【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519172957.html
彼氏に依存しがちな女性が克服するための方法

彼氏に依存しがちな女性が克服するための方法 | LADYCO

LADYCO
彼氏に依存しがちな女性が克服するための方法

彼氏に依存する形の付き合い方になってしまいがちな女性が、それを克服するための方法や思考法を挙げていきます。

  • 依存すると嫌われることを知る
  • 自分の趣味を持つ
  • 友達の付き合いも大事にする
  • 最適の距離感を保つ
  • 他と比べない
  • デートを充実させるための視野を持つ
  • 個人的な不安を愛の欠乏と混同しない
  • 客観的な意見を聞く
  • 承認欲求はプラスの妄想で満たす
  • 共倒れしないために強くなる
  • 身体の依存は虚しくなるだけ
  • 愛とエゴの違いに気づく
  • 空気のようになれたことを嘆かない
  • まとめ

1. 依存すると嫌われることを知る

依存すると嫌われることを知る

人の行動を変えるために効果的なのは、飴と鞭と言われていますが、最も効果があるのは鞭の方であり、依存することで彼氏にめんどくさい女と思われ、結果的に哀しい末路に至ってしまうことを鞭としてイメージすれば、寂しくなったり寄り掛かりたくなったとき、自戒することができます。

2. 自分の趣味を持つ

自分の趣味を持つ

暇な時間が多い女性ほど、彼氏のことばかり考えてしまい、ディープに依存してしまいがちですので、彼氏から目を離す行動を自分で作る必要があります。

彼氏と楽しむ趣味ではなく、一人で楽しめる携帯ゲームを始めるだけでも、彼氏に依存している時間を減らすことができますし、彼氏にしか注いでいなかった意識を確実に削ることができます。

3. 友達の付き合いも大事にする

友達の付き合いも大事にする

彼氏ができると女友達との付き合いをおざなりにしてしまう女性がいますが、友達に嫌われたくないという気持ちを強めることで、彼氏に依存する意識を分散することができます。

また多くの男性は、自分の彼女に友達が全くいないよりも、同性の友達からも愛されている女性を好む傾向がありますので、彼氏にばかり固執せず、友達との付き合いも大事にしましょう。

4. 最適の距離感を保つ

最適の距離感を保つ

若いうちほど、会っている回数が多ければ多いほど、ラブラブの証のように考えがちですが、本当に充実している関係というのは、お互いにとって最適な距離感を理解していることを言います。

毎日会ったら疲れてしまうぐらいなら、週に2日にしようなど、お互いにとって心地よく会える距離を作ることは、決して悲しいことではありません。

自分が会いたい距離感ばかり押し付けるのではなく、彼氏にとって心地よい距離を尊重できるようにしましょう。

5. 他と比べない

他と比べない

自分より男友達の方が大事なんだと嫉妬するようになったら、自分は彼氏に依存していると自覚した方が良いです。

彼女、友達、母親、妹、仕事、趣味などは、比較してどちらかを選択すべきことではなく、寿司と焼肉とラーメンとカレーが敵対関係ではないように、並列で大事にすべきものですので、自分だけを見てほしいという考えは、焼肉が好きなら焼肉だけを食べてほしいと懇願するのと同じくらい、息苦しいことだと気づきましょう。

6. デートを充実させるための視野を持つ

デートを充実させるための視野を持つ

彼氏の事しか見ていない女性は、彼氏にとっては会っても自分の情報しか出てこないので、退屈になってしまうことがあります。

彼氏を楽しませるには、彼氏の知らないことを外部から見つけてきて、それを披露する必要がありますので、彼氏ばかり見ていては駄目だと自分を奮い立たせ、彼氏以外の世界にも視野を開くようにしましょう。

7. 個人的な不安を愛の欠乏と混同しない

個人的な不安を愛の欠乏と混同しない

SNSでもやたらと寂しさを訴える女性がいますが、そうした原因のない不安を彼氏への寂しさと混同し、心配してもらいたがるのは、次第に彼氏を疲弊させてしまいます。

頻繁にそれをされれば、彼はお手上げ状態となり、もっと構ってくれる人と付き合いなと心が離れてしまいますので、自分の無意味な寂しさは、ヨガをしたり、可愛い動物動画を見るなどして、自分で克服するように努力しましょう。

8. 客観的な意見を聞く

客観的な意見を聞く

他人とあまり交流していない人ほど、自分の行動は全て正しいと自己完結しがちですので、彼氏のいる女友達はどのような付き合いをしているか、フランクな会話の中で聞き出し、自分が彼氏に依存していないか、定期的にチェックしてもらうようにしましょう。

親しい友達ほど、普通は絶対そんなことしないよと教えてくれますので、言わずに我慢してくれている彼氏が限界を迎える前に、直すことができます。

9. 承認欲求はプラスの妄想で満たす

承認欲求はプラスの妄想で満たす

他人の承認を得ないと自分を満たすことができない女性がいますが、何度褒めてもそれを認めようとせず、愛情を欲しがる女性は、徐々に彼氏を追い詰めてしまいがちです。

自分の価値を他人に承認してもらうのではなく、根拠などいらないので、自分は価値のある人間で、こうしている今も彼氏に愛されているとプラスの妄想をすることで、もう一人の自分に承認欲求を満たしてもらいましょう。

10. 共倒れしないために強くなる

共倒れしないために強くなる

依存し合う関係は、例えばどちらかが不安に陥ると、私も不安と共感を図ろうとする体質があるので、共倒れになってしまうことがあります。

そうならないように、彼氏が辛い時は自分が頑張れるように自立しようという気持ちが芽生えることができれば、依存体質から改善できますので、彼氏のことを本当に思う気持ちがあるのであれば、依存するのではなく自立を目指しましょう。

11. 身体の依存は虚しくなるだけ

身体の依存は虚しくなるだけ

恥ずかしい話ですが、エッチの楽しさや快楽を知ったことで、体が欲してしまう依存関係もあります。

体先行の付き合いを重ねたところで、心を繋ぎ止めることなどできませんので、長く付き合いたいのであれば、快楽の依存は自分で満たすなどし、彼氏に依存しないようにしましょう。

12. 愛とエゴの違いに気づく

愛とエゴの違いに気づく

愛と依存の違いを単純明快に言えば、エゴの有無ということになります。

愛とは相手が幸せになるために捧げる行為ですが、依存とは自分の欲求を満たすためが発端となっています。

依存に陥った人の常套句である、あなたがいないと生きていけない、という言葉は、相手にとってはある種の脅迫であり、直接的には相手を幸せにする意味を持たないことに気づくことで、目から鱗が落ちる結果を齎します。

13. 空気のようになれたことを嘆かない

空気のようになれたことを嘆かない

付き合いを重ねていくことで、彼氏が自分への情熱が薄まったように感じ、もっとこっちを見てと依存を深めることがありますが、空気のような存在になれたことは、嘆くべきことではありません。

空気や太陽や水や母親など、自分にとって本当に大事な存在ほど、感謝を忘れてしまいがちで、自分もそのレベルで大切な存在になれた証ですので、依存を緩め、ゆとりをもって接するようにしましょう。

まとめ

恋愛依存体質の女性の特徴や克服方法について挙げてきましたが、愛の表現の仕方が間違ってしまっただけというケースも多々ありますので、依存の本質を学ぶことで、彼氏から自分を適度に切り離せるように心掛けましょう。

彼氏に依存する形の付き合い方になってしまいがちな女性が、それを克服するための方法や思考法を挙げていきます。


依存すると嫌われることを知る

人の行動を変えるために効果的なのは、飴と鞭と言われていますが、最も効果があるのは鞭の方であり、依存することで彼氏にめんどくさい女と思われ、結果的に哀しい末路に至ってしまうことを鞭としてイメージすれば、寂しくなったり寄り掛かりたくなったとき、自戒することができます。

自分の趣味を持つ

暇な時間が多い女性ほど、彼氏のことばかり考えてしまい、ディープに依存してしまいがちですので、彼氏から目を離す行動を自分で作る必要があります。

彼氏と楽しむ趣味ではなく、一人で楽しめる携帯ゲームを始めるだけでも、彼氏に依存している時間を減らすことができますし、彼氏にしか注いでいなかった意識を確実に削ることができます。

友達の付き合いも大事にする

彼氏ができると女友達との付き合いをおざなりにしてしまう女性がいますが、友達に嫌われたくないという気持ちを強めることで、彼氏に依存する意識を分散することができます。

また多くの男性は、自分の彼女に友達が全くいないよりも、同性の友達からも愛されている女性を好む傾向がありますので、彼氏にばかり固執せず、友達との付き合いも大事にしましょう。

最適の距離感を保つ

若いうちほど、会っている回数が多ければ多いほど、ラブラブの証のように考えがちですが、本当に充実している関係というのは、お互いにとって最適な距離感を理解していることを言います。

毎日会ったら疲れてしまうぐらいなら、週に2日にしようなど、お互いにとって心地よく会える距離を作ることは、決して悲しいことではありません。

自分が会いたい距離感ばかり押し付けるのではなく、彼氏にとって心地よい距離を尊重できるようにしましょう。

他と比べない

自分より男友達の方が大事なんだと嫉妬するようになったら、自分は彼氏に依存していると自覚した方が良いです。

彼女、友達、母親、妹、仕事、趣味などは、比較してどちらかを選択すべきことではなく、寿司と焼肉とラーメンとカレーが敵対関係ではないように、並列で大事にすべきものですので、自分だけを見てほしいという考えは、焼肉が好きなら焼肉だけを食べてほしいと懇願するのと同じくらい、息苦しいことだと気づきましょう。

デートを充実させるための視野を持つ

彼氏の事しか見ていない女性は、彼氏にとっては会っても自分の情報しか出てこないので、退屈になってしまうことがあります。

彼氏を楽しませるには、彼氏の知らないことを外部から見つけてきて、それを披露する必要がありますので、彼氏ばかり見ていては駄目だと自分を奮い立たせ、彼氏以外の世界にも視野を開くようにしましょう。

個人的な不安を愛の欠乏と混同しない

SNSでもやたらと寂しさを訴える女性がいますが、そうした原因のない不安を彼氏への寂しさと混同し、心配してもらいたがるのは、次第に彼氏を疲弊させてしまいます。

頻繁にそれをされれば、彼はお手上げ状態となり、もっと構ってくれる人と付き合いなと心が離れてしまいますので、自分の無意味な寂しさは、ヨガをしたり、可愛い動物動画を見るなどして、自分で克服するように努力しましょう。

客観的な意見を聞く

他人とあまり交流していない人ほど、自分の行動は全て正しいと自己完結しがちですので、彼氏のいる女友達はどのような付き合いをしているか、フランクな会話の中で聞き出し、自分が彼氏に依存していないか、定期的にチェックしてもらうようにしましょう。

親しい友達ほど、普通は絶対そんなことしないよと教えてくれますので、言わずに我慢してくれている彼氏が限界を迎える前に、直すことができます。

承認欲求はプラスの妄想で満たす

他人の承認を得ないと自分を満たすことができない女性がいますが、何度褒めてもそれを認めようとせず、愛情を欲しがる女性は、徐々に彼氏を追い詰めてしまいがちです。

自分の価値を他人に承認してもらうのではなく、根拠などいらないので、自分は価値のある人間で、こうしている今も彼氏に愛されているとプラスの妄想をすることで、もう一人の自分に承認欲求を満たしてもらいましょう。

共倒れしないために強くなる

依存し合う関係は、例えばどちらかが不安に陥ると、私も不安と共感を図ろうとする体質があるので、共倒れになってしまうことがあります。

そうならないように、彼氏が辛い時は自分が頑張れるように自立しようという気持ちが芽生えることができれば、依存体質から改善できますので、彼氏のことを本当に思う気持ちがあるのであれば、依存するのではなく自立を目指しましょう。

身体の依存は虚しくなるだけ

恥ずかしい話ですが、エッチの楽しさや快楽を知ったことで、体が欲してしまう依存関係もあります。

体先行の付き合いを重ねたところで、心を繋ぎ止めることなどできませんので、長く付き合いたいのであれば、快楽の依存は自分で満たすなどし、彼氏に依存しないようにしましょう。

愛とエゴの違いに気づく

愛と依存の違いを単純明快に言えば、エゴの有無ということになります。

愛とは相手が幸せになるために捧げる行為ですが、依存とは自分の欲求を満たすためが発端となっています。

依存に陥った人の常套句である、あなたがいないと生きていけない、という言葉は、相手にとってはある種の脅迫であり、直接的には相手を幸せにする意味を持たないことに気づくことで、目から鱗が落ちる結果を齎します。

空気のようになれたことを嘆かない

付き合いを重ねていくことで、彼氏が自分への情熱が薄まったように感じ、もっとこっちを見てと依存を深めることがありますが、空気のような存在になれたことは、嘆くべきことではありません。

空気や太陽や水や母親など、自分にとって本当に大事な存在ほど、感謝を忘れてしまいがちで、自分もそのレベルで大切な存在になれた証ですので、依存を緩め、ゆとりをもって接するようにしましょう。

恋愛依存体質の女性の特徴や克服方法について挙げてきましたが、愛の表現の仕方が間違ってしまっただけというケースも多々ありますので、依存の本質を学ぶことで、彼氏から自分を適度に切り離せるように心掛けましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-