【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521112947.html
バズるツイートの特徴

バズるツイートの特徴 | LADYCO

LADYCO
バズるツイートの特徴

SNSが日本社会に定着した昨今、「インスタ映え」といった流行語も誕生しました。 そんな日本人が一番使っているSNSは、個人のやり取りに広く使われているLINEを除けば、その日常を不特定多数につぶやくTwitter(ツイッター)がナンバーワンです。 ツイッターは、その情報発信の気軽さもさることながら、「リツイート」という機能で他の人のつぶやき(ツイート)をフォロワーに共有出来ることが魅力的なSNSです。 多くの人にリツイートされたツイートは、「バズる(Buzzる)」といった表現をされることがあります。 情報発信、そしてそれが多く共有されることを主な目的してるツイッターでは、バズるツイートを目指して、日々つぶやいている利用者もいるほどです。 今回は、バズるツイートにはどういう種類があり、どういう内容なのかということについて分析してみました。

  • 癒し系動物の画像や動画をツイート
  • 日常に潜む違和感をツイート
  • 時事ネタに切り込むツイート
  • 自分をさらけ出す自虐ツイート
  • 不幸ネタをツイート
  • 頭にきた体験談をツイート
  • 思わず「上手い!」と感服されられるツイート
  • 発信力を生かした力技ツイート
  • まとめ

1. 癒し系動物の画像や動画をツイート

癒し系動物の画像や動画をツイート

ツイッターでは日常に疲れた方々(クラスタ)が多く見られます。 日常生活での疲弊をツイートする内容も多いです。 そういったクラスタにバズるのは、見るだけで穏やかな気持ちになり癒やされるような、動物の画像や動画だったりします。

ツイッターは画像や短い動画を単独で投稿することが可能で、その情報拡散力の速さから、毒のない動物系画像のツイートは、様々なクラスタにリツイートされていきます。 あなたもペットを飼っているのであれば、その「かわいい!」と感じるような一瞬を切り取って、ツイートしてみてはいかがでしょうか。

2. 日常に潜む違和感をツイート

日常に潜む違和感をツイート

ツイッターに日常をつぶやくクラスタは多く居ますが、日々繰り返される当たり前の日常の中で、ふと違和感を感じた瞬間のツイートはバズりやすいと言えます。 これも画像や動画だとなお効果的な場合がありますが、テキストのみでも十分にバズることが可能です。 例えば、

  • 「駅やスーパーでの張り紙が、入力やデザインのミスで思わぬ狂気をはらんだ感じにになっている」
  • 「コンビニや居酒屋のレジで店員が預り金を入力ミスし、とんでもないお釣りが表示されているレシート」
  • 「自分が乗っている列車や飛行機、まさかの貸切状態」

などです。 バズるツイート目的に違和感を探すのは本末転倒な気がしますので、 日常を過ごす上で「ん?」と違和感を感じたその瞬間を何気なくツイートすることが、思わぬバズりを生むかもしれませんね。

3. 時事ネタに切り込むツイート

時事ネタに切り込むツイート

最近では、ニュースサイトにおいて、その記事を引用するような形で、ツイッター上での共有が可能です。 ニュースサイトに掲載される記事は新聞やテレビ局、出版社など、古くからあるメディアの情報がほとんどです。

これら既存のメディアとは違った視点で、そのニュースに鋭く切り込むようなコメントをツイートに付け加えることで、ネット上で活動している人達の共感を得ることが可能です。 その共感がリツイートを生み、結果的にバズるツイートになる仕組みです。

4. 自分をさらけ出す自虐ツイート

自分をさらけ出す自虐ツイート

ツイッターは実名でも利用可能ですが、大半の人々はHNやPNでツイートを行っています。 なので、実名を出すと書きにくいような過去の黒歴史だったり、「実は自分は◯◯です」といった思わぬカミングアウトを自虐的に公開しているツイートが見られます。

これも既存の価値観や現実の常識的な部分では一蹴されて終わりかもしれませんが、ツイッター上では「実は自分も. . 」という共感を生んだり、笑い飛ばしてくれるようなクラスタも多いのです。 時より、現実での生活に影響が出そうな自虐ツイートをされている方も居ますが、それはそれでバズるツイートになったりします。

5. 不幸ネタをツイート

不幸ネタをツイート

昔から「人の不幸は蜜の味」という言葉があるように、ネガティブな感情は人を感化しやすい性質があります。 これはネット上でも基本的に同様で、ツイッターでも不幸な話だったり、過去のつらかった経験が多くリツイートされています。

同情的なリツイートやコメントが多くなるかもしれませんが、中には適切なアドバイスや励ましを添えてアクションをしてくれるアカウントもあります。 もし現実では気軽に言えないような悩みや体験談を抱えていれば、ツイートで吐き出してしまうのも手段かもしれません。

6. 頭にきた体験談をツイート

頭にきた体験談をツイート

頭にきた体験談のツイートというのも、バズる割合が高いように思います。 これらのツイートがバズる方向は、あまり一方的な方向ではありません。 共感や反対意見、同情などが相まみえてバズるという仕組みです。 時にはそれらのツイート自体が大きな話題になり、その話題の中でまた新たなバズるツイートが生まれるという、連鎖的なバズり方もあります。

7. 思わず「上手い!」と感服されられるツイート

思わず「上手い!」と感服されられるツイート

これは文章や画像、イラストなどで見られる、バズるツイートのカテゴリーです。 言葉遊びの面白さや痛烈な皮肉の聞いたテキスト、日常では見られないような美麗な写真や、渾身のイラストだったりします。 わかりやすく言うと、自分の技術を披露するツイートです。

ある程度匿名性があり、様々な意見がツイッター上には存在します。 しかし、「上手い!」「凄い!」といった感情には素直に賞賛を送る傾向が見られます。 これがリツイートにつながり、結果的にバズるツイートになるのです。 何か腕に自信のある人は、自分の技術を総動員して完成させたその一瞬を、ツイートしてみてはいかがでしょうか。

8. 発信力を生かした力技ツイート

発信力を生かした力技ツイート

最後はちょっと例外的な扱いでバズるツイートのご紹介です。 ツイッターは芸能人やスポーツ選手など著名人から、大企業の広報としても広く利用されています。 人気の俳優が何気ない日常をツイートしたり、アイドルが自撮りをするだけで、そのファンのクラスタが一斉にリツイートをします。

1~6の項目ではツイートの内容を分析しましたが、ツイートにはかならず発信するアカウントが存在します。 そのアカウントの発信力を高めるというのも、現実的ではないかもしれませんが、バズるツイートをする一つの手段ではあります。

まとめ

以上、バズるツイートの特徴をご紹介しました。 バズるツイート全体の特徴として、あまり最初からバズりを狙ったツイートというのは、笑えない冗談のようにスベってしまいがちです。

ツイッターの基本は「つぶやき」のツールなので、気軽な気持ちのツイートの方が、逆に洗練され、人々の関心を呼ぶ場合が多いです。 みなさんも気軽な気持ちで、何気ない日常を切り取ってみると良いかもしれません。 それが案外、バズるツイートへの近道と言えるでしょう。

SNSが日本社会に定着した昨今、「インスタ映え」といった流行語も誕生しました。 そんな日本人が一番使っているSNSは、個人のやり取りに広く使われているLINEを除けば、その日常を不特定多数につぶやくTwitter(ツイッター)がナンバーワンです。 ツイッターは、その情報発信の気軽さもさることながら、「リツイート」という機能で他の人のつぶやき(ツイート)をフォロワーに共有出来ることが魅力的なSNSです。 多くの人にリツイートされたツイートは、「バズる(Buzzる)」といった表現をされることがあります。 情報発信、そしてそれが多く共有されることを主な目的してるツイッターでは、バズるツイートを目指して、日々つぶやいている利用者もいるほどです。 今回は、バズるツイートにはどういう種類があり、どういう内容なのかということについて分析してみました。


癒し系動物の画像や動画をツイート

ツイッターでは日常に疲れた方々(クラスタ)が多く見られます。 日常生活での疲弊をツイートする内容も多いです。 そういったクラスタにバズるのは、見るだけで穏やかな気持ちになり癒やされるような、動物の画像や動画だったりします。

ツイッターは画像や短い動画を単独で投稿することが可能で、その情報拡散力の速さから、毒のない動物系画像のツイートは、様々なクラスタにリツイートされていきます。 あなたもペットを飼っているのであれば、その「かわいい!」と感じるような一瞬を切り取って、ツイートしてみてはいかがでしょうか。

日常に潜む違和感をツイート

ツイッターに日常をつぶやくクラスタは多く居ますが、日々繰り返される当たり前の日常の中で、ふと違和感を感じた瞬間のツイートはバズりやすいと言えます。 これも画像や動画だとなお効果的な場合がありますが、テキストのみでも十分にバズることが可能です。 例えば、

  • 「駅やスーパーでの張り紙が、入力やデザインのミスで思わぬ狂気をはらんだ感じにになっている」
  • 「コンビニや居酒屋のレジで店員が預り金を入力ミスし、とんでもないお釣りが表示されているレシート」
  • 「自分が乗っている列車や飛行機、まさかの貸切状態」

などです。 バズるツイート目的に違和感を探すのは本末転倒な気がしますので、 日常を過ごす上で「ん?」と違和感を感じたその瞬間を何気なくツイートすることが、思わぬバズりを生むかもしれませんね。

1 / 4
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-