【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519163715.html
みすぼらしいと感じさせる人の特徴

みすぼらしいと感じさせる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
みすぼらしいと感じさせる人の特徴

周囲の人にみすぼらしいと感じさせてしまう人には、どのような傾向があるのか、その特徴について挙げていきます。

  • 清潔感がない
  • 覇気がない
  • 頼りにならない
  • 過去の栄光にすがる
  • お金を持っていてもケチ
  • 神経が行き届いていない
  • 服の劣化を気にしない
  • 視線を合わせようとしない
  • 友人のおこぼれを期待している
  • 強烈な負のオーラ
  • 食事の仕方が汚い
  • 自分を大きく見せようとして失敗
  • ポイントカードやクーポンに必死すぎ
  • しょぼくれてすぐにイジける
  • 背伸びしたブランドを好む
  • 堕落したままの自分を受け入れる
  • 寒々しいギャグで取り繕う
  • 壊れた物を応急処置のまま使う
  • 他人にどう思われようが気にしない
  • 大事なのは見た目ではなく中身という言葉が好き
  • まとめ

1. 清潔感がない

清潔感がない

見た目の印象だけでみすぼらしさを感じさせることは多いですが、清潔感の有無は、人間の印象を決定付ける上で重要な要素です。

社会的に立派な人間ほど、他人からどう見られるかということに無頓着ではいられませんので、そこを疎かにすることはありません。

他人の好印象を得るために、清潔感は必要不可欠なものですが、みすぼらしい人はその視点が欠落しています。

2. 覇気がない

覇気がない

立派な仕事に就き、高級な服を着ていたとしても、姿勢や表情から覇気が見られない人は、みすぼらしく感じさせます。

生気が無いと言い換えても良いですが、生き生きしている人にみすぼらしい人はいませんし、誰しも一時的に落ち込むことはあっても、そのような姿を他人に見せることを避けるので、慢性的にそのような印象を露呈し、みすぼらしい印象を定着させることはありません。

3. 頼りにならない

頼りにならない

自己アピールばかり上手で期待させるものの、実際の現場では全くの期待外れで、頼りにならない結果ばかり出している人は、次第にみすぼらしい印象が漂ってきます。

ハッタリで評価されるようなジャンルではない厳しい世界では特に、口ばかりで結果を出さない人間はオーラがどんどん小さくなっていき、人間としての器も小さく、みすぼらしいイメージへと変わっていきます。

4. 過去の栄光にすがる

過去の栄光にすがる

昔は凄かったなどと過去の自慢話ばかりしている人は、ある時代で成長を止めてしまった人として映り、人間として小さく見えてしまいます。

同期でも現役としてバリバリ結果を出していたり、時代が変わってもそれに順応して新たな伝説を作っている人がいることと比較すれば、輝かしい過去に胡坐をかいている人は、みすぼらしいと言わざるを得ない生き様と言えます。

5. お金を持っていてもケチ

お金を持っていてもケチ

経済力があるにもかかわらず、極端にお金を掛けない人は、みすぼらしく感じさせる事があります。

カツカツの暮らしをしているわけではないのに、毎食のようにカップ麺で済ませていたり、そのようなプライベートな場面だけではなく、みんなでお金を出し合って楽しむ場面でも最低限のお金しか使おうとしない人を見ると、みすぼらしいと思わせます。

6. 神経が行き届いていない

神経が行き届いていない

何においても手抜きをしがちで、仕事であれ、趣味であれ、愛する家族のためであれ、何か1つでも真剣になることはないのかと思わせる人は、その人の関わったものを目にすると、みすぼらしく感じさせます。

例えば、親に買ってやったと豪語していた家電が中古でボロボロだったり、心が貧しいと思わせる人は、みすぼらしいです。

7. 服の劣化を気にしない

服の劣化を気にしない

靴がボロボロだったり、Tシャツの首や裾が伸びていたり、どう考えても劣化している服のままで、どんな場所にも現れる人は、みすぼらしいと思わせます。

自宅の部屋でどんなリラックスした格好で寛ごうが本人の勝手ですが、一歩外に出れば、友人や彼氏や兄弟として紹介される場面もあるのに、そこで恥をかかせるかもしれないという気が回らないは、みすぼらしいです。

8. 視線を合わせようとしない

視線を合わせようとしない

みすぼらしい人の中には、自分が社会的に成功することをあきらめているケースもあるので、劣等感を引きずるように生きている精神状態の人もいます。

その結果、街中を歩く幸せそうな人たちや、友達に紹介してもらった人だとしても、出会う人がみんな、心の中では自分のことを嘲笑ったり見下しているかのような疑心暗鬼に陥りがちで、他人と目を合わせなくなる傾向があります。

9. 友人のおこぼれを期待している

友人のおこぼれを期待している

友人の私物を常にチェックしていて、いらなくなったらこっちに回してと平然とお願いできたり、他人のものをすぐに借りようとしたり、飲食店では一口貰おうとしたりと、他人のおこぼれを期待して自分のお金や労力を使おうとしない人は、みすぼらしい印象を与えます。

決して自分で買えない金額の物ではないことが多いことも、余計に心の貧相さを感じさせ、善意の人たちを不快にします。

10. 強烈な負のオーラ

強烈な負のオーラ

生活苦やチャレンジ失敗の歴史が蓄積したかのような、ドヨ〜ンとしたような負のオーラが出ている人は、みすぼらしいイメージが定着しがちです。

関わるとこちらまで不幸になるのではないかとすら思わせる強烈な負のオーラは、板についた哀れみの表情などと相まって、近づいたら引きずり込まれてしまうかのような印象すら芽生えさせます。

11. 食事の仕方が汚い

食事の仕方が汚い

時間がないわけではないのに、ガツガツと全速力で食べたり、米粒が吹き飛んでいるのも気づかず、かき込むような下品な食べ方をする人は、身近な目上の人から、みすぼらしいと叱られる事があります。

その叱責は、社会に出て恥をかかせないための愛の鞭ですが、貧しい時代に食べ物がなかったり、働き手としての兄弟が多かったがゆえに、早い者勝ちのような食べ方は貧乏の象徴だったことの名残と言えます。

12. 自分を大きく見せようとして失敗

自分を大きく見せようとして失敗

自分の過去を偽っていたのがバレたり、ハッタリで自分を大きく見せようとしても、実際の人間の器の小ささが透けて見えている人は、みすぼらしいと思わせます。

そんな嘘までついて、人から尊敬されたいのかという嘆きの感情は、多くの人の信用を裏切り、落胆させます。

どんなに優しい人でも、信用に値しない人間にまで、甘い顔はしませんので、弱くても嘘をつかずに勝負することを忘れないようにしましょう。

13. ポイントカードやクーポンに必死すぎ

ポイントカードやクーポンに必死すぎ

格安情報は誰にでもありがたいものですし、胸躍る気持ちもわかりますが、お世話になった人への恩返しや恋人の誕生日プレゼントまで、そのようなものを優先して決めるような人は、みすぼらしいと言わざるを得ません。

経済的な貧しさでそのように思う人は誰もおらず、精神的な貧しさによって、人の印象を大きく失墜させます。

14. しょぼくれてすぐにイジける

しょぼくれてすぐにイジける

自分が間違っているのが発端なのに、ちょっと注意されたり自分の意見に横槍が入ると、イジけてしまう人は、みすぼらしく思えます。

ちょっとしたトラブルですぐに無気力になるのは、そもそもの気力が弱いことが引き起こす身から出た錆びなのに、まるで被害者であるかのように逆切れしてしまう人は、ゆとりのない人としてみすぼらしく見えます。

15. 背伸びしたブランドを好む

背伸びしたブランドを好む

自分の経済力に見合わない高級ブランドで着飾っている人は、背伸びしていることだけが周囲には伝わり、みすぼらしく見えます。

また、全身を着飾れるぐらいの経済力があっても、似合ってなければ身の丈を知らない人として、みすぼらしく見えますし、他の服は大衆ブランドなのにバッグだけ高級ブランドというのも、無理しているのが丸わかりで、みすぼらしく感じさせます。

16. 堕落したままの自分を受け入れる

堕落したままの自分を受け入れる

生活習慣病でお酒はよくないことがわかっているのに、毎日のように飲み続けたり、就職が決まらないことを棚上げしてゲームばかりしているなど、自分でもこのままではいけないとわかっているはずなのに、這い上がろうとしない人は、このまま下がっていく一方であることを受け入れたかのようで、みすぼらしく見えます。

何度でも立ち上がろうと努力している人はたくさんいる中で、怠惰な結論を出してしまう人は、みすぼらしいです。

17. 寒々しいギャグで取り繕う

寒々しいギャグで取り繕う

まともな返答を求めているのに、苦笑いでやり過ごそうとしたり、寒いギャグでその場の空気を茶化そうとする人は、人間性を欠いてしまっているかのようで、みすぼらしく感じさせます。

そのような態度に出るのは、自分に自信がないことの表れであり、なかなか結果を出せないのは仕方ないとしても、心配してくれる人に誠実に向き合うことすらしない人間性が垣間見える人は、みすぼらしいと陰口を叩かれても仕方ありません。

18. 壊れた物を応急処置のまま使う

壊れた物を応急処置のまま使う

眼鏡から家電まで、壊れたものをガムテープなどで応急処置をしたまま、それを使い続ける人は、みすぼらしく見える事があります。

貧困の家庭でそのような処置をしていても、みすぼらしいという蔑み言葉が浮かぶことはないですが、お金があるにもかかわらず、思い出の品とか、物を大事に使うというレベルではない物まで、応急処置のまま使おうとする人は、単にめんどくさいだけのように見え、みすぼらしいです。

19. 他人にどう思われようが気にしない

他人にどう思われようが気にしない

みすぼらしいと周囲の人に思われてる人は、他人からどう思われようが構わないという、反社会的な性格をしていることが多いです。

日本のリサイクルで出る服は、劣化も汚れもないものが多いですので、安価でも社会的な見映えを手に入れることは、十分、可能ですが、みすぼらしい人で結構と言わんばかりの人は、それを一切する意思が見えません。

社会に迎合しない姿勢でいる人を、近所の人は恐怖に感じることもお構いなしです。

20. 大事なのは見た目ではなく中身という言葉が好き

大事なのは見た目ではなく中身という言葉が好き

みすぼらしいことにもすっかり慣れてしまった人に限って、このようなお決まりのフレーズを口にし、人生の本質を理解している達観した人間であるかのような物言いをしたりします。

実際は全くそんな成果は出していないのですが、試合に出たことがない選手は誰にも負けたことがないように、身勝手に自分のことを勝ち誇り、仙人のようなルックスに騙された悩める若者などを相手に、説法を唱えたりすることもあります。

まとめ

みすぼらしいと思わせてしまう人の特徴について、様々な角度からメスを入れ、考察してみました。

見た目の貧しさはすぐにでも変えることができても、精神的な貧しさは出生や過去のトラウマと結びついていることもあるので、改善するのは難しい部分もありますが、今日の一歩が千里の道へと続いていることを思えば、みすぼらしさを撤回するための道は、一生を掛けてでも歩むべき道ですので、そのための第一歩をスタートさせましょう。

周囲の人にみすぼらしいと感じさせてしまう人には、どのような傾向があるのか、その特徴について挙げていきます。


清潔感がない

見た目の印象だけでみすぼらしさを感じさせることは多いですが、清潔感の有無は、人間の印象を決定付ける上で重要な要素です。

社会的に立派な人間ほど、他人からどう見られるかということに無頓着ではいられませんので、そこを疎かにすることはありません。

他人の好印象を得るために、清潔感は必要不可欠なものですが、みすぼらしい人はその視点が欠落しています。

覇気がない

立派な仕事に就き、高級な服を着ていたとしても、姿勢や表情から覇気が見られない人は、みすぼらしく感じさせます。

生気が無いと言い換えても良いですが、生き生きしている人にみすぼらしい人はいませんし、誰しも一時的に落ち込むことはあっても、そのような姿を他人に見せることを避けるので、慢性的にそのような印象を露呈し、みすぼらしい印象を定着させることはありません。

頼りにならない

自己アピールばかり上手で期待させるものの、実際の現場では全くの期待外れで、頼りにならない結果ばかり出している人は、次第にみすぼらしい印象が漂ってきます。

ハッタリで評価されるようなジャンルではない厳しい世界では特に、口ばかりで結果を出さない人間はオーラがどんどん小さくなっていき、人間としての器も小さく、みすぼらしいイメージへと変わっていきます。

過去の栄光にすがる

昔は凄かったなどと過去の自慢話ばかりしている人は、ある時代で成長を止めてしまった人として映り、人間として小さく見えてしまいます。

同期でも現役としてバリバリ結果を出していたり、時代が変わってもそれに順応して新たな伝説を作っている人がいることと比較すれば、輝かしい過去に胡坐をかいている人は、みすぼらしいと言わざるを得ない生き様と言えます。

お金を持っていてもケチ

経済力があるにもかかわらず、極端にお金を掛けない人は、みすぼらしく感じさせる事があります。

カツカツの暮らしをしているわけではないのに、毎食のようにカップ麺で済ませていたり、そのようなプライベートな場面だけではなく、みんなでお金を出し合って楽しむ場面でも最低限のお金しか使おうとしない人を見ると、みすぼらしいと思わせます。

神経が行き届いていない

何においても手抜きをしがちで、仕事であれ、趣味であれ、愛する家族のためであれ、何か1つでも真剣になることはないのかと思わせる人は、その人の関わったものを目にすると、みすぼらしく感じさせます。

例えば、親に買ってやったと豪語していた家電が中古でボロボロだったり、心が貧しいと思わせる人は、みすぼらしいです。

服の劣化を気にしない

靴がボロボロだったり、Tシャツの首や裾が伸びていたり、どう考えても劣化している服のままで、どんな場所にも現れる人は、みすぼらしいと思わせます。

自宅の部屋でどんなリラックスした格好で寛ごうが本人の勝手ですが、一歩外に出れば、友人や彼氏や兄弟として紹介される場面もあるのに、そこで恥をかかせるかもしれないという気が回らないは、みすぼらしいです。

視線を合わせようとしない

みすぼらしい人の中には、自分が社会的に成功することをあきらめているケースもあるので、劣等感を引きずるように生きている精神状態の人もいます。

その結果、街中を歩く幸せそうな人たちや、友達に紹介してもらった人だとしても、出会う人がみんな、心の中では自分のことを嘲笑ったり見下しているかのような疑心暗鬼に陥りがちで、他人と目を合わせなくなる傾向があります。

友人のおこぼれを期待している

友人の私物を常にチェックしていて、いらなくなったらこっちに回してと平然とお願いできたり、他人のものをすぐに借りようとしたり、飲食店では一口貰おうとしたりと、他人のおこぼれを期待して自分のお金や労力を使おうとしない人は、みすぼらしい印象を与えます。

決して自分で買えない金額の物ではないことが多いことも、余計に心の貧相さを感じさせ、善意の人たちを不快にします。

強烈な負のオーラ

生活苦やチャレンジ失敗の歴史が蓄積したかのような、ドヨ〜ンとしたような負のオーラが出ている人は、みすぼらしいイメージが定着しがちです。

関わるとこちらまで不幸になるのではないかとすら思わせる強烈な負のオーラは、板についた哀れみの表情などと相まって、近づいたら引きずり込まれてしまうかのような印象すら芽生えさせます。

食事の仕方が汚い

時間がないわけではないのに、ガツガツと全速力で食べたり、米粒が吹き飛んでいるのも気づかず、かき込むような下品な食べ方をする人は、身近な目上の人から、みすぼらしいと叱られる事があります。

その叱責は、社会に出て恥をかかせないための愛の鞭ですが、貧しい時代に食べ物がなかったり、働き手としての兄弟が多かったがゆえに、早い者勝ちのような食べ方は貧乏の象徴だったことの名残と言えます。

自分を大きく見せようとして失敗

自分の過去を偽っていたのがバレたり、ハッタリで自分を大きく見せようとしても、実際の人間の器の小ささが透けて見えている人は、みすぼらしいと思わせます。

そんな嘘までついて、人から尊敬されたいのかという嘆きの感情は、多くの人の信用を裏切り、落胆させます。

どんなに優しい人でも、信用に値しない人間にまで、甘い顔はしませんので、弱くても嘘をつかずに勝負することを忘れないようにしましょう。

ポイントカードやクーポンに必死すぎ

格安情報は誰にでもありがたいものですし、胸躍る気持ちもわかりますが、お世話になった人への恩返しや恋人の誕生日プレゼントまで、そのようなものを優先して決めるような人は、みすぼらしいと言わざるを得ません。

経済的な貧しさでそのように思う人は誰もおらず、精神的な貧しさによって、人の印象を大きく失墜させます。

しょぼくれてすぐにイジける

自分が間違っているのが発端なのに、ちょっと注意されたり自分の意見に横槍が入ると、イジけてしまう人は、みすぼらしく思えます。

ちょっとしたトラブルですぐに無気力になるのは、そもそもの気力が弱いことが引き起こす身から出た錆びなのに、まるで被害者であるかのように逆切れしてしまう人は、ゆとりのない人としてみすぼらしく見えます。

背伸びしたブランドを好む

自分の経済力に見合わない高級ブランドで着飾っている人は、背伸びしていることだけが周囲には伝わり、みすぼらしく見えます。

また、全身を着飾れるぐらいの経済力があっても、似合ってなければ身の丈を知らない人として、みすぼらしく見えますし、他の服は大衆ブランドなのにバッグだけ高級ブランドというのも、無理しているのが丸わかりで、みすぼらしく感じさせます。

堕落したままの自分を受け入れる

生活習慣病でお酒はよくないことがわかっているのに、毎日のように飲み続けたり、就職が決まらないことを棚上げしてゲームばかりしているなど、自分でもこのままではいけないとわかっているはずなのに、這い上がろうとしない人は、このまま下がっていく一方であることを受け入れたかのようで、みすぼらしく見えます。

何度でも立ち上がろうと努力している人はたくさんいる中で、怠惰な結論を出してしまう人は、みすぼらしいです。

寒々しいギャグで取り繕う

まともな返答を求めているのに、苦笑いでやり過ごそうとしたり、寒いギャグでその場の空気を茶化そうとする人は、人間性を欠いてしまっているかのようで、みすぼらしく感じさせます。

そのような態度に出るのは、自分に自信がないことの表れであり、なかなか結果を出せないのは仕方ないとしても、心配してくれる人に誠実に向き合うことすらしない人間性が垣間見える人は、みすぼらしいと陰口を叩かれても仕方ありません。

壊れた物を応急処置のまま使う

眼鏡から家電まで、壊れたものをガムテープなどで応急処置をしたまま、それを使い続ける人は、みすぼらしく見える事があります。

貧困の家庭でそのような処置をしていても、みすぼらしいという蔑み言葉が浮かぶことはないですが、お金があるにもかかわらず、思い出の品とか、物を大事に使うというレベルではない物まで、応急処置のまま使おうとする人は、単にめんどくさいだけのように見え、みすぼらしいです。

他人にどう思われようが気にしない

みすぼらしいと周囲の人に思われてる人は、他人からどう思われようが構わないという、反社会的な性格をしていることが多いです。

日本のリサイクルで出る服は、劣化も汚れもないものが多いですので、安価でも社会的な見映えを手に入れることは、十分、可能ですが、みすぼらしい人で結構と言わんばかりの人は、それを一切する意思が見えません。

社会に迎合しない姿勢でいる人を、近所の人は恐怖に感じることもお構いなしです。

大事なのは見た目ではなく中身という言葉が好き

みすぼらしいことにもすっかり慣れてしまった人に限って、このようなお決まりのフレーズを口にし、人生の本質を理解している達観した人間であるかのような物言いをしたりします。

実際は全くそんな成果は出していないのですが、試合に出たことがない選手は誰にも負けたことがないように、身勝手に自分のことを勝ち誇り、仙人のようなルックスに騙された悩める若者などを相手に、説法を唱えたりすることもあります。

みすぼらしいと思わせてしまう人の特徴について、様々な角度からメスを入れ、考察してみました。

見た目の貧しさはすぐにでも変えることができても、精神的な貧しさは出生や過去のトラウマと結びついていることもあるので、改善するのは難しい部分もありますが、今日の一歩が千里の道へと続いていることを思えば、みすぼらしさを撤回するための道は、一生を掛けてでも歩むべき道ですので、そのための第一歩をスタートさせましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-