【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521105924.html
大袈裟な言い方をする人の特徴

大袈裟な言い方をする人の特徴 | LADYCO

LADYCO
大袈裟な言い方をする人の特徴

自分を大きくそして楽しく見せたいという願望が話を大袈裟に表現する事に繋がってしまうことがあります。

誤解を生むことになりかねないそのような傾向はどのようにして示されるのでしょうか、大袈裟な言い方をする人の特徴を9つ考えてみましょう。

  • 誇張表現をして注目を得たい
  • 自分を認めて欲しい
  • 話が大好きである
  • 噂好きである
  • サービス精神がある
  • 怒りやすい
  • 冗談と真実が曖昧
  • 自分が言ったことに責任を負うことをしない
  • うぬぼれが強い
  • まとめ

1. 誇張表現をして注目を得たい

誇張表現をして注目を得たい

大袈裟な言い方をする人というのは誇張表現をすることが多く、実際には大したことでもないことをオーバーに言うことで注目を得たいあるいは自慢したいという気持ちがあります。

そのような人は必ずしも嘘ではないものの、真実でもないような表現を使ったりして人の気を引いて話の中心に居たがります。

そんな人の話は結果的に「大袈裟」な印象を受けやすいです。

2. 自分を認めて欲しい

自分を認めて欲しい

大袈裟に言うことで自分の評価を高めたい、認めて欲しいという気持ちが働いている為にそのように言い振舞うことがあります。

大袈裟なので面白いと感じるかもしれませんが、そんな人はさりげなく自分のアピールを忘れることがありません。

他の人を落とすことをしても自分を落とすようなことは言わないでしょう。

そんな人たちの話の特徴がわかると、多くの人は真剣に聞かなくなったり、また大袈裟に言っているな…としか思われなくなります。

3. 話が大好きである

話が大好きである

話が大好きなため、しゃべることでストレスを発散しているような人は大袈裟に言うことで楽しもうとするところがあります。

大阪などのお笑い芸人などはまさにこうした例であり、彼らはそれを仕事でしているので構わないのですが、笑いのネタでもないのに、大袈裟に言うことで楽しむようなところのある人は、口をすべらせて誰かを傷つけてしまう事が高い傾向にあります。

4. 噂好きである

噂好きである

大袈裟に言う人は噂が大好きであり、なにか面白いことが起きないかいろいろなことに注目しています。

そして実際にそうしたことが起きると、自分の頭の中の引き出しにしまって、いつかそれを取り出してネタとして提供しようという気持ちがあります。

噂ネタが一番人を惹きつけることがわかっており、しゃべる自分自身が一番楽しいのです。

5. サービス精神がある

サービス精神がある

同じ内容でもどのようにして伝えるかで聞く人の印象というのは大きく変わります。

大袈裟に言うことができる人というのは、サービス精神がありその場を盛り上げたいという気持ちが働いているのかもしれません。

お通夜のようにぼそぼそと話しても面白くないし、自分のトークで他の人たちが楽しんでもらえればという気持ちからいつもオーバーな表現で話すことが習慣になっていることがあります。

6. 怒りやすい

怒りやすい

人は怒ると大袈裟に言う傾向があります。

例えば誰かが約束を守らないと、あなたは「いつもいつも約束を守らず遅れてくる」ということを言ってしまうかもしれません。

実際には「いつもいつも」ではなく「時々」だった場合だとしても、怒りの感情が入ってしまっているために大袈裟な表現になってしまうのです。

これは大小あれど、どんな人でも起こってしまう感情表現ですが、なるべく自分の感情を制御する事に努めましょう。

7. 冗談と真実が曖昧

冗談と真実が曖昧

いつも良くしゃべる人なので冗談で言っているのか、真実で言っているのかがわからないことがあるほど楽しくしゃべる人です。

冗談の場合には真実ではないので遊びのようですが、真面目な話も冗談のように聞こえたり、なんだかいつも大袈裟のように言っているように感じてしまいます。

8. 自分が言ったことに責任を負うことをしない

自分が言ったことに責任を負うことをしない

大袈裟に言う人というのは、面白くしたいという気持ちがあり、だれだれがこんなことを言ってた、というような話をするかもしれませんが、自分がどんなことをどのようなニュアンスで言ったのかに関しての責任を負うことはしません。

場合によっては自分がそれを言ったことさえ認めないかもしれません。

無責任であり、それは言葉の暴力のようになってしまうことさえあります。

9. うぬぼれが強い

うぬぼれが強い

自分は口が達者だという自負があり、それを表に出す人というのは、大袈裟に言いたくなる誘惑に駆られます。

普通の話では面白みがないため、自分の持ち味を出す事に躍起になった末、大袈裟な表現を選択します。

1を5に、あるいは1を10くらいにして言うことさえあるでしょう。

うぬぼれが強く、自分のイメージを守りたいために、そうした言い方を続けるようになるのです。

まとめ

大袈裟に言うというのは状況や内容によってはそれが必ずしも間違いではないこともあります。

とはいえ大袈裟に言うことが習慣になってしまっていると、聞き手はそれを見抜くようになりますし、また大袈裟なことを言っていると思われ、信頼してもらえないようになることもあります。

周りの人たちも真剣にその人の話を聞くことはないし、むしろオーバーな表現をしていることを指摘されてしまうことになるかもしれません。

そうなると恥をかくことにもなりますので、ほどほどにする方が良いでしょう。

そして人の噂話を大袈裟に言ってばかりいると、やがて自分のこともそのように他の人から大袈裟に言われるようになる可能性があります。

自分を大きくそして楽しく見せたいという願望が話を大袈裟に表現する事に繋がってしまうことがあります。

誤解を生むことになりかねないそのような傾向はどのようにして示されるのでしょうか、大袈裟な言い方をする人の特徴を9つ考えてみましょう。


誇張表現をして注目を得たい

大袈裟な言い方をする人というのは誇張表現をすることが多く、実際には大したことでもないことをオーバーに言うことで注目を得たいあるいは自慢したいという気持ちがあります。

そのような人は必ずしも嘘ではないものの、真実でもないような表現を使ったりして人の気を引いて話の中心に居たがります。

そんな人の話は結果的に「大袈裟」な印象を受けやすいです。

自分を認めて欲しい

大袈裟に言うことで自分の評価を高めたい、認めて欲しいという気持ちが働いている為にそのように言い振舞うことがあります。

大袈裟なので面白いと感じるかもしれませんが、そんな人はさりげなく自分のアピールを忘れることがありません。

他の人を落とすことをしても自分を落とすようなことは言わないでしょう。

そんな人たちの話の特徴がわかると、多くの人は真剣に聞かなくなったり、また大袈裟に言っているな…としか思われなくなります。

話が大好きである

話が大好きなため、しゃべることでストレスを発散しているような人は大袈裟に言うことで楽しもうとするところがあります。

大阪などのお笑い芸人などはまさにこうした例であり、彼らはそれを仕事でしているので構わないのですが、笑いのネタでもないのに、大袈裟に言うことで楽しむようなところのある人は、口をすべらせて誰かを傷つけてしまう事が高い傾向にあります。

噂好きである

大袈裟に言う人は噂が大好きであり、なにか面白いことが起きないかいろいろなことに注目しています。

そして実際にそうしたことが起きると、自分の頭の中の引き出しにしまって、いつかそれを取り出してネタとして提供しようという気持ちがあります。

噂ネタが一番人を惹きつけることがわかっており、しゃべる自分自身が一番楽しいのです。

サービス精神がある

同じ内容でもどのようにして伝えるかで聞く人の印象というのは大きく変わります。

大袈裟に言うことができる人というのは、サービス精神がありその場を盛り上げたいという気持ちが働いているのかもしれません。

お通夜のようにぼそぼそと話しても面白くないし、自分のトークで他の人たちが楽しんでもらえればという気持ちからいつもオーバーな表現で話すことが習慣になっていることがあります。

怒りやすい

人は怒ると大袈裟に言う傾向があります。

例えば誰かが約束を守らないと、あなたは「いつもいつも約束を守らず遅れてくる」ということを言ってしまうかもしれません。

実際には「いつもいつも」ではなく「時々」だった場合だとしても、怒りの感情が入ってしまっているために大袈裟な表現になってしまうのです。

これは大小あれど、どんな人でも起こってしまう感情表現ですが、なるべく自分の感情を制御する事に努めましょう。

冗談と真実が曖昧

いつも良くしゃべる人なので冗談で言っているのか、真実で言っているのかがわからないことがあるほど楽しくしゃべる人です。

冗談の場合には真実ではないので遊びのようですが、真面目な話も冗談のように聞こえたり、なんだかいつも大袈裟のように言っているように感じてしまいます。

自分が言ったことに責任を負うことをしない

大袈裟に言う人というのは、面白くしたいという気持ちがあり、だれだれがこんなことを言ってた、というような話をするかもしれませんが、自分がどんなことをどのようなニュアンスで言ったのかに関しての責任を負うことはしません。

場合によっては自分がそれを言ったことさえ認めないかもしれません。

無責任であり、それは言葉の暴力のようになってしまうことさえあります。

うぬぼれが強い

自分は口が達者だという自負があり、それを表に出す人というのは、大袈裟に言いたくなる誘惑に駆られます。

普通の話では面白みがないため、自分の持ち味を出す事に躍起になった末、大袈裟な表現を選択します。

1を5に、あるいは1を10くらいにして言うことさえあるでしょう。

うぬぼれが強く、自分のイメージを守りたいために、そうした言い方を続けるようになるのです。

大袈裟に言うというのは状況や内容によってはそれが必ずしも間違いではないこともあります。

とはいえ大袈裟に言うことが習慣になってしまっていると、聞き手はそれを見抜くようになりますし、また大袈裟なことを言っていると思われ、信頼してもらえないようになることもあります。

周りの人たちも真剣にその人の話を聞くことはないし、むしろオーバーな表現をしていることを指摘されてしまうことになるかもしれません。

そうなると恥をかくことにもなりますので、ほどほどにする方が良いでしょう。

そして人の噂話を大袈裟に言ってばかりいると、やがて自分のこともそのように他の人から大袈裟に言われるようになる可能性があります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-