【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190527142655.html
細かいことを気にしない人の特徴

細かいことを気にしない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
細かいことを気にしない人の特徴

細かいことを気にしない人の特徴を14選で考えてみます。

気にしないのか気に出来ないのか。

いろいろなパターンがあるので見てみましょう。

  • ただの面倒くさがりや
  • その方が大らかでかっこよさをアピールできると思っている
  • お金をかけたくない
  • 時間をとられたくない
  • その人を成長させるために仕方ないと考える
  • 誰にでも落ち度はあると考える
  • 細かいことを気にする性格を直したい
  • 神経質と思われて嫌われたくない
  • 自分も細かく言われるといらっとするから
  • 気を遣いすぎて指摘できない
  • 細かいことを言って反感をかうのが怖い
  • 無責任なだけ
  • 気が利かなくて気づかない
  • 人に興味がない

1. ただの面倒くさがりや

ただの面倒くさがりや

細かいことを気にしないのは意識的にしているのではなくただの面倒くさがりやということもあります。

気にしない方が直したり指摘する必要もないので楽ですし、人ともめたりそれによって自分が不快な思いをすることもありませんから。

何か起きたら考えることにして、とりあえずは目をつぶって様子を見ます。

2. その方が大らかでかっこよさをアピールできると思っている

その方が大らかでかっこよさをアピールできると思っている

細かいことを気にしない人の方が大らかに見え、かっこよさをアピールできるのでは?と考えてそうしている人もいます。

細かいことを気にする人は神経質とかいじわるなヤツと思われることもあり、少しでもそう思われないようにと自分の印象を気にしているということです。

3. お金をかけたくない

お金をかけたくない

細かいことを気にしてしまうと買いなおしたりお金をかけて修理しなければいけない事柄もあります。

でもお金をかけたくないという人は気にしないようにしてなんとかそのまま強行突破をしようと考えることでしょう。

なるべく無駄なお金をかけず、お金を残そうとします。

4. 時間をとられたくない

時間をとられたくない

細かいこと気にするとそれを直したり改善のために話し合う時間をとられ、また、他は大丈夫かなとあれもこれも気になりだして時間ばかりかかってしまいますね。

それならいっそのこと一切気にしないようにした方がスムーズにことが進むというわけです。

急いでいる時やせっかちさんにはこのパターンが多いのではないでしょうか。

5. その人を成長させるために仕方ないと考える

その人を成長させるために仕方ないと考える

後輩を教育するような立場の人はその人を成長させるためにあえて細かいことを気にしないようにし、本人に気づかせようともっていったりすることもあります。

全てこちらから指摘してしまうと自分で気づく機会を奪ってしまうことにもなりますからね。

6. 誰にでも落ち度はあると考える

誰にでも落ち度はあると考える

細かいことをいくら指摘しても誰にでも落ち度はあると思えばお互い様。

自分のことも棚に上げて指摘することにためらいがある人もいるのでは?謙虚な人はそう考えてあえて他人の細かいことに指摘などしようとしないでしょう。

7. 細かいことを気にする性格を直したい

細かいことを気にする性格を直したい

細かいことを気にしてしまう性格を直したいと考えている人は意識的に気にしないようにするでしょう。

考えすぎて心配してしまう人には必要な意識かもしれません。

取り越し苦労で終わることも多いですからね。

8. 神経質と思われて嫌われたくない

神経質と思われて嫌われたくない

細かいことを気にして指摘すると神経質な人だと思われて嫌われてしまう心配もあり、人に好かれたいと考える人は他人の細かいことには口出しができなくなっていきます。

そのうち言うべきことまで言えなくなることもありそう。

極端にならないように気をつけなくてはいけませんね。

9. 自分も細かく言われるといらっとするから

自分も細かく言われるといらっとするから

おこりんぼな人は他人から指摘されることにいらっとします。

だから自分がそういうタイプの時、自分も人にそれをしないようにしようと思うことができるでしょう。

きっといらっとするよなと考え、相手がそんなことなくても気を遣うのです。

10. 気を遣いすぎて指摘できない

気を遣いすぎて指摘できない

気を遣いすぎて人に指摘できず、気になることもうやむやにしてしまう人もいるのではないでしょうか。

そのまま大ごとになってしまわないよう、気にするべきことは流さないようにすることも忘れてはいけませんね。

11. 細かいことを言って反感をかうのが怖い

細かいことを言って反感をかうのが怖い

細かいことを言うと反感をかいそうで怖いという人。

説得力に自信がない、周りに嫌われている、人付き合いが苦手、こんな人はこのパターンがあてはまりそうです。

気にしないようにして逃げるしかなくなるということです。

12. 無責任なだけ

無責任なだけ

ただ無責任なだけ、というケースもあります。

自分の意見で何かが変わったり周りがもめるのを恐れています。

そして後から失敗したりしたら責任を負わされそうで怖がっていたり、もめごとを見てハラハラしたくないのです。

無責任な人はなるべくなら意見を求められること自体も避けようとして傍観していようと逃げます。

13. 気が利かなくて気づかない

気が利かなくて気づかない

気が利かない人は物事の細かいところまでしっかり見ることも考えることもできず、気にしないまま話が進むこともあります。

そして怒られたり物事が大ごとに発展してしまうこともありそうなので気をつけてください。

気が利かないにしても優秀な仲間をそろえたり時間をかけてじっくり考える努力はできるはずです。

14. 人に興味がない

人に対して興味がないというタイプなら細かいことも気にならなくなるでしょう。

人から見られる自分の印象やその人がこれで成功するか失敗するかなんてずべてどうでもよくなりますからね。

逆に人のことを自分のことのように考えることができる人や、自分の印象ばかり気にしてる人は細かいことを気にしすぎて苦労するでしょう。

考えすぎもよくありませんし、考えなさすぎることでも自分が損することもありそうです。

細かいことを気にしない人の特徴を14選で考えてみます。

気にしないのか気に出来ないのか。

いろいろなパターンがあるので見てみましょう。


ただの面倒くさがりや

細かいことを気にしないのは意識的にしているのではなくただの面倒くさがりやということもあります。

気にしない方が直したり指摘する必要もないので楽ですし、人ともめたりそれによって自分が不快な思いをすることもありませんから。

何か起きたら考えることにして、とりあえずは目をつぶって様子を見ます。

その方が大らかでかっこよさをアピールできると思っている

細かいことを気にしない人の方が大らかに見え、かっこよさをアピールできるのでは?と考えてそうしている人もいます。

細かいことを気にする人は神経質とかいじわるなヤツと思われることもあり、少しでもそう思われないようにと自分の印象を気にしているということです。

お金をかけたくない

細かいことを気にしてしまうと買いなおしたりお金をかけて修理しなければいけない事柄もあります。

でもお金をかけたくないという人は気にしないようにしてなんとかそのまま強行突破をしようと考えることでしょう。

なるべく無駄なお金をかけず、お金を残そうとします。

時間をとられたくない

細かいこと気にするとそれを直したり改善のために話し合う時間をとられ、また、他は大丈夫かなとあれもこれも気になりだして時間ばかりかかってしまいますね。

それならいっそのこと一切気にしないようにした方がスムーズにことが進むというわけです。

急いでいる時やせっかちさんにはこのパターンが多いのではないでしょうか。

その人を成長させるために仕方ないと考える

後輩を教育するような立場の人はその人を成長させるためにあえて細かいことを気にしないようにし、本人に気づかせようともっていったりすることもあります。

全てこちらから指摘してしまうと自分で気づく機会を奪ってしまうことにもなりますからね。

誰にでも落ち度はあると考える

細かいことをいくら指摘しても誰にでも落ち度はあると思えばお互い様。

自分のことも棚に上げて指摘することにためらいがある人もいるのでは?謙虚な人はそう考えてあえて他人の細かいことに指摘などしようとしないでしょう。

細かいことを気にする性格を直したい

細かいことを気にしてしまう性格を直したいと考えている人は意識的に気にしないようにするでしょう。

考えすぎて心配してしまう人には必要な意識かもしれません。

取り越し苦労で終わることも多いですからね。

神経質と思われて嫌われたくない

細かいことを気にして指摘すると神経質な人だと思われて嫌われてしまう心配もあり、人に好かれたいと考える人は他人の細かいことには口出しができなくなっていきます。

そのうち言うべきことまで言えなくなることもありそう。

極端にならないように気をつけなくてはいけませんね。

自分も細かく言われるといらっとするから

おこりんぼな人は他人から指摘されることにいらっとします。

だから自分がそういうタイプの時、自分も人にそれをしないようにしようと思うことができるでしょう。

きっといらっとするよなと考え、相手がそんなことなくても気を遣うのです。

気を遣いすぎて指摘できない

気を遣いすぎて人に指摘できず、気になることもうやむやにしてしまう人もいるのではないでしょうか。

そのまま大ごとになってしまわないよう、気にするべきことは流さないようにすることも忘れてはいけませんね。

細かいことを言って反感をかうのが怖い

細かいことを言うと反感をかいそうで怖いという人。

説得力に自信がない、周りに嫌われている、人付き合いが苦手、こんな人はこのパターンがあてはまりそうです。

気にしないようにして逃げるしかなくなるということです。

無責任なだけ

ただ無責任なだけ、というケースもあります。

自分の意見で何かが変わったり周りがもめるのを恐れています。

そして後から失敗したりしたら責任を負わされそうで怖がっていたり、もめごとを見てハラハラしたくないのです。

無責任な人はなるべくなら意見を求められること自体も避けようとして傍観していようと逃げます。

気が利かなくて気づかない

気が利かない人は物事の細かいところまでしっかり見ることも考えることもできず、気にしないまま話が進むこともあります。

そして怒られたり物事が大ごとに発展してしまうこともありそうなので気をつけてください。

気が利かないにしても優秀な仲間をそろえたり時間をかけてじっくり考える努力はできるはずです。

人に対して興味がないというタイプなら細かいことも気にならなくなるでしょう。

人から見られる自分の印象やその人がこれで成功するか失敗するかなんてずべてどうでもよくなりますからね。

逆に人のことを自分のことのように考えることができる人や、自分の印象ばかり気にしてる人は細かいことを気にしすぎて苦労するでしょう。

考えすぎもよくありませんし、考えなさすぎることでも自分が損することもありそうです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-