【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519161932.html
ストレスに強い人の特徴

ストレスに強い人の特徴 | LADYCO

LADYCO
ストレスに強い人の特徴

仕事や家庭、思い通りにいかないことが重なるとストレスが溜まって体調不良や精神的に支障をきたしてしまうことがあります。

ここではストレスに強い人の特徴をまとめてみました。

参考にしてみてくださいね。

  • 忘れっぽい
  • 大らかな性格
  • 楽しみを持っている
  • 愛情が満たされている
  • 心身共に健康体である
  • 苦労した経験を乗り越えてきた
  • マイペース主義
  • 鈍感力がある
  • 要領が良い
  • 10 責任を負うことはあえてしない
  • 切り替えが早い
  • 感情を素直に出せる
  • 自然体である
  • まとめ

1. 忘れっぽい

忘れっぽい

ストレスに強い人はいい意味で忘れっぽいところがあります。

嫌味を言われた、嫌がらせをされた、こういったネガティブな事も一瞬は嫌な気持ちになったとしても引きずらないのです。

一晩寝たらけろっと忘れてしまうさっぱりとしたタイプでもあります。

2. 大らかな性格

大らかな性格

ストレスを溜めてしまう人は神経質で細やかなところがあります。

となれば、ストレスが溜まらない、強い人はその逆なのです。

大雑把、細かい事に気がつかないといった少々ガサツな面もストレスが溜まらないという点では長所となるのです。

大らかさがあって人あたりも嫌味がないのが特徴ですね。

3. 楽しみを持っている

楽しみを持っている

仕事や家庭に100%満足しているという人は少ないでしょう。

やはりどんな好きな仕事であっても、愛する家族がいる家庭であっても自分以外の人と関わるというのは時には衝突することもあるからです。

また自分の気持ちを押さえて妥協するということも求められるのです。

それに対していちいち不満を持っていてはストレスが溜まります。

仕事で嫌なことがあってもその後で自分の好きなことをするなどして上手く発散することが大事です。

ストレスに強い人というのはオンオフの切り替えができていて、楽しみを自分に与えることが上手です。

4. 愛情が満たされている

愛情が満たされている

ストレスに強い人というのは自分に自信があります。

その自信というのは誰かを愛している、愛されているといった愛情が基本です。

愛し愛されている人というのは少々の困難でも立ち向かえる強さを持っています。

愛情が不足している人は誰かに構ってもらおうとしたり、嫉妬心からいじめや嫌がらせといった行動をとることが多いのです。

愛情が満たされている人はそういった邪悪なオーラを跳ね返す、近寄らせないそんなパワーを持っています。

ですからストレスになりそうなことでもならないという強さがあるのです。

5. 心身共に健康体である

心身共に健康体である

誰でも体調が悪い時はネガティブな考え方になりやすいですし、イライラしてしまいます。

ストレスに強い人の特徴は身体も心も健康であることです。

ストレスというのは体調や精神のバランスを不安定にさせるものです。

ですから元々元気な人ほどストレスに強いのです。

また元気だからこそストレスが溜まらないともいえます。

6. 苦労した経験を乗り越えてきた

苦労した経験を乗り越えてきた

ストレスに強い人の特徴は、苦労した経験がある、困難なことを克服した実績があることでしょう。

苦労知らずで生きてきた人は突然降りかかる災難に対処できません。

泣いたり、文句を言うだけで前向きにはなかなかなれないものですし、ストレス性の病気になってしまうこともあります。

若いうちの苦労は買ってでもしろという言葉がありますが、若い時の苦労はその人自身を成長させるのです。

その後の人生において困難なことが起きても立ち向かえる、乗り越えられる力になります。

何事も経験は宝なのです。

7. マイペース主義

マイペース主義

ストレスを感じにくい人というのも存在します。

それは人と競争しない、比較しない、興味がないといったような人たちです。

マイペース主義であったり、自分大好きな人というのは他人の動向が気になりませんし、また自分がどういう風に思われているかもさほど気にしないのです。

ストレス自体を感じにくく精神的に強いのです。

8. 鈍感力がある

鈍感力がある

ストレスを感じやすい、弱い人は繊細で感受性が強いと言われています。

ストレスに強い人は感受性が弱いとは言いませんが、強くはありません。

どこかクールなところがあります。

また鈍感力が高く傷つきにくい性格でもあります。

9. 要領が良い

要領が良い

ストレスに強い人は、社会生活を送るのも得意です。

要領が良く深く考えない、その場のノリに合わせて上手く楽しめるといった社交的なタイプです。

人に合わせることも得意ですので仕事上でも器用に立ち回れますので出世するタイプです。

10 責任を負うことはあえてしない

10 責任を負うことはあえてしない

ストレスに強い人はいい意味で大胆で物事を気楽に構えることができます。

気が大きくてポジティブな考え方です。

自分を苦しめたり、プレッシャーをかけることはありません。

ですから、大きな責任が生じるようなことは最初から選択しません。

相手とは絶妙な距離感をとり、深く関わり過ぎないようにする知恵も持ってます。

11. 切り替えが早い

切り替えが早い

ストレスに強い人はオンオフの切り替えができます。

また嫌なことがあってもいつまでもそのことにとらわれてくよくよ考えることもありません。

これ以上考えても不愉快になるだけとさっさと忘れてしまうことができるのです。

12. 感情を素直に出せる

感情を素直に出せる

ストレスに弱い人は思ったことが言えない、引っ込み思案なところもあります。

ストレスに強い人は自分の思ったことは素直に表現します。

相手に気を使って自分を押し殺して我慢…といったことはないのです。

13. 自然体である

自然体である

ストレスに強い人の特徴はいつでも自然体であるということです。

人に嫌われたらどうしようとおどおどしたり、相手に合わせてしまう人もいます。

当然ストレスが溜まるのです。

ストレスに強い人は相手に好かれようと頑張ったり、嫌われるのを過剰に恐れたりということはありません。

特に深く考えず自然に任せているといった状態です。

ストレスに弱い人ほど先回りして心配ばかりしたり、不安になっています。

ストレスに強い人はなるようになる、何かあったらその時に考えればいいといった考え方です。

自然体で流れに任せているので余計なストレスは抱え込みませんし、また何かあってもさらっと流せる強さを持っているのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ストレスに強い人の特徴をまとめて紹介しました。

元気な人でもストレスを溜めると病気になってしまうことがあります。

ストレスといっても馬鹿にはできないのです。

ストレスを感じるなというのは無理なことですが、ストレスを感じる時間を少なくする、忘れるように努力するということは誰にでも考え方の癖を変えていくことでできるのではないでしょうか。

ストレスに強い人の特徴に学んで、自分のメンタルを鍛えていくことをおすすめします。

仕事や家庭、思い通りにいかないことが重なるとストレスが溜まって体調不良や精神的に支障をきたしてしまうことがあります。

ここではストレスに強い人の特徴をまとめてみました。

参考にしてみてくださいね。


忘れっぽい

ストレスに強い人はいい意味で忘れっぽいところがあります。

嫌味を言われた、嫌がらせをされた、こういったネガティブな事も一瞬は嫌な気持ちになったとしても引きずらないのです。

一晩寝たらけろっと忘れてしまうさっぱりとしたタイプでもあります。

大らかな性格

ストレスを溜めてしまう人は神経質で細やかなところがあります。

となれば、ストレスが溜まらない、強い人はその逆なのです。

大雑把、細かい事に気がつかないといった少々ガサツな面もストレスが溜まらないという点では長所となるのです。

大らかさがあって人あたりも嫌味がないのが特徴ですね。

楽しみを持っている

仕事や家庭に100%満足しているという人は少ないでしょう。

やはりどんな好きな仕事であっても、愛する家族がいる家庭であっても自分以外の人と関わるというのは時には衝突することもあるからです。

また自分の気持ちを押さえて妥協するということも求められるのです。

それに対していちいち不満を持っていてはストレスが溜まります。

仕事で嫌なことがあってもその後で自分の好きなことをするなどして上手く発散することが大事です。

ストレスに強い人というのはオンオフの切り替えができていて、楽しみを自分に与えることが上手です。

愛情が満たされている

ストレスに強い人というのは自分に自信があります。

その自信というのは誰かを愛している、愛されているといった愛情が基本です。

愛し愛されている人というのは少々の困難でも立ち向かえる強さを持っています。

愛情が不足している人は誰かに構ってもらおうとしたり、嫉妬心からいじめや嫌がらせといった行動をとることが多いのです。

愛情が満たされている人はそういった邪悪なオーラを跳ね返す、近寄らせないそんなパワーを持っています。

ですからストレスになりそうなことでもならないという強さがあるのです。

心身共に健康体である

誰でも体調が悪い時はネガティブな考え方になりやすいですし、イライラしてしまいます。

ストレスに強い人の特徴は身体も心も健康であることです。

ストレスというのは体調や精神のバランスを不安定にさせるものです。

ですから元々元気な人ほどストレスに強いのです。

また元気だからこそストレスが溜まらないともいえます。

苦労した経験を乗り越えてきた

ストレスに強い人の特徴は、苦労した経験がある、困難なことを克服した実績があることでしょう。

苦労知らずで生きてきた人は突然降りかかる災難に対処できません。

泣いたり、文句を言うだけで前向きにはなかなかなれないものですし、ストレス性の病気になってしまうこともあります。

若いうちの苦労は買ってでもしろという言葉がありますが、若い時の苦労はその人自身を成長させるのです。

その後の人生において困難なことが起きても立ち向かえる、乗り越えられる力になります。

何事も経験は宝なのです。

マイペース主義

ストレスを感じにくい人というのも存在します。

それは人と競争しない、比較しない、興味がないといったような人たちです。

マイペース主義であったり、自分大好きな人というのは他人の動向が気になりませんし、また自分がどういう風に思われているかもさほど気にしないのです。

ストレス自体を感じにくく精神的に強いのです。

鈍感力がある

ストレスを感じやすい、弱い人は繊細で感受性が強いと言われています。

ストレスに強い人は感受性が弱いとは言いませんが、強くはありません。

どこかクールなところがあります。

また鈍感力が高く傷つきにくい性格でもあります。

要領が良い

ストレスに強い人は、社会生活を送るのも得意です。

要領が良く深く考えない、その場のノリに合わせて上手く楽しめるといった社交的なタイプです。

人に合わせることも得意ですので仕事上でも器用に立ち回れますので出世するタイプです。

10 責任を負うことはあえてしない

ストレスに強い人はいい意味で大胆で物事を気楽に構えることができます。

気が大きくてポジティブな考え方です。

自分を苦しめたり、プレッシャーをかけることはありません。

ですから、大きな責任が生じるようなことは最初から選択しません。

相手とは絶妙な距離感をとり、深く関わり過ぎないようにする知恵も持ってます。

切り替えが早い

ストレスに強い人はオンオフの切り替えができます。

また嫌なことがあってもいつまでもそのことにとらわれてくよくよ考えることもありません。

これ以上考えても不愉快になるだけとさっさと忘れてしまうことができるのです。

感情を素直に出せる

ストレスに弱い人は思ったことが言えない、引っ込み思案なところもあります。

ストレスに強い人は自分の思ったことは素直に表現します。

相手に気を使って自分を押し殺して我慢…といったことはないのです。

自然体である

ストレスに強い人の特徴はいつでも自然体であるということです。

人に嫌われたらどうしようとおどおどしたり、相手に合わせてしまう人もいます。

当然ストレスが溜まるのです。

ストレスに強い人は相手に好かれようと頑張ったり、嫌われるのを過剰に恐れたりということはありません。

特に深く考えず自然に任せているといった状態です。

ストレスに弱い人ほど先回りして心配ばかりしたり、不安になっています。

ストレスに強い人はなるようになる、何かあったらその時に考えればいいといった考え方です。

自然体で流れに任せているので余計なストレスは抱え込みませんし、また何かあってもさらっと流せる強さを持っているのです。

いかがでしたでしょうか。

ストレスに強い人の特徴をまとめて紹介しました。

元気な人でもストレスを溜めると病気になってしまうことがあります。

ストレスといっても馬鹿にはできないのです。

ストレスを感じるなというのは無理なことですが、ストレスを感じる時間を少なくする、忘れるように努力するということは誰にでも考え方の癖を変えていくことでできるのではないでしょうか。

ストレスに強い人の特徴に学んで、自分のメンタルを鍛えていくことをおすすめします。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-