【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521101320.html
ズルい人間の特徴

ズルい人間の特徴 | LADYCO

LADYCO
ズルい人間の特徴

社会生活を送っている上で、ズルい人間と遭遇する事は多々あります。

ズルい人間に共通して言える事は他人を犠牲にすると言う事です。

  • 他人を悪者にする
  • 言い訳をついたり嘘をついたりする
  • 権力のある人に媚びる
  • 見下した態度をとる
  • 悪口を言う
  • 自分の意見は言わない
  • 抽象的な言葉を使う
  • 他人の手柄をとる
  • まとめ

1. 他人を悪者にする

他人を悪者にする

何でもかんでも、自分は悪くないと言う事を主張する為に「○○さんが何してました」という形であたかも私は何も悪くないんですと言うアピールをしてくる人が多く居ます。

その為に、徹底的に自分が悪くないという証拠を作り上げて他人を悪者にする傾向にあります。

自分の失敗を認めないと言う事です。

仕事などを押し付けておいて、成功したら自分の手柄にして失敗したら他人のせいにするという事も多々あります。

2. 言い訳をついたり嘘をついたりする

言い訳をついたり嘘をついたりする

何かにつけて言い訳をします。

すごい量の仕事が入ってきてしまって期日に間に合いません、ダブルブッキングをしてしまって気がつかずに先方から連絡などが入ったときに「ちょっと向かっている途中で具合が悪くなってしまって」と言うような嘘をついて、その場を逃れようとします。

嘘は小さなものから大きなものまで有りますが、ズルい人間は嘘を突き通してその場を逃れようとします。

3. 権力のある人に媚びる

権力のある人に媚びる

仕事でも集団活動をするにしても、かならず上司やリーダーといった人が存在します。

もしくは自然にリーダーという立場の人間が現れます。

そういう人達からは良い評価を得られるように、いい子でいる事が殆どです。

積極的に仕事をしている、活動に参加しているアピールをして気に入られようと努力をします。

しかし、その人がいなくなった途端にやる気がなくなったり、他人に仕事を押し付けたりと言う行動が見られます。

良い評価をとるための演技をして振舞っている人が居ます。

4. 見下した態度をとる

見下した態度をとる

自分より弱いと思った人間に対して、攻撃的な態度をとることがあります。

仕事が遅い、トロイ、言い返せないというような人間に対して人を人として扱わないような態度に出ます。

上司の居る前では、イエスマンで常に何も言わずに仕事をこなしているように見えても、実は自分より立場の弱いと思った人間に対しては攻撃的な口調で「前に教えたよね?わかるかな~」とたとえ年上や社歴が長くても馬鹿にしたような口調で話しかけてきたりします。

上司が居ると「ここ間違ってたんで訂正お願いします」などと言っているために、上司からの評価は高くなりきちんと指導をしている・もしくはよく気が利く子という評価になります。

5. 悪口を言う

悪口を言う

自分の評価を良くするために、他人の悪口を言って自分のグループに取り込もうとする人が居ます。

ズルい人は自分を中心して、自分の思い通りに行かなければグループに入れず、グループに入れないイジメのような態度をとることがあります。

その為のひとつのツールとして悪口があります。

他人のことを悪く言う事で、自分の立場を守ろうとします。

特に女性に多く見られますが、集団のグループから外される事を恐れるばかりに、しかたなく従ってしまうという傾向は子どもから大人まで見られます。

6. 自分の意見は言わない

自分の意見は言わない

自分の意見を言って立場が悪くなる事を恐れて、改革的な発言はせずに保守的な発言に走る事が青億有ります。

ズルいと言われる典型的なことかもしれませんが、上司のことや仕事のやり方、人間関係などで不満を抱えているものの、自分より立場が上の人に対して意見を言ってしまい自分の評価が下がる事を恐れます。

その為、影では色々愚痴を言っていても本人目の前には絶対に意見を言いません。

酷い場合には、自分の意見を他人に言わせたりします。

7. 抽象的な言葉を使う

抽象的な言葉を使う

あたかも全ての人がそういっているかのように、「みんな、○○だと思っています」という抽象的な言葉を使って意見します。

“みんな”というのは特定の人の周りのみんな全てなのか、何人なのかわかりません。

そうした表現で自分の立場を守りながら、意見をするということがあります。

そうする事で、特定の人を攻撃する事が可能です。

「みんな」というのは実際に誰なのかを聞いても、個人が特定できるからと言って教えず、相手に不安を与えるということがあります。

8. 他人の手柄をとる

他人の手柄をとる

仕事などでありがちなのですが、「○○やっておいて」と言われて、先輩などの指示通りに資料の作成を行なったとします。

膨大な資料の作成を行い、添削は先輩がするという作業などがあった場合にも添削しかしていないのにもかかわらず「この資料作成するのにすごい時間がかかりました」などと報告をし「君1人でやったの?」と言う質問に対して「△△さんに少し手伝ってもらいました」という形で、あくまで自分が主体で仕事をしました。

というように実際とは異なる報告をする事があります。

まだ、手伝ってもらったなどという場合はよいのですが、一人で行いましたという場合にはさらにズルい人間だと言えると思います。

まとめ

いくつかのパターンはありますが、ズルい性格の人は自分の評価を良く見せる為に様々な方法をとって自分を良く見せようとします。

それは、他人を犠牲にしても構わないし嘘をついても問題はないと言う事です。

結果的に、その嘘がばれて改善されれば理想的ですが性格なので根本を代える事は難しいと言う事です。

そうした演技をして他人の手柄をとり自分の評価を高める人というのはズルい性格の人間です。

社会生活を送っている上で、ズルい人間と遭遇する事は多々あります。

ズルい人間に共通して言える事は他人を犠牲にすると言う事です。


他人を悪者にする

何でもかんでも、自分は悪くないと言う事を主張する為に「○○さんが何してました」という形であたかも私は何も悪くないんですと言うアピールをしてくる人が多く居ます。

その為に、徹底的に自分が悪くないという証拠を作り上げて他人を悪者にする傾向にあります。

自分の失敗を認めないと言う事です。

仕事などを押し付けておいて、成功したら自分の手柄にして失敗したら他人のせいにするという事も多々あります。

言い訳をついたり嘘をついたりする

何かにつけて言い訳をします。

すごい量の仕事が入ってきてしまって期日に間に合いません、ダブルブッキングをしてしまって気がつかずに先方から連絡などが入ったときに「ちょっと向かっている途中で具合が悪くなってしまって」と言うような嘘をついて、その場を逃れようとします。

嘘は小さなものから大きなものまで有りますが、ズルい人間は嘘を突き通してその場を逃れようとします。

権力のある人に媚びる

仕事でも集団活動をするにしても、かならず上司やリーダーといった人が存在します。

もしくは自然にリーダーという立場の人間が現れます。

そういう人達からは良い評価を得られるように、いい子でいる事が殆どです。

積極的に仕事をしている、活動に参加しているアピールをして気に入られようと努力をします。

しかし、その人がいなくなった途端にやる気がなくなったり、他人に仕事を押し付けたりと言う行動が見られます。

良い評価をとるための演技をして振舞っている人が居ます。

見下した態度をとる

自分より弱いと思った人間に対して、攻撃的な態度をとることがあります。

仕事が遅い、トロイ、言い返せないというような人間に対して人を人として扱わないような態度に出ます。

上司の居る前では、イエスマンで常に何も言わずに仕事をこなしているように見えても、実は自分より立場の弱いと思った人間に対しては攻撃的な口調で「前に教えたよね?わかるかな~」とたとえ年上や社歴が長くても馬鹿にしたような口調で話しかけてきたりします。

上司が居ると「ここ間違ってたんで訂正お願いします」などと言っているために、上司からの評価は高くなりきちんと指導をしている・もしくはよく気が利く子という評価になります。

悪口を言う

自分の評価を良くするために、他人の悪口を言って自分のグループに取り込もうとする人が居ます。

ズルい人は自分を中心して、自分の思い通りに行かなければグループに入れず、グループに入れないイジメのような態度をとることがあります。

その為のひとつのツールとして悪口があります。

他人のことを悪く言う事で、自分の立場を守ろうとします。

特に女性に多く見られますが、集団のグループから外される事を恐れるばかりに、しかたなく従ってしまうという傾向は子どもから大人まで見られます。

自分の意見は言わない

自分の意見を言って立場が悪くなる事を恐れて、改革的な発言はせずに保守的な発言に走る事が青億有ります。

ズルいと言われる典型的なことかもしれませんが、上司のことや仕事のやり方、人間関係などで不満を抱えているものの、自分より立場が上の人に対して意見を言ってしまい自分の評価が下がる事を恐れます。

その為、影では色々愚痴を言っていても本人目の前には絶対に意見を言いません。

酷い場合には、自分の意見を他人に言わせたりします。

抽象的な言葉を使う

あたかも全ての人がそういっているかのように、「みんな、○○だと思っています」という抽象的な言葉を使って意見します。

“みんな”というのは特定の人の周りのみんな全てなのか、何人なのかわかりません。

そうした表現で自分の立場を守りながら、意見をするということがあります。

そうする事で、特定の人を攻撃する事が可能です。

「みんな」というのは実際に誰なのかを聞いても、個人が特定できるからと言って教えず、相手に不安を与えるということがあります。

他人の手柄をとる

仕事などでありがちなのですが、「○○やっておいて」と言われて、先輩などの指示通りに資料の作成を行なったとします。

膨大な資料の作成を行い、添削は先輩がするという作業などがあった場合にも添削しかしていないのにもかかわらず「この資料作成するのにすごい時間がかかりました」などと報告をし「君1人でやったの?」と言う質問に対して「△△さんに少し手伝ってもらいました」という形で、あくまで自分が主体で仕事をしました。

というように実際とは異なる報告をする事があります。

まだ、手伝ってもらったなどという場合はよいのですが、一人で行いましたという場合にはさらにズルい人間だと言えると思います。

いくつかのパターンはありますが、ズルい性格の人は自分の評価を良く見せる為に様々な方法をとって自分を良く見せようとします。

それは、他人を犠牲にしても構わないし嘘をついても問題はないと言う事です。

結果的に、その嘘がばれて改善されれば理想的ですが性格なので根本を代える事は難しいと言う事です。

そうした演技をして他人の手柄をとり自分の評価を高める人というのはズルい性格の人間です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-