【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519175335.html
自転車のブレーキ音がうるさい時の対処方法

自転車のブレーキ音がうるさい時の対処方法 | LADYCO

LADYCO
自転車のブレーキ音がうるさい時の対処方法

自転車のブレーキ音がうるさい時の対処方法12選をまとめました。

  • 自転車のブレーキ音がうるさい
  • 音が鳴る理由について
  • 原因がシューの場合について
  • 自分でシューを交換する場合について
  • ブレーキに原因がある場合について
  • 自転車を自分でメンテナンスする場合について
  • 自分でリムのメンテナンスをする場合について
  • 掃除しても音が消えないときは
  • 自分でシューを修理する場合について
  • 元に戻す際の注意事項
  • それでも音が消えない場合は
  • 自転車屋さんの場合について
  • まとめ

1. 自転車のブレーキ音がうるさい

自転車のブレーキ音がうるさい

自転車に乗ってからしばらくすると、ブレーキをかける時にキーキーと大きな音が鳴ってしまうことがありますよね。

自転車を普通に使うに問題がないのですが、自転車屋さんで修理をお願いするには手間もかかるし、 時間もお金もかかるので、ついそのまま乗ってしまいますよね。

実はちょっとした100円ショップの商品を使って自分で調整する事ができるので紹介いたします。

2. 音が鳴る理由について

音が鳴る理由について

自転車では一般的なブレーキはタイヤのホイールのリムと言う部分を、ゴム製の黒いシューという部品で挟むことで止まる仕組みになっています。

音が鳴る時にはリムかシューのどちらかが劣化していることが主な原因の場合が多いです。

自転車を購入してからどれぐらいの期間、自転車に乗ったかによって、ある程度原因がわかってきます。

3. 原因がシューの場合について

原因がシューの場合について

まずは新車に近い状況であれば、シューが馴染むまでしばらく様子を見てみましょう。

新品の場合はシューの形がキレイで、新品の特徴ですが、音が出ることがあります。

少し長く自転車に乗っている時は、シューが削れて無くなり、シューを固定している金具の部品とリムの部分が当たって金属が擦れている可能性が高いです。

4. 自分でシューを交換する場合について

自分でシューを交換する場合について

自分自身で新品のシューを量販店等で購入して、交換することも可能ですが、もしブレーキが効かないと非常に危険で事故にあう確率もあがります。

できることならば、自転車屋さんでシューの交換を頼む方が無難だと思います。

5. ブレーキに原因がある場合について

ブレーキに原因がある場合について

自分が自転車に乗っていて、前輪と後輪どちらのブレーキから音が出ているか音を聞いて確認してください。

自分が自転車に乗っていれば前輪か後輪か位は、わかりますので、判らなければ、車が来ない安全な道路で自転車に乗って、前輪か後輪かどちらかのブレーキだけ使って止まれば判明できます。

注意点は、あまりスピードを出すと危険なので、ゆっくりとしたスピードで試すことをお勧めします。

6. 自転車を自分でメンテナンスする場合について

自転車を自分でメンテナンスする場合について

鳴っている前後のブレーキがわかったら、次はメンテナンスの準備です。

自転車は多くの方は掃除することが少なく意外と汚れていることが多いので、汚れても大丈夫な洋服に着替えてからにすることと、手袋があれば言うことはありません。

折角ですから、自転車をキレイに洗車してあげてください。

綺麗になって、愛着もわきますよ。

7. 自分でリムのメンテナンスをする場合について

自分でリムのメンテナンスをする場合について

タイヤホイール横に、ブレーキでハサミ摩擦をかけブレーキをかける金属部分がリムと言います。

リムには、シューの削りカスが段々とついてきます。

リムの部分が黒くなって汚れが見えたら、音がでる原因ですので、綺麗に掃除しましょう。

ちょっとした汚れなら台所で洗う洗剤を使うことで綺麗になります。

もし頑固にこびりついているときは、クレンザーでかるくこすり、摩擦で綺麗になります。

クレンザーがないときは100円ショップで購入できる、砂けしゴムで軽く、こすり、綺麗にしてください。

8. 掃除しても音が消えないときは

掃除しても音が消えないときは

掃除しても、まだ音が鳴っている場合は、次に確認する箇所は、シューで、ブレーキを何度も使っているうちに、シューの形が変化してしまい固く固まってしまうことがあります。

自転車は屋外で、地面にある砂や金属のかけらが刺さったり、挟まったりしてしまう事があり、ごみで、シューが痛むので、シューを取り外して、工具があるなら掃除も大丈夫です。

工具が無ければ費用対効果を考えて、自転車屋さんで点検してもらう方が費用が掛からないで安上がりになると思います。

9. 自分でシューを修理する場合について

自分でシューを修理する場合について

自分で修理する場合は、シューを取り外します。

ブレーキとシューは共に、ねじを使って、一本で固定されているものですので、工具のレンチで緩めてあげると簡単に取り外しが可能です。

外したナットやビスを紛失しないように小箱などの箱を用意して保管するとなくなることはなくなります。

取り外したらリムに当たっている表面をよく見て、砂や金属のかけらなどのゴミやかけらがあれば、ピンセットとかマイナスドライバーなどを使い取り除き綺麗にしてください。

リムに直接接触している部分がカチカチになっていたら、やすりなどを使って少しずつ削って硬くなった部分を調整してください。

10. 元に戻す際の注意事項

元に戻す際の注意事項

修理が終わったら外した時は、取り外した時と、同じ手順で元通りに取り取付けましょう。

取り付けた後はちゃんと安全な場所で自転車をゆっくりした速度で走り、ブレーキがちゃんと効くのかゆっくり走ってみて安全を確認してください。

安全確認は命を守るためにもきちんと確認してください。

11. それでも音が消えない場合は

それでも音が消えない場合は

自分で修理したが、上手くいかない、直せない場合には、プロの自転車屋さんにお願いした方が安心です。

ブレーキの調整くらいならば費用も高くないことが多いです。

自転車を買った自転車屋さんならば、無料で調整してくれる可能性も高いと思います。

もしも、ブレーキそのものがおかしくなっている可能性があるので、不安な場合は、自転車屋さんに修理してもらった方が、今後も安心して自転車に乗ることができます。

12. 自転車屋さんの場合について

自転車屋さんの場合について

自転車屋さんは、プロで修理のついでに簡単なブレーキ調整も併せてやってくれると思います。

ついでに診チェックしてもらうと安心です。

自転車の種類によっては部品が高額な場合があるので、事前に、いくらくらいかかるか見積か修理費を良く聞いてから、納得して修理するかどうか考えてください。

まとめ

まとめますと、自転車にのってから位置を特定してからブレーキのキーキー音を解消する作業をしてください。

自転車のブレーキは、いつかは音が鳴り始めるので、ちょっと音が鳴っているのかなと、 音が聞こえたようならば、まずは、自分で自転車の、掃除をしたり、メンテナンスをしてあげるタイミングがきたと考えてください。

修理やメンテナンスを費用が低減できるように自分ですれば安上がりですが、費用は掛かるかもしれませんが、自転車屋さんでチェックしてもらうことでも安心できます。

いずれの場合でも、早めにチェックや修理をすれば、故障する前に予防メンテナンスができるので、修理費用が高額になる可能性も減少できますし、自転車事態の寿命も長くすることができます。

それから危険なことは、リムやシューに油分をつけないようにしてください。

これはブレーキが全く効かなくなってしまい危険な状況を作り出してしまいます。

折角自分の分身として購入した自転車を、1日でも長く、愛情を持って、使ってあげると、自転車にも愛着がわいて楽しい自転車生活を送れると思います。

自転車のブレーキ音がうるさい時の対処方法12選をまとめました。


自転車のブレーキ音がうるさい

自転車に乗ってからしばらくすると、ブレーキをかける時にキーキーと大きな音が鳴ってしまうことがありますよね。

自転車を普通に使うに問題がないのですが、自転車屋さんで修理をお願いするには手間もかかるし、 時間もお金もかかるので、ついそのまま乗ってしまいますよね。

実はちょっとした100円ショップの商品を使って自分で調整する事ができるので紹介いたします。

音が鳴る理由について

自転車では一般的なブレーキはタイヤのホイールのリムと言う部分を、ゴム製の黒いシューという部品で挟むことで止まる仕組みになっています。

音が鳴る時にはリムかシューのどちらかが劣化していることが主な原因の場合が多いです。

自転車を購入してからどれぐらいの期間、自転車に乗ったかによって、ある程度原因がわかってきます。

原因がシューの場合について

まずは新車に近い状況であれば、シューが馴染むまでしばらく様子を見てみましょう。

新品の場合はシューの形がキレイで、新品の特徴ですが、音が出ることがあります。

少し長く自転車に乗っている時は、シューが削れて無くなり、シューを固定している金具の部品とリムの部分が当たって金属が擦れている可能性が高いです。

自分でシューを交換する場合について

自分自身で新品のシューを量販店等で購入して、交換することも可能ですが、もしブレーキが効かないと非常に危険で事故にあう確率もあがります。

できることならば、自転車屋さんでシューの交換を頼む方が無難だと思います。

ブレーキに原因がある場合について

自分が自転車に乗っていて、前輪と後輪どちらのブレーキから音が出ているか音を聞いて確認してください。

自分が自転車に乗っていれば前輪か後輪か位は、わかりますので、判らなければ、車が来ない安全な道路で自転車に乗って、前輪か後輪かどちらかのブレーキだけ使って止まれば判明できます。

注意点は、あまりスピードを出すと危険なので、ゆっくりとしたスピードで試すことをお勧めします。

自転車を自分でメンテナンスする場合について

鳴っている前後のブレーキがわかったら、次はメンテナンスの準備です。

自転車は多くの方は掃除することが少なく意外と汚れていることが多いので、汚れても大丈夫な洋服に着替えてからにすることと、手袋があれば言うことはありません。

折角ですから、自転車をキレイに洗車してあげてください。

綺麗になって、愛着もわきますよ。

自分でリムのメンテナンスをする場合について

タイヤホイール横に、ブレーキでハサミ摩擦をかけブレーキをかける金属部分がリムと言います。

リムには、シューの削りカスが段々とついてきます。

リムの部分が黒くなって汚れが見えたら、音がでる原因ですので、綺麗に掃除しましょう。

ちょっとした汚れなら台所で洗う洗剤を使うことで綺麗になります。

もし頑固にこびりついているときは、クレンザーでかるくこすり、摩擦で綺麗になります。

クレンザーがないときは100円ショップで購入できる、砂けしゴムで軽く、こすり、綺麗にしてください。

掃除しても音が消えないときは

掃除しても、まだ音が鳴っている場合は、次に確認する箇所は、シューで、ブレーキを何度も使っているうちに、シューの形が変化してしまい固く固まってしまうことがあります。

自転車は屋外で、地面にある砂や金属のかけらが刺さったり、挟まったりしてしまう事があり、ごみで、シューが痛むので、シューを取り外して、工具があるなら掃除も大丈夫です。

工具が無ければ費用対効果を考えて、自転車屋さんで点検してもらう方が費用が掛からないで安上がりになると思います。

自分でシューを修理する場合について

自分で修理する場合は、シューを取り外します。

ブレーキとシューは共に、ねじを使って、一本で固定されているものですので、工具のレンチで緩めてあげると簡単に取り外しが可能です。

外したナットやビスを紛失しないように小箱などの箱を用意して保管するとなくなることはなくなります。

取り外したらリムに当たっている表面をよく見て、砂や金属のかけらなどのゴミやかけらがあれば、ピンセットとかマイナスドライバーなどを使い取り除き綺麗にしてください。

リムに直接接触している部分がカチカチになっていたら、やすりなどを使って少しずつ削って硬くなった部分を調整してください。

元に戻す際の注意事項

修理が終わったら外した時は、取り外した時と、同じ手順で元通りに取り取付けましょう。

取り付けた後はちゃんと安全な場所で自転車をゆっくりした速度で走り、ブレーキがちゃんと効くのかゆっくり走ってみて安全を確認してください。

安全確認は命を守るためにもきちんと確認してください。

それでも音が消えない場合は

自分で修理したが、上手くいかない、直せない場合には、プロの自転車屋さんにお願いした方が安心です。

ブレーキの調整くらいならば費用も高くないことが多いです。

自転車を買った自転車屋さんならば、無料で調整してくれる可能性も高いと思います。

もしも、ブレーキそのものがおかしくなっている可能性があるので、不安な場合は、自転車屋さんに修理してもらった方が、今後も安心して自転車に乗ることができます。

自転車屋さんの場合について

自転車屋さんは、プロで修理のついでに簡単なブレーキ調整も併せてやってくれると思います。

ついでに診チェックしてもらうと安心です。

自転車の種類によっては部品が高額な場合があるので、事前に、いくらくらいかかるか見積か修理費を良く聞いてから、納得して修理するかどうか考えてください。

まとめますと、自転車にのってから位置を特定してからブレーキのキーキー音を解消する作業をしてください。

自転車のブレーキは、いつかは音が鳴り始めるので、ちょっと音が鳴っているのかなと、 音が聞こえたようならば、まずは、自分で自転車の、掃除をしたり、メンテナンスをしてあげるタイミングがきたと考えてください。

修理やメンテナンスを費用が低減できるように自分ですれば安上がりですが、費用は掛かるかもしれませんが、自転車屋さんでチェックしてもらうことでも安心できます。

いずれの場合でも、早めにチェックや修理をすれば、故障する前に予防メンテナンスができるので、修理費用が高額になる可能性も減少できますし、自転車事態の寿命も長くすることができます。

それから危険なことは、リムやシューに油分をつけないようにしてください。

これはブレーキが全く効かなくなってしまい危険な状況を作り出してしまいます。

折角自分の分身として購入した自転車を、1日でも長く、愛情を持って、使ってあげると、自転車にも愛着がわいて楽しい自転車生活を送れると思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-