【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521113008.html
専業主婦がワンオペ育児になる原因や対処方法

専業主婦がワンオペ育児になる原因や対処方法 | LADYCO

LADYCO
専業主婦がワンオペ育児になる原因や対処方法

ここ最近よく聞くようになったワンオペ育児ですが、この言葉自体は最近ですがワンオペ育児というのは実に昔から多くの家庭で行われて来たことです。 専業主婦がワンオペ育児になってしまう原因や対処法を説明していきます。

  • 旦那が亭主関白
  • 旦那が忙しい
  • 専業主婦をしているから
  • パートに出る
  • 旦那に家事をさせる
  • 年上の子育て経験のある女性に相談する
  • 優しくお願いする
  • まとめ

1. 旦那が亭主関白

旦那が亭主関白

旦那さんが亭主関白という家庭程ワンオペ育児を頑張る奥様が多いような気がします。 男は汗水垂らしてお金を稼いで来て、女はしっかりと家を守る。 このような昔からの考えが今でも根付いている典型的な亭主関白な旦那を持っている女性は育児を全部自分に押し付けられてしまいがちです。

若い世代はこのような考えの人は少なくはなって来てはいるものの、親も父親が亭主関白で母が専業主婦のような家庭で育った人は自分の結婚生活でも同じような思想を持ち込みます。 ですから育児は女性がやって当たり前だと子供の頃からそういう認識でいるのです。

2. 旦那が忙しい

旦那が忙しい

職業によっては長時間シフトだったり何日も家に帰れないなど家にいる時間も少ない場合もありますよね。 このような家庭では旦那が育児に協力したいという気持ちがあったとしてもワンオペ育児になりやすくなってしまいます。

仕事がハードな人は帰って来てからも疲れてしまって子供の世話をしているような体力は残っていません。 晩酌して風呂に入って寝るくらいのことしか出来ません。 休みの日ならば手伝ってくれそうな気もするかも知れませんが、普段の仕事がハードな分ゆっくり休ませて欲しいという気持ちでいるので中々育児を手伝ってくれないのです。

3. 専業主婦をしているから

専業主婦をしているから

専業主婦がワンオペ育児になってしまう原因の3つ目ですが、ずばり専業主婦をしているからです。 子供の年齢が何歳かにもよるかも知れませんが、パートに出ることで旦那の行動が少し変わるケースもあります。

専業主婦をしていることにより「いつも家にいるんだから子供の面倒は妻が見るのが当たり前だ」と多くの旦那達は思っています。 働いていないんだから育児を完璧にしろとしか思っていません。

4. パートに出る

パートに出る

此処からはワンオペ育児の対処法を紹介していきます。 最初に提案させて頂くのはパートに出るということです。 週に一度だけの仕事でもいいですし、出来るだけ旦那さんとの仕事に被らないように勤務しましょう。

奥さんがパートに出掛けている間子供は誰が見ているかと言えば、見てくれるのは旦那さんしかいません。 専業主婦だからこそ旦那に手伝って貰うことが出来ないのだったら、自分も少しの間だけでも良いので働いてしまえばいいのです。 自分が働いている間に旦那に面倒を見させることにより、妻がどれだけ大変な思いで家事や育児をしているのかが分かるはずです。

5. 旦那に家事をさせる

旦那に家事をさせる

育児をさせるのではなく、家事を手伝わせてみてください。 専業主婦のワンオペ育児をされている方の家庭は旦那さんが育児に協力をしてくれないだけではなく、家事も手伝ってくれないことが多いようです。

何故専業主婦のワンオペ育児がこんなにも大変なのかと言うと、食事も作って掃除や洗濯もして、家事をしている上に育児もしていることです。 旦那が手伝うことでどれだけ主婦が大変な家事をしているのかが分かって来ます。 毎日家事をするよりは子供の面倒を見ていた方が楽かも知れないなと思うようになって来て、育児もしてくれるようになることがあります。

6. 年上の子育て経験のある女性に相談する

年上の子育て経験のある女性に相談する

ワンオペ育児のストレスが溜まるという方は爆発してしまうかも知れないので誰かに相談するようにしましょう。 出来れば一回りかそれ以上年上の人生経験も豊富な子育て経験がある主婦に相談するのがお勧めです。

世代が上の方ですと、先ほど説明したような男は外で働き女性は家で子供を育てるような家庭が沢山ありました。 そういう時代はワンオペ育児をしている女性はあちらこちらにいたというのに、どうやってストレスを乗り切ったのかなどを教えて貰うようにしましょう。 アドバイスを聞いたことで必ずしもワンオペ状態から開放されるというわけではありませんが、ストレスが軽減されることはあります。

7. 優しくお願いする

優しくお願いする

SNSで見るワンオペ育児をしているママさん達の書き込みを見ていると、かなりストレスが溜まっていることがよく分かります。 恐らく旦那さんに対して育児を手伝わないことを強い口調で言ってしまう人も多いはずですが、此処は優しくお願いしてみて下さい。

あなただって命令口調で「やれ」と言われたらやってあげたくありませんよね。 「子供が退屈しているからちょっとでもいいから遊んでくれるかな?お願い」と優しい話し方で旦那さんにお願いをしてみるのです。 全部一度に色々なことをお願いしてしまうと旦那側がやる気をなくしてしまうので、まずは少しずつ頼んでいきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 専業主婦のワンオペ育児の原因や対処法をそれぞれお伝えしましたが、今すぐこの状況を改善させるのは難しいかも知れません。

しかし行動を取ることで少しずつ良い方向に変わる場合があります。 最近はワンオペ育児が離婚の原因になってしまうことも多いと言われていますし、なんでも一人でやることに疲れてしまったのであれば冷静に旦那さんと相談することが大事です。

ここ最近よく聞くようになったワンオペ育児ですが、この言葉自体は最近ですがワンオペ育児というのは実に昔から多くの家庭で行われて来たことです。 専業主婦がワンオペ育児になってしまう原因や対処法を説明していきます。


旦那が亭主関白

旦那さんが亭主関白という家庭程ワンオペ育児を頑張る奥様が多いような気がします。 男は汗水垂らしてお金を稼いで来て、女はしっかりと家を守る。 このような昔からの考えが今でも根付いている典型的な亭主関白な旦那を持っている女性は育児を全部自分に押し付けられてしまいがちです。

若い世代はこのような考えの人は少なくはなって来てはいるものの、親も父親が亭主関白で母が専業主婦のような家庭で育った人は自分の結婚生活でも同じような思想を持ち込みます。 ですから育児は女性がやって当たり前だと子供の頃からそういう認識でいるのです。

旦那が忙しい

職業によっては長時間シフトだったり何日も家に帰れないなど家にいる時間も少ない場合もありますよね。 このような家庭では旦那が育児に協力したいという気持ちがあったとしてもワンオペ育児になりやすくなってしまいます。

仕事がハードな人は帰って来てからも疲れてしまって子供の世話をしているような体力は残っていません。 晩酌して風呂に入って寝るくらいのことしか出来ません。 休みの日ならば手伝ってくれそうな気もするかも知れませんが、普段の仕事がハードな分ゆっくり休ませて欲しいという気持ちでいるので中々育児を手伝ってくれないのです。

1 / 4
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-