【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519163721.html
受け身な男性の特徴

受け身な男性の特徴 | LADYCO

LADYCO
受け身な男性の特徴

受け身な男性にはいくつかの特徴、そして恋愛傾向があります。

ここではそのうちの13個について取り上げています。

  • 人の意見を容易に聞き入れる
  • 積極的ではない
  • 人の意見を求める
  • 怒らない
  • 中心人物にはなりたくない
  • 自分から告白しない
  • 平和主義
  • 謙遜である
  • 周りをイライラさせることがある
  • 自分からは何も行わない
  • こだわりがない
  • 前もって準備すればOK
  • 電話をかける
  • まとめ

1. 人の意見を容易に聞き入れる

人の意見を容易に聞き入れる

受け身の性格の男性は人の意見を聞き入れることが容易です。

そのため協調性や平和主義者という印象を与えることができます。

このタイプの人は意見の食い違いによって他の人ともめることが滅多にありません。

しかし場合によっては自分の意見を述べないつまらない人という印象を与えることもあります。

2. 積極的ではない

積極的ではない

受け身の男性は積極的な印象を与えることがありません。

そもそも積極性というものは自分から何かを進んで行う態度のことです。

しかし上記でも考えたように受け身の性格は他の人の意見を聞き入れる体制をいつも整えており、どちらかちうとそれに従うことを主として物事を進めています。

そのため積極性に欠けているという印象を周りに与えてしまうのです。

3. 人の意見を求める

人の意見を求める

受け身の男性は意見を求められた際に自分か思っていることを述べるのではなく、「君はどう思う」といったような感じで他の人の意見をまずは聞こうという姿勢を貫きます。

このような態度も人の意見を聞き入れる体制を常に整えていることの表れであり、自分の意見よりも他の人の意見を重要視することを第一に考えています。

4. 怒らない

怒らない

受け身の男性は誰かに言いがかりをつけられたとしても、それに対して怒りません。

なぜならこのタイプの男性は言いがかりなどの理不尽な行動に対しても受け身の姿勢を取るからです。

つまり「それは間違っている」とはっきりと述べてことを大きくするよりも、自分が誤ってその場を和ませる方がよいと考えるのです。

このような状況判断は正しいこともありますが、いつもこの調子ですと疲れてしまうことがあります。

5. 中心人物にはなりたくない

中心人物にはなりたくない

受け身の男性が中心人物となると周りの人の意見に対して丁寧に対応することになります。

このようなことは素晴らしいことです。

しかしこのような態度も次第に疲労を生じさせるようになり、最終的には頭がパンクしてしまいます。

このような状況を考慮し、受け身の性格である男性の多くは中心人物となることを嫌います。

6. 自分から告白しない

自分から告白しない

受け身の男性は自分から好きな女性に告白することができません。

そのため女性の方から告白されるのを待つ形になります。

また場合によっては自分が好きではなかった女性から告白されてもOKしてしまうこともあり、本人としても不思議な状況が生じることがあります。

しかし受け身の男性は基本的に優しいために、このような女性とお付き合いしても上手くいくことが多々あります。

7. 平和主義

平和主義

基本的に受け身の男性は平和主義です。

そのため周りとトラブルになることは滅多にありません。

このような状況も相まって、受け身の性格の男性は優しい人という印象を与えることもあります。

そのためいわゆる「敵」となる人も少なく、誰とでも比較的容易に仲良くすることができます。

8. 謙遜である

謙遜である

受け身の性格の男性は謙遜であるのが一般的です。

自分の意見を無理にでも主張するのではなく、周りの意見を尊重する態度は謙遜なん人にしかできないことです。

また受け身でありながらも考え深い人の場合、何が最善であるかを考慮し、周りの人が述べた意見が意図していることと大きくかけ離れていなければそれを受け入れるという姿勢を貫きます。

9. 周りをイライラさせることがある

周りをイライラさせることがある

協調性や平和主義、そして謙遜さといった良い特質を備えている受け身の男性ですが、何を考えるわけでもなくただ面倒なゆえにとりあえず受け身になろうという人もいます。

このような人は優柔不断であることがり、自分では物事を決定できません。

そのため周りの人が急いでいるときなどはネックとなり、イライラの原因を作ることがあります。

10. 自分からは何も行わない

自分からは何も行わない

誰かの指示に対してはパッと行動できるものの、自分で何を行ったらよいかを考えることが苦手なのも受け身の男性の特徴です。

そのため誰かの指示を待っている間はボーッとしてしまうこともあり、貴重な時間が奪われてしまうこともあります。

このタイプの人は引っ越し業や職人など、自分で考えて行う仕事には適していないことがあります。

11. こだわりがない

こだわりがない

受け身の性格の人はあまりこだわりがありません。

そのため服装なども特にこだわったアイテムを組み合わせることがなく、いわゆるオーソドックスな服装をしています。

また彼女ができた場合、彼女が購入した服をそのまま着用するという人もいます。

お金がかからないのはメリットですが、このような男性とお付き合いする女性はもう少しおしゃれに関心を抱いてほしいと感じます。

しかし彼女の力は偉大ですので、彼女のお願いに応えようとおしゃれに目覚める男性もいます。

12. 前もって準備すればOK

前もって準備すればOK

受け身の男性は何となく頼りなさそうに見えてしまいますが、それは性格ゆえのことです。

そのためきちんと準備をし、自分が行うべき事柄をわきまえておくなら、しっかりと行動することができます。

そのためこのタイプの人に何かを任せる場合、十分前もってお願いしておくと物事がスムーズに運びます。

13. 電話をかける

電話をかける

受け身の男性は電話をかける回数が多くなります。

なぜなら自分で決定して行動することができず、不安になると誰かの指示を求めるのです。

現在では多くの人が携帯電話を所有しています。

このような状況は受け身の男性にしてみれば非常に嬉しい状況であり、不安を解消するのに役立っているのです。

しかし注意していないと携帯電話の料金がかかってしまうために、不安だからと言ってすぐに電話するのはふさわしくありません。

まとめ

受け身の性格の人は自己中心的ではないために、褒められるべきです。

また周りの人とも上手にやっていくことができるという特徴も有しており、このような点でも優れています。

しかしときには積極性を示さなければならない状況も生じます。

このようなときにただ受け身の体制でいると物事が上手く運びません。

また自分で考えて行動することができなくなり、まわりをイライラさせることがあります。

そのためこうした点での改善は必要です。

受け身な男性にはいくつかの特徴、そして恋愛傾向があります。

ここではそのうちの13個について取り上げています。


人の意見を容易に聞き入れる

受け身の性格の男性は人の意見を聞き入れることが容易です。

そのため協調性や平和主義者という印象を与えることができます。

このタイプの人は意見の食い違いによって他の人ともめることが滅多にありません。

しかし場合によっては自分の意見を述べないつまらない人という印象を与えることもあります。

積極的ではない

受け身の男性は積極的な印象を与えることがありません。

そもそも積極性というものは自分から何かを進んで行う態度のことです。

しかし上記でも考えたように受け身の性格は他の人の意見を聞き入れる体制をいつも整えており、どちらかちうとそれに従うことを主として物事を進めています。

そのため積極性に欠けているという印象を周りに与えてしまうのです。

人の意見を求める

受け身の男性は意見を求められた際に自分か思っていることを述べるのではなく、「君はどう思う」といったような感じで他の人の意見をまずは聞こうという姿勢を貫きます。

このような態度も人の意見を聞き入れる体制を常に整えていることの表れであり、自分の意見よりも他の人の意見を重要視することを第一に考えています。

怒らない

受け身の男性は誰かに言いがかりをつけられたとしても、それに対して怒りません。

なぜならこのタイプの男性は言いがかりなどの理不尽な行動に対しても受け身の姿勢を取るからです。

つまり「それは間違っている」とはっきりと述べてことを大きくするよりも、自分が誤ってその場を和ませる方がよいと考えるのです。

このような状況判断は正しいこともありますが、いつもこの調子ですと疲れてしまうことがあります。

中心人物にはなりたくない

受け身の男性が中心人物となると周りの人の意見に対して丁寧に対応することになります。

このようなことは素晴らしいことです。

しかしこのような態度も次第に疲労を生じさせるようになり、最終的には頭がパンクしてしまいます。

このような状況を考慮し、受け身の性格である男性の多くは中心人物となることを嫌います。

自分から告白しない

受け身の男性は自分から好きな女性に告白することができません。

そのため女性の方から告白されるのを待つ形になります。

また場合によっては自分が好きではなかった女性から告白されてもOKしてしまうこともあり、本人としても不思議な状況が生じることがあります。

しかし受け身の男性は基本的に優しいために、このような女性とお付き合いしても上手くいくことが多々あります。

平和主義

基本的に受け身の男性は平和主義です。

そのため周りとトラブルになることは滅多にありません。

このような状況も相まって、受け身の性格の男性は優しい人という印象を与えることもあります。

そのためいわゆる「敵」となる人も少なく、誰とでも比較的容易に仲良くすることができます。

謙遜である

受け身の性格の男性は謙遜であるのが一般的です。

自分の意見を無理にでも主張するのではなく、周りの意見を尊重する態度は謙遜なん人にしかできないことです。

また受け身でありながらも考え深い人の場合、何が最善であるかを考慮し、周りの人が述べた意見が意図していることと大きくかけ離れていなければそれを受け入れるという姿勢を貫きます。

周りをイライラさせることがある

協調性や平和主義、そして謙遜さといった良い特質を備えている受け身の男性ですが、何を考えるわけでもなくただ面倒なゆえにとりあえず受け身になろうという人もいます。

このような人は優柔不断であることがり、自分では物事を決定できません。

そのため周りの人が急いでいるときなどはネックとなり、イライラの原因を作ることがあります。

自分からは何も行わない

誰かの指示に対してはパッと行動できるものの、自分で何を行ったらよいかを考えることが苦手なのも受け身の男性の特徴です。

そのため誰かの指示を待っている間はボーッとしてしまうこともあり、貴重な時間が奪われてしまうこともあります。

このタイプの人は引っ越し業や職人など、自分で考えて行う仕事には適していないことがあります。

こだわりがない

受け身の性格の人はあまりこだわりがありません。

そのため服装なども特にこだわったアイテムを組み合わせることがなく、いわゆるオーソドックスな服装をしています。

また彼女ができた場合、彼女が購入した服をそのまま着用するという人もいます。

お金がかからないのはメリットですが、このような男性とお付き合いする女性はもう少しおしゃれに関心を抱いてほしいと感じます。

しかし彼女の力は偉大ですので、彼女のお願いに応えようとおしゃれに目覚める男性もいます。

前もって準備すればOK

受け身の男性は何となく頼りなさそうに見えてしまいますが、それは性格ゆえのことです。

そのためきちんと準備をし、自分が行うべき事柄をわきまえておくなら、しっかりと行動することができます。

そのためこのタイプの人に何かを任せる場合、十分前もってお願いしておくと物事がスムーズに運びます。

電話をかける

受け身の男性は電話をかける回数が多くなります。

なぜなら自分で決定して行動することができず、不安になると誰かの指示を求めるのです。

現在では多くの人が携帯電話を所有しています。

このような状況は受け身の男性にしてみれば非常に嬉しい状況であり、不安を解消するのに役立っているのです。

しかし注意していないと携帯電話の料金がかかってしまうために、不安だからと言ってすぐに電話するのはふさわしくありません。

受け身の性格の人は自己中心的ではないために、褒められるべきです。

また周りの人とも上手にやっていくことができるという特徴も有しており、このような点でも優れています。

しかしときには積極性を示さなければならない状況も生じます。

このようなときにただ受け身の体制でいると物事が上手く運びません。

また自分で考えて行動することができなくなり、まわりをイライラさせることがあります。

そのためこうした点での改善は必要です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-