【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521094757.html
彼氏とのLINEがめんどくさい時の対処方法

彼氏とのLINEがめんどくさい時の対処方法 | LADYCO

LADYCO
彼氏とのLINEがめんどくさい時の対処方法

いくら大好きな彼氏でも、毎日毎日LINEをしてくる彼氏に嫌気がさしている女性も多いのではないでしょうか。

連絡をしていないと不安だという男性も多く、意味のない会話をダラダラとLINEでしてくる彼氏も多いのではないでしょうか。

そこで、彼氏とのLINEがめんどくさいと悩んでいる女性必見の、対処方法をご紹介します。

  • 適当にあしらう
  • LINEに依存したくないと告げる
  • スマホを見ない派だと印象つける
  • 頻繁に連絡するのが苦手だと直接言う
  • 既読にしない
  • 忙しいことをアピールする
  • 信用できないから連絡するのかと詰め寄る
  • 既読スルーしてみる
  • 素っ気ないスタンプだけ送る
  • 電話する
  • まとめ

1. 適当にあしらう

適当にあしらう

朝から晩までことあるごとにLINEをしてくる彼氏にうんざりしているけれど返信してあげなくては可哀想だと思っているのであれば、まずはLINEの返信をこれまでにないほど適当にあしらうようにしてみてはいかがでしょうか。

例えば、おはよう。

まだ眠いよ。

なんてLINEが来たときは、おはようだけでもいいですし、だねとまだ眠いことだけに共感しているというような返信をすることで、彼とのLINE内容に差が生まれ、彼氏が手応えがないと感じてLINE頻度が少なくなるかもしれません。

2. LINEに依存したくないと告げる

LINEに依存したくないと告げる

今はLINEをしていないという人が少数派で、多くの人がLINEに依存していると言っても過言ではありません。

そのため、自分は周りのようにLINEに依存していたくないことを告げて、遠回しに彼氏が依存気味であることを伝えてみることも大切です。

3. スマホを見ない派だと印象つける

スマホを見ない派だと印象つける

彼氏にLINEが面倒だと告げると、自分のことが嫌いになったから連絡をするのが嫌になってしまったのだろうかと、あれこれ考え込んでしまう恐れがあります。

そのため、日頃から彼氏の前では特にスマホを見る時間を減らして、スマホをあまり見ない派だということを印象つけて、彼氏と一緒にいるときに他の人から連絡があっても、わざと見ないようにして、LINEの返信内容を考えると頭が痛くなるから苦手などといったようなことをサラリと話すのも、LINEがめんどくさいと遠回しに伝えることが出来、彼氏を傷つけたりしない対処方法となります。

4. 頻繁に連絡するのが苦手だと直接言う

頻繁に連絡するのが苦手だと直接言う

遠回しに伝えても、彼氏からのLINE回数が減らない場合は、直接頻繁に連絡するのが苦手だと伝えることが大切です。

ここで大切なのは、LINEではなく直接会ったときに伝えることです。

LINEのやり取りの回数のことをLINEで伝えると彼氏が深刻にとらえてしまうかもしれません。

そのため、LINEではなく、直接会ったときに何げない感じ伝えて、毎日LINEをしてくれて安心させようとしてくれてありがとうという言葉を付け加え、用事があるときだけLINEするようにしてみようと提案して見るのもおすすめです。

5. 既読にしない

既読にしない

彼氏とのLINEがめんどくさいからと言って、既読してそのままスルーしてしまうと、考え込むタイプの彼氏の場合、自分が何かしたのだろうかと悩んでしまい、詰め寄られたりして面倒なことになりかねませんので、極力面倒だなと感じているときは彼氏からのLINEが来ても内容を確認しないようにすることが大切となっています。

6. 忙しいことをアピールする

忙しいことをアピールする

彼氏とのLINEがめんどくさいと思っているのであれば、忙しいということをアピールしてみてはいかがでしょうか。

仕事から帰宅してすぐに彼氏からのLINEが来たら、またかと思う女性も多いと思いますが、ここで返さなければ、まだ帰っていないのかと不安にさせてしまいます。

そこで、帰宅したことを告げて、今日は疲れているからLINEを返信できないことや、お風呂に入って寝るなど、LINEをしても返信できる状況じゃないことを告げてみて、それでもLINEをしてくるようであれば、無視をしてもいいかもしれません。

忙しいと言っているのに執拗にLINEを送ってくる彼氏に思いやりなんてありませんので、付き合いそのものも見直すチャンスでもあります。

7. 信用できないから連絡するのかと詰め寄る

信用できないから連絡するのかと詰め寄る

LINEを毎日送ってくることに対してよく思っていないことを告げているのにもかかわらず、LINEを送ってきては返信を求めるような彼氏には、そんなに離れている間自分が何をしているのか信用できないのかと問い詰めて見るのもおすすめです。

LINEを頻繁に送ってくる人というのは彼女が何をしているのか監視したいという思いの人も多く、信頼できていないことの現れでもあります。

そのため、自分のことを信用していないことを彼氏に詰め寄ってみるのも効果的です。

8. 既読スルーしてみる

既読スルーしてみる

何をしてもLINEの回数が減らない、返信しないと怒るという彼氏なら思いきって既読スルーをしてみて、彼氏の反応を見てみるのもいいかもしれません。

忙しくてLINEが来ていても見ることができなかったり、返信できない時というのは誰にでもあると思います。

そんなときに既読もついていないのに何しているのか、どうして返信できないのかとまるでストーカーのようにLINEをしてくるようであれば、怒りを表すように既読スルーしてみるのも効果的です。

既読スルーされたことで、彼氏は怒らせてしまったことにようやく気がついて反省をするのか、既読スルーされたことに対してますます怒るのかのどちらかです。

後者と付き合い続けることは出来るでしょうか。

LINEは人間性が出るものですので、既読スルーを思いきってしてみて、彼氏の本性を暴くことをおすすめします。

9. 素っ気ないスタンプだけ送る

素っ気ないスタンプだけ送る

彼氏のことが好きすぎて別れたくはないけれどLINEは面倒だという方は、変にことを荒立てるのではなく、義務的に彼氏から来たLINEに対して我慢をして返信していくしかありません。

彼氏から来たLINEの内容がどんなものであっても、毎回同じスタンプを送るというのもひとつの対処方法です。

男性というのは、反応を気にしますので、LINEひとつにしても反応が悪いとやり取りを繰り返そうという意思は生まれません。

そのため、毎回同じスタンプだけで返信されると、LINEしていること自体が彼氏にとっても無駄に感じてしまう傾向にあります。

そのため、会ったときは彼の話にしっかりと反応をしてあげて、LINEの時は無感情を決め込むと、LINEを送っても面白味がないなと感じて、LINEの回数が減少するか、怒っているかと問い詰められるかのどちらかだと言えます。

10. 電話する

電話する

彼からのLINEが来たら、すかさず電話を掛けてしまうというのも、彼氏からのLINEがめんどくさいと感じている人に効果的な対処方法です。

LINEを送ったのに電話が来たとビックリされるかもしれませんが、すかさず電話の方が早いでしょうと丸め込んでしまいましょう。

用事はなにかを聞くと、大抵の彼氏は特にないと答えます。

そこですぐに納得して電話を切ると、その後無意味なLINE内容では送り難くなってしまう傾向にありますので、電話をして用件を聞くというとは簡単でありもっとも効果的な対処方法だと言えます。

しかしなかには無駄話をしてきたり、電話を切ったあとに懲りずにLINEを送ってくる彼氏もいますので、絶対的に効果があるとは言えません。

しかし、LINEが長くなりそうだなと感じたときは電話をして数分で終わらせる手段としては効果的だと言えます。

まとめ

彼氏とのLINEが面倒に感じている女性というのは多いものです。

いろいろと対策をとっても彼からのLINEの量が変わらないというときは、我慢をするから別れるしか他ありません。

LINEがめんどくさいだけで別れるのはと思っているかもしれませんが、彼女が嫌なことを強いる彼氏と、今後も関係を続けていけるでしょうか。

彼氏とのLINEがめんどくさいと感じたら、彼氏との関係性を考えた方がいいということかもしれません。

いくら大好きな彼氏でも、毎日毎日LINEをしてくる彼氏に嫌気がさしている女性も多いのではないでしょうか。

連絡をしていないと不安だという男性も多く、意味のない会話をダラダラとLINEでしてくる彼氏も多いのではないでしょうか。

そこで、彼氏とのLINEがめんどくさいと悩んでいる女性必見の、対処方法をご紹介します。


適当にあしらう

朝から晩までことあるごとにLINEをしてくる彼氏にうんざりしているけれど返信してあげなくては可哀想だと思っているのであれば、まずはLINEの返信をこれまでにないほど適当にあしらうようにしてみてはいかがでしょうか。

例えば、おはよう。

まだ眠いよ。

なんてLINEが来たときは、おはようだけでもいいですし、だねとまだ眠いことだけに共感しているというような返信をすることで、彼とのLINE内容に差が生まれ、彼氏が手応えがないと感じてLINE頻度が少なくなるかもしれません。

LINEに依存したくないと告げる

今はLINEをしていないという人が少数派で、多くの人がLINEに依存していると言っても過言ではありません。

そのため、自分は周りのようにLINEに依存していたくないことを告げて、遠回しに彼氏が依存気味であることを伝えてみることも大切です。

スマホを見ない派だと印象つける

彼氏にLINEが面倒だと告げると、自分のことが嫌いになったから連絡をするのが嫌になってしまったのだろうかと、あれこれ考え込んでしまう恐れがあります。

そのため、日頃から彼氏の前では特にスマホを見る時間を減らして、スマホをあまり見ない派だということを印象つけて、彼氏と一緒にいるときに他の人から連絡があっても、わざと見ないようにして、LINEの返信内容を考えると頭が痛くなるから苦手などといったようなことをサラリと話すのも、LINEがめんどくさいと遠回しに伝えることが出来、彼氏を傷つけたりしない対処方法となります。

頻繁に連絡するのが苦手だと直接言う

遠回しに伝えても、彼氏からのLINE回数が減らない場合は、直接頻繁に連絡するのが苦手だと伝えることが大切です。

ここで大切なのは、LINEではなく直接会ったときに伝えることです。

LINEのやり取りの回数のことをLINEで伝えると彼氏が深刻にとらえてしまうかもしれません。

そのため、LINEではなく、直接会ったときに何げない感じ伝えて、毎日LINEをしてくれて安心させようとしてくれてありがとうという言葉を付け加え、用事があるときだけLINEするようにしてみようと提案して見るのもおすすめです。

既読にしない

彼氏とのLINEがめんどくさいからと言って、既読してそのままスルーしてしまうと、考え込むタイプの彼氏の場合、自分が何かしたのだろうかと悩んでしまい、詰め寄られたりして面倒なことになりかねませんので、極力面倒だなと感じているときは彼氏からのLINEが来ても内容を確認しないようにすることが大切となっています。

忙しいことをアピールする

彼氏とのLINEがめんどくさいと思っているのであれば、忙しいということをアピールしてみてはいかがでしょうか。

仕事から帰宅してすぐに彼氏からのLINEが来たら、またかと思う女性も多いと思いますが、ここで返さなければ、まだ帰っていないのかと不安にさせてしまいます。

そこで、帰宅したことを告げて、今日は疲れているからLINEを返信できないことや、お風呂に入って寝るなど、LINEをしても返信できる状況じゃないことを告げてみて、それでもLINEをしてくるようであれば、無視をしてもいいかもしれません。

忙しいと言っているのに執拗にLINEを送ってくる彼氏に思いやりなんてありませんので、付き合いそのものも見直すチャンスでもあります。

信用できないから連絡するのかと詰め寄る

LINEを毎日送ってくることに対してよく思っていないことを告げているのにもかかわらず、LINEを送ってきては返信を求めるような彼氏には、そんなに離れている間自分が何をしているのか信用できないのかと問い詰めて見るのもおすすめです。

LINEを頻繁に送ってくる人というのは彼女が何をしているのか監視したいという思いの人も多く、信頼できていないことの現れでもあります。

そのため、自分のことを信用していないことを彼氏に詰め寄ってみるのも効果的です。

既読スルーしてみる

何をしてもLINEの回数が減らない、返信しないと怒るという彼氏なら思いきって既読スルーをしてみて、彼氏の反応を見てみるのもいいかもしれません。

忙しくてLINEが来ていても見ることができなかったり、返信できない時というのは誰にでもあると思います。

そんなときに既読もついていないのに何しているのか、どうして返信できないのかとまるでストーカーのようにLINEをしてくるようであれば、怒りを表すように既読スルーしてみるのも効果的です。

既読スルーされたことで、彼氏は怒らせてしまったことにようやく気がついて反省をするのか、既読スルーされたことに対してますます怒るのかのどちらかです。

後者と付き合い続けることは出来るでしょうか。

LINEは人間性が出るものですので、既読スルーを思いきってしてみて、彼氏の本性を暴くことをおすすめします。

素っ気ないスタンプだけ送る

彼氏のことが好きすぎて別れたくはないけれどLINEは面倒だという方は、変にことを荒立てるのではなく、義務的に彼氏から来たLINEに対して我慢をして返信していくしかありません。

彼氏から来たLINEの内容がどんなものであっても、毎回同じスタンプを送るというのもひとつの対処方法です。

男性というのは、反応を気にしますので、LINEひとつにしても反応が悪いとやり取りを繰り返そうという意思は生まれません。

そのため、毎回同じスタンプだけで返信されると、LINEしていること自体が彼氏にとっても無駄に感じてしまう傾向にあります。

そのため、会ったときは彼の話にしっかりと反応をしてあげて、LINEの時は無感情を決め込むと、LINEを送っても面白味がないなと感じて、LINEの回数が減少するか、怒っているかと問い詰められるかのどちらかだと言えます。

電話する

彼からのLINEが来たら、すかさず電話を掛けてしまうというのも、彼氏からのLINEがめんどくさいと感じている人に効果的な対処方法です。

LINEを送ったのに電話が来たとビックリされるかもしれませんが、すかさず電話の方が早いでしょうと丸め込んでしまいましょう。

用事はなにかを聞くと、大抵の彼氏は特にないと答えます。

そこですぐに納得して電話を切ると、その後無意味なLINE内容では送り難くなってしまう傾向にありますので、電話をして用件を聞くというとは簡単でありもっとも効果的な対処方法だと言えます。

しかしなかには無駄話をしてきたり、電話を切ったあとに懲りずにLINEを送ってくる彼氏もいますので、絶対的に効果があるとは言えません。

しかし、LINEが長くなりそうだなと感じたときは電話をして数分で終わらせる手段としては効果的だと言えます。

彼氏とのLINEが面倒に感じている女性というのは多いものです。

いろいろと対策をとっても彼からのLINEの量が変わらないというときは、我慢をするから別れるしか他ありません。

LINEがめんどくさいだけで別れるのはと思っているかもしれませんが、彼女が嫌なことを強いる彼氏と、今後も関係を続けていけるでしょうか。

彼氏とのLINEがめんどくさいと感じたら、彼氏との関係性を考えた方がいいということかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-