【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519172921.html
人の言いなりになる人の特徴

人の言いなりになる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
人の言いなりになる人の特徴

人の言う事をよくきく人というと良い印象ですが、人の言いなりになると聞くと、若干ネガティブな印象になります。

そんな方の特徴を13個にまとめてみましょう。

  • 嫌われたくない
  • あまり深く考えない
  • 決めるのが遅い
  • 意外に承認欲求が強い
  • めんどくさがり
  • 本気の喧嘩をした事がない
  • あまり他人に期待していない
  • 親が非常に厳しかった
  • 批判に弱い。
  • 好奇心があまり無い
  • 強いコンプレックスがある
  • 読書体験が少なすぎる
  • 実は運が良い
  • まとめ

1. 嫌われたくない

嫌われたくない

ともかく誰にも嫌われたくないのです。

好かれたいというわけではなく、ただただ嫌われたくない。

「嫌い」という高エネルギーな感情に巻き込まれたくありませんから、とりあえず相手の言う通りにしておけば嫌われないだろう、というのが行動のベースとなります。

当然好かれることもありませんが、本人からすると、あまりに好かれるのも疲れますから丁度良いのです。

2. あまり深く考えない

あまり深く考えない

当たり前と言えば当たり前ですが、考えないから言いなりになれるのです。

この人の言う事に従って正しいのか間違っているのか深く考える事がありません。

損得にも割と無頓着な傾向があります。

考える前に頷いている. などという事があるでしょう。

3. 決めるのが遅い

決めるのが遅い

一緒にレストランなどに行ってなかなか決められない人がいませんか?

いわゆる優柔不断というものですが、なかなか自分で決める事ができないため、結果として人の言いなりになってしまうという事もあります。

即断即決で物事を前に進めていくタイプの方と行動を共にすると、自身が決める前に出された結論に追従してしまうのです。

4. 意外に承認欲求が強い

意外に承認欲求が強い

相手の言う通りに行動すれば、当面は相手から承認されます。

実は、最も簡単に承認欲求を満たす手段が、相手の言いなりになる事なのです。

会社でも、こういう性向の方が割と重宝されるものです。

上司に反論するよりも、上司の言う通りに動いた方が、組織としては動かし易いのです。

部下は、上司の指示が間違っていても、その通り行動して失敗すれば良いという考え方もあります。

5. めんどくさがり

めんどくさがり

楽をしたい、という事です。

言いなりになるのは非常に楽です。

余計な軋轢も生みませんし、自ら知恵を絞って行動する必要もありません。

結果に対する責任も、自分には無いのだという安心感もあります。

ただ、その安心感は自身が感じているだけのものなのですが. 。

6. 本気の喧嘩をした事がない

本気の喧嘩をした事がない

多少の口喧嘩程度ならあると思いますが、相手とトコトンやりあうような喧嘩をした事がありません。

また、喧嘩に対して非常に消極的です。

勿論、積極的である必要も無いのですが、濃厚な人間関係を構築、維持していくためには、喧嘩と修復の反復が必要です。

そのプロセスを経験していないため、喧嘩に対する怯えがあり、そのような事態を極力避けようとします。

7. あまり他人に期待していない

あまり他人に期待していない

言いなりになる事で、人間関係を回そうとしています。

他人に対する期待値がそもそも低いため、深く分かり合えるような人間関係は無いと考えています。

そのため、安易な方法に流れるのです。

苦労したところで、さして得られるものは多くないのだと考えています。

つまり、本質的には人を信用していないのです。

8. 親が非常に厳しかった

親が非常に厳しかった

「三つ子の魂百まで」と言います。

親の言う通りにすると、親が喜び自分も楽であるという幼少期の刷り込みが、大人になってからの行動にも影響を与える場合があります。

基本的には、親の言う事に従うのは正しいのですが、必要以上に厳格な教育を行ってしまった結果、言いなり人間になってしまう可能性もあります。

9. 批判に弱い。

批判に弱い。

他者から批判される事が苦手です。

勿論得意な人もいないでしょうが、言いなりなる人というのは、極度にそれを恐れます。

自分で何かを決めてしまうと、違う考え方の人に批判されるのではと考えます。

また、その通りにして失敗した場合は、さらに誰かに批判されるだろうと考え、ますます自身の考えを表明する事が出来ません。

批判される事にも慣れていませんから、いざ批判に晒されてしまった場合も、上手に抗弁する事が出来ないでしょう。

10. 好奇心があまり無い

好奇心があまり無い

好奇心にあふれている人は、周囲の物事に常に興味. 関心を抱いています。

道を歩いていても様々な変化に気付きます。

それは人間関係にも現れます。

他人に大変興味を持っているのです。

ですが、好奇心が無い人は、実は人間にもあまり興味がありません。

興味が無いものが、自身に取っての大きな問題になる事を望まないのです。

結果として、言いなりになる事で穏便にやり過ごそうとする局面が増えてしまいます。

11. 強いコンプレックスがある

強いコンプレックスがある

生い立ち、容姿、学歴、社会的地位など、世間にはコンプレックスを感じさせる要素が多々あります。

それらの要因で引け目を感じ、自分に自信が無い場合も、誰かの言いなりになりやすいでしょう。

自分に自信が無ければ、自分が考える事にも、自分が決定する事にも自信が持てません。

そういう人は、自信を持った他者が決める事に従う事で安心感が得られるのです。

12. 読書体験が少なすぎる

読書体験が少なすぎる

読書は、考える力と、疑うセンスを与えてくれます。

また、自分だけでは経験する事のできない様々な人生を疑似体験させてくれます。

その中で、人生における多数のシチューエーションを予習しておけるのです。

また、先人の多種多様な考えや意見に触れる事ができますから、絶対に正しいものなど無いという事を理解できるのです。

これらの体験が無いと、人の言う事に疑いを持てなくなったり、そもそも考える事自体が面倒になるのです。

13. 実は運が良い

実は運が良い

人の言いなりになって、非常に悪い結果になった場合は、二度と言いなりにはなるまいと考えるでしょう。

ですが、今も言いなりになっている場合、あまり悪い結果にならなかったのだと考える事が出来ます。

世の中には、善人もいれば、悪人もいます。

そんな状況で、言いなりになったままで、あまり痛い目にあっていないのですから、ある意味運が良いといえるのではないでしょうか。

まとめ

以上が、人の言いなりになる人の特徴13選となります。

若い頃は分かりませんが、大人になり社会人になると、ほとんどの方が前述の特徴の多くに当てはまるのではないでしょうか。

会社の上司、家族、親族の「言いなり」になっていませんか?

やはり、社会を円滑に運営するには、言いなりになる人が多い方が良いのです。

「自分を持て」と囃す方もいますが、よほど特異な人物に騙されない限り、ある程度は人の言いなりになるのが賢い生き方でしょう。

人の言う事をよくきく人というと良い印象ですが、人の言いなりになると聞くと、若干ネガティブな印象になります。

そんな方の特徴を13個にまとめてみましょう。


嫌われたくない

ともかく誰にも嫌われたくないのです。

好かれたいというわけではなく、ただただ嫌われたくない。

「嫌い」という高エネルギーな感情に巻き込まれたくありませんから、とりあえず相手の言う通りにしておけば嫌われないだろう、というのが行動のベースとなります。

当然好かれることもありませんが、本人からすると、あまりに好かれるのも疲れますから丁度良いのです。

あまり深く考えない

当たり前と言えば当たり前ですが、考えないから言いなりになれるのです。

この人の言う事に従って正しいのか間違っているのか深く考える事がありません。

損得にも割と無頓着な傾向があります。

考える前に頷いている. などという事があるでしょう。

決めるのが遅い

一緒にレストランなどに行ってなかなか決められない人がいませんか?

いわゆる優柔不断というものですが、なかなか自分で決める事ができないため、結果として人の言いなりになってしまうという事もあります。

即断即決で物事を前に進めていくタイプの方と行動を共にすると、自身が決める前に出された結論に追従してしまうのです。

意外に承認欲求が強い

相手の言う通りに行動すれば、当面は相手から承認されます。

実は、最も簡単に承認欲求を満たす手段が、相手の言いなりになる事なのです。

会社でも、こういう性向の方が割と重宝されるものです。

上司に反論するよりも、上司の言う通りに動いた方が、組織としては動かし易いのです。

部下は、上司の指示が間違っていても、その通り行動して失敗すれば良いという考え方もあります。

めんどくさがり

楽をしたい、という事です。

言いなりになるのは非常に楽です。

余計な軋轢も生みませんし、自ら知恵を絞って行動する必要もありません。

結果に対する責任も、自分には無いのだという安心感もあります。

ただ、その安心感は自身が感じているだけのものなのですが. 。

本気の喧嘩をした事がない

多少の口喧嘩程度ならあると思いますが、相手とトコトンやりあうような喧嘩をした事がありません。

また、喧嘩に対して非常に消極的です。

勿論、積極的である必要も無いのですが、濃厚な人間関係を構築、維持していくためには、喧嘩と修復の反復が必要です。

そのプロセスを経験していないため、喧嘩に対する怯えがあり、そのような事態を極力避けようとします。

あまり他人に期待していない

言いなりになる事で、人間関係を回そうとしています。

他人に対する期待値がそもそも低いため、深く分かり合えるような人間関係は無いと考えています。

そのため、安易な方法に流れるのです。

苦労したところで、さして得られるものは多くないのだと考えています。

つまり、本質的には人を信用していないのです。

親が非常に厳しかった

「三つ子の魂百まで」と言います。

親の言う通りにすると、親が喜び自分も楽であるという幼少期の刷り込みが、大人になってからの行動にも影響を与える場合があります。

基本的には、親の言う事に従うのは正しいのですが、必要以上に厳格な教育を行ってしまった結果、言いなり人間になってしまう可能性もあります。

批判に弱い。

他者から批判される事が苦手です。

勿論得意な人もいないでしょうが、言いなりなる人というのは、極度にそれを恐れます。

自分で何かを決めてしまうと、違う考え方の人に批判されるのではと考えます。

また、その通りにして失敗した場合は、さらに誰かに批判されるだろうと考え、ますます自身の考えを表明する事が出来ません。

批判される事にも慣れていませんから、いざ批判に晒されてしまった場合も、上手に抗弁する事が出来ないでしょう。

好奇心があまり無い

好奇心にあふれている人は、周囲の物事に常に興味. 関心を抱いています。

道を歩いていても様々な変化に気付きます。

それは人間関係にも現れます。

他人に大変興味を持っているのです。

ですが、好奇心が無い人は、実は人間にもあまり興味がありません。

興味が無いものが、自身に取っての大きな問題になる事を望まないのです。

結果として、言いなりになる事で穏便にやり過ごそうとする局面が増えてしまいます。

強いコンプレックスがある

生い立ち、容姿、学歴、社会的地位など、世間にはコンプレックスを感じさせる要素が多々あります。

それらの要因で引け目を感じ、自分に自信が無い場合も、誰かの言いなりになりやすいでしょう。

自分に自信が無ければ、自分が考える事にも、自分が決定する事にも自信が持てません。

そういう人は、自信を持った他者が決める事に従う事で安心感が得られるのです。

読書体験が少なすぎる

読書は、考える力と、疑うセンスを与えてくれます。

また、自分だけでは経験する事のできない様々な人生を疑似体験させてくれます。

その中で、人生における多数のシチューエーションを予習しておけるのです。

また、先人の多種多様な考えや意見に触れる事ができますから、絶対に正しいものなど無いという事を理解できるのです。

これらの体験が無いと、人の言う事に疑いを持てなくなったり、そもそも考える事自体が面倒になるのです。

実は運が良い

人の言いなりになって、非常に悪い結果になった場合は、二度と言いなりにはなるまいと考えるでしょう。

ですが、今も言いなりになっている場合、あまり悪い結果にならなかったのだと考える事が出来ます。

世の中には、善人もいれば、悪人もいます。

そんな状況で、言いなりになったままで、あまり痛い目にあっていないのですから、ある意味運が良いといえるのではないでしょうか。

以上が、人の言いなりになる人の特徴13選となります。

若い頃は分かりませんが、大人になり社会人になると、ほとんどの方が前述の特徴の多くに当てはまるのではないでしょうか。

会社の上司、家族、親族の「言いなり」になっていませんか?

やはり、社会を円滑に運営するには、言いなりになる人が多い方が良いのです。

「自分を持て」と囃す方もいますが、よほど特異な人物に騙されない限り、ある程度は人の言いなりになるのが賢い生き方でしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-