【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519172915.html
香港の特徴

香港の特徴 | LADYCO

LADYCO
香港の特徴

香港と言えば、ごはんが美味しくて、ネオンがきれいで、日本からも遠くなくて行きやすい国。

など、いろいろ思い浮かぶかと思います。

しかし、香港の意外なイメージかもしれませんが、実は世界一、億万長者が住んでいる国だったりするのです。

  • イメージ
  • 飲食店
  • 交通機関
  • オクトパスカード
  • 九龍(カオルーン)
  • 尖沙咀(チムサーチョイ)
  • 億万長者
  • オフショア諸国
  • まとめ

1. イメージ

イメージ

香港に行ってみると、旅行パンフレットや観光雑誌でよく目にするような、道路の上に突き出したネオンの看板や、安くて美味しいお店が立ち並んでます。

あと100万ドルの夜景。

と賞賛される夜景も本当にきれいです。

ですので、旅行に行って「思ってたのと違うかった!」というギャップがほとんどないのが香港のいいところでもあるかもしれません。

また、もともと香港はイギリスの統治下であった歴史があるため、イギリス文化が残っているところもあります。

とくに、高級ホテルのアフタヌーンティーは有名で、紅茶を始め、お料理もとてもおいしいです。

2. 飲食店

飲食店

香港の街のレストランは、営業時間が朝早くから夜遅くまで開いているのが特徴的で、朝ごはんを家で食べずに、外に食べに行って、そこから出勤やら通学などする人が多いです。

その為、朝ごはんを食堂やレストランに食べに行くと、お客さんの多いことに驚きますし、またほとんどのお店で強制的に相席になります。

知らない人と結構近い距離感で食べることになるのです。

この近距離感に日本人は慣れていないので、ビックリする人も多いと思います。

また、店員さんも笑顔で接客する人は少なくて、それに広東語が怒って聞こえるのも無愛想で、そっけない感じに思えてしまうところかもしれません。

(実際は怒ってない。

と現地の人がおっしゃっていました。

3. 交通機関

交通機関

香港は交通機関も充実していて移動にはほとんど困りません。

空港も24時間営業ですし、深夜に空港に到着してもバス、タクシーも動いているので困りません。

電車が運行時間内であれば特急電車1本で中心部まで行くことができます。

主な交通手段は、電車か車、タクシー、バスが一般的で日本と特に変わりません。

4. オクトパスカード

オクトパスカード

電子マネーが発展しているので、オクトパスカードというものに(日本でいうSuicaなどの電子マネーカード)お金をチャージしていれば、電車の運賃だけでなくコンビニでも気軽に支払いできてしまいます。

(オクトパスカードは空港で購入できるので、そこでチャージしておくととても便利です)

5. 九龍(カオルーン)

九龍(カオルーン)

香港の街を散策していると、地元の人が多いのはもちろんですが、欧米人の人をよく見かけます。

観光で香港に来てる方も見受けられますが、スーツを着ていかにもビジネスマン(ウーマン)の人も本当に多いです。

香港の九龍(カオルーン)では特に欧米人の方の方が多く見受けられ、それだけ香港がグローバルに発展してるんだな。

とわかります。

そのためか、この地域では現地の人も英語を喋れる人が多いです。

6. 尖沙咀(チムサーチョイ)

尖沙咀(チムサーチョイ)

九龍では欧米人が多いかと思うと、尖沙咀(チムサーチョイ)ではインド系の方が多く小さいお店で物販していたり、レストランを開いていたります。

現地の人も多い場所ですが、こちらはどちらかというと、庶民的ですし、英語も通じません。

広東語も通じません。

小さな別の国に来てしまった感覚にさせてくれる不思議な空間の場所があります。

7. 億万長者

億万長者

いろいろな国からビジネスで来ていたり、観光で来ていたりする香港ですが、意外にも香港は600人に一人が億万長者がいてる。

と言わています。

今現在アメリカ大統領のトランプ氏も香港にトランプタワーと言われるビルを所有しています。

その他のお金持ちの人のほとんどは、高級マンション地域に住んでいたり、高級ホテルに一室借りて住んでいたりします。

そのため、香港庶民的なネオンあふれる街並みと、閑静な住宅、高級ホテルとの差がともて大きいと感じてしまいます。

8. オフショア諸国

オフショア諸国

海外からのビジネスや、そういったお金持ちの人が香港に集まる理由の一つとして香港は「オフショア諸国」であることが大きいと思います。

オフショア諸国というのは簡単に言うと、低い税率であるということです。

そのためビジネスや投資がしやすく、世界中からお金が集まりやすい。

ということです。

まとめ

小さい島国の香港ですが、たくさんの人種の方が住み、世界の経済を動かしているかと思えば、地元の人が元気に商売をし、活気ある街を育てているのが香港だと思います。

気候も一年を通して温暖ですので過ごしやすいのも魅力のひとつだと思います。

数日間の旅行だけでも、ネオンなど目で楽しんで、味で楽しんで、経済の発達を体で体感して、本当にいろいろな楽しみができると思います。

楽しみといえば、香港にはディズニーランドもありますし、カジノで有名なマカオにもすぐに行くことができます。

身近な香港を楽しんでもらいたいです。

香港と言えば、ごはんが美味しくて、ネオンがきれいで、日本からも遠くなくて行きやすい国。

など、いろいろ思い浮かぶかと思います。

しかし、香港の意外なイメージかもしれませんが、実は世界一、億万長者が住んでいる国だったりするのです。


イメージ

香港に行ってみると、旅行パンフレットや観光雑誌でよく目にするような、道路の上に突き出したネオンの看板や、安くて美味しいお店が立ち並んでます。

あと100万ドルの夜景。

と賞賛される夜景も本当にきれいです。

ですので、旅行に行って「思ってたのと違うかった!」というギャップがほとんどないのが香港のいいところでもあるかもしれません。

また、もともと香港はイギリスの統治下であった歴史があるため、イギリス文化が残っているところもあります。

とくに、高級ホテルのアフタヌーンティーは有名で、紅茶を始め、お料理もとてもおいしいです。

飲食店

香港の街のレストランは、営業時間が朝早くから夜遅くまで開いているのが特徴的で、朝ごはんを家で食べずに、外に食べに行って、そこから出勤やら通学などする人が多いです。

その為、朝ごはんを食堂やレストランに食べに行くと、お客さんの多いことに驚きますし、またほとんどのお店で強制的に相席になります。

知らない人と結構近い距離感で食べることになるのです。

この近距離感に日本人は慣れていないので、ビックリする人も多いと思います。

また、店員さんも笑顔で接客する人は少なくて、それに広東語が怒って聞こえるのも無愛想で、そっけない感じに思えてしまうところかもしれません。

(実際は怒ってない。

と現地の人がおっしゃっていました。

交通機関

香港は交通機関も充実していて移動にはほとんど困りません。

空港も24時間営業ですし、深夜に空港に到着してもバス、タクシーも動いているので困りません。

電車が運行時間内であれば特急電車1本で中心部まで行くことができます。

主な交通手段は、電車か車、タクシー、バスが一般的で日本と特に変わりません。

オクトパスカード

電子マネーが発展しているので、オクトパスカードというものに(日本でいうSuicaなどの電子マネーカード)お金をチャージしていれば、電車の運賃だけでなくコンビニでも気軽に支払いできてしまいます。

(オクトパスカードは空港で購入できるので、そこでチャージしておくととても便利です)

九龍(カオルーン)

香港の街を散策していると、地元の人が多いのはもちろんですが、欧米人の人をよく見かけます。

観光で香港に来てる方も見受けられますが、スーツを着ていかにもビジネスマン(ウーマン)の人も本当に多いです。

香港の九龍(カオルーン)では特に欧米人の方の方が多く見受けられ、それだけ香港がグローバルに発展してるんだな。

とわかります。

そのためか、この地域では現地の人も英語を喋れる人が多いです。

尖沙咀(チムサーチョイ)

九龍では欧米人が多いかと思うと、尖沙咀(チムサーチョイ)ではインド系の方が多く小さいお店で物販していたり、レストランを開いていたります。

現地の人も多い場所ですが、こちらはどちらかというと、庶民的ですし、英語も通じません。

広東語も通じません。

小さな別の国に来てしまった感覚にさせてくれる不思議な空間の場所があります。

億万長者

いろいろな国からビジネスで来ていたり、観光で来ていたりする香港ですが、意外にも香港は600人に一人が億万長者がいてる。

と言わています。

今現在アメリカ大統領のトランプ氏も香港にトランプタワーと言われるビルを所有しています。

その他のお金持ちの人のほとんどは、高級マンション地域に住んでいたり、高級ホテルに一室借りて住んでいたりします。

そのため、香港庶民的なネオンあふれる街並みと、閑静な住宅、高級ホテルとの差がともて大きいと感じてしまいます。

オフショア諸国

海外からのビジネスや、そういったお金持ちの人が香港に集まる理由の一つとして香港は「オフショア諸国」であることが大きいと思います。

オフショア諸国というのは簡単に言うと、低い税率であるということです。

そのためビジネスや投資がしやすく、世界中からお金が集まりやすい。

ということです。

小さい島国の香港ですが、たくさんの人種の方が住み、世界の経済を動かしているかと思えば、地元の人が元気に商売をし、活気ある街を育てているのが香港だと思います。

気候も一年を通して温暖ですので過ごしやすいのも魅力のひとつだと思います。

数日間の旅行だけでも、ネオンなど目で楽しんで、味で楽しんで、経済の発達を体で体感して、本当にいろいろな楽しみができると思います。

楽しみといえば、香港にはディズニーランドもありますし、カジノで有名なマカオにもすぐに行くことができます。

身近な香港を楽しんでもらいたいです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-