中で色々なことを考えている人です。

理想が高い人が多くて、それゆえに現実の理想通りにならないことが悔しくて不満を持ちます。

そこから、こうだったらいいのに、ああだったらいいのにと想像が始まります。

始めは軽い想像からなのです。

でも長い年月かけて、思い通りにならないこと、人への恨みつらみが膨らみいつしか、私を苦しめるためにわざとにあんなことをしたのだとか妄想が混ざってくるのです。

そして妄想は、その人自身の心の中では現実となってしっかり根付いてしまうのです。

7. 妥協はできない

妥協はできない

妄想癖のある人は理想が高いと先に書きました。

誰でも理想や目標はありますが、ちょっと無理だなと思うと諦める、もしくはもう少し違った形で妥協するなど心の中で何らかの折り合いをつけていきます。

そうしないと生きにくくなりますし、ダメなものはダメという現実をわかっているからです。

妄想癖のある人は違います。

強情なところがあります。

自分の理想や思いに対しては絶対的な自信もありますしそれを曲げるのは嫌です。

ですから妥協ということはしません。

妥協ができないので人との衝突は避けられませんし、理解されない部分もあります。

本人はますます自分の殻に閉じこもるかのように、妄想がさらに激しくなります。

被害者ぶったりすることも多くなります。

8. 現実的な考え方をつまらないと感じている

現実的な考え方をつまらないと感じている

妄想が激しく、非現実的なことを言う人というのは、現実的な考え方をありきたりであるとか、つまらないとか感じています。

自分は人と違うのだ、独特の感性を持っているのだという思いもあります。

9. 今、現在の状況を受け入れたくない

今、現在の状況を受け入れたくない

非現実的な世界に生きている人というのは、実は単なる現実逃避だったりするのです。

今、現在の自分が置かれている状況は厳しく、批判されるかもしれない、そんなことは嫌ですし、受け入れたくありません。

そこで妄想癖に浸り、非現実的なことを言って周りからの批判などをかわそうと意図的にふるまう場合があります。

周りから諭されても、言う事を聞く気はありません。

10. 非現実的なことでも強く願えば叶うと信じている

最後に、非現実的なことでも、強く願えばその通りになると信じている場合です。

確かに願ったこと、思ったことというのはそれに向かって本人が行動することで手に入れられること、叶えられることはあります。

ただし、それは本人の前向きな努力があってこそです。

ところが、妄想癖があって非現実的な人というのは、行動するのは案外苦手で動かないものです。

ただ念のようなものは強くひたすら心の中で願ったりなどは得意です。

一度信じ込んだら命懸けではありませんが、周りが信じないようなことでも本人は大真面目に信じていることも特徴ですね。

以上が妄想、非現実的な考えの方にありがちな特徴でした。

こういったタイプの方に、ターゲットにされるとトラブルに発展することが多いのでできる限り目をつけられないように関わりを作らないというのも自衛のため必要なのかもしれませんね。

妄想?非現実的な考えをする方って独特の雰囲気がありますよね、 それではそのような方にありがちな特徴を紹介していきましょう。


自分の考え方が正しいと信じている

妄想癖のある人というのは、自分の考え方が正しいと自信を持っていることが多いです。

他の人が聞けば、短絡的じゃないかとか、正しいか確認をとってからじゃないと信じられないと思うことでも、妄想癖がある人は早い段階で確信、確定してしまうのです。

後で間違っていたと判明した時でも自分は信じ込んでいるためその間違いを絶対に認めようとしません。

それゆえに周りからは妄想癖があると思うわけです。

一度思い込んだら、その思いに固執する

妄想癖のある人というのはやっかいです。

と、言うのも一度思い込んだらその思いに固執するからです。

その執着の強さは見ていて病的ですらある場合もあります。

普通の人が2〜3日で忘れるような、気にも留めないようなことでも、妄想癖のある人というのは何年経ってもその思いから離れようとしません。

悪い方へ考える思考の癖がある

妄想癖のある人は基本的にネガティブに考える癖があります。

いい方向、ポジティブに考える人の場合は楽しい想像、夢想家といっていい意味に受け取られるものです。

面白いファンタジー小説を書ける作家さんなどは常に面白いことを考えることができる人でしょう。

尊敬しますよね。

一方で悪いことばかりをフォーカスする、ひたすらネガティブになり悪いことを言うだけという場合、これは妄想であり時として人に多大な迷惑をかけることにもなります。

過去にあったことにとらわれている

妄想癖のある人は過去にあったことにとらわれています。

もう何年も前のことでも昨日あったことのように鮮明に覚えているのです。

ただし事実をゆがめたり、自分に都合のいいドラマになっています。

自分の頭の中でそのことを繰り返し繰り返し考えているうちに嘘の話が事実に成り代わっているのです。

ポジティブに考える人が嫌い

妄想が強い、非現実的な考え方をする人というのは、ポジティブに考える人が嫌いです。

「気にしなくてもいいよ」「もう大丈夫だよ」とポジティブな人は共感を示した後になぐさめや励ましの言葉をかけてくれるものです。

それは思いやりだと受け止めて感謝をすることがありません。

むしろ、「能天気だ」とか「適当なことを言っているだけ」などと批判して自分が思慮深く洞察力に優れていると思うだけなのです。

理想が高い

妄想癖のある人は日頃から頭の中で色々なことを考えている人です。

理想が高い人が多くて、それゆえに現実の理想通りにならないことが悔しくて不満を持ちます。

そこから、こうだったらいいのに、ああだったらいいのにと想像が始まります。

始めは軽い想像からなのです。

でも長い年月かけて、思い通りにならないこと、人への恨みつらみが膨らみいつしか、私を苦しめるためにわざとにあんなことをしたのだとか妄想が混ざってくるのです。

そして妄想は、その人自身の心の中では現実となってしっかり根付いてしまうのです。

妥協はできない

妄想癖のある人は理想が高いと先に書きました。

誰でも理想や目標はありますが、ちょっと無理だなと思うと諦める、もしくはもう少し違った形で妥協するなど心の中で何らかの折り合いをつけていきます。

そうしないと生きにくくなりますし、ダメなものはダメという現実をわかっているからです。

妄想癖のある人は違います。

強情なところがあります。

自分の理想や思いに対しては絶対的な自信もありますしそれを曲げるのは嫌です。

ですから妥協ということはしません。

妥協ができないので人との衝突は避けられませんし、理解されない部分もあります。

本人はますます自分の殻に閉じこもるかのように、妄想がさらに激しくなります。

被害者ぶったりすることも多くなります。

現実的な考え方をつまらないと感じている

妄想が激しく、非現実的なことを言う人というのは、現実的な考え方をありきたりであるとか、つまらないとか感じています。

自分は人と違うのだ、独特の感性を持っているのだという思いもあります。

今、現在の状況を受け入れたくない

非現実的な世界に生きている人というのは、実は単なる現実逃避だったりするのです。

今、現在の自分が置かれている状況は厳しく、批判されるかもしれない、そんなことは嫌ですし、受け入れたくありません。

そこで妄想癖に浸り、非現実的なことを言って周りからの批判などをかわそうと意図的にふるまう場合があります。

周りから諭されても、言う事を聞く気はありません。

最後に、非現実的なことでも、強く願えばその通りになると信じている場合です。

確かに願ったこと、思ったことというのはそれに向かって本人が行動することで手に入れられること、叶えられることはあります。

ただし、それは本人の前向きな努力があってこそです。

ところが、妄想癖があって非現実的な人というのは、行動するのは案外苦手で動かないものです。

ただ念のようなものは強くひたすら心の中で願ったりなどは得意です。

一度信じ込んだら命懸けではありませんが、周りが信じないようなことでも本人は大真面目に信じていることも特徴ですね。

以上が妄想、非現実的な考えの方にありがちな特徴でした。

こういったタイプの方に、ターゲットにされるとトラブルに発展することが多いのでできる限り目をつけられないように関わりを作らないというのも自衛のため必要なのかもしれませんね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-