【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519172918.html
上昇志向の強い人の特徴

上昇志向の強い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
上昇志向の強い人の特徴

上昇志向の強い人は、別の言い方をするとある一定の権力をにぎりたいという権利欲や、他人よりも早く出世したいという出世欲の強い人です。

そのため、仕事もバリバリこなすので、企業にとっては、ありがたい人材です。

上昇志向の強い人には、次のような特徴があります。

  • 自己顕示欲が強く、アピールがうまい
  • 結果を求める
  • 負けず嫌い
  • 一生懸命、取り組む
  • 責任感も強く、全力で取り組む
  • 過去にこだわらない
  • 思い入れが強い
  • 問題意識や目的意識が明確
  • 他者の評価を気にする
  • 他者のために
  • 劣等感の持ち主
  • 人間関係も計算の上
  • 影での努力がある
  • まとめ

1. 自己顕示欲が強く、アピールがうまい

自己顕示欲が強く、アピールがうまい

上昇志向の強い人は、自己顕示欲が強く、様々な場において、目立とうという精神が見受けられます。

さりげない名刺配りや記念写真での位置取りなど、人の影に隠れることがなく、常に、輪の中心部分で活動しています。

また、自己アピールにも長けていて、プレゼン前の自己紹介の一言でも、単に名前を名乗るだけでなく、ちょっとしたエピソードを添えたりします。

提案や会話の折にも「私は」「私が」と、主語を「私」ではじめることが、多多あります。

2. 結果を求める

結果を求める

何事も、どんな結果を残したかを重要視する結果主義の傾向にあります。

結果を出すためには、どんな努力も惜しまず、全身全霊、結果に向かって邁進します。

そのため、周りも引きづられることになり、迷惑を被ることがあります。

それでも、曖昧な形では終わらせない、強い意志をもっていて、結果をだせるよう努力を惜しみません。

3. 負けず嫌い

負けず嫌い

ちょっとしたことでも、自分が一歩でも前に出て、勝っていないと気分が悪い性格の持ち主です。

そのために、どんなことにも全力でぶつかっていきます。

そのため、周りがあまり努力をしていないと、それが不満で、腹を立てることもあります。

常に、一番をねらって行動しています。

4. 一生懸命、取り組む

一生懸命、取り組む

上記の項と同じで、全てのことに一生懸命、全力で取り組みます。

従って、適当なところで妥協するということは、許せません。

適当なところで手を打つようなことをせずに、ベストを尽くして、完璧な仕事をめざしますので、周りが迷惑する面もありますが、全体的にはよい結果を残すのですから、社にとっても好ましい人材です。

5. 責任感も強く、全力で取り組む

責任感も強く、全力で取り組む

前項とも似たような内容ですが、色んな課題に真正面からぶつかって行く強さと、最後までやり通す堅固な意志をもっています。

その裏には、強い責任感があるのだろうと思われますが、課題を全身で受け止め、克服に向かって、持てる力を出し切ることを苦にしません。

ただ、それが行き過ぎて、周りと協調する面に欠けることがあるのが、マイナス点です。

6. 過去にこだわらない

過去にこだわらない

終わったことは終わったこととして、たとえ、それが失敗であったにしても、くよくよといつまでも引きづりません。

済んでしまったことは、もう仕方がありません。

それよりも次のステップを大事に志向します。

次を信じて、前進あるのみ、過去に拘泥せず、常に、次に向かって歩を進めるタイプが、上昇志向の人には、多く見られます。

7. 思い入れが強い

思い入れが強い

何事に対しても、そのことに関する思い入れは非常に強く、その解決や完成をめざして、精力的に行動する様子が感じられ、熱くなりやすいタイプだとも言えそうです。

また、そうでないとトントン拍子での出世は、望めないでしょうが、生来だらだらとは進められない性格であるのかもしれません。

8. 問題意識や目的意識が明確

問題意識や目的意識が明確

精力的に物事を進めるタイプであることは、何度か述べてきましたが、その裏には、問題意識がはっきりとしていることが、あげられます。

問題点は何なのかが、明確に分析されているからこそ、一心に努力できるわけです。

さらに、目的意識もしっかりしているので、無駄のない仕事を遂行することができることになります。

問題や目的が、自分の中で、十分に理解され、分析されて、理解、納得されているから、精力的に、全力で取り組める訳です。

9. 他者の評価を気にする

他者の評価を気にする

他者がどう評価しているかを、とれも気にするタイプです。

自己評価も行いますが、それよりも何よりも、他の人がどういう評価を下しているのかが最大の関心事です。

それは、他者の評価が、上昇へのカギを握っているからです。

周りからの評価によって、上になるわけで、自分の評価では、どうしても客観的な評価にはなり得ませんので、他者の評価が気になるというのは、しごく当然なことです。

10. 他者のために

他者のために

色んなことにがんばりますが、それは、決して自分のためではなく、人のために努力をしています。

まさに、「情けは人のためならず」を地で行くようなものです。

計算高い訳ではありませんが、いつかは自分に返ってくるという信念があるからこそ、全力で取り組める訳です。

そうした意味では、先見の明があるとも言えそうです。

11. 劣等感の持ち主

劣等感の持ち主

自己顕示欲が強いと言うことは、逆に見れば、自分は見られていない、評価されていないという、やや劣等感を抱いている傾向にあるとも取ることができます。

全力でがんばる影には、他人には負けたくないという、人より優れた存在でありたいという気持ちが隠れているのかも知れません。

「私が」「私は」と、主語が誰であるかを意識して協調するのは、まだまだ認められていないと認識している思いの表れかもしれません。

12. 人間関係も計算の上

人間関係も計算の上

職場の人間関係も、全てではありませんが、上昇するのに必要か否かの天秤にかけて、関わり方に軽重をつけるなど、計算尽くで行っていることがあります。

そのため、時と場合によっては、人を見下すような行動に出ることもあって、一部の人間には嫌われる存在になることもあります。

上位の人との関係を重んじ、阿ることは当然の人間関係作りの結果です。

13. 影での努力がある

影での努力がある

人の目のないところ、見えないところ、影の部分でかなりの努力をしています。

それは、エクセルやワードといったもののスキルであったり、英会話やビジネス英語のスキルであったりと、将来必要となるであろうスキルや資格を人知れず勉強し、習得して、いざという時に、あわてないように、すぐに対応できるように、努力しています。

そうした自己投資には、金も労力を惜しまない努力家タイプの人です。

まとめ

上昇志向と言うと、周りの人間を蹴散らして、自分さえ良ければのイメージが強く感じられます。

しかし、人よりも一歩でも先んずるためには、人知れず、努力をすることが必要で、そうするための強い目的意識や達成意識をもった、過去にくよくよしない、常に、前向きである人物像が見えてくるようです。

上昇志向の強い人は、別の言い方をするとある一定の権力をにぎりたいという権利欲や、他人よりも早く出世したいという出世欲の強い人です。

そのため、仕事もバリバリこなすので、企業にとっては、ありがたい人材です。

上昇志向の強い人には、次のような特徴があります。


自己顕示欲が強く、アピールがうまい

上昇志向の強い人は、自己顕示欲が強く、様々な場において、目立とうという精神が見受けられます。

さりげない名刺配りや記念写真での位置取りなど、人の影に隠れることがなく、常に、輪の中心部分で活動しています。

また、自己アピールにも長けていて、プレゼン前の自己紹介の一言でも、単に名前を名乗るだけでなく、ちょっとしたエピソードを添えたりします。

提案や会話の折にも「私は」「私が」と、主語を「私」ではじめることが、多多あります。

結果を求める

何事も、どんな結果を残したかを重要視する結果主義の傾向にあります。

結果を出すためには、どんな努力も惜しまず、全身全霊、結果に向かって邁進します。

そのため、周りも引きづられることになり、迷惑を被ることがあります。

それでも、曖昧な形では終わらせない、強い意志をもっていて、結果をだせるよう努力を惜しみません。

負けず嫌い

ちょっとしたことでも、自分が一歩でも前に出て、勝っていないと気分が悪い性格の持ち主です。

そのために、どんなことにも全力でぶつかっていきます。

そのため、周りがあまり努力をしていないと、それが不満で、腹を立てることもあります。

常に、一番をねらって行動しています。

一生懸命、取り組む

上記の項と同じで、全てのことに一生懸命、全力で取り組みます。

従って、適当なところで妥協するということは、許せません。

適当なところで手を打つようなことをせずに、ベストを尽くして、完璧な仕事をめざしますので、周りが迷惑する面もありますが、全体的にはよい結果を残すのですから、社にとっても好ましい人材です。

責任感も強く、全力で取り組む

前項とも似たような内容ですが、色んな課題に真正面からぶつかって行く強さと、最後までやり通す堅固な意志をもっています。

その裏には、強い責任感があるのだろうと思われますが、課題を全身で受け止め、克服に向かって、持てる力を出し切ることを苦にしません。

ただ、それが行き過ぎて、周りと協調する面に欠けることがあるのが、マイナス点です。

過去にこだわらない

終わったことは終わったこととして、たとえ、それが失敗であったにしても、くよくよといつまでも引きづりません。

済んでしまったことは、もう仕方がありません。

それよりも次のステップを大事に志向します。

次を信じて、前進あるのみ、過去に拘泥せず、常に、次に向かって歩を進めるタイプが、上昇志向の人には、多く見られます。

思い入れが強い

何事に対しても、そのことに関する思い入れは非常に強く、その解決や完成をめざして、精力的に行動する様子が感じられ、熱くなりやすいタイプだとも言えそうです。

また、そうでないとトントン拍子での出世は、望めないでしょうが、生来だらだらとは進められない性格であるのかもしれません。

問題意識や目的意識が明確

精力的に物事を進めるタイプであることは、何度か述べてきましたが、その裏には、問題意識がはっきりとしていることが、あげられます。

問題点は何なのかが、明確に分析されているからこそ、一心に努力できるわけです。

さらに、目的意識もしっかりしているので、無駄のない仕事を遂行することができることになります。

問題や目的が、自分の中で、十分に理解され、分析されて、理解、納得されているから、精力的に、全力で取り組める訳です。

他者の評価を気にする

他者がどう評価しているかを、とれも気にするタイプです。

自己評価も行いますが、それよりも何よりも、他の人がどういう評価を下しているのかが最大の関心事です。

それは、他者の評価が、上昇へのカギを握っているからです。

周りからの評価によって、上になるわけで、自分の評価では、どうしても客観的な評価にはなり得ませんので、他者の評価が気になるというのは、しごく当然なことです。

他者のために

色んなことにがんばりますが、それは、決して自分のためではなく、人のために努力をしています。

まさに、「情けは人のためならず」を地で行くようなものです。

計算高い訳ではありませんが、いつかは自分に返ってくるという信念があるからこそ、全力で取り組める訳です。

そうした意味では、先見の明があるとも言えそうです。

劣等感の持ち主

自己顕示欲が強いと言うことは、逆に見れば、自分は見られていない、評価されていないという、やや劣等感を抱いている傾向にあるとも取ることができます。

全力でがんばる影には、他人には負けたくないという、人より優れた存在でありたいという気持ちが隠れているのかも知れません。

「私が」「私は」と、主語が誰であるかを意識して協調するのは、まだまだ認められていないと認識している思いの表れかもしれません。

人間関係も計算の上

職場の人間関係も、全てではありませんが、上昇するのに必要か否かの天秤にかけて、関わり方に軽重をつけるなど、計算尽くで行っていることがあります。

そのため、時と場合によっては、人を見下すような行動に出ることもあって、一部の人間には嫌われる存在になることもあります。

上位の人との関係を重んじ、阿ることは当然の人間関係作りの結果です。

影での努力がある

人の目のないところ、見えないところ、影の部分でかなりの努力をしています。

それは、エクセルやワードといったもののスキルであったり、英会話やビジネス英語のスキルであったりと、将来必要となるであろうスキルや資格を人知れず勉強し、習得して、いざという時に、あわてないように、すぐに対応できるように、努力しています。

そうした自己投資には、金も労力を惜しまない努力家タイプの人です。

上昇志向と言うと、周りの人間を蹴散らして、自分さえ良ければのイメージが強く感じられます。

しかし、人よりも一歩でも先んずるためには、人知れず、努力をすることが必要で、そうするための強い目的意識や達成意識をもった、過去にくよくよしない、常に、前向きである人物像が見えてくるようです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-