【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519161917.html
いつも不安な人の特徴

いつも不安な人の特徴 | LADYCO

LADYCO
いつも不安な人の特徴

何をやるにしても、心配事が頭から離れず、いつも不安を感じる人がいます。

そのような人はどのような特徴を持っているのでしょうか。

特徴を知ることで、その人の不安を聞いてあげたり、解決したりする手助けになるかもしれません。

  • いつも周囲の様子を気にしている
  • 必要以上におしゃれしている
  • 目を見て話さない
  • 声が小さい
  • 必要以上に物事を深読みしてしまう
  • 昔の失敗を引きずる
  • 言われたことが心に残り続ける
  • 一つのことを考え出すと止まらない
  • アドバイスや忠告が耳に入らない
  • 依存する人を探してしまう。
  • モノに依存してしまう
  • 積極的に物事に関わろうとしない
  • 過去にトラウマ的な経験をしている
  • まとめ

1. いつも周囲の様子を気にしている

いつも周囲の様子を気にしている

いつも不安な人は、回りにいる人の自分に対する反応を気にします。

そのため、頻繁に回りを見回してみたり、その場にいる人の様子を観察したりします。

自分が悪い風に思われていないか、相手に不快な印象を与えていないか、常に気になってしまうため、そのように行動します。

不安な人の心の中はいつも、「大丈夫かな?」という言葉で占められているのです。

2. 必要以上におしゃれしている

必要以上におしゃれしている

不安な気持ちが強い人は、場のTPOに過剰にこだわり、必要以上のおしゃれをしがちです。

もちろん自分の趣味嗜好でファッションが好きという人もいますが、会社で必要以上に良いスーツを着ていたり、遊びに行くのにまるで結婚式に参加するようなおしゃれをしてくる人にはこの傾向が強いといえます。

不安な人は、その不安を人に見せまいとして、隠すためのおしゃれをしがちです。

3. 目を見て話さない

目を見て話さない

不安な人は、常に相手の反応が気になりますが、相手の反応を直接伺うことに対してもまた恐怖感を持っています。

そのため、話す時相手の目をまっすぐ見て話すことが苦手です。

いつも少し下を向いてしまったり、斜め上の上空を見つめたりします。

4. 声が小さい

声が小さい

不安な気持ちを持つ人は、同じく、自分の言葉を発することも苦手です。

自分が話した時、相手がどういう反応をするか読めなくて不安になるためです。

そのため、話す時は、声が小さくなったり、短い単語で相手のリアクションを待ちながら話したりします。

そして、それを聞いた相手が「この人自信ないのかな?大丈夫か?

と思い、微妙なりアクションを取ることで、不安な人は余計に不安になるという無限ループに陥るのです。

5. 必要以上に物事を深読みしてしまう

必要以上に物事を深読みしてしまう

いつも不安を抱える人は、不安を解消しようとして、物事を深読みする傾向にあります。

予め相手の反応や起こり得る事態を把握しておきたいためです。

「◯◯さんならこんな風に言うだろう」「そこで◯◯さんが助け舟を出すだろう」とか、会話の流れまでシミュレートしようとします。

そのため、仕事の場面では、先読みして行動を起こしたり、顧客のニーズを捉えたりすることが得意で、職場で重宝がられますが、決して自信を持って仕事に取り組むことがありません。

6. 昔の失敗を引きずる

昔の失敗を引きずる

不安な人は、昔失敗したのと同じ場面に出くわすとさらに不安な気持ちが強くなります。

車の運転で以前車をぶつけてしまった道を避けて通ったり、若い時失敗したことがある仕事を避けたりします。

「次からは気をつけよう」ではなく、「また失敗したらどうしよう」という気持ちが勝るのです。

7. 言われたことが心に残り続ける

言われたことが心に残り続ける

常に不安な人は、昔人から言われたことをいつまでも覚えていて繰り返し思い出します。

その人と全く別の場面で遭遇した場合も「あの時こう言われたから」と考えます。

特に自分に取ってネガティブなことを言われた場合、一生のトラウマになることもあります。

8. 一つのことを考え出すと止まらない

一つのことを考え出すと止まらない

不安が強い人は、何か問題や課題がある時、それが解決するまで、考えをやめることができません。

問題が不安となり心を占めてしまいます。

楽天的な人が「まあいいか」と考えを切り替えられるのに対し、不安な人は、ずっと悩み続けます。

9. アドバイスや忠告が耳に入らない

アドバイスや忠告が耳に入らない

いつも不安な人は、悩みごとに対して、人から聞いたアドバイスや忠告を耳に入れることができません。

「こうすればいいよ」と言われても、「でもこういう場合はどうだろう」「でももしこんなことが起こったら」という杞憂の心配が次から次へと湧いて来るからです。

いつも不安な人にアドバイスや忠告をする場合、言い放しではなく、その人の抱えている問題や悩みに一緒に取り組んであげるくらいの覚悟が必要となります。

10. 依存する人を探してしまう。

依存する人を探してしまう。

常に不安な人は、その不安を解消してくれるような言葉を投げかけてくれる人や一緒に悩みを解決しようとしてくれる人を好みます。

そしてその人といると安心するため、べったりとそばにいようとします。

そのため、仲良くなる人とは、恋人でも友人でもとことん仲良くなりますが、一度裏切られてしまったと思うと、怒りをぶつけ、その人を拒絶します。

そうしていくうちに、極端に人付き合いの幅が狭まっていきます。

11. モノに依存してしまう

モノに依存してしまう

かと言って、そのような都合の良い人はそうそう現れません。

その場合、常に不安な人は、モノに依存してしまいます。

タバコや酒を好んだり、ギャンブルに走ったりして不安を忘れようとしがちです。

12. 積極的に物事に関わろうとしない

積極的に物事に関わろうとしない

不安の強い人は、失敗やネガティブな発言を恐れるため、積極的に物事に関わろうとしません。

職場や学校でも最低限の仕事や授業だけこなして飲み会や部活などの余暇の活用は避けようとします。

確実に不安がない自宅などの空間にいる時間を確保して不安を解消しようと努力します。

13. 過去にトラウマ的な経験をしている

過去にトラウマ的な経験をしている

いじめにあったり両親と早くに離れてしまったりというトラウマ的な経験を過去にしている場合、心に不安を抱えてそれが離れなくなってしまうことが起こりやすくなります。

他人の悪いところや怒りに触れすぎてしまうとそれが恐ろしくなり、人の反応を気にして不安になりやすくなります。

まとめ

不安な人にとって、一番の不安のたねは、他人との関わり合いです。

相手が自分にとって何か恐怖に感じるような反応を取ったり、恐ろしいことを言ったりするのでは、という気持ちが強く不安な気持ちから離れることができなくなります。

もしあたなの回りにこの記事の特徴に当てはまるような人がいる場合、まずはそっと見守ってあげましょう、そしてその人が何か話したそうな時は「どうしたの?」と声をかけてあげてください。

常に不安な人は程よい距離で静かに話ができる仲間を求めているかもしれません。

何をやるにしても、心配事が頭から離れず、いつも不安を感じる人がいます。

そのような人はどのような特徴を持っているのでしょうか。

特徴を知ることで、その人の不安を聞いてあげたり、解決したりする手助けになるかもしれません。


いつも周囲の様子を気にしている

いつも不安な人は、回りにいる人の自分に対する反応を気にします。

そのため、頻繁に回りを見回してみたり、その場にいる人の様子を観察したりします。

自分が悪い風に思われていないか、相手に不快な印象を与えていないか、常に気になってしまうため、そのように行動します。

不安な人の心の中はいつも、「大丈夫かな?」という言葉で占められているのです。

必要以上におしゃれしている

不安な気持ちが強い人は、場のTPOに過剰にこだわり、必要以上のおしゃれをしがちです。

もちろん自分の趣味嗜好でファッションが好きという人もいますが、会社で必要以上に良いスーツを着ていたり、遊びに行くのにまるで結婚式に参加するようなおしゃれをしてくる人にはこの傾向が強いといえます。

不安な人は、その不安を人に見せまいとして、隠すためのおしゃれをしがちです。

目を見て話さない

不安な人は、常に相手の反応が気になりますが、相手の反応を直接伺うことに対してもまた恐怖感を持っています。

そのため、話す時相手の目をまっすぐ見て話すことが苦手です。

いつも少し下を向いてしまったり、斜め上の上空を見つめたりします。

声が小さい

不安な気持ちを持つ人は、同じく、自分の言葉を発することも苦手です。

自分が話した時、相手がどういう反応をするか読めなくて不安になるためです。

そのため、話す時は、声が小さくなったり、短い単語で相手のリアクションを待ちながら話したりします。

そして、それを聞いた相手が「この人自信ないのかな?大丈夫か?

と思い、微妙なりアクションを取ることで、不安な人は余計に不安になるという無限ループに陥るのです。

必要以上に物事を深読みしてしまう

いつも不安を抱える人は、不安を解消しようとして、物事を深読みする傾向にあります。

予め相手の反応や起こり得る事態を把握しておきたいためです。

「◯◯さんならこんな風に言うだろう」「そこで◯◯さんが助け舟を出すだろう」とか、会話の流れまでシミュレートしようとします。

そのため、仕事の場面では、先読みして行動を起こしたり、顧客のニーズを捉えたりすることが得意で、職場で重宝がられますが、決して自信を持って仕事に取り組むことがありません。

昔の失敗を引きずる

不安な人は、昔失敗したのと同じ場面に出くわすとさらに不安な気持ちが強くなります。

車の運転で以前車をぶつけてしまった道を避けて通ったり、若い時失敗したことがある仕事を避けたりします。

「次からは気をつけよう」ではなく、「また失敗したらどうしよう」という気持ちが勝るのです。

言われたことが心に残り続ける

常に不安な人は、昔人から言われたことをいつまでも覚えていて繰り返し思い出します。

その人と全く別の場面で遭遇した場合も「あの時こう言われたから」と考えます。

特に自分に取ってネガティブなことを言われた場合、一生のトラウマになることもあります。

一つのことを考え出すと止まらない

不安が強い人は、何か問題や課題がある時、それが解決するまで、考えをやめることができません。

問題が不安となり心を占めてしまいます。

楽天的な人が「まあいいか」と考えを切り替えられるのに対し、不安な人は、ずっと悩み続けます。

アドバイスや忠告が耳に入らない

いつも不安な人は、悩みごとに対して、人から聞いたアドバイスや忠告を耳に入れることができません。

「こうすればいいよ」と言われても、「でもこういう場合はどうだろう」「でももしこんなことが起こったら」という杞憂の心配が次から次へと湧いて来るからです。

いつも不安な人にアドバイスや忠告をする場合、言い放しではなく、その人の抱えている問題や悩みに一緒に取り組んであげるくらいの覚悟が必要となります。

依存する人を探してしまう。

常に不安な人は、その不安を解消してくれるような言葉を投げかけてくれる人や一緒に悩みを解決しようとしてくれる人を好みます。

そしてその人といると安心するため、べったりとそばにいようとします。

そのため、仲良くなる人とは、恋人でも友人でもとことん仲良くなりますが、一度裏切られてしまったと思うと、怒りをぶつけ、その人を拒絶します。

そうしていくうちに、極端に人付き合いの幅が狭まっていきます。

モノに依存してしまう

かと言って、そのような都合の良い人はそうそう現れません。

その場合、常に不安な人は、モノに依存してしまいます。

タバコや酒を好んだり、ギャンブルに走ったりして不安を忘れようとしがちです。

積極的に物事に関わろうとしない

不安の強い人は、失敗やネガティブな発言を恐れるため、積極的に物事に関わろうとしません。

職場や学校でも最低限の仕事や授業だけこなして飲み会や部活などの余暇の活用は避けようとします。

確実に不安がない自宅などの空間にいる時間を確保して不安を解消しようと努力します。

過去にトラウマ的な経験をしている

いじめにあったり両親と早くに離れてしまったりというトラウマ的な経験を過去にしている場合、心に不安を抱えてそれが離れなくなってしまうことが起こりやすくなります。

他人の悪いところや怒りに触れすぎてしまうとそれが恐ろしくなり、人の反応を気にして不安になりやすくなります。

不安な人にとって、一番の不安のたねは、他人との関わり合いです。

相手が自分にとって何か恐怖に感じるような反応を取ったり、恐ろしいことを言ったりするのでは、という気持ちが強く不安な気持ちから離れることができなくなります。

もしあたなの回りにこの記事の特徴に当てはまるような人がいる場合、まずはそっと見守ってあげましょう、そしてその人が何か話したそうな時は「どうしたの?」と声をかけてあげてください。

常に不安な人は程よい距離で静かに話ができる仲間を求めているかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-