【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519172924.html
努力できる人の特徴

努力できる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
努力できる人の特徴

仕事でも勉強でも、努力の継続によって物事を成し遂げることが期待されていますが、どのような人が努力家になりやすいのでしょうか。

この記事では努力できる人の特徴を紹介していきます。

  • 現状に満足していない人
  • 一度や二度失敗しても諦めない人
  • 「継続は力なり」を実感したことがある人
  • 負けず嫌いな人
  • 多くの人から認められたい人
  • 不正やズルが嫌いな人
  • 人生の目的意識がはっきりしている人
  • 「努力が報われた. 褒められた」という成功体験がある人
  • 努力のやり方や方向性が分かっている人
  • 燃え尽きないように努力の調整をして休める人
  • 親や友人が「良い努力のお手本」になってくれた人
  • 努力することが当たり前の環境で揉まれてきた人
  • 自分の努力の意味とその結果を信じられる人
  • まとめ

1. 現状に満足していない人

現状に満足していない人

努力しようとするモチベーションは、「現状を改善していきたい. 現在よりも良い状態にしたい」という前向きな欲求によって高まっていきます。

「今のままでも十分に満足している. 頑張ってまで今以上のものを手に入れなくても良い」という現状に満足しきっている人は努力を続けることができないのです。

現状に満足せずに、今よりももっと良い結果を出したいと思えって頑張れる人が、努力ができる人なのです。

2. 一度や二度失敗しても諦めない人

一度や二度失敗しても諦めない人

努力ができない人というのは、「失敗. 逆境に弱い人」です。

厳しい逆境に直面して、自分なりに頑張ってみても思うような結果が出ない時に、諦めてしまえばそこですべてはおしまいになってしまいます。

しかし一度や二度、大きな失敗を経験しても簡単には諦めずに、「次こそは必ず成功してみせる」というやる気やチャレンジ精神を奮い立たせられる人がいます。

失敗しても諦めず、次のチャンスに向かって全力で挑戦していく人は努力できる人になります。

3. 「継続は力なり」を実感したことがある人

「継続は力なり」を実感したことがある人

小学生時代に「漢字の書き取り. 計算問題の反復練習」をした経験がある人は多いと思います。

漢字は繰り返し書けば書くほど覚えていきますし、計算問題も何度も繰り返して解けば計算力は高まっていきます。

このように「継続は力なり」という格言を実際の経験によって実感できた人は、「諦めずに続けてやれば、少しずつ成果につながること」を信じることができるので、次第に努力ができる人になっていくのです。

4. 負けず嫌いな人

負けず嫌いな人

勝負の勝ち負けや競争の優劣にこだわる人というのは、基本的に人が見ていない所で努力を続けて実力を高めようとしています。

学生時代の定期試験で「俺、今日は全然勉強してないからやばいよ」なんて言っていたのに、実際のテスト結果ではいつも90点以上を取っているような「影で努力する人」が何人かいたのではないでしょうか。

負けず嫌いな人、競争して勝ちたい人というのは、コツコツと努力を重ねていける人であることが多いのです。

5. 多くの人から認められたい人

多くの人から認められたい人

人から自分の存在や能力を認められたいという承認欲求は誰にでもありますが、多くの人から認められる形で承認欲求を満たすことは簡単なことではありません。

先天的な才能や魅力がなければ、普通は、多くの人から認めてもらうことは難しいのですが、どうしても認められたいという承認欲求の強い人は、「人から認めてもらいやすい分野. 行動での努力」を惜しみません。

承認欲求を満たすために努力できる人になっていくのです。

6. 不正やズルが嫌いな人

不正やズルが嫌いな人

世の中には楽をしてお金儲けをしたいという人、人を騙したり傷つけたりしてでも自分だけ良い思いをしたい人という「怠け者. 悪い人」も多くいますが、努力ができる人というのは「不正. ズル. 悪事をせずに幸せになりたいと思える人」なのです。

自分自身の能力と責任感によって自分の人生の幸福追求をしていこうとする人は、基本的に「不正. ズル」が嫌いですから、努力して欲しいものを手に入れるというやり方が自然と身についていきます。

7. 人生の目的意識がはっきりしている人

人生の目的意識がはっきりしている人

中学生や高校生の頃に努力ができる人の最大の特徴は、進学するにせよ就職するにせよ「自分の人生の目的意識」がはっきりしている人です。

何を目指していいか分からない、自分が何をしたいのかもはっきりしないという状態では、何に向かって努力を続ければ良いのかも分からないので、結果として努力のしようがないということになるのです。

目的意識がはっきりしている人は、その目的に向けた適切な努力をしやすいのです。

8. 「努力が報われた. 褒められた」という成功体験がある人

「努力が報われた. 褒められた」という成功体験がある人

誰でも永遠に報われない努力を続けることはできませんし、誰からも褒められない努力をずっと続けることも難しいことです。

頑張って努力を続けて、希望していた大学に進学できたとか、第一志望の大手企業に就職できたとかいう成功経験があれば、その後の人生でも努力によって自分の道を切り開くような人間になっていくでしょう。

努力して成果を出して親. 教師. 仲間によって大いに褒められたというような経験も、努力の動機づけを高めてくれます。

9. 努力のやり方や方向性が分かっている人

努力のやり方や方向性が分かっている人

目的達成のために努力をしなければいけないと思っているのに、実際には努力ができない人がたくさんいます。

そういった人たちは、「努力をどのようにすればいいのかのやり方」「まず何に向かって努力すればいいのかの方向性」が分からないために努力できないのです。

受験勉強をする時でも、どの参考書を使ってどのくらいの難易度の問題から解いていけばいいのかといったやり方や方向性が分からないと、人は有効な努力を続けていくことができません。

10. 燃え尽きないように努力の調整をして休める人

燃え尽きないように努力の調整をして休める人

「今日から毎日ランニングを頑張ってするぞ」といった目標を立てて、ランニングに取り組むつもりだったのに、実際は「三日坊主」に終わって努力が続かなかったという人はいませんか。

努力が続かずに短期間ですぐにやめてしまう人は、初めに無理をして「燃え尽きてしまう人」であり、自分の精神力. 能力に見合った適切なレベルの努力ができない人です。

燃え尽きないように努力の程度を調整しながら、休む時には休むという人の方が努力が続きます。

11. 親や友人が「良い努力のお手本」になってくれた人

親や友人が「良い努力のお手本」になってくれた人

努力できない人の周りには、「努力なんてしたってどうせ無駄だ」というような「努力の価値を信じない人」が集まっていることが多いのです。

親が努力家で「頑張って地道に取り組めば結果がついてくるよ」という教育を受けられた人、周囲にいる友人. 恋人が努力家で「一緒に目標に向かって諦めずに頑張ろうよ」と動機づけされてきた人は努力できる人になっていきます。

親や友人が「良い努力のお手本」になってくれたかどうかも、努力の資質と関わっているのです。

12. 努力することが当たり前の環境で揉まれてきた人

努力することが当たり前の環境で揉まれてきた人

努力するために「特別な集中力. 決断力」が必要な人は、なかなか努力を続けることができません。

しかし、小さな頃から「努力して自分なりの結果を出すことが当たり前の環境」で育てられてきて、「家庭. 部活. 学校生活. 仲間関係」などで「努力する競争に揉まれてきた人」は努力することが人にとって当たり前という価値観が染み付いてきます。

人は自分にできるだけの努力をして、最善の結果を出すべきという生き方が身に付けば、自然に努力ができてしまうのです。

13. 自分の努力の意味とその結果を信じられる人

自分の努力の意味とその結果を信じられる人

努力を自然に続けられる努力家の人は、「自分の努力の意味」を疑うことがなく信じ抜くことができます。

今の自分が何を目的にしていて、どういった方法や手段でそれを達成しようとしているのかという「努力の意味を支えるビジョン」がはっきりしているからです。

実体験から、正しい努力を続けることができれば結果もついてくることを知っていますから、自分の努力の意味だけではなく、努力に見合うだけの結果についてもぶれずに信じ抜くことができるのです。

まとめ

努力ができる人というのは、自分の人生や人間関係にしっかりした目的意識を持って、地道な練習. 挑戦. 行動を続けていける人のことです。

自分の努力の意味とその結果を信じて、前向きな努力を諦めずに続けることができれば、きっと努力に見合うだけの成果を得ることができます。

仕事でも勉強でも、努力の継続によって物事を成し遂げることが期待されていますが、どのような人が努力家になりやすいのでしょうか。

この記事では努力できる人の特徴を紹介していきます。


現状に満足していない人

努力しようとするモチベーションは、「現状を改善していきたい. 現在よりも良い状態にしたい」という前向きな欲求によって高まっていきます。

「今のままでも十分に満足している. 頑張ってまで今以上のものを手に入れなくても良い」という現状に満足しきっている人は努力を続けることができないのです。

現状に満足せずに、今よりももっと良い結果を出したいと思えって頑張れる人が、努力ができる人なのです。

一度や二度失敗しても諦めない人

努力ができない人というのは、「失敗. 逆境に弱い人」です。

厳しい逆境に直面して、自分なりに頑張ってみても思うような結果が出ない時に、諦めてしまえばそこですべてはおしまいになってしまいます。

しかし一度や二度、大きな失敗を経験しても簡単には諦めずに、「次こそは必ず成功してみせる」というやる気やチャレンジ精神を奮い立たせられる人がいます。

失敗しても諦めず、次のチャンスに向かって全力で挑戦していく人は努力できる人になります。

「継続は力なり」を実感したことがある人

小学生時代に「漢字の書き取り. 計算問題の反復練習」をした経験がある人は多いと思います。

漢字は繰り返し書けば書くほど覚えていきますし、計算問題も何度も繰り返して解けば計算力は高まっていきます。

このように「継続は力なり」という格言を実際の経験によって実感できた人は、「諦めずに続けてやれば、少しずつ成果につながること」を信じることができるので、次第に努力ができる人になっていくのです。

負けず嫌いな人

勝負の勝ち負けや競争の優劣にこだわる人というのは、基本的に人が見ていない所で努力を続けて実力を高めようとしています。

学生時代の定期試験で「俺、今日は全然勉強してないからやばいよ」なんて言っていたのに、実際のテスト結果ではいつも90点以上を取っているような「影で努力する人」が何人かいたのではないでしょうか。

負けず嫌いな人、競争して勝ちたい人というのは、コツコツと努力を重ねていける人であることが多いのです。

多くの人から認められたい人

人から自分の存在や能力を認められたいという承認欲求は誰にでもありますが、多くの人から認められる形で承認欲求を満たすことは簡単なことではありません。

先天的な才能や魅力がなければ、普通は、多くの人から認めてもらうことは難しいのですが、どうしても認められたいという承認欲求の強い人は、「人から認めてもらいやすい分野. 行動での努力」を惜しみません。

承認欲求を満たすために努力できる人になっていくのです。

不正やズルが嫌いな人

世の中には楽をしてお金儲けをしたいという人、人を騙したり傷つけたりしてでも自分だけ良い思いをしたい人という「怠け者. 悪い人」も多くいますが、努力ができる人というのは「不正. ズル. 悪事をせずに幸せになりたいと思える人」なのです。

自分自身の能力と責任感によって自分の人生の幸福追求をしていこうとする人は、基本的に「不正. ズル」が嫌いですから、努力して欲しいものを手に入れるというやり方が自然と身についていきます。

人生の目的意識がはっきりしている人

中学生や高校生の頃に努力ができる人の最大の特徴は、進学するにせよ就職するにせよ「自分の人生の目的意識」がはっきりしている人です。

何を目指していいか分からない、自分が何をしたいのかもはっきりしないという状態では、何に向かって努力を続ければ良いのかも分からないので、結果として努力のしようがないということになるのです。

目的意識がはっきりしている人は、その目的に向けた適切な努力をしやすいのです。

「努力が報われた. 褒められた」という成功体験がある人

誰でも永遠に報われない努力を続けることはできませんし、誰からも褒められない努力をずっと続けることも難しいことです。

頑張って努力を続けて、希望していた大学に進学できたとか、第一志望の大手企業に就職できたとかいう成功経験があれば、その後の人生でも努力によって自分の道を切り開くような人間になっていくでしょう。

努力して成果を出して親. 教師. 仲間によって大いに褒められたというような経験も、努力の動機づけを高めてくれます。

努力のやり方や方向性が分かっている人

目的達成のために努力をしなければいけないと思っているのに、実際には努力ができない人がたくさんいます。

そういった人たちは、「努力をどのようにすればいいのかのやり方」「まず何に向かって努力すればいいのかの方向性」が分からないために努力できないのです。

受験勉強をする時でも、どの参考書を使ってどのくらいの難易度の問題から解いていけばいいのかといったやり方や方向性が分からないと、人は有効な努力を続けていくことができません。

燃え尽きないように努力の調整をして休める人

「今日から毎日ランニングを頑張ってするぞ」といった目標を立てて、ランニングに取り組むつもりだったのに、実際は「三日坊主」に終わって努力が続かなかったという人はいませんか。

努力が続かずに短期間ですぐにやめてしまう人は、初めに無理をして「燃え尽きてしまう人」であり、自分の精神力. 能力に見合った適切なレベルの努力ができない人です。

燃え尽きないように努力の程度を調整しながら、休む時には休むという人の方が努力が続きます。

親や友人が「良い努力のお手本」になってくれた人

努力できない人の周りには、「努力なんてしたってどうせ無駄だ」というような「努力の価値を信じない人」が集まっていることが多いのです。

親が努力家で「頑張って地道に取り組めば結果がついてくるよ」という教育を受けられた人、周囲にいる友人. 恋人が努力家で「一緒に目標に向かって諦めずに頑張ろうよ」と動機づけされてきた人は努力できる人になっていきます。

親や友人が「良い努力のお手本」になってくれたかどうかも、努力の資質と関わっているのです。

努力することが当たり前の環境で揉まれてきた人

努力するために「特別な集中力. 決断力」が必要な人は、なかなか努力を続けることができません。

しかし、小さな頃から「努力して自分なりの結果を出すことが当たり前の環境」で育てられてきて、「家庭. 部活. 学校生活. 仲間関係」などで「努力する競争に揉まれてきた人」は努力することが人にとって当たり前という価値観が染み付いてきます。

人は自分にできるだけの努力をして、最善の結果を出すべきという生き方が身に付けば、自然に努力ができてしまうのです。

自分の努力の意味とその結果を信じられる人

努力を自然に続けられる努力家の人は、「自分の努力の意味」を疑うことがなく信じ抜くことができます。

今の自分が何を目的にしていて、どういった方法や手段でそれを達成しようとしているのかという「努力の意味を支えるビジョン」がはっきりしているからです。

実体験から、正しい努力を続けることができれば結果もついてくることを知っていますから、自分の努力の意味だけではなく、努力に見合うだけの結果についてもぶれずに信じ抜くことができるのです。

努力ができる人というのは、自分の人生や人間関係にしっかりした目的意識を持って、地道な練習. 挑戦. 行動を続けていける人のことです。

自分の努力の意味とその結果を信じて、前向きな努力を諦めずに続けることができれば、きっと努力に見合うだけの成果を得ることができます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-