【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521102354.html
子育て中に夫の事がいらないと思う行動6選

子育て中に夫の事がいらないと思う行動6選 | LADYCO

LADYCO
子育て中に夫の事がいらないと思う行動6選

子育て中に夫の事がいらないと思う行動をまとめました。

  • 大きな音を立てる
  • 子育てに口出しする
  • かまって欲しがる
  • 家事のチェックをする
  • 浮気をする
  • 浪費する
  • まとめ

1. 大きな音を立てる

大きな音を立てる

子育て中は、できるだけ早く子どもに眠ってもらうために、あれこれ苦労をすることになります。

部屋を暗くして、子どもが落ち着くように抱っこをしたり、体を触ったりしながら眠りにつくまで慎重に面倒を見ます。

そしてようやく子どもが眠りにつきそうな時に、リビングで夫が出した大きな音がし子どもが起きてしまったらガッカリします。

ガサツな夫の場合、子どもを寝かしつけているのにもかかわらず、大きな音を立ててしまいます。

冷蔵庫の扉を音を出してしめたり、テレビを観て大きな声で笑ったりします。

そのような行為によって子どもの寝かしつけに失敗したら「家から出て行け」と思うほど、本当に頭に来るでしょう。

本気で怒ってがさつな旦那に、行動を変えてもらわないと離婚に危機すら出てしまうでしょう。

2. 子育てに口出しする

子育てに口出しする

自分は子育てをする気はないくせに、ちょこちょこと妻の子育てに口を出してくる夫がいます。

とても頭にくる行動で、夫がいらないと思う瞬間でしょう。

子育てをしながら工夫をして、子どもにとって最高だと思うお風呂の入れ方や、食事の方法を選択しているのに、テレビを観て知ったばかりの一般的な方法を偉そうに話してくるような夫です。

「知ってる」「うるさい」と言いたくなりますが、夫の相手をするのも面倒で、言い返す気力もわかないかもしれません。

「だったら自分で子育てしろ」と言いたくなりますが、本当は子育てをする気などないので、すぐに逃げてしまうでしょう。

また仮に夫がやる気を出してしまったら、それはそれで心配かもしれません。

子育て中はお願いしたことを、つべこべ言わずに手伝ってくれる夫や、自分の子育て法を尊重してくれる夫が理想的です。

何もしない癖に口出しだけしてくる夫は最悪です。

3. かまって欲しがる

かまって欲しがる

子育てをしている時は、当然子どもが中心になってしまいます。

しかし夫によってはそのことを心の中では許せません。

いつまでも妻の関心の中心に自分がいたいと思うからです。

子どもができても、自分がいちばんじゃなければ嫌な夫は、わがままで子どもっぽい男性です。

子育て中でなければ可愛いと感じる余裕があるかもしれませんが、子育て中に夫が子どものように振る舞うと、「どこかに行け」と思うほど邪魔な存在になります。

夫にも大人になってもらい、積極的に子育てに参加をしてもらいたいものです。

子どもをライバル視するのではなく、親としての自覚を強く持ってもらいたいものです。

子育て中にかまって欲しがる夫を持つと、ただでさえ大変な子育てがますます大変になるでしょう。

4. 家事のチェックをする

家事のチェックをする

子育て中は、子供の面倒を見るだけで精一杯になってしまいます。

子育て以外のことはなるべく簡単に済ませたいと思うのがふつうです。

いつもはピカピカに磨いていたリビングの床も、光沢が出るほど磨けないかもしれません。

からぶきをする手間を省くため、キッチンのシンクには水の跡が残ってしまうかもしれません。

見栄えは少し悪くなりますが、衛生面では問題の無いレベルで、子育て中の女性としては精いっぱい頑張っているレベルでしょう。

しかし夫が細かい場合、少し家事の精度が落ちただけでも、鋭く指摘してきます。

小姑のようになる夫を見て、心底ガッカリする女性も多いでしょう。

子育て中だから仕方ないと受け入れる広い心を持ってくれること、さらに言えば妻に内緒で家事のサポートをしてくれる夫が理想的です。

あらさがしをするように、家事の至らない部分を指摘する夫は必要ないでしょう。

5. 浮気をする

浮気をする

子育てをしている時は、一日中子どもの面倒を見て、必要最低限の家事をするので精一杯です。

夫の相手はどうしても適当になります。

この状況に納得できない男性は、浮気をして他の女性に安らぎを求めてしまいます。

浮気をされれば腹が立ちますし、悲しい気持ちにもなります。

いちばん大変な時期に、妻が悲しむようなことをする夫は最悪です。

家から本当に出て行ってもらいたくなるでしょう。

6. 浪費する

浪費する

子育て中は夫の行動を細かくチェックすることができません。

その隙をつくように、浪費をしてしまう夫がいます。

食事の準備をすると言って、高価なお寿司を買ってしまったり、デリバリーサービスを利用して、配達料込の料理を食べたりします。

また妻が相手をしてくれないからと、テレビゲームを購入したり、スマホゲームで課金してしまったりします。

まだ精神的に子どもで、親になる準備ができていない男性を夫にしてしまったことに気付くでしょう。

面倒ばかりかける夫は必要ありません。

まとめ

子育て中に困った行動をする夫は、基本的に「子どものまま」です。

自分が子どもでは、子育てができるわけもなく、むしろ子どもをライバル視してしまいます。

妻の目を引くために目立つ行動をしたり、批判的な意見を言ったりします。

浮気をする夫もいます。

困った夫にはもっと大人になってもらい、自分も親としての自覚を持って行動してもらいたいものです。

子育て中に夫の事がいらないと思う行動をまとめました。


大きな音を立てる

子育て中は、できるだけ早く子どもに眠ってもらうために、あれこれ苦労をすることになります。

部屋を暗くして、子どもが落ち着くように抱っこをしたり、体を触ったりしながら眠りにつくまで慎重に面倒を見ます。

そしてようやく子どもが眠りにつきそうな時に、リビングで夫が出した大きな音がし子どもが起きてしまったらガッカリします。

ガサツな夫の場合、子どもを寝かしつけているのにもかかわらず、大きな音を立ててしまいます。

冷蔵庫の扉を音を出してしめたり、テレビを観て大きな声で笑ったりします。

そのような行為によって子どもの寝かしつけに失敗したら「家から出て行け」と思うほど、本当に頭に来るでしょう。

本気で怒ってがさつな旦那に、行動を変えてもらわないと離婚に危機すら出てしまうでしょう。

子育てに口出しする

自分は子育てをする気はないくせに、ちょこちょこと妻の子育てに口を出してくる夫がいます。

とても頭にくる行動で、夫がいらないと思う瞬間でしょう。

子育てをしながら工夫をして、子どもにとって最高だと思うお風呂の入れ方や、食事の方法を選択しているのに、テレビを観て知ったばかりの一般的な方法を偉そうに話してくるような夫です。

「知ってる」「うるさい」と言いたくなりますが、夫の相手をするのも面倒で、言い返す気力もわかないかもしれません。

「だったら自分で子育てしろ」と言いたくなりますが、本当は子育てをする気などないので、すぐに逃げてしまうでしょう。

また仮に夫がやる気を出してしまったら、それはそれで心配かもしれません。

子育て中はお願いしたことを、つべこべ言わずに手伝ってくれる夫や、自分の子育て法を尊重してくれる夫が理想的です。

何もしない癖に口出しだけしてくる夫は最悪です。

かまって欲しがる

子育てをしている時は、当然子どもが中心になってしまいます。

しかし夫によってはそのことを心の中では許せません。

いつまでも妻の関心の中心に自分がいたいと思うからです。

子どもができても、自分がいちばんじゃなければ嫌な夫は、わがままで子どもっぽい男性です。

子育て中でなければ可愛いと感じる余裕があるかもしれませんが、子育て中に夫が子どものように振る舞うと、「どこかに行け」と思うほど邪魔な存在になります。

夫にも大人になってもらい、積極的に子育てに参加をしてもらいたいものです。

子どもをライバル視するのではなく、親としての自覚を強く持ってもらいたいものです。

子育て中にかまって欲しがる夫を持つと、ただでさえ大変な子育てがますます大変になるでしょう。

家事のチェックをする

子育て中は、子供の面倒を見るだけで精一杯になってしまいます。

子育て以外のことはなるべく簡単に済ませたいと思うのがふつうです。

いつもはピカピカに磨いていたリビングの床も、光沢が出るほど磨けないかもしれません。

からぶきをする手間を省くため、キッチンのシンクには水の跡が残ってしまうかもしれません。

見栄えは少し悪くなりますが、衛生面では問題の無いレベルで、子育て中の女性としては精いっぱい頑張っているレベルでしょう。

しかし夫が細かい場合、少し家事の精度が落ちただけでも、鋭く指摘してきます。

小姑のようになる夫を見て、心底ガッカリする女性も多いでしょう。

子育て中だから仕方ないと受け入れる広い心を持ってくれること、さらに言えば妻に内緒で家事のサポートをしてくれる夫が理想的です。

あらさがしをするように、家事の至らない部分を指摘する夫は必要ないでしょう。

浮気をする

子育てをしている時は、一日中子どもの面倒を見て、必要最低限の家事をするので精一杯です。

夫の相手はどうしても適当になります。

この状況に納得できない男性は、浮気をして他の女性に安らぎを求めてしまいます。

浮気をされれば腹が立ちますし、悲しい気持ちにもなります。

いちばん大変な時期に、妻が悲しむようなことをする夫は最悪です。

家から本当に出て行ってもらいたくなるでしょう。

浪費する

子育て中は夫の行動を細かくチェックすることができません。

その隙をつくように、浪費をしてしまう夫がいます。

食事の準備をすると言って、高価なお寿司を買ってしまったり、デリバリーサービスを利用して、配達料込の料理を食べたりします。

また妻が相手をしてくれないからと、テレビゲームを購入したり、スマホゲームで課金してしまったりします。

まだ精神的に子どもで、親になる準備ができていない男性を夫にしてしまったことに気付くでしょう。

面倒ばかりかける夫は必要ありません。

子育て中に困った行動をする夫は、基本的に「子どものまま」です。

自分が子どもでは、子育てができるわけもなく、むしろ子どもをライバル視してしまいます。

妻の目を引くために目立つ行動をしたり、批判的な意見を言ったりします。

浮気をする夫もいます。

困った夫にはもっと大人になってもらい、自分も親としての自覚を持って行動してもらいたいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-