【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521091929.html
卑怯な人の特徴

卑怯な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
卑怯な人の特徴

日本人としては誠に悔しい事ですが、世の中には卑怯だと思える人がいます。

そういう人達には、自分のしている事がわかっているのでしょうか。

  • 自分勝手
  • 責任感が無い
  • 他人を庇う優しさが無い
  • 大らかさが無い
  • 男性の場合、女性に対して責任感が無い
  • 人の気持ちを忖度しない
  • 気が小さい
  • 調子が良い
  • 度胸が据わっていない
  • 自分で意識していない
  • まとめ

1. 自分勝手

自分勝手

まず卑怯な人の中身はこの一言に尽きます。

しかし、普段からそうでない人も多いです。

いざとなった時に、この自分勝手とも自己中とも取れるような行動をするのが卑怯な人です。

例えば、自分で引き受けた仕事をいざとなると、なんのかんのと理由を付けて人に押し付ける、皆でしてしまった誤りを自分だけは認めずにさっさと逃げてしまう、こういった行動をします。

それが、周りの人から卑怯と見られるとは考えた事も無いようです。

2. 責任感が無い

責任感が無い

何事に対しても責任感というものを持ちたがらないのも卑怯な人の特徴です。

何故なら、自分が責任を持つと、自分が責められたり面倒な事をしなければならなくなるからです。

小さい頃から「責任感」という事を躾けられてこなかったのかもしれません。

又、失敗をして叱られた事を普通の人以上に嫌悪してしまったのかもしれません。

いずれにせよ、仕事上口では自分のアイデアが一番だと言うような言い方をしても、自分は最終的な責任を持つ事はありません。

リーダーとなったとしても、実務は他人に任せて、自分の思い通りに事が運ばないとそれはリーダーである自分が責任を取る事は避けます。

3. 他人を庇う優しさが無い

他人を庇う優しさが無い

当然、そういう人ですから、他人を庇ってでも上司に意見をするような事はまずしません。

一緒に仕事をしていても、子供の学校関係の役員をしていても、上司や先生とは上手くやっていくのですが、同僚とはあまり密な関係を築いていない事に周りが気付く事があります。

楽な事しかしなかったり、仕事を間違えてもきちんと後始末をしなかったりする事が多いからです。

ですから、周りからは、大変なことは全部人に任せているくせに、上司には可愛がられて、と不愉快になる事があります。

4. 大らかさが無い

大らかさが無い

このタイプの人は、気持ちに大らかさが不足しています。

それで、何かおおごとが起きるとサッと逃げてしまうのです。

ど~んと構えて素早く、又はじっくり考えて対処法を考える余裕が無いようです。

慌ててそうなってしまうタイプと、元からこういう時は逃げるに限ると決め込んでいるタイプとがいます。

5. 男性の場合、女性に対して責任感が無い

男性の場合、女性に対して責任感が無い

男性で卑怯な人の中には、女性関係についてだらしないというか、責任感の無い人もいます。

同時進行で何人かの女性とお付き合いをしたり、結婚を迫られると理屈を言って拒んだり。

まだ結婚する気が無いなら、そう言えば、女性の方が離れて行けるのですが、もう少ししたら・・・と思わせぶりな事を言って女性を繋ぎ止めたりします。

6. 人の気持ちを忖度しない

人の気持ちを忖度しない

責任を持ちたくなくて、大きな仕事や面倒そうな事は出来るだけ避ける傾向にあるのが、卑怯な人の性格ですから、そこには当然その仕事を押し付けられる相手の気持ちを考える事はありません。

自分がこの役目を逃れたら、誰か別の人が大変な思いをするのではないか、という思考回路はありません。

それどころか、それに対してすまないという思いもなければ、それならいっそ自分がやろうという気持ちはもっとありません。

7. 気が小さい

気が小さい

卑怯な人というのは、気が小さいのです。

同じ気が小さいのでも、周りから励まされ、アドバイスを素直に聞いて努力をするなら良いのですが、残念ながら卑怯な人はそういった努力するという意思に欠けています。

自分に厳しくする事が出来ず、その必要性も認めません。

ただ、日々無事に自分なりに快適に過ごしたいだけです。

周囲も普段話をしている分にはごく普通なので気にならないのですが、いざとなった時、今こそ皆で頑張ろうという時に後ずさりしている、それが卑怯な人の特徴です。

8. 調子が良い

調子が良い

これだけ並べると、さぞ嫌われているだろうと思われるでしょうが、卑怯な人からなつかれて(?)いる人もいる訳ですし、一緒に作業等をしない人等からみれば、「あの人は良い人だ」となります。

面倒な事や責任のある仕事は、例え自分が提案しても実務は行いませんが、その提案を聞いた上司等は「提案力がある」と評価すらする人がいます。

又、卑怯な人は故意にという事ではなく、生まれつきなのか育ってきた途中でそうなったのかわかりませんが、自分より責任を取る立場にある人にはすり寄っていきます。

又、可愛がられます。

周囲から見れば調子がいいヤツ、という見方をされてしまいます。

9. 度胸が据わっていない

度胸が据わっていない

いざとなると責任を逃れる人と言うのは、度胸が据わっていません。

そもそも落ち着いて考える気が無く、ただ、誰かが何とかしてくれる事を、物事が上手く収まる事だけを望んでいます。

責任のある仕事を人に押し付ける時には頭がフル回転するようですが、事が起こった時には頭をフル回転させる気は無いのです。

10. 自分で意識していない

自分で意識していない

育ち方も関係すると思いますが、自分がしている、いざとなると責任を逃れるとか、逃げると言う行為が卑怯だという認識が無いのが、卑怯な人の特徴です。

又は卑怯と言われても「そんな事は無い」と怒ったりする事が無い人です。

卑怯と言う言葉がどんなに日本人として恥ずかしい事か、それだけはわかって欲しい物ですね。

まとめ

卑怯な人は、殆ど自分でその意識がありません。

色々な先輩達を見ながら、立派な日本人とはどういうものかを是非学んで欲しいものです。

日本人としては誠に悔しい事ですが、世の中には卑怯だと思える人がいます。

そういう人達には、自分のしている事がわかっているのでしょうか。


自分勝手

まず卑怯な人の中身はこの一言に尽きます。

しかし、普段からそうでない人も多いです。

いざとなった時に、この自分勝手とも自己中とも取れるような行動をするのが卑怯な人です。

例えば、自分で引き受けた仕事をいざとなると、なんのかんのと理由を付けて人に押し付ける、皆でしてしまった誤りを自分だけは認めずにさっさと逃げてしまう、こういった行動をします。

それが、周りの人から卑怯と見られるとは考えた事も無いようです。

責任感が無い

何事に対しても責任感というものを持ちたがらないのも卑怯な人の特徴です。

何故なら、自分が責任を持つと、自分が責められたり面倒な事をしなければならなくなるからです。

小さい頃から「責任感」という事を躾けられてこなかったのかもしれません。

又、失敗をして叱られた事を普通の人以上に嫌悪してしまったのかもしれません。

いずれにせよ、仕事上口では自分のアイデアが一番だと言うような言い方をしても、自分は最終的な責任を持つ事はありません。

リーダーとなったとしても、実務は他人に任せて、自分の思い通りに事が運ばないとそれはリーダーである自分が責任を取る事は避けます。

他人を庇う優しさが無い

当然、そういう人ですから、他人を庇ってでも上司に意見をするような事はまずしません。

一緒に仕事をしていても、子供の学校関係の役員をしていても、上司や先生とは上手くやっていくのですが、同僚とはあまり密な関係を築いていない事に周りが気付く事があります。

楽な事しかしなかったり、仕事を間違えてもきちんと後始末をしなかったりする事が多いからです。

ですから、周りからは、大変なことは全部人に任せているくせに、上司には可愛がられて、と不愉快になる事があります。

大らかさが無い

このタイプの人は、気持ちに大らかさが不足しています。

それで、何かおおごとが起きるとサッと逃げてしまうのです。

ど~んと構えて素早く、又はじっくり考えて対処法を考える余裕が無いようです。

慌ててそうなってしまうタイプと、元からこういう時は逃げるに限ると決め込んでいるタイプとがいます。

男性の場合、女性に対して責任感が無い

男性で卑怯な人の中には、女性関係についてだらしないというか、責任感の無い人もいます。

同時進行で何人かの女性とお付き合いをしたり、結婚を迫られると理屈を言って拒んだり。

まだ結婚する気が無いなら、そう言えば、女性の方が離れて行けるのですが、もう少ししたら・・・と思わせぶりな事を言って女性を繋ぎ止めたりします。

人の気持ちを忖度しない

責任を持ちたくなくて、大きな仕事や面倒そうな事は出来るだけ避ける傾向にあるのが、卑怯な人の性格ですから、そこには当然その仕事を押し付けられる相手の気持ちを考える事はありません。

自分がこの役目を逃れたら、誰か別の人が大変な思いをするのではないか、という思考回路はありません。

それどころか、それに対してすまないという思いもなければ、それならいっそ自分がやろうという気持ちはもっとありません。

気が小さい

卑怯な人というのは、気が小さいのです。

同じ気が小さいのでも、周りから励まされ、アドバイスを素直に聞いて努力をするなら良いのですが、残念ながら卑怯な人はそういった努力するという意思に欠けています。

自分に厳しくする事が出来ず、その必要性も認めません。

ただ、日々無事に自分なりに快適に過ごしたいだけです。

周囲も普段話をしている分にはごく普通なので気にならないのですが、いざとなった時、今こそ皆で頑張ろうという時に後ずさりしている、それが卑怯な人の特徴です。

調子が良い

これだけ並べると、さぞ嫌われているだろうと思われるでしょうが、卑怯な人からなつかれて(?)いる人もいる訳ですし、一緒に作業等をしない人等からみれば、「あの人は良い人だ」となります。

面倒な事や責任のある仕事は、例え自分が提案しても実務は行いませんが、その提案を聞いた上司等は「提案力がある」と評価すらする人がいます。

又、卑怯な人は故意にという事ではなく、生まれつきなのか育ってきた途中でそうなったのかわかりませんが、自分より責任を取る立場にある人にはすり寄っていきます。

又、可愛がられます。

周囲から見れば調子がいいヤツ、という見方をされてしまいます。

度胸が据わっていない

いざとなると責任を逃れる人と言うのは、度胸が据わっていません。

そもそも落ち着いて考える気が無く、ただ、誰かが何とかしてくれる事を、物事が上手く収まる事だけを望んでいます。

責任のある仕事を人に押し付ける時には頭がフル回転するようですが、事が起こった時には頭をフル回転させる気は無いのです。

自分で意識していない

育ち方も関係すると思いますが、自分がしている、いざとなると責任を逃れるとか、逃げると言う行為が卑怯だという認識が無いのが、卑怯な人の特徴です。

又は卑怯と言われても「そんな事は無い」と怒ったりする事が無い人です。

卑怯と言う言葉がどんなに日本人として恥ずかしい事か、それだけはわかって欲しい物ですね。

卑怯な人は、殆ど自分でその意識がありません。

色々な先輩達を見ながら、立派な日本人とはどういうものかを是非学んで欲しいものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-