【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521112923.html
笑いを誘うボケをする9つの方法

笑いを誘うボケをする9つの方法 | LADYCO

LADYCO
笑いを誘うボケをする9つの方法

笑いというのは最も人間らしく、そしてユーモアは人を幸福にするものです。 笑いをしてもらうためには誰かがボケることをしなければならないのですが、いったいどのようにして笑いを誘うボケをすることができるのでしょうか。 そしてそれを外すことなく、しっかりとツボにはまるようにするためにできる9つの点を取り上げてみましょう。

  • 大袈裟でオーバーに言う
  • 天然そのものである
  • 鋭く反応してくれる相手を選ぶ
  • さっきと違う態度を急に取る
  • いつもノリとツッコミを意識していること
  • 同じフレーズをもう一度あるいは何度も言うこと
  • 都合の良い解釈をする
  • ちょっと微妙なたとえを言う
  • 下ネタを言うこと
  • まとめ

1. 大袈裟でオーバーに言う

大袈裟でオーバーに言う

本当は大したことでもないことを大袈裟にいうと、それは笑いを誘うことになり、周囲の人たちに突っ込まれることになります。 大した距離でもないのに、何時間もかかったとか、自分の年齢を20くらい若くして知らせるとか、明らかにそれは違うというボケをかますことはそれを聞いている人たちの笑いを誘うことになるでしょう。

2. 天然そのものである

天然そのものである

これほど面白いものはないですね。お笑い芸人などは狙ったボケをするわけですが、ナチュラルなボケにかなうものはないと言われています。

天然でボケることができる人はある意味天性のものを持っており、その人はいじられキャラでもあります。 発言が周囲の人たちの予想を大きく超えるのようなものであったり、行動が不可解なことを普通にすることができる人は笑いをいつも誘います。

3. 鋭く反応してくれる相手を選ぶ

鋭く反応してくれる相手を選ぶ

笑いを誘うようなボケをしても周囲の人たちが突っ込んでくれないほど寂しいものはありません。 それでそれを狙う時にはどのような相手がそこにいるのかということをよく見極めなければなりません。

すぐに反応してくれること、突っ込んでくれる回転の速い人がいるのかどうかを確かめてそこでボケれば間違いなくうけるし、その場を盛り上げることに成功するでしょう。

4. さっきと違う態度を急に取る

さっきと違う態度を急に取る

さっきまでの態度と急に違うことをするとそれは笑いを誘うボケとなりますのですぐに突っ込まれることになるでしょう。 なんでそんなに急に変わるん、という感じであり、それは狙ったボケですがお約束のように突っ込んでくれて面白いのです。

5. いつもノリとツッコミを意識していること

いつもノリとツッコミを意識していること

天然ボケができない人はやはり頭を使っていつもノリとツッコミができるかどうかということを考えておくことです。 ネタ探しをしているとすぐに思い浮かんでくるものですし、うまくいってボケて突っ込んでもらってということができると、その味をしめてもっともっとやりたくなるかもしれません。

6. 同じフレーズをもう一度あるいは何度も言うこと

同じフレーズをもう一度あるいは何度も言うこと

今言ったことを丁寧にもう一度繰り返して言うこともボケと笑いを誘い、ツッコミを入れられやすくなります。 同じフレーズで言うので、今言ったやろ、とか今それ聞いたというツッコミが入ることになり、それはその場の笑いを誘い面白くします。 ちょっとツッコミが遅い人たちであれば3‐4回くらい続けると効果があるかもしれません。

7. 都合の良い解釈をする

都合の良い解釈をする

話の中で明らかにその人がどんな動機でするのかがわかっているのに、あえて自分の都合の良い解釈をして、自分のためにそこまで尽くしてくれて本当にありがとう、というようなセリフを言うことです。

実にポジティブでそれはあり得ないという動機の解釈なので面白く、ボケてるのかとか、そんなことあるわけない、というツッコミを入れられるかもしれませんが、盛り上がる反応です。

8. ちょっと微妙なたとえを言う

ちょっと微妙なたとえを言う

たとえというのは言いたいことをわかりやすくイメージさせるものなのですが、それをあえてちょっと微妙にして、わかりにくくすることで、それ微妙なたとえだなという感じの雰囲気を作ることができます。 これも相手にスルーされてしまうと、その場も微妙になってしまうことがあるので難しいのですが、やはり突っこんでくれる人がいないとしらけてしまいます。

9. 下ネタを言うこと

下ネタを言うこと

下ネタというのは本来恥ずかしい話なので遠慮することが多いのですが、それをあえてさりげなく言うことで笑いを誘うことになります。 はっきりと言ってしまうと下品そのものになってしまうので、あくまで遠まわしにそれに触れる言い方というのは、誰にでもそれがイメージでき恥ずかしい笑いを誘うことになるでしょう。

ただこの手のネタは時々するようにして、あまり頻繁にすると冷められてしまうし、エロい人や変態な部分があると思われかねませんので、ほどほどにするのが良いでしょう。

まとめ

ユーモアのセンスがある人というのはどこにいても人気になるものですが、とりわけ笑いを誘うボケをする人というのは面白くて狙っているところがあります。 そんな人にツッコミを入れるのは楽しいですし、時にはあえて突っ込みを入れないことで突っ込むということもできるでしょう。

また天然のボケほど面白いものはありませんので、そのような人が身近にいるととても楽しいのです。 そのような人になって周囲の人たちを笑わせることができたら楽しいですし、時には恋人とそんな楽しみを経験できるように意識してみることができるかもしれません。 悩みがあっても笑いで乗り越えることができたりします。

笑いというのは最も人間らしく、そしてユーモアは人を幸福にするものです。 笑いをしてもらうためには誰かがボケることをしなければならないのですが、いったいどのようにして笑いを誘うボケをすることができるのでしょうか。 そしてそれを外すことなく、しっかりとツボにはまるようにするためにできる9つの点を取り上げてみましょう。


大袈裟でオーバーに言う

本当は大したことでもないことを大袈裟にいうと、それは笑いを誘うことになり、周囲の人たちに突っ込まれることになります。 大した距離でもないのに、何時間もかかったとか、自分の年齢を20くらい若くして知らせるとか、明らかにそれは違うというボケをかますことはそれを聞いている人たちの笑いを誘うことになるでしょう。

天然そのものである

これほど面白いものはないですね。お笑い芸人などは狙ったボケをするわけですが、ナチュラルなボケにかなうものはないと言われています。

天然でボケることができる人はある意味天性のものを持っており、その人はいじられキャラでもあります。 発言が周囲の人たちの予想を大きく超えるのようなものであったり、行動が不可解なことを普通にすることができる人は笑いをいつも誘います。

1 / 5
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-