【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519173237.html
焦ったときの対処方法

焦ったときの対処方法 | LADYCO

LADYCO
焦ったときの対処方法

できれば、何事にも焦らず生活したいですよね。

しかし、焦ってしまったらどうしたらいいのでしょうか。

  • 今の状態を認識する
  • 深呼吸をする
  • 現状や目標を書き出す
  • 準備したことを思い出す
  • 完璧主義をやめる
  • 今最重要なことだけをする
  • 自分に自信を持つ
  • 口角を上げる
  • 休息を取る
  • ダメでも大丈夫と考える
  • まとめ

1. 今の状態を認識する

今の状態を認識する

まず、今私は焦っているということを認識することから始めましょう。

間違っても、焦るな自分、と心の中でつぶやいたり、自分はまだ焦っていない、と現状を認めないような考えを持つことは良くありません。

このように考えることこそ、自分に対するプレッシャーとなり、より焦ってしまいます。

焦っている自分を客観視できるようにしたほうがいいですね。

2. 深呼吸をする

深呼吸をする

焦ってしまうと、何事も早くしなければならないと思いがちです。

しかし、早くすることで、ミスも生まれ、そのミスを見ることでより焦ってしまうという悪循環に陥りがちです。

そのため、まずは深呼吸をしましょう。

深呼吸すると、気分が落ち着くとともに、速くなった心臓の鼓動も遅くすることができます。

また、酸素を脳に供給できるので、より効率的に物事をすすめることができるでしょう。

3. 現状や目標を書き出す

現状や目標を書き出す

頭の中だけで考えていると、ネガティブなことばかり考えてしまうという人はいませんか。

悪いイメージが頭の中にあると、そのイメージの通りに無意識に行動してしまう可能性があります。

そこで、まず頭の中だけで考えることをやめるのです。

現状や目標を、紙に書き出すことで、現状を違う角度から見ることができるかもしれません。

4. 準備したことを思い出す

準備したことを思い出す

特にプレゼンや、会議などで焦ってしまう人は、事前準備が足りないと、よく言われますが、逆に事前準備をしすぎて、準備したとおりに物事が進まないと焦ってしまうという人は多いようです。

そこで、まずは自分がきちんと事前準備を行ったということを思い出しましょう。

準備をしたから、大丈夫と考えるだけで、少し気が楽になるかもしれません。

5. 完璧主義をやめる

完璧主義をやめる

さきほどの4と関連することですが、自分が思い描いたとおりに物事が進まないと焦る人もいます。

これはその人が完璧主義であることが原因となるケースが多いです。

逃げたって、間違えたって大丈夫という気持ちを常に持ち、行動すれば完璧主義ではなくなるかもしれません。

とにかく自分の許容範囲を広げることが大切です。

6. 今最重要なことだけをする

今最重要なことだけをする

仕事で納期に追われているとき、家事をするときの時間のやりくりに困っている時、焦ってしまいますよね。

そんな時は、今最も重要なことは何かを考え、それだけに集中しましょう。

あれもこれもと、全てをこなそうとすると、プレッシャーとなり、良い結果が出ません。

まずは、今しなければならないことは何か、1つだけ思い浮かべ、それをこなすにはどうすれば良いかを考えるようにしましょう。

7. 自分に自信を持つ

自分に自信を持つ

もしこれが失敗したら、ということを考えるとどんどん焦ってきます。

そこで、まずは前の成功体験を思い浮かべましょう。

そうすることで、良いイメージが頭の中に出来上がります。

その状態に頭を切り替えるだけで、複雑な内容の事柄も簡単に思えるかもしれません。

以前あれもできたから、今回もできるだろうと考えることが大切です。

また、漠然とした不安に対し、焦りを感じる方は、心配しすぎないように、自分の良い所を見つめなおし、自信を持ちましょう。

8. 口角を上げる

口角を上げる

焦っていると表情も暗くなったり、怒っているような感じになりますよね。

しかし、人間はどんな状況でも口角が上がっているだけで、効率よく仕事ができるという実験結果が存在します。

そのため、まず意識的に口角を上げてみましょう。

そうすると、気分も変わるかもしれません。

気持ちから表情を作るのではなく、表情から気持ちを作っていきましょう。

9. 休息を取る

休息を取る

焦って何も考えられないのは、日ごろのストレスや疲れが溜まっているからかもしれません。

この状態で、さらに自分を追い込むと体にもよくありません。

まずは、思い切って休みましょう。

一番いいのは、自宅でぐっすりと寝ることでしょうが、人それぞれ好きなことがありますので、その好きなことをして気分転換することも大切です。

可能であれば旅行などに行くのもいいでしょう。

10. ダメでも大丈夫と考える

ダメでも大丈夫と考える

焦るのは、悪い状況にならないために努力しなければならないと、考えているからかもしれません。

そこで、どんな悪い状況に陥ったとしても自分は大丈夫と考えることが大切です。

例えば、この仕事がうまくできなくて、無職になったとしても、別の仕事にきっと就けるから大丈夫と考えるということです。

極端な例をイメージし、そんな状況になっても大丈夫だと考えることで、現状も大丈夫と捉えることができるでしょう。

まとめ

焦ってしまう原因は人それぞれです。

まず自分はなぜ焦っているのかというところから考え、現状を見つめなおし、深呼吸をしたり休息をとるなどして、考えすぎないようにするのが一番良いでしょう。

自分のペースで物事を進められるようになれば、焦りにくくなるかもしれませんね。

できれば、何事にも焦らず生活したいですよね。

しかし、焦ってしまったらどうしたらいいのでしょうか。


今の状態を認識する

まず、今私は焦っているということを認識することから始めましょう。

間違っても、焦るな自分、と心の中でつぶやいたり、自分はまだ焦っていない、と現状を認めないような考えを持つことは良くありません。

このように考えることこそ、自分に対するプレッシャーとなり、より焦ってしまいます。

焦っている自分を客観視できるようにしたほうがいいですね。

深呼吸をする

焦ってしまうと、何事も早くしなければならないと思いがちです。

しかし、早くすることで、ミスも生まれ、そのミスを見ることでより焦ってしまうという悪循環に陥りがちです。

そのため、まずは深呼吸をしましょう。

深呼吸すると、気分が落ち着くとともに、速くなった心臓の鼓動も遅くすることができます。

また、酸素を脳に供給できるので、より効率的に物事をすすめることができるでしょう。

現状や目標を書き出す

頭の中だけで考えていると、ネガティブなことばかり考えてしまうという人はいませんか。

悪いイメージが頭の中にあると、そのイメージの通りに無意識に行動してしまう可能性があります。

そこで、まず頭の中だけで考えることをやめるのです。

現状や目標を、紙に書き出すことで、現状を違う角度から見ることができるかもしれません。

準備したことを思い出す

特にプレゼンや、会議などで焦ってしまう人は、事前準備が足りないと、よく言われますが、逆に事前準備をしすぎて、準備したとおりに物事が進まないと焦ってしまうという人は多いようです。

そこで、まずは自分がきちんと事前準備を行ったということを思い出しましょう。

準備をしたから、大丈夫と考えるだけで、少し気が楽になるかもしれません。

完璧主義をやめる

さきほどの4と関連することですが、自分が思い描いたとおりに物事が進まないと焦る人もいます。

これはその人が完璧主義であることが原因となるケースが多いです。

逃げたって、間違えたって大丈夫という気持ちを常に持ち、行動すれば完璧主義ではなくなるかもしれません。

とにかく自分の許容範囲を広げることが大切です。

今最重要なことだけをする

仕事で納期に追われているとき、家事をするときの時間のやりくりに困っている時、焦ってしまいますよね。

そんな時は、今最も重要なことは何かを考え、それだけに集中しましょう。

あれもこれもと、全てをこなそうとすると、プレッシャーとなり、良い結果が出ません。

まずは、今しなければならないことは何か、1つだけ思い浮かべ、それをこなすにはどうすれば良いかを考えるようにしましょう。

自分に自信を持つ

もしこれが失敗したら、ということを考えるとどんどん焦ってきます。

そこで、まずは前の成功体験を思い浮かべましょう。

そうすることで、良いイメージが頭の中に出来上がります。

その状態に頭を切り替えるだけで、複雑な内容の事柄も簡単に思えるかもしれません。

以前あれもできたから、今回もできるだろうと考えることが大切です。

また、漠然とした不安に対し、焦りを感じる方は、心配しすぎないように、自分の良い所を見つめなおし、自信を持ちましょう。

口角を上げる

焦っていると表情も暗くなったり、怒っているような感じになりますよね。

しかし、人間はどんな状況でも口角が上がっているだけで、効率よく仕事ができるという実験結果が存在します。

そのため、まず意識的に口角を上げてみましょう。

そうすると、気分も変わるかもしれません。

気持ちから表情を作るのではなく、表情から気持ちを作っていきましょう。

休息を取る

焦って何も考えられないのは、日ごろのストレスや疲れが溜まっているからかもしれません。

この状態で、さらに自分を追い込むと体にもよくありません。

まずは、思い切って休みましょう。

一番いいのは、自宅でぐっすりと寝ることでしょうが、人それぞれ好きなことがありますので、その好きなことをして気分転換することも大切です。

可能であれば旅行などに行くのもいいでしょう。

ダメでも大丈夫と考える

焦るのは、悪い状況にならないために努力しなければならないと、考えているからかもしれません。

そこで、どんな悪い状況に陥ったとしても自分は大丈夫と考えることが大切です。

例えば、この仕事がうまくできなくて、無職になったとしても、別の仕事にきっと就けるから大丈夫と考えるということです。

極端な例をイメージし、そんな状況になっても大丈夫だと考えることで、現状も大丈夫と捉えることができるでしょう。

焦ってしまう原因は人それぞれです。

まず自分はなぜ焦っているのかというところから考え、現状を見つめなおし、深呼吸をしたり休息をとるなどして、考えすぎないようにするのが一番良いでしょう。

自分のペースで物事を進められるようになれば、焦りにくくなるかもしれませんね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-