【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521105457.html
上手くいかない夫婦の特徴

上手くいかない夫婦の特徴 | LADYCO

LADYCO
上手くいかない夫婦の特徴

上手くいかない夫婦にありがちな特徴を8選まとめました。

  • 思っていることを我慢しすぎる
  • 相手を支配しようとする
  • 仕事ばかりで家庭を顧みない
  • お金を好きに使う
  • 子作りや子育ての考えが合わない
  • 相手に感謝せずやってもらって当然という態度をとる
  • 極端に部屋を散らかすか綺麗にしすぎる
  • 親との絆が強すぎる
  • まとめ

1. 思っていることを我慢しすぎる

思っていることを我慢しすぎる

いい妻になろうとして夫に自分の不満を言わないで我慢し続けるのはよくありません。

鈍感な夫なら快適に感じるかもしれませんが、我慢がたまった妻は長年のストレスでいつか爆発してしまう可能性があります。

夫も妻に意見するのが面倒だからと我慢したり諦めたりすると妻を寂しがらせてしまう場合があります。

思っていることを言うことで夫婦喧嘩になるのを恐れていると気持ちのすれ違いから夫婦でいる意義や喜びを見失ってしまいます。

2. 相手を支配しようとする

相手を支配しようとする

相手を支配しようとしても完全には無理でしょうし、無理だとわかるとひとり身の方がよかったなんて思ってしまうかもしれません。

支配されそうになる側はもちろん束縛が辛く鬱陶しく思いますが、思い通りにしたがる側にとってもそれが不可能なのはストレスがかかります。

夫婦であっても自分の思い通りにはいかないのです。

相手に寄り添ったり歩み寄ることはできますが、完全に支配するなんて最初から無理だと思っておく方が気持ちも楽です。

3. 仕事ばかりで家庭を顧みない

仕事ばかりで家庭を顧みない

仕事ばかりで家庭を顧みない夫なら妻は家事や育児を全てやらされている不満がたまっていきます。

そのうち家政婦のような気分になってきて、虚しい気持ちになっていくこともあります。

また、最近は結婚後も仕事を続ける女性も多く、それに対する夫の理解がなければ結婚に後悔してしまうこともあり得ます。

仕事を頑張ってくれることは尊敬にも値することですが、度が過ぎたりその分のフォローがなければ独身でよかったという考えが廻ってくることがあります。

4. お金を好きに使う

お金を好きに使う

夫にはお小遣い制で我慢させつつ浪費する妻や、自分で稼いだお金だからとギャンブルや飲みにばかり使う夫であれば夫婦はもめるばかりです。

夫婦のお金は夫婦で使い方を決め、ある程度貯金もしていくのが理想的ではないでしょうか。

使う喜びもありますがためていく喜びを感じるパートナーならお金を好きに使われると耐えられません。

そのたには最初からお金に対する価値観の合う相手と結婚するのが安全です。

5. 子作りや子育ての考えが合わない

子作りや子育ての考えが合わない

子作りや子育ての考えが合わないというのも夫婦が上手くいかない特徴と言えます。

すぐにでも子供が欲しいと思っているのに相手はもう少し遊びたいとか今は仕事を頑張りたいといってタイミングが合わないことも珍しくありません。

そうすると欲しいと思っている側はどんどん焦ってしまい、パートナーを間違えてしまったような後悔に襲われたりします。

子供が生まれてからも子育ての価値観が合うというのは大切なポイントです。

相手の意見にも耳を傾けながら考える努力を重ねる必要があります。

6. 相手に感謝せずやってもらって当然という態度をとる

相手に感謝せずやってもらって当然という態度をとる

相手がやってくれていることに対して感謝せずやってもらって当然という態度をとるのはよくありません。

例えば、毎日仕事を頑張る夫に対して「もっと残業して稼いでよ」と言ったり、休みの日に邪魔者扱いするような態度も相手を傷つけイライラさせます。

また、家事や育児に励む妻に対しても任せきりで感謝の言葉をかけないのもだめです。

役割分担があるにせよ、相手への感謝は言葉でも態度でも示して尊敬し合うのが理想的な夫婦ではないでしょうか。

7. 極端に部屋を散らかすか綺麗にしすぎる

極端に部屋を散らかすか綺麗にしすぎる

どちらかが極端に部屋を散らかすと一緒に暮らすパートナーはストレスがたまっていきます。

逆に潔癖症かと思うほど部屋をキレイにしすぎるパートナーとの暮らしも合わせるのが大変です。

これも価値観が合うことが上手くいくためには理想ですが、散らかしてもいい部屋を決めたり手軽に掃除できる便利なアイテムを導入するなどの工夫があれば乗り越えられる部分も多いので、夫婦で快適に過ごせる空間作りを話し合う時間や解決しようとする気持ちも持っていたいものです。

8. 親との絆が強すぎる

親との絆が強すぎる

結婚後も実家に入り浸りな妻や母親にばかり相談するマザコンっぽい夫は相手が嫌がってトラブルとなることがあります。

夫婦のことが全て親に筒抜けなような気がして恥ずかしさややきもちのような感情も芽生えますし、自分は頼りにされていないのだろうかとも思ってしまいます。

親を交えるのであれば、パートナーが不満に思わない頻度ややり方にしてあげるべきです。

「親だからいいじゃない!」と勝手に振舞うのは価値観の押しつけとなってしまいます。

まとめ

夫婦が上手くいくためにこれという正解はありませんが、上手くいかない特徴を掴んでおけば最低限そこを避けることができるのでより正解に近づけることができるでしょう。

結婚後も安心しきらず、夫婦が上手くいくような方法を常に探っていきたいですね。

お互いがそう思いながら話し合い、労わり合い、時には合わせてあげたりもすることなどにより、二人のベストな形が徐々にできあがっていくのだと考えます。

上手くいかない夫婦にありがちな特徴を8選まとめました。


思っていることを我慢しすぎる

いい妻になろうとして夫に自分の不満を言わないで我慢し続けるのはよくありません。

鈍感な夫なら快適に感じるかもしれませんが、我慢がたまった妻は長年のストレスでいつか爆発してしまう可能性があります。

夫も妻に意見するのが面倒だからと我慢したり諦めたりすると妻を寂しがらせてしまう場合があります。

思っていることを言うことで夫婦喧嘩になるのを恐れていると気持ちのすれ違いから夫婦でいる意義や喜びを見失ってしまいます。

相手を支配しようとする

相手を支配しようとしても完全には無理でしょうし、無理だとわかるとひとり身の方がよかったなんて思ってしまうかもしれません。

支配されそうになる側はもちろん束縛が辛く鬱陶しく思いますが、思い通りにしたがる側にとってもそれが不可能なのはストレスがかかります。

夫婦であっても自分の思い通りにはいかないのです。

相手に寄り添ったり歩み寄ることはできますが、完全に支配するなんて最初から無理だと思っておく方が気持ちも楽です。

仕事ばかりで家庭を顧みない

仕事ばかりで家庭を顧みない夫なら妻は家事や育児を全てやらされている不満がたまっていきます。

そのうち家政婦のような気分になってきて、虚しい気持ちになっていくこともあります。

また、最近は結婚後も仕事を続ける女性も多く、それに対する夫の理解がなければ結婚に後悔してしまうこともあり得ます。

仕事を頑張ってくれることは尊敬にも値することですが、度が過ぎたりその分のフォローがなければ独身でよかったという考えが廻ってくることがあります。

お金を好きに使う

夫にはお小遣い制で我慢させつつ浪費する妻や、自分で稼いだお金だからとギャンブルや飲みにばかり使う夫であれば夫婦はもめるばかりです。

夫婦のお金は夫婦で使い方を決め、ある程度貯金もしていくのが理想的ではないでしょうか。

使う喜びもありますがためていく喜びを感じるパートナーならお金を好きに使われると耐えられません。

そのたには最初からお金に対する価値観の合う相手と結婚するのが安全です。

子作りや子育ての考えが合わない

子作りや子育ての考えが合わないというのも夫婦が上手くいかない特徴と言えます。

すぐにでも子供が欲しいと思っているのに相手はもう少し遊びたいとか今は仕事を頑張りたいといってタイミングが合わないことも珍しくありません。

そうすると欲しいと思っている側はどんどん焦ってしまい、パートナーを間違えてしまったような後悔に襲われたりします。

子供が生まれてからも子育ての価値観が合うというのは大切なポイントです。

相手の意見にも耳を傾けながら考える努力を重ねる必要があります。

相手に感謝せずやってもらって当然という態度をとる

相手がやってくれていることに対して感謝せずやってもらって当然という態度をとるのはよくありません。

例えば、毎日仕事を頑張る夫に対して「もっと残業して稼いでよ」と言ったり、休みの日に邪魔者扱いするような態度も相手を傷つけイライラさせます。

また、家事や育児に励む妻に対しても任せきりで感謝の言葉をかけないのもだめです。

役割分担があるにせよ、相手への感謝は言葉でも態度でも示して尊敬し合うのが理想的な夫婦ではないでしょうか。

極端に部屋を散らかすか綺麗にしすぎる

どちらかが極端に部屋を散らかすと一緒に暮らすパートナーはストレスがたまっていきます。

逆に潔癖症かと思うほど部屋をキレイにしすぎるパートナーとの暮らしも合わせるのが大変です。

これも価値観が合うことが上手くいくためには理想ですが、散らかしてもいい部屋を決めたり手軽に掃除できる便利なアイテムを導入するなどの工夫があれば乗り越えられる部分も多いので、夫婦で快適に過ごせる空間作りを話し合う時間や解決しようとする気持ちも持っていたいものです。

親との絆が強すぎる

結婚後も実家に入り浸りな妻や母親にばかり相談するマザコンっぽい夫は相手が嫌がってトラブルとなることがあります。

夫婦のことが全て親に筒抜けなような気がして恥ずかしさややきもちのような感情も芽生えますし、自分は頼りにされていないのだろうかとも思ってしまいます。

親を交えるのであれば、パートナーが不満に思わない頻度ややり方にしてあげるべきです。

「親だからいいじゃない!」と勝手に振舞うのは価値観の押しつけとなってしまいます。

夫婦が上手くいくためにこれという正解はありませんが、上手くいかない特徴を掴んでおけば最低限そこを避けることができるのでより正解に近づけることができるでしょう。

結婚後も安心しきらず、夫婦が上手くいくような方法を常に探っていきたいですね。

お互いがそう思いながら話し合い、労わり合い、時には合わせてあげたりもすることなどにより、二人のベストな形が徐々にできあがっていくのだと考えます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-