【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521101706.html
残業が好きな人の特徴

残業が好きな人の特徴 | LADYCO

LADYCO
残業が好きな人の特徴

残業なんてみんな嫌々やっていると思っていませんか?

意外なことに残業が好きで自らそうしてしまう人もいます。

なぜなのでしょうか。

  • 人の気配がない方が仕事がはかどる
  • 立ち上がりが遅い分だけ夜にスイッチが入る
  • プライベートがうまくいっていない
  • 誰よりも会社に尽くしているとアピールしたい
  • 頼られることに誇りを持っている
  • まとめ

1. 人の気配がない方が仕事がはかどる

人の気配がない方が仕事がはかどる

人の気配がない方が話しかけられて仕事の手を止められたり集中を切らされることがないのではかどるという人も多いのではないでしょうか。

そこで、日中は途中で止められてもそれほど支障のない仕事を中心に作業をしたり、簡単な仕事からこなして手間のかかるものはみんなが帰ってから始めるという人もいます。

残業という扱いになってしまいますが、もともと仕事の量が多い人はこうやって仕事をうまく分けてこなすうちに残業も楽しめるようになってくるでしょう。

2. 立ち上がりが遅い分だけ夜にスイッチが入る

立ち上がりが遅い分だけ夜にスイッチが入る

朝が弱い人は出社してすぐにバリバリと仕事ができません。

そして、立ち上がりが遅い分だけ午後になるとようやく仕事のスイッチが入ります。

みんなが疲れ切ってしまう頃にはまだまだやれる状態であり、人の残した仕事を率先して請け負ったり余分に仕事をするうちに抜け出せなくなることもあるでしょう。

気づけば残業に突入してしまっていても、一度スイッチが入るとなかなか止められないということも多いのです。

ある程度自分が満足するまで仕事を終えられないような仕事人間に当てはまる特徴です。

3. プライベートがうまくいっていない

プライベートがうまくいっていない

夫婦関係がうまくいっていないと、早く帰っても「もう帰ってきたの?」と迷惑そうに言われたり居場所がなくて困ってしまいます。

また、帰った後に特にやることがないようなつまらない独身生活を送っている場合でも残業で寂しさを紛らわせたりします。

忙しく働くことで「忙しいから楽しいことができない」とつまらない生活の理由にできるので、そうする方がまだ気持ちが楽なのです。

残業はからだにはきますが「無理しないでくださいね」と職場の人に労わってもらうこともでき、ちょっとだけ救われる時もあります。

4. 誰よりも会社に尽くしているとアピールしたい

誰よりも会社に尽くしているとアピールしたい

残業をすることで他の誰よりも会社に尽くしていると上司や同僚にアピールしたいのでしょう。

時には彼女や妻に働く男と感じてもらうために残業をするような男性もいるかもしれません。

仕事でうまく実績を上げられない不器用な人こそ人より多く働いて犠牲になる姿を見せることで評価されようとしたりします。

一度でもそれが成功すると人に見られる自分を過剰に意識してしまうようにもなるでしょう。

中には人にどう見られるかという以上に自己満足に酔ってしまっているケースもあります。

そうなるとますます残業を止められなくなっていきます。

5. 頼られることに誇りを持っている

頼られることに誇りを持っている

人に頼られることに誇りを持って生きているなら、周りに利用されていてもそれに気づかずにどんどん仕事を請け負ってしまうということもあります。

冷静に考えれば自分だけ仕事量が多く残ってまでこなしている矛盾を感じるはずです。

しかし、頼られることが好きな人は頼られたりお願いされることなく定時に帰る人に対して同情の目を向けていることすらあります。

必要とされないくらいなら少しくらい残業してでも存在感がある方がずっとマシだ、そう考えているのでしょう。

まとめ

残業が好きな人はそれを求められていることや頑張る自分に誇りを持ってしまっている場合もあります。

しかし、たとえ心は満足していてもからだは確実に疲れがたまっていくでしょう。

本当なら勤務時間内にきっちり終えられるような働き方が理想的なはずです。

残業に依存したり自分の存在価値を見出すことなく、一度自分の働き方を見直してみてください。

無理なく正しく働くことこそ仕事を長く続けていくために重要なことです。

残業なんてみんな嫌々やっていると思っていませんか?

意外なことに残業が好きで自らそうしてしまう人もいます。

なぜなのでしょうか。


人の気配がない方が仕事がはかどる

人の気配がない方が話しかけられて仕事の手を止められたり集中を切らされることがないのではかどるという人も多いのではないでしょうか。

そこで、日中は途中で止められてもそれほど支障のない仕事を中心に作業をしたり、簡単な仕事からこなして手間のかかるものはみんなが帰ってから始めるという人もいます。

残業という扱いになってしまいますが、もともと仕事の量が多い人はこうやって仕事をうまく分けてこなすうちに残業も楽しめるようになってくるでしょう。

立ち上がりが遅い分だけ夜にスイッチが入る

朝が弱い人は出社してすぐにバリバリと仕事ができません。

そして、立ち上がりが遅い分だけ午後になるとようやく仕事のスイッチが入ります。

みんなが疲れ切ってしまう頃にはまだまだやれる状態であり、人の残した仕事を率先して請け負ったり余分に仕事をするうちに抜け出せなくなることもあるでしょう。

気づけば残業に突入してしまっていても、一度スイッチが入るとなかなか止められないということも多いのです。

ある程度自分が満足するまで仕事を終えられないような仕事人間に当てはまる特徴です。

プライベートがうまくいっていない

夫婦関係がうまくいっていないと、早く帰っても「もう帰ってきたの?」と迷惑そうに言われたり居場所がなくて困ってしまいます。

また、帰った後に特にやることがないようなつまらない独身生活を送っている場合でも残業で寂しさを紛らわせたりします。

忙しく働くことで「忙しいから楽しいことができない」とつまらない生活の理由にできるので、そうする方がまだ気持ちが楽なのです。

残業はからだにはきますが「無理しないでくださいね」と職場の人に労わってもらうこともでき、ちょっとだけ救われる時もあります。

誰よりも会社に尽くしているとアピールしたい

残業をすることで他の誰よりも会社に尽くしていると上司や同僚にアピールしたいのでしょう。

時には彼女や妻に働く男と感じてもらうために残業をするような男性もいるかもしれません。

仕事でうまく実績を上げられない不器用な人こそ人より多く働いて犠牲になる姿を見せることで評価されようとしたりします。

一度でもそれが成功すると人に見られる自分を過剰に意識してしまうようにもなるでしょう。

中には人にどう見られるかという以上に自己満足に酔ってしまっているケースもあります。

そうなるとますます残業を止められなくなっていきます。

頼られることに誇りを持っている

人に頼られることに誇りを持って生きているなら、周りに利用されていてもそれに気づかずにどんどん仕事を請け負ってしまうということもあります。

冷静に考えれば自分だけ仕事量が多く残ってまでこなしている矛盾を感じるはずです。

しかし、頼られることが好きな人は頼られたりお願いされることなく定時に帰る人に対して同情の目を向けていることすらあります。

必要とされないくらいなら少しくらい残業してでも存在感がある方がずっとマシだ、そう考えているのでしょう。

残業が好きな人はそれを求められていることや頑張る自分に誇りを持ってしまっている場合もあります。

しかし、たとえ心は満足していてもからだは確実に疲れがたまっていくでしょう。

本当なら勤務時間内にきっちり終えられるような働き方が理想的なはずです。

残業に依存したり自分の存在価値を見出すことなく、一度自分の働き方を見直してみてください。

無理なく正しく働くことこそ仕事を長く続けていくために重要なことです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-