【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521094754.html
元彼に会いたいと言われた時の対処方法

元彼に会いたいと言われた時の対処方法 | LADYCO

LADYCO
元彼に会いたいと言われた時の対処方法

元彼との楽しかった出来事や嫌だった出来事は、思い出として頭に残ってしまうことが多いでしょう。

まだ未練があれば突然の連絡はうれしいものですが、もう過去の出来事として完結してしまっている場合はそうはいきません。

たまにいるのが、クリスマスやバレンタインの前に連絡をしてくる人です。

寂しいのか知りませんが、イベントの時だけは彼女がいないととでも思っているのでしょうかね。

そんな突然元彼から連絡が来て、会いたいと言ってきた時どうすればいいのか、考えてみました。

  • 「突然どうしたの?」と素直に聞いてみる
  • 「いいよ」と言ってみる
  • まずはネット上でやりとりをしてみる
  • 「無理」と復縁の可能性を絶つ
  • 「友達としてなら」
  • 「2人きりじゃなければ」
  • 「おごりなら会う」
  • 今の自分の気持ちを伝える
  • 「誰?」としらばっくれる
  • とにかく返答しない
  • まとめ

1. 「突然どうしたの?」と素直に聞いてみる

「突然どうしたの?」と素直に聞いてみる

いつしか別れを告げた相手から突然会いたいなんて言われたら、驚きますよね。

ですから、まずは素直に会いたい理由を聞いてみるといいでしょう。

そこで素直に答えてくれるかどうかはわかりませんが、理由がわかる可能性もあります。

連絡が来たタイミングが何かのイベント前や元彼の誕生日前の場合は少し怪しいですが、たまたまかもしれないので決めつけてしまうのはかわいそうかもしれません。

返答次第で会うかどうかを判断するのがいいでしょう。

2. 「いいよ」と言ってみる

「いいよ」と言ってみる

本当に会うか会わないかは後にして、とりあえず了承してみるのもいいかもしれません。

もちろんその後のやりとりによってはやめるのもありですが、まずは相手をその気にさせて、出方を観察するのも面白いでしょう。

小悪魔的な考え方ですが、こっちにその気がなくてもいいように転がってくれるかもしれません。

復縁するならするのもいいし、アッシーくんみたいな存在になってくれるならそれはそれで便利ですし、都合のいい男に仕立て上げてしまえばいいでしょう。

ただ一度会えば関わる機会は多くなるので、上手くいけばいい雰囲気になるかもしれません。

3. まずはネット上でやりとりをしてみる

まずはネット上でやりとりをしてみる

会いたいと伝えてくる方法として考えられるのは、電話かメールか手紙です。

でも今どき手紙は少ないでしょうから、電話かメールでしょう。

あくまで元彼であって彼氏ではないので、会いたいと言われてすぐ会うようだと、危険ですし面白味もありません。

一旦は合うこと自体はスルーして、ネット上で繋がっておきましょう。

メールはしてあげるけど会ってあげないくらいがちょうどいいです。

そこで元彼が会えないならいいやと諦めるくらいなら、それまでです。

大したことないので、関係を絶ちましょう。

4. 「無理」と復縁の可能性を絶つ

「無理」と復縁の可能性を絶つ

自分自身にその人を再度好きになる要素が皆無なら、ズバッと断った方がいいでしょう。

変に付きまとわれても怖いですから、嫌なら嫌だと言いましょう。

もし好きだけど別れたし会いたくないという気持ちでも、ここはズバッと断るべきです。

ただの片思いの人ではないですから、元彼ということはあなたのことを多少は知っている人物なわけなので、厄介なら追い払っておくのが最善でしょう。

ただ引きずってはっきり断れないでいると、相手にも悪いし相手を豹変させてしまう危険性があるので、断る時はわかりやすく簡潔に伝えるのがいいでしょう。

5. 「友達としてなら」

「友達としてなら」

彼氏にはしたくない存在でも、友達として付き合うなら大丈夫な場合です。

女性にとって男友達がいることはいいことす。

出かける時は車を出してくれるし、ご飯に行けばおごってもらえるし、基本的にレディーファーストしてもらえるし、いいことだらけです。

男性目線の意見を知ることもできるので、今後の恋愛にとっても効果があるでしょう。

男女の友情が成立するかどうかという論争はよく耳にしまうが、それはその人たち次第なので何とも言えないのが現実でしょう。

お互いが友達だと認識していれば男女でも友達なわけですから、不可能ではないと言えます。

6. 「2人きりじゃなければ」

「2人きりじゃなければ」

素性を知っている人だとはいえ、好きでもない男性と2人きりで会うのはリスクが大きいといえます。

昔は好きだった彼ももしかしたら変わっているかもしれないので、油断は禁物です。

ですから、私と元彼と友達など3人以上で会うのはいかがなものかと提案しましょう。

そこで断るようならあなたを狙っていると考えられるので、恋愛するつもりがないのであれば会うのは控えるべきでしょう。

もし大勢でも大丈夫ということならまだ見込みがあるし楽しめるでしょうから、会ってもいいかもしれません。

物事は慎重に考えましょう。

7. 「おごりなら会う」

「おごりなら会う」

男性と遊ぶメリットの一つがお金です。

ひどい考え方かもしれませんが、男性は女性に対して紳士でありたい欲があるようなので、それに釣られてあげましょう。

私たちにとって得ですし、彼らにとってもうれしいことなのです。

お互いがハッピーな気分になれるし、もし復縁することを考えるとするならば、それくらいの経済力すらない人は少し寂しい気もします。

好きになる基準は人それぞれですが、男性と女性であることには変わりないので、その人に男性としての要素を求めるのは悪いことではないでしょう。

女性という武器を存分に発揮して、利用しましょう。

8. 今の自分の気持ちを伝える

今の自分の気持ちを伝える

今元彼のことをどう思っているのかストレートに伝えてみましょう。

好きでも嫌いでもいいですか、それを聞いた元彼がどういう態度になるか見てみるといいでしょう。

もしお互いが好き同士なら会えばいいですし、そうでないなら会わなければいいです。

特に元彼に変な欲がある場合が一番危険なので、しっかりとアンテナを張っておく必要があります。

もちろん会う前の段階でこの手順を踏んでおきましょう。

9. 「誰?」としらばっくれる

「誰?」としらばっくれる

元彼を全く興味がない存在になっているのならば、スルーすればいいでしょう。

しかしただスルーするだけでは面白くないので、少しだけ遊んでみるのもいいかもしれません。

知らない人のふりをしたり付き合っていた過去をごまかしたり、常識のある範囲でふざけてみるのも楽しいでしょう。

もしかしたら怒り狂ってしまうかもしれませんが、それも一つの経験として受け止めればいいのではないでしょうか。

でも、振り払うなら振り払うで、スムーズにスマートに済ませてしまうのが最適だと考えます。

10. とにかく返答しない

とにかく返答しない

完全に無視します。

元彼ですから、好きにはなったけど嫌いになって別れた人ですから、関わるだけ無駄です。

そんな人に時間を割いているくらいなら、他事をしていたほうがマシです。

過去は過去ですから、愛着がなければ捨てましょう。

自分に悪影響を与えるものは、存在を忘れましょう。

自分自身が幸せでいるために大切なことです。

まとめ

その時の気持ち次第の返事にはなるとは思いますが、相手に気があるのかどうかはわからないですし、自分に気持ちに素直に、後悔しない程度に関わるのが一番なのではないでしょうか。

復縁を目指すのもありですし、友達としてやっていくのもありですし、完全に放っておくのもありです。

人生には正解がないように、間違いもありません。

今自分は何をしたいのか、これから先どうしていきたいのかです。

でも忘れないでおいてほしいのは、その元彼は一瞬でも心を許し合ったはずの世界単位でみると数少ない人の一人だということです。

一度は付き合った仲ですし、一度は別れた仲ですし、ものは考えようです。

悪い思い出も経験ですから、元彼と過ごした日々が全部無駄にはならないはずです。

過去にとらわれずに、今が楽しくなるようにしましょう。

元彼との楽しかった出来事や嫌だった出来事は、思い出として頭に残ってしまうことが多いでしょう。

まだ未練があれば突然の連絡はうれしいものですが、もう過去の出来事として完結してしまっている場合はそうはいきません。

たまにいるのが、クリスマスやバレンタインの前に連絡をしてくる人です。

寂しいのか知りませんが、イベントの時だけは彼女がいないととでも思っているのでしょうかね。

そんな突然元彼から連絡が来て、会いたいと言ってきた時どうすればいいのか、考えてみました。


「突然どうしたの?」と素直に聞いてみる

いつしか別れを告げた相手から突然会いたいなんて言われたら、驚きますよね。

ですから、まずは素直に会いたい理由を聞いてみるといいでしょう。

そこで素直に答えてくれるかどうかはわかりませんが、理由がわかる可能性もあります。

連絡が来たタイミングが何かのイベント前や元彼の誕生日前の場合は少し怪しいですが、たまたまかもしれないので決めつけてしまうのはかわいそうかもしれません。

返答次第で会うかどうかを判断するのがいいでしょう。

「いいよ」と言ってみる

本当に会うか会わないかは後にして、とりあえず了承してみるのもいいかもしれません。

もちろんその後のやりとりによってはやめるのもありですが、まずは相手をその気にさせて、出方を観察するのも面白いでしょう。

小悪魔的な考え方ですが、こっちにその気がなくてもいいように転がってくれるかもしれません。

復縁するならするのもいいし、アッシーくんみたいな存在になってくれるならそれはそれで便利ですし、都合のいい男に仕立て上げてしまえばいいでしょう。

ただ一度会えば関わる機会は多くなるので、上手くいけばいい雰囲気になるかもしれません。

まずはネット上でやりとりをしてみる

会いたいと伝えてくる方法として考えられるのは、電話かメールか手紙です。

でも今どき手紙は少ないでしょうから、電話かメールでしょう。

あくまで元彼であって彼氏ではないので、会いたいと言われてすぐ会うようだと、危険ですし面白味もありません。

一旦は合うこと自体はスルーして、ネット上で繋がっておきましょう。

メールはしてあげるけど会ってあげないくらいがちょうどいいです。

そこで元彼が会えないならいいやと諦めるくらいなら、それまでです。

大したことないので、関係を絶ちましょう。

「無理」と復縁の可能性を絶つ

自分自身にその人を再度好きになる要素が皆無なら、ズバッと断った方がいいでしょう。

変に付きまとわれても怖いですから、嫌なら嫌だと言いましょう。

もし好きだけど別れたし会いたくないという気持ちでも、ここはズバッと断るべきです。

ただの片思いの人ではないですから、元彼ということはあなたのことを多少は知っている人物なわけなので、厄介なら追い払っておくのが最善でしょう。

ただ引きずってはっきり断れないでいると、相手にも悪いし相手を豹変させてしまう危険性があるので、断る時はわかりやすく簡潔に伝えるのがいいでしょう。

「友達としてなら」

彼氏にはしたくない存在でも、友達として付き合うなら大丈夫な場合です。

女性にとって男友達がいることはいいことす。

出かける時は車を出してくれるし、ご飯に行けばおごってもらえるし、基本的にレディーファーストしてもらえるし、いいことだらけです。

男性目線の意見を知ることもできるので、今後の恋愛にとっても効果があるでしょう。

男女の友情が成立するかどうかという論争はよく耳にしまうが、それはその人たち次第なので何とも言えないのが現実でしょう。

お互いが友達だと認識していれば男女でも友達なわけですから、不可能ではないと言えます。

「2人きりじゃなければ」

素性を知っている人だとはいえ、好きでもない男性と2人きりで会うのはリスクが大きいといえます。

昔は好きだった彼ももしかしたら変わっているかもしれないので、油断は禁物です。

ですから、私と元彼と友達など3人以上で会うのはいかがなものかと提案しましょう。

そこで断るようならあなたを狙っていると考えられるので、恋愛するつもりがないのであれば会うのは控えるべきでしょう。

もし大勢でも大丈夫ということならまだ見込みがあるし楽しめるでしょうから、会ってもいいかもしれません。

物事は慎重に考えましょう。

「おごりなら会う」

男性と遊ぶメリットの一つがお金です。

ひどい考え方かもしれませんが、男性は女性に対して紳士でありたい欲があるようなので、それに釣られてあげましょう。

私たちにとって得ですし、彼らにとってもうれしいことなのです。

お互いがハッピーな気分になれるし、もし復縁することを考えるとするならば、それくらいの経済力すらない人は少し寂しい気もします。

好きになる基準は人それぞれですが、男性と女性であることには変わりないので、その人に男性としての要素を求めるのは悪いことではないでしょう。

女性という武器を存分に発揮して、利用しましょう。

今の自分の気持ちを伝える

今元彼のことをどう思っているのかストレートに伝えてみましょう。

好きでも嫌いでもいいですか、それを聞いた元彼がどういう態度になるか見てみるといいでしょう。

もしお互いが好き同士なら会えばいいですし、そうでないなら会わなければいいです。

特に元彼に変な欲がある場合が一番危険なので、しっかりとアンテナを張っておく必要があります。

もちろん会う前の段階でこの手順を踏んでおきましょう。

「誰?」としらばっくれる

元彼を全く興味がない存在になっているのならば、スルーすればいいでしょう。

しかしただスルーするだけでは面白くないので、少しだけ遊んでみるのもいいかもしれません。

知らない人のふりをしたり付き合っていた過去をごまかしたり、常識のある範囲でふざけてみるのも楽しいでしょう。

もしかしたら怒り狂ってしまうかもしれませんが、それも一つの経験として受け止めればいいのではないでしょうか。

でも、振り払うなら振り払うで、スムーズにスマートに済ませてしまうのが最適だと考えます。

とにかく返答しない

完全に無視します。

元彼ですから、好きにはなったけど嫌いになって別れた人ですから、関わるだけ無駄です。

そんな人に時間を割いているくらいなら、他事をしていたほうがマシです。

過去は過去ですから、愛着がなければ捨てましょう。

自分に悪影響を与えるものは、存在を忘れましょう。

自分自身が幸せでいるために大切なことです。

その時の気持ち次第の返事にはなるとは思いますが、相手に気があるのかどうかはわからないですし、自分に気持ちに素直に、後悔しない程度に関わるのが一番なのではないでしょうか。

復縁を目指すのもありですし、友達としてやっていくのもありですし、完全に放っておくのもありです。

人生には正解がないように、間違いもありません。

今自分は何をしたいのか、これから先どうしていきたいのかです。

でも忘れないでおいてほしいのは、その元彼は一瞬でも心を許し合ったはずの世界単位でみると数少ない人の一人だということです。

一度は付き合った仲ですし、一度は別れた仲ですし、ものは考えようです。

悪い思い出も経験ですから、元彼と過ごした日々が全部無駄にはならないはずです。

過去にとらわれずに、今が楽しくなるようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-