【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521105948.html
根拠のない噂への対処方法

根拠のない噂への対処方法 | LADYCO

LADYCO
根拠のない噂への対処方法

根拠のない噂をされるととても傷つきますし、どうして…という気持ちになるものです。

怒りに震えるかもしれませんが、そんなときこそ慌てずに冷静になる必要があります。

どのようにしてそのような噂に対処することができるか、7つの点を真剣に考えてみましょう。

  • 曖昧な態度を取らない
  • 根拠のない噂を流す人に相談する
  • そんな話には加わらない
  • 然るべきところに相談する
  • 味方を作っておく
  • 気にし過ぎないこと
  • 無理に弁解はしない
  • まとめ

1. 曖昧な態度を取らない

曖昧な態度を取らない

根拠のない噂への対処として、それが自分の噂で間違っているものであれば、その点での曖昧な態度はとってはいけません。

つまり断固否定し続けるということです。

それは違うということを態度で出し続けると、その噂は根拠のないものでデマであるということで認識されるようになっていきます。

その点で妥協してはならず、徹底抗戦のような態度で臨むことができるでしょう。

2. 根拠のない噂を流す人に相談する

根拠のない噂を流す人に相談する

根拠のない噂話を自分のことでされた場合には、その噂を流したであろう人のところに相談するという大胆なことができるかもしれません。

あくまでその人が噂を流したことは知らない、という素振りで、もし誰がそんな根拠のない噂を流したのか知っていないかどうか尋ねてみることができるでしょう。

そしてもし見つけることができれば、「その人を絶対に許すことなどできないし、それ相応の報復を考えている」ということを話すことさえできるでしょう。

相手はそうした軽はずみな噂を流したことで、どれだけ人を傷つけてしまったのか、恐ろしい気持ちにさえなるでしょう。

この噂の張本人に相談するというのは、できる状況にあればですが、かなり効果的です。

3. そんな話には加わらない

そんな話には加わらない

自分のことではなく、他の人の噂話で根拠がないと感じたのであればその場を離れるか、話題を変えるために別のことを持ち出してみるのが効果的です。

あるいは直接にその根拠はなにかと尋ねることができるでしょう。

その人がそれを見たわけでもなく、単なる憶測のかけ集めと、そうだったらいいなという願望の入った噂であることが分かれば、周囲の人たちも冷めていきますし、その噂をした人の評価を下げることになるでしょう。

そしてそんな根拠のない話をして何が楽しいのか、逆に皮肉を込めて尋ねることさえできるかもしれません。

4. 然るべきところに相談する

然るべきところに相談する

時には単なる噂話が冗談では済まないような事態になっていくことも少なくありません。

それが恋愛がらみや金銭がらみであればなおさらであり、噂が独り歩きしてどんどん誇張されていくという可能性さえあります。

それが離婚や職を失うという事態にまで発展しかねない場合には、法律の専門家のところに相談していくことが必要になるかもしれません。

そしてその時には誰がなにをどこでいつ言っていたのか、そんなことが重要になるので、はっきりとしたメモを残しておくことや、可能であればボイスレコーダーなどで録音することも必要になるかもしれません。

5. 味方を作っておく

味方を作っておく

根拠のない噂を広められてしまい、みんなが自分をそういう目で見ているという気持ちになるのはとてもつらいことです。

信頼できる友人や上司に相談して、自分はそういうことはしていないし、その噂には根拠がないということを必死に説得することができるでしょう。

その相手が信じてくれれば、どのように対処できるか、あるいはどのような流れでそうなってしまったのかなど、いろいろと相談に乗ってくれる可能性が高まるし、味方を作っていくことで複数の人たちと一緒に対処していく心強さを得ることができます。

6. 気にし過ぎないこと

気にし過ぎないこと

根拠のない噂をされると、本人は動揺するものであり、噂を流した人というのはそうした動揺を見て楽しむところがあるかもしれません。

それでそんな動揺する素振りも見せず、自分がまるでそんなことには関心がないかのような態度を取ることです。

噂は75日という言われ方をするように、毎日毎日変化をする世の中で、数日辛抱すればやがて忘れられていくものであり、その程度のものという考え方ができます。

何事もなく普通でいることで対処ができるのです。

7. 無理に弁解はしない

無理に弁解はしない

噂が根拠のないものだと必死に説明するのはあまり得策ではないかもしれません。

その必死さはその噂が本当のものかもしれないという印象を与えることになるかもしれませんし、そんなことをしたら噂を流した相手の思うつぼでもあるからです。

そんな低レベルの同じ土俵に上がろうとするのではなく、堂々とそんなことするわけがないだろうと、いう態度でいることです。

言い訳をしているようなことをせずに、自分には非がないことを言うのではなく態度で示すのです。

まとめ

根拠のない噂話を流されるというのはとてもつらい経験ですが、面白半分であったり、ちょっとしたねたみの気持ちであることは少なくありません。

そうした噂のほとんどはたいした内容ではないので、気にしないようにしたいものです。

そのように堂々としているなら、その噂を流した本人が恥ずかしくなるような状況に変化していくに違いありません。

根拠のない噂をされるととても傷つきますし、どうして…という気持ちになるものです。

怒りに震えるかもしれませんが、そんなときこそ慌てずに冷静になる必要があります。

どのようにしてそのような噂に対処することができるか、7つの点を真剣に考えてみましょう。


曖昧な態度を取らない

根拠のない噂への対処として、それが自分の噂で間違っているものであれば、その点での曖昧な態度はとってはいけません。

つまり断固否定し続けるということです。

それは違うということを態度で出し続けると、その噂は根拠のないものでデマであるということで認識されるようになっていきます。

その点で妥協してはならず、徹底抗戦のような態度で臨むことができるでしょう。

根拠のない噂を流す人に相談する

根拠のない噂話を自分のことでされた場合には、その噂を流したであろう人のところに相談するという大胆なことができるかもしれません。

あくまでその人が噂を流したことは知らない、という素振りで、もし誰がそんな根拠のない噂を流したのか知っていないかどうか尋ねてみることができるでしょう。

そしてもし見つけることができれば、「その人を絶対に許すことなどできないし、それ相応の報復を考えている」ということを話すことさえできるでしょう。

相手はそうした軽はずみな噂を流したことで、どれだけ人を傷つけてしまったのか、恐ろしい気持ちにさえなるでしょう。

この噂の張本人に相談するというのは、できる状況にあればですが、かなり効果的です。

そんな話には加わらない

自分のことではなく、他の人の噂話で根拠がないと感じたのであればその場を離れるか、話題を変えるために別のことを持ち出してみるのが効果的です。

あるいは直接にその根拠はなにかと尋ねることができるでしょう。

その人がそれを見たわけでもなく、単なる憶測のかけ集めと、そうだったらいいなという願望の入った噂であることが分かれば、周囲の人たちも冷めていきますし、その噂をした人の評価を下げることになるでしょう。

そしてそんな根拠のない話をして何が楽しいのか、逆に皮肉を込めて尋ねることさえできるかもしれません。

然るべきところに相談する

時には単なる噂話が冗談では済まないような事態になっていくことも少なくありません。

それが恋愛がらみや金銭がらみであればなおさらであり、噂が独り歩きしてどんどん誇張されていくという可能性さえあります。

それが離婚や職を失うという事態にまで発展しかねない場合には、法律の専門家のところに相談していくことが必要になるかもしれません。

そしてその時には誰がなにをどこでいつ言っていたのか、そんなことが重要になるので、はっきりとしたメモを残しておくことや、可能であればボイスレコーダーなどで録音することも必要になるかもしれません。

味方を作っておく

根拠のない噂を広められてしまい、みんなが自分をそういう目で見ているという気持ちになるのはとてもつらいことです。

信頼できる友人や上司に相談して、自分はそういうことはしていないし、その噂には根拠がないということを必死に説得することができるでしょう。

その相手が信じてくれれば、どのように対処できるか、あるいはどのような流れでそうなってしまったのかなど、いろいろと相談に乗ってくれる可能性が高まるし、味方を作っていくことで複数の人たちと一緒に対処していく心強さを得ることができます。

気にし過ぎないこと

根拠のない噂をされると、本人は動揺するものであり、噂を流した人というのはそうした動揺を見て楽しむところがあるかもしれません。

それでそんな動揺する素振りも見せず、自分がまるでそんなことには関心がないかのような態度を取ることです。

噂は75日という言われ方をするように、毎日毎日変化をする世の中で、数日辛抱すればやがて忘れられていくものであり、その程度のものという考え方ができます。

何事もなく普通でいることで対処ができるのです。

無理に弁解はしない

噂が根拠のないものだと必死に説明するのはあまり得策ではないかもしれません。

その必死さはその噂が本当のものかもしれないという印象を与えることになるかもしれませんし、そんなことをしたら噂を流した相手の思うつぼでもあるからです。

そんな低レベルの同じ土俵に上がろうとするのではなく、堂々とそんなことするわけがないだろうと、いう態度でいることです。

言い訳をしているようなことをせずに、自分には非がないことを言うのではなく態度で示すのです。

根拠のない噂話を流されるというのはとてもつらい経験ですが、面白半分であったり、ちょっとしたねたみの気持ちであることは少なくありません。

そうした噂のほとんどはたいした内容ではないので、気にしないようにしたいものです。

そのように堂々としているなら、その噂を流した本人が恥ずかしくなるような状況に変化していくに違いありません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-