【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190527142600.html
疑り深い人の特徴

疑り深い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
疑り深い人の特徴

疑り深い人とつきあうと気を使いますし疲れますね。

それでは疑り深い人の性格や特徴・恋愛傾向をまとめてみました。

  • ネガティブな情報を信じる
  • 自分に自信がない、コンプレックスを持っている
  • 人のいい面を見ようとしない
  • 被害妄想が激しい性格
  • 依存心が強い
  • 素直さがない
  • 閉鎖的な思考
  • 過去に騙されたことがある
  • 裏を読もうとする
  • 相手に完璧を求める
  • まとめ

1. ネガティブな情報を信じる

ネガティブな情報を信じる

疑り深い人というのは二つの情報があったら、ネガティブな方を信用します。

言った、言わないなどの議論になった時も悪い方を信じるのです。

結果的に善良な人のことを信じず、悪いタイプを支持することが多くなり、人間関係も負のオーラが漂う人たちで集まりやすくなるという特徴があります。

2. 自分に自信がない、コンプレックスを持っている

自分に自信がない、コンプレックスを持っている

疑り深い人はどんなに褒めても「嘘ばっかり」「どうせ自分なんて」と信じようとせず「からかっている」「馬鹿にしている」と受け取ってしまうこともあります。

それは自分自身がどこか自信が持てないこと、またコンプレックスがあることを示しています。

3. 人のいい面を見ようとしない

人のいい面を見ようとしない

疑り深い人は人のいいところを見ようとしません。

どちらかといえば悪いことに注目しますし、あら探し、欠点をあげつらいます。

顔つきも目つきが鋭くどこか相手を探ろうとするような視線になっていますし、とげとげしい雰囲気を出しています。

人が近づきにくいオーラを持っています。

4. 被害妄想が激しい性格

被害妄想が激しい性格

疑り深い人の性格は被害妄想が激しく、また悲劇のヒーロー、ヒロインぶるのが好きです。

人に対して失礼なことを言うわりに自分が指摘されると激怒する、被害者ぶるというのが特徴です。

ちょっとした注意でも相手から敵意を持たれている、何かされるかもしれないと疑って警戒します。

5. 依存心が強い

依存心が強い

疑り深い人の恋愛傾向は相手に対して自分が思うようにふるまおうとすることが特徴です。

対等な関係ではなく自分が相手を支配する、命令して言う事をきかせるというつきあい方です。

もちろんそのような考え方で思い通りになることは少なくいつも相手に対し不満を抱えることになります。

本来自立している性格であれば相手に依存する必要もなく支配することもありません。

疑り深い人は依存心が強く一人では何もできないという性格でもあるのです。

6. 素直さがない

素直さがない

疑り深い人とつきあっていると相手が非常に疲れることになります。

と言いますのも何をするにしてもいちいち「嘘?」と疑ってきますし、自分の知識にないことを聞かされても素直に「ふーん、そうなんだね」と返すことができません。

話している方が嫌な気分になって話したくないと感じるので友達つきあい、恋愛など最初は上手くいくのですが徐々に距離が離れていくケースが多くなります。

7. 閉鎖的な思考

閉鎖的な思考

疑り深い人は、閉鎖的な世界で生きているものです。

親しい人、仲間とは打ち解けますが、外部の人、新しく知り合った人などには最初から敵意の目を向けたり、どこか見下したり、仲間に入れようとしなかったりとなかなか信用しません。

また新しいことを受け入れることも嫌いで疑ってかかったり、嫌ったりします。

8. 過去に騙されたことがある

過去に騙されたことがある

疑り深い人は、過去に騙されて痛い目にあった経験を持っていることがあります。

その経験が辛ければ辛いほど、疑り深くなりますし、異性間においてはトラウマとなって人間不信になっていることも考えられます。

恋愛の場合は自分は騙すことはないということを時間をかけて行動で示していくしか方法はありません。

9. 裏を読もうとする

裏を読もうとする

疑り深い人は人の言葉や、起こったことをストレートに受け取ることがありません。

言葉の裏を読もうとしたり、意味をつけようとします。

深い意味はない、何気なく言ったことであっても過剰に反応してしまう場合もあります。

誤解して怒ることもあり、いくら説明しても聞き入れない頑固な性格で周りを困らせてしまうことも。

10. 相手に完璧を求める

相手に完璧を求める

疑り深い人は自分のことは棚に上げて、なぜか恋愛や結婚において相手に完璧を求めるものです。

理想が高く、思う通りに相手がならなかったら「普通〇〇でしょう」という文句が口癖です。

たんなる自分の価値観の押し付けなのです。

相手が自分の思う通りにならなかったら不安を覚え、平常心ではいられなくなります。

浮気しているのではないか、自分への愛情がないのではないかと疑いが強くなり、ひどい人は妄想だけで泣いたり怒ったりすることもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

疑り深い人の性格や特徴・恋愛傾向を紹介しました。

一つ言えるのは、疑り深い人というのは自分自身がそういう人間であるからということもあるのです。

つまりパートナーの浮気を異常に心配する、疑う人は自分自身がかつて浮気をしたことがあるという可能性もあります。

また相手が嘘を言っているのではないか、自分を騙そうとしているのではないかと疑ってばかりの人は、自分自身が嘘をつくことがある、人を騙したことがある人かもしれません。

自分の頭にないことは想像できません。

妄想が激しい人の場合、具体的過ぎる場合は、自分がそのような人ですと自己紹介している可能性が高いのです。

そう考えますと、疑り深い人と一緒にいるのは疲れますし、人が離れていくのもわかるような気がします。

可愛いヤキモチ、疑りは許せますが、ひどくなるのは困りますね。

そういった人とはまともに接しても疲れるだけですので、距離をとっていくしか対処方法はありません。

疑り深い人とつきあうと気を使いますし疲れますね。

それでは疑り深い人の性格や特徴・恋愛傾向をまとめてみました。


ネガティブな情報を信じる

疑り深い人というのは二つの情報があったら、ネガティブな方を信用します。

言った、言わないなどの議論になった時も悪い方を信じるのです。

結果的に善良な人のことを信じず、悪いタイプを支持することが多くなり、人間関係も負のオーラが漂う人たちで集まりやすくなるという特徴があります。

自分に自信がない、コンプレックスを持っている

疑り深い人はどんなに褒めても「嘘ばっかり」「どうせ自分なんて」と信じようとせず「からかっている」「馬鹿にしている」と受け取ってしまうこともあります。

それは自分自身がどこか自信が持てないこと、またコンプレックスがあることを示しています。

人のいい面を見ようとしない

疑り深い人は人のいいところを見ようとしません。

どちらかといえば悪いことに注目しますし、あら探し、欠点をあげつらいます。

顔つきも目つきが鋭くどこか相手を探ろうとするような視線になっていますし、とげとげしい雰囲気を出しています。

人が近づきにくいオーラを持っています。

被害妄想が激しい性格

疑り深い人の性格は被害妄想が激しく、また悲劇のヒーロー、ヒロインぶるのが好きです。

人に対して失礼なことを言うわりに自分が指摘されると激怒する、被害者ぶるというのが特徴です。

ちょっとした注意でも相手から敵意を持たれている、何かされるかもしれないと疑って警戒します。

依存心が強い

疑り深い人の恋愛傾向は相手に対して自分が思うようにふるまおうとすることが特徴です。

対等な関係ではなく自分が相手を支配する、命令して言う事をきかせるというつきあい方です。

もちろんそのような考え方で思い通りになることは少なくいつも相手に対し不満を抱えることになります。

本来自立している性格であれば相手に依存する必要もなく支配することもありません。

疑り深い人は依存心が強く一人では何もできないという性格でもあるのです。

素直さがない

疑り深い人とつきあっていると相手が非常に疲れることになります。

と言いますのも何をするにしてもいちいち「嘘?」と疑ってきますし、自分の知識にないことを聞かされても素直に「ふーん、そうなんだね」と返すことができません。

話している方が嫌な気分になって話したくないと感じるので友達つきあい、恋愛など最初は上手くいくのですが徐々に距離が離れていくケースが多くなります。

閉鎖的な思考

疑り深い人は、閉鎖的な世界で生きているものです。

親しい人、仲間とは打ち解けますが、外部の人、新しく知り合った人などには最初から敵意の目を向けたり、どこか見下したり、仲間に入れようとしなかったりとなかなか信用しません。

また新しいことを受け入れることも嫌いで疑ってかかったり、嫌ったりします。

過去に騙されたことがある

疑り深い人は、過去に騙されて痛い目にあった経験を持っていることがあります。

その経験が辛ければ辛いほど、疑り深くなりますし、異性間においてはトラウマとなって人間不信になっていることも考えられます。

恋愛の場合は自分は騙すことはないということを時間をかけて行動で示していくしか方法はありません。

裏を読もうとする

疑り深い人は人の言葉や、起こったことをストレートに受け取ることがありません。

言葉の裏を読もうとしたり、意味をつけようとします。

深い意味はない、何気なく言ったことであっても過剰に反応してしまう場合もあります。

誤解して怒ることもあり、いくら説明しても聞き入れない頑固な性格で周りを困らせてしまうことも。

相手に完璧を求める

疑り深い人は自分のことは棚に上げて、なぜか恋愛や結婚において相手に完璧を求めるものです。

理想が高く、思う通りに相手がならなかったら「普通〇〇でしょう」という文句が口癖です。

たんなる自分の価値観の押し付けなのです。

相手が自分の思う通りにならなかったら不安を覚え、平常心ではいられなくなります。

浮気しているのではないか、自分への愛情がないのではないかと疑いが強くなり、ひどい人は妄想だけで泣いたり怒ったりすることもあります。

いかがでしたでしょうか。

疑り深い人の性格や特徴・恋愛傾向を紹介しました。

一つ言えるのは、疑り深い人というのは自分自身がそういう人間であるからということもあるのです。

つまりパートナーの浮気を異常に心配する、疑う人は自分自身がかつて浮気をしたことがあるという可能性もあります。

また相手が嘘を言っているのではないか、自分を騙そうとしているのではないかと疑ってばかりの人は、自分自身が嘘をつくことがある、人を騙したことがある人かもしれません。

自分の頭にないことは想像できません。

妄想が激しい人の場合、具体的過ぎる場合は、自分がそのような人ですと自己紹介している可能性が高いのです。

そう考えますと、疑り深い人と一緒にいるのは疲れますし、人が離れていくのもわかるような気がします。

可愛いヤキモチ、疑りは許せますが、ひどくなるのは困りますね。

そういった人とはまともに接しても疲れるだけですので、距離をとっていくしか対処方法はありません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-