【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519172939.html
セルフネグレクトの原因や対処方法

セルフネグレクトの原因や対処方法 | LADYCO

LADYCO
セルフネグレクトの原因や対処方法

セルフネグレクトは自己放任をしてしまい、何に対しても投げやりになってしまうという状態のことを言います。

そこで、セルフネグレクトについてご紹介したいと思います。

  • セルフネグレクトとは?
  • 原因
  • 対処方法
  • まとめ

1. セルフネグレクトとは?

セルフネグレクトとは?
  • セルフネグレクトとは
  • 健康的な食事もとらなくなる
  • 清潔さへの関心も薄くなる
  • 改善を拒否したりする
  • 精神的に不安定になってしまう

1-1. セルフネグレクトとは

セルフネグレクトは自分自身に対する怠慢という意味で、自己放任性ということを示すことばです。

セルフネグレクトは自分への関心がなくなっていき、何に対しても投げやりになってしまって日常生活に支障がでてきます。

掃除なども含め、身の回りのことを一切行わなくなって、だんだんと社会的にも疎外感をもつようになってしまう状態になってしまいます。

1-2. 健康的な食事もとらなくなる

セルフネグレクトになると健康的な食事をとるのもおっくうになってしまい、アルコールやインスタントヌードルなどの健康には望ましくないという食生活を送るようになります。

家族や友人からの忠告などにも耳を貸さず、眼光になってしまい健康を害したり、配偶者や近隣の人々などから愛想をつかされてしまうのです。

1-3. 清潔さへの関心も薄くなる

セルフネグレクトになると、お風呂や洗濯などの清潔さへの関心も薄くなってしまい、何日も洗濯をしていない服を着ていたり、部屋の掃除なども行わなくなってゴミを貯めてしまったりしてしまいます。

ゴミ屋敷化してしまって、近所からの苦情などに対しても対応せず放置するなど、問題が深刻化していってしまいます。

1-4. 改善を拒否したりする

ゴミ屋敷などの状態になると、周りに迷惑が生じ、市などから状況を改善するためのサポートなどが提供されたりする場合もあります。

しかし、そのようなサポートやアドバイスを拒否するなどして、だんだんと悪循環につながってしまう場合もあるのです。

1-5. 精神的に不安定になってしまう

セルフネグレクトが続くと、だんだんと精神的に不安定な状態が進行し、最悪の場合にはセルフネグレクトによって孤独詩などにつながってしまうというリスクが増えてしまいます。

自身で改善する意欲がなく、周りからのサポートも拒否するという状況になってしまい、状況がより深刻化していくことになってしまうといわれているのです。

2. 原因

原因
  • 人間関係が原因として挙げられる
  • 職を失った
  • 強い怒りや執着心
  • 病気が原因
  • 認知症や心の病
  • 災害に遭った場合など

2-1. 人間関係が原因として挙げられる

セルフネグレクトの原因には人間関係の問題が挙げられます。

例えば、家族や友人などとの人間関係が上手くいかなくなってしまったことなどから、人間不信になってしまうということがセルフネグレクトの原因の一つといわれています。

例えば、配偶者との離婚や裏切りなどによる絶望などは深刻なセルフネグレクトの原因といわれます。

2-2. 職を失った

セルフネグレクトになる原因として仕事を失ったことによるショックなども挙げられています。

これまで身を粉にして働いてきて献身してきた会社や上司から裏切られ、職を失ってしまったなどの強いショックがセルフネグレクトへのきっかけになっているという場合もあるといわれています。

2-3. 強い怒りや執着心

セルフネグレクトの原因として、怒りや落胆などの強い負の感情なども挙げられます。

人生をあきらめざるを得ない気持ちになってしまい、その悲しみや怒りのやり場がなくてセルフネグレクトが引き起こされてしまっているということもあるといわれています。

2-4. 病気が原因

自身が重い病気をかかえているという場合などで生活が大きく変化したり、これまではできたていたけれどもそれができなくなってしまって、変化に対応することができずセルフネグレクトになってしまうという場合もあります。

また、大切な家族が病気になってしまったり、配偶者が病気になってしまったり亡くなってしまったりして、その変化に順応できないなどのことも挙げられます。

2-5. 認知症や心の病

認知症になってしまったり、うつなどのような心の病などがきっかけでセルフネグレクトになるという場合もあるといわれています。

周りの理解が十分でなかったり、認知症などで自身の行動がコントロールできないことなどによってセルフネグレクトの状態が生じている場合もあるといえます。

また、家族の認知症の介護などの疲れが原因となることもあるといわれます。

2-6. 災害に遭った場合など

自身や津波などの災害をきっかけにセルフネグレクトが引き起こされる場合もあるといわれています。

災害などによってこれまで大切にしていたものを失ってしまったという深い悲しみや衝撃によって自身に対する関心を失わせてしまい、セルフネグレクトになってしまう場合もあるのです。

震災などをきっかけにして大切な家族を失ったり、仕事を失ったりしてセルフネグレクトになってしまう場合などもあります。

3. 対処方法

対処方法
  • 自分を大切にしてくれる人を見つける
  • 自分だけではないことに気が付くこと
  • 話をよく聞いてくれる人に話す
  • 自治体のサポートを活用する
  • サポートや支援をできるだけ活用する

3-1. 自分を大切にしてくれる人を見つける

自身にとって受け止めきれない衝撃的なことや絶望などの感情がセルフネグレクトにつながってしまい、自身に対する関心を失ってしまったことがセ降るネグレクトを引き起こしているといえます。

そのため、自分を大切にしてくれて、自分の存在価値を認めてくれる人を見つけるということはセ降るネグレクトへの対処方法の重要なポイントといえます。

3-2. 自分だけではないことに気が付くこと

セルフネグレクトになってしまった原因は、自分だけに起こることではなく、誰にでも起こりうることなのです。

大きな落胆があるような経験も自分だけに起こっていることではなく他の人にも起こるのです。

そのことに気づくことがセルフネグレクトを改善する一つの大きなきっかけになるといえます。

3-3. 話をよく聞いてくれる人に話す

セルフネグレクトは自分への関心が薄くなってしまったことで進行していくといえます。

そのため、自分に関心をもつために話をよく聞いてくれる人を見つけることも対策方法として重要なことといえます。

話し相手を見つけるなどすることで、生活への関心を失うことなく、だんだんと社会的な日常生活を取り戻していくことも大切です。

3-4. 自治体のサポートを活用する

セルフネグレクトがもたらす孤独死やゴミ屋敷などの問題などを解決していくという点からも自治体はセルフネグレクトへの対処やサポートを行っています。

セルフネグレクトの改善のために施設への入居などを支援する自治体などもあるといわれており、そのようなサポートを活用していくことも重要な改善策といえます。

3-5. サポートや支援をできるだけ活用する

セルフネグレクトになってしまった場合、それを改善する場合に難しいといわれているのが、本人がその支援について期待をしていないという場合が多く、支援が必要ないと支援策を活用しないという場合が多いといわれています。

そのため、大切なこととして、サポートや支援策をできるだけ本人が活用するという考えをもつということは大切なポイントといえます。

まとめ

セルフネグレクトは特別な人だけが鳴るのではなくて、誰にでもいつでも起こりうることだとえいます。

本人歩経験し深い絶望や悲しみなどがセルフネグレクトの原因となっており、結果として自身への関心を失ってしまった状態になります。

その点からも、客観的に原因を知り、対策方法について知っておくことは本人だけでなく周りの人々にとっても大切なことといえます。

セルフネグレクトは自己放任をしてしまい、何に対しても投げやりになってしまうという状態のことを言います。

そこで、セルフネグレクトについてご紹介したいと思います。


セルフネグレクトとは?
  • セルフネグレクトとは
  • 健康的な食事もとらなくなる
  • 清潔さへの関心も薄くなる
  • 改善を拒否したりする
  • 精神的に不安定になってしまう

1-1. セルフネグレクトとは

セルフネグレクトは自分自身に対する怠慢という意味で、自己放任性ということを示すことばです。

セルフネグレクトは自分への関心がなくなっていき、何に対しても投げやりになってしまって日常生活に支障がでてきます。

掃除なども含め、身の回りのことを一切行わなくなって、だんだんと社会的にも疎外感をもつようになってしまう状態になってしまいます。

1-2. 健康的な食事もとらなくなる

セルフネグレクトになると健康的な食事をとるのもおっくうになってしまい、アルコールやインスタントヌードルなどの健康には望ましくないという食生活を送るようになります。

家族や友人からの忠告などにも耳を貸さず、眼光になってしまい健康を害したり、配偶者や近隣の人々などから愛想をつかされてしまうのです。

1-3. 清潔さへの関心も薄くなる

セルフネグレクトになると、お風呂や洗濯などの清潔さへの関心も薄くなってしまい、何日も洗濯をしていない服を着ていたり、部屋の掃除なども行わなくなってゴミを貯めてしまったりしてしまいます。

ゴミ屋敷化してしまって、近所からの苦情などに対しても対応せず放置するなど、問題が深刻化していってしまいます。

1-4. 改善を拒否したりする

ゴミ屋敷などの状態になると、周りに迷惑が生じ、市などから状況を改善するためのサポートなどが提供されたりする場合もあります。

しかし、そのようなサポートやアドバイスを拒否するなどして、だんだんと悪循環につながってしまう場合もあるのです。

1-5. 精神的に不安定になってしまう

セルフネグレクトが続くと、だんだんと精神的に不安定な状態が進行し、最悪の場合にはセルフネグレクトによって孤独詩などにつながってしまうというリスクが増えてしまいます。

自身で改善する意欲がなく、周りからのサポートも拒否するという状況になってしまい、状況がより深刻化していくことになってしまうといわれているのです。

原因
  • 人間関係が原因として挙げられる
  • 職を失った
  • 強い怒りや執着心
  • 病気が原因
  • 認知症や心の病
  • 災害に遭った場合など

2-1. 人間関係が原因として挙げられる

セルフネグレクトの原因には人間関係の問題が挙げられます。

例えば、家族や友人などとの人間関係が上手くいかなくなってしまったことなどから、人間不信になってしまうということがセルフネグレクトの原因の一つといわれています。

例えば、配偶者との離婚や裏切りなどによる絶望などは深刻なセルフネグレクトの原因といわれます。

2-2. 職を失った

セルフネグレクトになる原因として仕事を失ったことによるショックなども挙げられています。

これまで身を粉にして働いてきて献身してきた会社や上司から裏切られ、職を失ってしまったなどの強いショックがセルフネグレクトへのきっかけになっているという場合もあるといわれています。

2-3. 強い怒りや執着心

セルフネグレクトの原因として、怒りや落胆などの強い負の感情なども挙げられます。

人生をあきらめざるを得ない気持ちになってしまい、その悲しみや怒りのやり場がなくてセルフネグレクトが引き起こされてしまっているということもあるといわれています。

2-4. 病気が原因

自身が重い病気をかかえているという場合などで生活が大きく変化したり、これまではできたていたけれどもそれができなくなってしまって、変化に対応することができずセルフネグレクトになってしまうという場合もあります。

また、大切な家族が病気になってしまったり、配偶者が病気になってしまったり亡くなってしまったりして、その変化に順応できないなどのことも挙げられます。

2-5. 認知症や心の病

認知症になってしまったり、うつなどのような心の病などがきっかけでセルフネグレクトになるという場合もあるといわれています。

周りの理解が十分でなかったり、認知症などで自身の行動がコントロールできないことなどによってセルフネグレクトの状態が生じている場合もあるといえます。

また、家族の認知症の介護などの疲れが原因となることもあるといわれます。

2-6. 災害に遭った場合など

自身や津波などの災害をきっかけにセルフネグレクトが引き起こされる場合もあるといわれています。

災害などによってこれまで大切にしていたものを失ってしまったという深い悲しみや衝撃によって自身に対する関心を失わせてしまい、セルフネグレクトになってしまう場合もあるのです。

震災などをきっかけにして大切な家族を失ったり、仕事を失ったりしてセルフネグレクトになってしまう場合などもあります。

対処方法
  • 自分を大切にしてくれる人を見つける
  • 自分だけではないことに気が付くこと
  • 話をよく聞いてくれる人に話す
  • 自治体のサポートを活用する
  • サポートや支援をできるだけ活用する

3-1. 自分を大切にしてくれる人を見つける

自身にとって受け止めきれない衝撃的なことや絶望などの感情がセルフネグレクトにつながってしまい、自身に対する関心を失ってしまったことがセ降るネグレクトを引き起こしているといえます。

そのため、自分を大切にしてくれて、自分の存在価値を認めてくれる人を見つけるということはセ降るネグレクトへの対処方法の重要なポイントといえます。

3-2. 自分だけではないことに気が付くこと

セルフネグレクトになってしまった原因は、自分だけに起こることではなく、誰にでも起こりうることなのです。

大きな落胆があるような経験も自分だけに起こっていることではなく他の人にも起こるのです。

そのことに気づくことがセルフネグレクトを改善する一つの大きなきっかけになるといえます。

3-3. 話をよく聞いてくれる人に話す

セルフネグレクトは自分への関心が薄くなってしまったことで進行していくといえます。

そのため、自分に関心をもつために話をよく聞いてくれる人を見つけることも対策方法として重要なことといえます。

話し相手を見つけるなどすることで、生活への関心を失うことなく、だんだんと社会的な日常生活を取り戻していくことも大切です。

3-4. 自治体のサポートを活用する

セルフネグレクトがもたらす孤独死やゴミ屋敷などの問題などを解決していくという点からも自治体はセルフネグレクトへの対処やサポートを行っています。

セルフネグレクトの改善のために施設への入居などを支援する自治体などもあるといわれており、そのようなサポートを活用していくことも重要な改善策といえます。

3-5. サポートや支援をできるだけ活用する

セルフネグレクトになってしまった場合、それを改善する場合に難しいといわれているのが、本人がその支援について期待をしていないという場合が多く、支援が必要ないと支援策を活用しないという場合が多いといわれています。

そのため、大切なこととして、サポートや支援策をできるだけ本人が活用するという考えをもつということは大切なポイントといえます。

セルフネグレクトは特別な人だけが鳴るのではなくて、誰にでもいつでも起こりうることだとえいます。

本人歩経験し深い絶望や悲しみなどがセルフネグレクトの原因となっており、結果として自身への関心を失ってしまった状態になります。

その点からも、客観的に原因を知り、対策方法について知っておくことは本人だけでなく周りの人々にとっても大切なことといえます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-