【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519172945.html
独占欲が強い人の特徴

独占欲が強い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
独占欲が強い人の特徴

独占欲が強い人にはいくつかの特徴が存在します。

ここではそのうちの13個についてお伝えしたいと思います。

  • 不安
  • 貪欲
  • 競争心が高い
  • 自分勝手
  • 守りたい
  • 自信がない
  • 電話が多い
  • 理論を述べる
  • 同性とでもだめ
  • ボス肌
  • 子どもっぽい
  • 時間を貴重なものとみなす
  • 支配することが好き
  • まとめ

1. 不安

不安

常に不安に駆られてしまう性格の人がいます。

このような人は今持っているものが失われたらどうしようと考え、それを何が何でも手放したくないと感じるのです。

このような気持ちは次第に独占欲へと変化していきます。

たとえば仲の良くなった友達は絶対に誰にも奪われたくないと感じ、その人が自分以外の誰かと出かけるのを何とかして阻止しようという行動に出るようになります。

このような行動がエスカレートするとストーカー行為などにも発展し、最終的には大きな問題へと膨れ上がることもあるのです。

2. 貪欲

貪欲

とにかく自分が欲しいものは何でも手に入れたい、そして一度得たものは誰にも渡したくないという貪欲な人がいます。

このような人も独占欲が強く、より多くのものを欲してはそれを誰ともシェアしたくないという感情に駆られるのです。

このような寛恕がエスカレートすると欲しいものを諦めることができなくなり、それを手に入れるためなら何でもするという思考が出来上がることもあります。

そのためこのような傾向が見られる人は、要注意です。

3. 競争心が高い

競争心が高い

競争心が高い人も独占欲が強くなります。

何かを独占することで「これは自分しか持っていないもの」という優越感が生じます。

つまり周りの人と比べると自分は優位な立場にあり、負けてはいないという感情を生じさせるのです。

このような感情に満足感を見出す人の多くも、独占欲が強くなります。

4. 自分勝手

自分勝手

独占欲の強い人は何かを独占することによって生じる周りへの影響を無視します。

そのためこのような欲望に苦しめられる人もいるのです。

あまりないことかもしれませんが、あるお金持ちが自分の欲しいものをある地域からすべて買い取ってしまうと、その地域における品不足が生じてしまいます。

そしてそこに住む人たちはこれまでのように買い物ができなくなり、困ってしまうことがあります。

極端なたとえかもしれませんが、独占することで生じるかもしれない周りへの被害など、独占欲の強い人は考えません。

5. 守りたい

守りたい

付き合っている異性に対しての独占欲の場合、自分の手によって相手を束縛したいと感じます。

その理由の主なものは恋人を他の人から守りたいというものです。

誰かにアプローチされて心が揺れ動いてしまうのではないかとか、嫌なことを言われることがないだろうかといった心配が独占欲へと発展していくのです。

このような欲望は優しさからくるもので、動機は決して悪くありません。

6. 自信がない

自信がない

付き合っている異性に対する独占欲を示す人は自分に自信が持てないことがあります。

もし自信があるのであれば、恋人が誰と会おうと自分から気持ちが離れることはないという確信が持てます。

しかしそうでない場合、どうにかして恋人が自分から離れてしまいそうな状況を避けるように取り計らうのです。

そのため恋人が出かける際は「誰と会うの」とか「どこに行くの」といった質問を繰り返します。

7. 電話が多い

電話が多い

独占欲が強い人は恋人に対して何度も電話をかけてきます。

そのようにして恋人が今どこで誰と何をしているのかを知ろうとするのです。

あまりに電話する回数が多いと恋人にも迷惑がかかりますし、束縛が強すぎるという現状が逆に別れを切り出されるきっかけとなることもあります。

そのため恋人を好きであるという気持ちはわかるものの、度が過ぎる愛情表現は避けるべきです。

8. 理論を述べる

理論を述べる

恋人をどうにかして束縛していたいという気持ちから、まずは言葉で阻止を図ろうとする人がいます。

つまり正論であるかのようなことを述べ、恋人が自分以外の友達と出かけることは間違っていると思わせるのです。

このような話に納得いくようであればいいのですが、「何を言っているのだろう」とあきれてしまうような内容であることもあります。

9. 同性とでもだめ

同性とでもだめ

恋人が同性の友達と会う約束をしていると言っているにもかかわらず、その点に関する自由も与えたがらない人がいます。

このような人の心理は恋人が同性と会うと嘘をつき、実は異性と会うのではないかという疑いの気持ちが引き金となっています。

しかしここまで恋人を信用できないのであれば、自分、もしくは恋人に問題があることがあります。

そのためお付き合いン関してもう一度考えてみることが必要かもしれません。

10. ボス肌

ボス肌

これは男性に見られる状況ですが、とにかく自分は彼女をリードしていく存在なので、自分の言うことには従うべきであると考える人がいます。

このような人は彼女の意見よりも自分の思いで行動することが多くなります。

それゆえに独占欲が強い人のように行動することとなり、彼女の自由が奪われてしまうことになります。

しかしこのタイプの男性には決断力があることが多く、それゆえに男らしいという評判が立つことがしばしばあります。

11. 子どもっぽい

子どもっぽい

独占欲が強い人の中には恋人に甘えたいという感情ゆえに、どこにも行ってほしくないと感じることがあります。

このような感情は子どもが親に抱くような感情に非常に良く似ています。

恋人と一緒にいると何とも言えない安心感を抱くことができ、心が安らぐのです。

12. 時間を貴重なものとみなす

時間を貴重なものとみなす

当然のことですが、時間は常に流れています。

そのため大変貴重です。

そしてその貴重な時間をできるだけ好きな人と一緒に過ごしたいと感じる人も、独占欲が強くなります。

このタイプの人は自分では独占的であることに気づかないことも多く、周りから言われてハッとすることもあります。

13. 支配することが好き

支配することが好き

誰かの上に立ちたいと強く願う人がいます。

これは2つ目の項目で考えた競争心が強い人とは異なり、実力で勝負することよりも感情で行動する人のことで、自分よりも弱い立場の人に対して権力を振るいたいと考える人です。

このような人は恋人を大切に扱わないこともあるために、注意が必要です。

まとめ

好きという気持ちが強くなり、独占欲へと発展することもありますが、中には自分が優位に立ちたいという思いによって生じる独占欲もあります。

こうしたものは危険であり、相手に嫌な思いをさせることがあるために十分注意する必要があります。

独占欲が強い人にはいくつかの特徴が存在します。

ここではそのうちの13個についてお伝えしたいと思います。


不安

常に不安に駆られてしまう性格の人がいます。

このような人は今持っているものが失われたらどうしようと考え、それを何が何でも手放したくないと感じるのです。

このような気持ちは次第に独占欲へと変化していきます。

たとえば仲の良くなった友達は絶対に誰にも奪われたくないと感じ、その人が自分以外の誰かと出かけるのを何とかして阻止しようという行動に出るようになります。

このような行動がエスカレートするとストーカー行為などにも発展し、最終的には大きな問題へと膨れ上がることもあるのです。

貪欲

とにかく自分が欲しいものは何でも手に入れたい、そして一度得たものは誰にも渡したくないという貪欲な人がいます。

このような人も独占欲が強く、より多くのものを欲してはそれを誰ともシェアしたくないという感情に駆られるのです。

このような寛恕がエスカレートすると欲しいものを諦めることができなくなり、それを手に入れるためなら何でもするという思考が出来上がることもあります。

そのためこのような傾向が見られる人は、要注意です。

競争心が高い

競争心が高い人も独占欲が強くなります。

何かを独占することで「これは自分しか持っていないもの」という優越感が生じます。

つまり周りの人と比べると自分は優位な立場にあり、負けてはいないという感情を生じさせるのです。

このような感情に満足感を見出す人の多くも、独占欲が強くなります。

自分勝手

独占欲の強い人は何かを独占することによって生じる周りへの影響を無視します。

そのためこのような欲望に苦しめられる人もいるのです。

あまりないことかもしれませんが、あるお金持ちが自分の欲しいものをある地域からすべて買い取ってしまうと、その地域における品不足が生じてしまいます。

そしてそこに住む人たちはこれまでのように買い物ができなくなり、困ってしまうことがあります。

極端なたとえかもしれませんが、独占することで生じるかもしれない周りへの被害など、独占欲の強い人は考えません。

守りたい

付き合っている異性に対しての独占欲の場合、自分の手によって相手を束縛したいと感じます。

その理由の主なものは恋人を他の人から守りたいというものです。

誰かにアプローチされて心が揺れ動いてしまうのではないかとか、嫌なことを言われることがないだろうかといった心配が独占欲へと発展していくのです。

このような欲望は優しさからくるもので、動機は決して悪くありません。

自信がない

付き合っている異性に対する独占欲を示す人は自分に自信が持てないことがあります。

もし自信があるのであれば、恋人が誰と会おうと自分から気持ちが離れることはないという確信が持てます。

しかしそうでない場合、どうにかして恋人が自分から離れてしまいそうな状況を避けるように取り計らうのです。

そのため恋人が出かける際は「誰と会うの」とか「どこに行くの」といった質問を繰り返します。

電話が多い

独占欲が強い人は恋人に対して何度も電話をかけてきます。

そのようにして恋人が今どこで誰と何をしているのかを知ろうとするのです。

あまりに電話する回数が多いと恋人にも迷惑がかかりますし、束縛が強すぎるという現状が逆に別れを切り出されるきっかけとなることもあります。

そのため恋人を好きであるという気持ちはわかるものの、度が過ぎる愛情表現は避けるべきです。

理論を述べる

恋人をどうにかして束縛していたいという気持ちから、まずは言葉で阻止を図ろうとする人がいます。

つまり正論であるかのようなことを述べ、恋人が自分以外の友達と出かけることは間違っていると思わせるのです。

このような話に納得いくようであればいいのですが、「何を言っているのだろう」とあきれてしまうような内容であることもあります。

同性とでもだめ

恋人が同性の友達と会う約束をしていると言っているにもかかわらず、その点に関する自由も与えたがらない人がいます。

このような人の心理は恋人が同性と会うと嘘をつき、実は異性と会うのではないかという疑いの気持ちが引き金となっています。

しかしここまで恋人を信用できないのであれば、自分、もしくは恋人に問題があることがあります。

そのためお付き合いン関してもう一度考えてみることが必要かもしれません。

ボス肌

これは男性に見られる状況ですが、とにかく自分は彼女をリードしていく存在なので、自分の言うことには従うべきであると考える人がいます。

このような人は彼女の意見よりも自分の思いで行動することが多くなります。

それゆえに独占欲が強い人のように行動することとなり、彼女の自由が奪われてしまうことになります。

しかしこのタイプの男性には決断力があることが多く、それゆえに男らしいという評判が立つことがしばしばあります。

子どもっぽい

独占欲が強い人の中には恋人に甘えたいという感情ゆえに、どこにも行ってほしくないと感じることがあります。

このような感情は子どもが親に抱くような感情に非常に良く似ています。

恋人と一緒にいると何とも言えない安心感を抱くことができ、心が安らぐのです。

時間を貴重なものとみなす

当然のことですが、時間は常に流れています。

そのため大変貴重です。

そしてその貴重な時間をできるだけ好きな人と一緒に過ごしたいと感じる人も、独占欲が強くなります。

このタイプの人は自分では独占的であることに気づかないことも多く、周りから言われてハッとすることもあります。

支配することが好き

誰かの上に立ちたいと強く願う人がいます。

これは2つ目の項目で考えた競争心が強い人とは異なり、実力で勝負することよりも感情で行動する人のことで、自分よりも弱い立場の人に対して権力を振るいたいと考える人です。

このような人は恋人を大切に扱わないこともあるために、注意が必要です。

好きという気持ちが強くなり、独占欲へと発展することもありますが、中には自分が優位に立ちたいという思いによって生じる独占欲もあります。

こうしたものは危険であり、相手に嫌な思いをさせることがあるために十分注意する必要があります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-