【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519173012.html
しつこい人の特徴

しつこい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
しつこい人の特徴

しつこい人にはいくつかの共通する特徴が存在します。

ここではそのうちの13個についてお伝えしています。

  • 未練がある
  • 周りが見えない
  • 希望を捨てない
  • 強引
  • わがまま
  • 単純
  • 同じ言葉を繰り返す
  • 諦めが悪い
  • 周りの意見は無視
  • 体力がある
  • 羞恥心がない
  • 本能のままに行動する
  • こだわりがある
  • まとめ

1. 未練がある

未練がある

物事に一区切りついたにもかかわらず、それをなかなか自分の中で終わらせることができない人がいます。

このような人もしつこさを示すことがあります。

たとえば別れてしまった元恋人に復縁を迫り、相手はそれを受け入れられないとはっきり述べているにもかかわらずしつこく「もう一度やり直してほしい」と告げるのです。

2. 周りが見えない

周りが見えない

上記でも考えたように、しつこい人は終わったことに対する執着が見られることがあります。

しかし別れてしまった恋人に復縁を迫るような行為は、相手にとってみれば迷惑なことかもしれません。

しかしそうした状況を一切考慮せず、しつこく復縁を迫るのです。

そもそもしつこい人は周りから嫌がられますが、それでもその性格を改善しないというのはそのような人が周りのことを考えていないことを示しています。

3. 希望を捨てない

希望を捨てない

しつこい人は粘れば状況が自分の思い通りになるかもしれないという希望を捨てません。

そのため何ごとに関しても自分の思い通りに物事が進まなければ粘り強く行動し、状況を変化させようとするのです。

もちろんこのような粘り強さは状況によっては必要とされるものです。

しかし自分個人のためにしつこく振舞うのであれば、それは単なる自分の欲望のために粘り強さを示していることになります。

このような態度は周りから敬遠されることが多々あります。

4. 強引

強引

上記で述べたことと関連しますが、しつこく迫られると嫌気がさし、その要求を承諾してしまう人がいます。

このような状況を考慮し、しつこくあることで物事を思い通りに進めていこうすするのです。

状況を変化させる方法は様々です。

事を荒立てずに行うには周りの人のことを考え、穏便な方法で行うべきです。

そのため多くの人は状況がそれを許さない場合、別の方法をチョイスします。

しかししつこい人はそれができません。

しつこく迫るという一番単純な方法で状況を打開しようとするのです。

5. わがまま

わがまま

しつこく迫るという態度はわがままの表れでもあります。

自分が一番よいと思われる状況に物事が動かないとき、しつこく迫ることによって状況変化を図るわけです。

このような人は最終的に泣き出したり、わめきだしたりすることもあります。

そうなると手が付けられないこともあり、非常に厄介です。

6. 単純

単純

しつこい人は考え方が単純であることがあります。

これまでも考えてきましたが、しつこい人は周りから嫌がられることが多々あります。

しかしこのような人を振り払うにはその人の要件をのむしか方法がないと思わせる状況もあります。

なぜならこのタイプの人は思考が単純であり、言い聞かせても引き下がらないことが多々あるからです。

7. 同じ言葉を繰り返す

同じ言葉を繰り返す

しつこい人は熱意が伝わることを目標としています。

そのためそのような人の述べる言葉には深い意味がないことが多々あるのです。

よくしつこい人の口から「お願いします」とか「ねえ」といった言葉を聞くことがありますが、このような言葉を連呼して熱意を伝え、物事を変化させようと試みるのです。

8. 諦めが悪い

諦めが悪い

何に対しても諦めが悪い人がいますが、このような人もしつこい性格であることが多々あります。

そもそもしつこい性格はあきらめの気持ちが発生しないからこそ現れるもので、裏を返せばしつこい人はなかなか諦めない性格の持ち主であるともいえます。

このような性格は良い方向に向かうこともありますが、裏目に出るとしつこさが表現されてしまうのです。

9. 周りの意見は無視

周りの意見は無視

これまで再三考えてきたように、しつこい性格の人は周りから嫌われることが多々あります。

そしてこのような人に対しては周りの人は「そんな感じだとみんなから嫌われるよ」とか「しつこい人は友達がいなくなると」といったアドバイスを受けることがあります。

しかしそのようなものが心に届くことはありません。

そのためいつまでもしつこく行動してしまうのです。

10. 体力がある

体力がある

しつこく行動するためには体力が必要です。

それがないといつまでも粘り強く行動することはできません。

そのためしつこい人の多くはそれなりの体力を有しているのです。

多くの場合、年齢を重ねるとしつこさに陰りが見えてきます。

このような状況は体力の低下と関係があります。

しつこいおじいちゃん、おばあちゃんなどが見当たらないのはそのためです。

11. 羞恥心がない

羞恥心がない

しつこく迫ることには様々な行動が関係しています。

先にも触れたように「お願いします」と何度も連呼する人もいれば、自分の意見を聞いてくれるまでその場を離れなかったり、対象人物の前に立ちはだかってそこを動かないという人もいます。

そして中には泣きわめいたり、土下座する人などもいます。

もちろんこうしたしつこさが必要な状況もあることでしょう。

しかし些細なことであったり、自分の欲望を遂げるために常にこうしたしつこさを示すのであれば問題です。

そしてこのような行動を容易に取れるということは、しつこい性格の人には羞恥心がないことを示しています。

12. 本能のままに行動する

本能のままに行動する

常日頃ではないものの、質高性格の人は本能に支配されることが多々あります。

このような状況に陥ると理性が効かなくなり、自分の欲望を遂げるためなら何でも行うという心理が働くのです。

その結果、しつこさという行動に出ることがあるのです。

13. こだわりがある

こだわりがある

ここだけは絶対に譲れないというこだわりを持っている人がいます。

このような人はそのこだわりが覆されそうになったとき、しつこく行動することがあります。

普段はそれほど自分勝手な行動を取らないものの、こだわりに関することとなると気持ちが高揚し、それをどうにかして死守しようとするのです。

このタイプの人は熱い性格の持ち主でもあり、普段は自分をセーブすることができます。

まとめ

しつこさにも様々なレベルが存在します。

しかし常日頃からしつこさを示すようであるのなら、多くの場合それは大きな問題へと発展します。

そのためこのような性格の人は性格の改善を心がけるべきです。

仮にそのまましつこさを示し続けるなら友達は次第に減っていきます。

それで性格の改善はできるだけ早い時期から始めるべきです。

しつこい人にはいくつかの共通する特徴が存在します。

ここではそのうちの13個についてお伝えしています。


未練がある

物事に一区切りついたにもかかわらず、それをなかなか自分の中で終わらせることができない人がいます。

このような人もしつこさを示すことがあります。

たとえば別れてしまった元恋人に復縁を迫り、相手はそれを受け入れられないとはっきり述べているにもかかわらずしつこく「もう一度やり直してほしい」と告げるのです。

周りが見えない

上記でも考えたように、しつこい人は終わったことに対する執着が見られることがあります。

しかし別れてしまった恋人に復縁を迫るような行為は、相手にとってみれば迷惑なことかもしれません。

しかしそうした状況を一切考慮せず、しつこく復縁を迫るのです。

そもそもしつこい人は周りから嫌がられますが、それでもその性格を改善しないというのはそのような人が周りのことを考えていないことを示しています。

希望を捨てない

しつこい人は粘れば状況が自分の思い通りになるかもしれないという希望を捨てません。

そのため何ごとに関しても自分の思い通りに物事が進まなければ粘り強く行動し、状況を変化させようとするのです。

もちろんこのような粘り強さは状況によっては必要とされるものです。

しかし自分個人のためにしつこく振舞うのであれば、それは単なる自分の欲望のために粘り強さを示していることになります。

このような態度は周りから敬遠されることが多々あります。

強引

上記で述べたことと関連しますが、しつこく迫られると嫌気がさし、その要求を承諾してしまう人がいます。

このような状況を考慮し、しつこくあることで物事を思い通りに進めていこうすするのです。

状況を変化させる方法は様々です。

事を荒立てずに行うには周りの人のことを考え、穏便な方法で行うべきです。

そのため多くの人は状況がそれを許さない場合、別の方法をチョイスします。

しかししつこい人はそれができません。

しつこく迫るという一番単純な方法で状況を打開しようとするのです。

わがまま

しつこく迫るという態度はわがままの表れでもあります。

自分が一番よいと思われる状況に物事が動かないとき、しつこく迫ることによって状況変化を図るわけです。

このような人は最終的に泣き出したり、わめきだしたりすることもあります。

そうなると手が付けられないこともあり、非常に厄介です。

単純

しつこい人は考え方が単純であることがあります。

これまでも考えてきましたが、しつこい人は周りから嫌がられることが多々あります。

しかしこのような人を振り払うにはその人の要件をのむしか方法がないと思わせる状況もあります。

なぜならこのタイプの人は思考が単純であり、言い聞かせても引き下がらないことが多々あるからです。

同じ言葉を繰り返す

しつこい人は熱意が伝わることを目標としています。

そのためそのような人の述べる言葉には深い意味がないことが多々あるのです。

よくしつこい人の口から「お願いします」とか「ねえ」といった言葉を聞くことがありますが、このような言葉を連呼して熱意を伝え、物事を変化させようと試みるのです。

諦めが悪い

何に対しても諦めが悪い人がいますが、このような人もしつこい性格であることが多々あります。

そもそもしつこい性格はあきらめの気持ちが発生しないからこそ現れるもので、裏を返せばしつこい人はなかなか諦めない性格の持ち主であるともいえます。

このような性格は良い方向に向かうこともありますが、裏目に出るとしつこさが表現されてしまうのです。

周りの意見は無視

これまで再三考えてきたように、しつこい性格の人は周りから嫌われることが多々あります。

そしてこのような人に対しては周りの人は「そんな感じだとみんなから嫌われるよ」とか「しつこい人は友達がいなくなると」といったアドバイスを受けることがあります。

しかしそのようなものが心に届くことはありません。

そのためいつまでもしつこく行動してしまうのです。

体力がある

しつこく行動するためには体力が必要です。

それがないといつまでも粘り強く行動することはできません。

そのためしつこい人の多くはそれなりの体力を有しているのです。

多くの場合、年齢を重ねるとしつこさに陰りが見えてきます。

このような状況は体力の低下と関係があります。

しつこいおじいちゃん、おばあちゃんなどが見当たらないのはそのためです。

羞恥心がない

しつこく迫ることには様々な行動が関係しています。

先にも触れたように「お願いします」と何度も連呼する人もいれば、自分の意見を聞いてくれるまでその場を離れなかったり、対象人物の前に立ちはだかってそこを動かないという人もいます。

そして中には泣きわめいたり、土下座する人などもいます。

もちろんこうしたしつこさが必要な状況もあることでしょう。

しかし些細なことであったり、自分の欲望を遂げるために常にこうしたしつこさを示すのであれば問題です。

そしてこのような行動を容易に取れるということは、しつこい性格の人には羞恥心がないことを示しています。

本能のままに行動する

常日頃ではないものの、質高性格の人は本能に支配されることが多々あります。

このような状況に陥ると理性が効かなくなり、自分の欲望を遂げるためなら何でも行うという心理が働くのです。

その結果、しつこさという行動に出ることがあるのです。

こだわりがある

ここだけは絶対に譲れないというこだわりを持っている人がいます。

このような人はそのこだわりが覆されそうになったとき、しつこく行動することがあります。

普段はそれほど自分勝手な行動を取らないものの、こだわりに関することとなると気持ちが高揚し、それをどうにかして死守しようとするのです。

このタイプの人は熱い性格の持ち主でもあり、普段は自分をセーブすることができます。

しつこさにも様々なレベルが存在します。

しかし常日頃からしつこさを示すようであるのなら、多くの場合それは大きな問題へと発展します。

そのためこのような性格の人は性格の改善を心がけるべきです。

仮にそのまましつこさを示し続けるなら友達は次第に減っていきます。

それで性格の改善はできるだけ早い時期から始めるべきです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-