【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519154820.html
切れやすい人の特徴

切れやすい人の特徴 | LADYCO

LADYCO
切れやすい人の特徴

すぐにキレる人は、何をそんなにいきり立っているのだろうと思うほど、些細なことでも顔を真っ赤にして、怒鳴り散らしたり、手近なものを投げ散らかしたりと、恨めしい限りです。

その特徴は、どんなところにあるのでしょうか。

  • 自己防衛力が強い
  • プライドが高い
  • 視野が狭い
  • 強がっている小心者
  • 些細なことからでも、優位に立とうとする
  • 思い通りにする
  • 周りの目が気になる
  • 思い通りに進めたい
  • ストレスの蓄積
  • マイナス思考で他人を見る
  • 非定型うつ病
  • 脳内の前頭前野の発達不足
  • ホルモンのバランス
  • 育ってきた環境
  • まとめ

1. 自己防衛力が強い

自己防衛力が強い

キレやすい人は、自分を守ろうとする意識が強く、周りから攻められないように、質問や意見攻めに合わないように、攻撃こそが最大の防御とばかりに、他の人の考えや意見に対して口をはさみます。

ところが、逆に、自分に矛先が向けられると、突然、キレて矛先を向けた人を中心に、罵倒するようになり、時には、その場を後に出て行ってしまうこともあります。

2. プライドが高い

プライドが高い

自分が絶対で、自分が最高に可愛く、全てが、自分中心にまわっていると考えている気配があります。

そのため、その点から、否定されたり、異を唱えられたりすると、自分を正当化するために、非常に強い態度で反論し、それが、徐々にエスカレートして、最終的には、争点となっている点に関して、必要以上に反応した姿が、キレているという姿になる訳です。

3. 視野が狭い

視野が狭い

自分が絶対であり、自分は全て正しいという立場に立っていますから、自分が中心に位置付いていないような印象をうけたりとか、話題がうまくかみ合っていないような印象をうけたりといった時に、自分がのけ者にされたように思えて、不満をぶちまけるようです。

もう少し広く冷静に見れば、だれも阻害してはいないのですが、自分が、自分がという狭い視野からの判断ですので、結果、キレることになります。

4. 強がっている小心者

強がっている小心者

大声で怒鳴り散らし、場の雰囲気を壊しても、平然と我がもの顔ですが、輪の中に「なにぃ、文句あるのか」と、語気を強める人が現れると、態度は急変し、先ほどの罵声はどうなったのか、嘘のように静まり、こそこそと影を隠すような行動にでることがあります。

同じように、場の中に、自分より上だと考える人がいると、いつもの様子は見られず、借りてきた猫同然で、本来は、小心者であることが、見て取れます。

5. 些細なことからでも、優位に立とうとする

些細なことからでも、優位に立とうとする

本質とはあまり関係のない、枝葉末節のほんの些細なことや、どうでもよいようなことでクレームを付けたり、人の揚げ足を取ったりすることを通してまでも、自分が優位に立つようにします。

何とかして、自分が優位に立てる根拠を見付けようとするほど、一番でないと気が済まないのです。

6. 思い通りにする

思い通りにする

自分の思い通りに進められないと、何かしら不安で、落ち着かないのです。

それで、大声を出すことによって、もう何を言っても聴く耳を持っていないし、ギャーギャーうるさいので言うようにしておこうという戦意喪失の雰囲気が生まれれば、自分の思い通りに事が運ぶようになり、キレ儲けとなります。

7. 周りの目が気になる

周りの目が気になる

異常なくらいに周りの目が気になるタイプです。

他者からの評価が、常に気になるようで、意外と肝っ玉は、小さいのかもしれません。

だからといって、他者からどう見られているか、思われているがまま、素直に受け取ればよいのですが、そうそううまくは、いきません。

自分が思う姿と違うことに腹立たしさを感じると、思い通りにならないくやしさと、評価されないくやしさで、我慢できないキレにつながります。

8. 思い通りに進めたい

思い通りに進めたい

自分の思うように物事を進めたいという意識が強く、そのことがワァワァ先んじて言うことによって、自分のおの意向が通ることにつながり、落ち着いて物事の処理に当たれるようになってくるのです。

9. ストレスの蓄積

ストレスの蓄積

週の終わりなどに、一週間くらいの勤務先や家庭生活の中から、あるいは、テレビや新聞の報道などから、少しずつ蓄積されていったストレスが、何かしら勘に触るような小さなきっかけを引き金にして、堰を切ったように放出された様子の一種でもあります。

10. マイナス思考で他人を見る

マイナス思考で他人を見る

他人の失敗は、どんなに些細なことでも許せず、くどくどと叱責する傾向にあり、何かにつけて、文句やクレームをつける存在でもあります。

どうでもいいようなことにこだわり、長々と引きずるのは、心の狭い証拠でもあります。

視野の狭さと同様に、心も狭いようです。

11. 非定型うつ病

非定型うつ病

イライラしたり、落ち込んだり、不安になったりしたかと思うと、何かをきっかけに、今までの落ち込みが嘘のように明るく元気になったりと、まるでお天気のように、くるくる気分が変わるので、別名「お天気屋うつ病」とも言われる症状にもキレやすい人は似ています。

何かしら、心が一定しておらず、ほんの小さなきっかけで、がらりと気分が変わるという特徴をもっています。

12. 脳内の前頭前野の発達不足

脳内の前頭前野の発達不足

脳の中にある前頭前野と呼ばれる部分は、人間の欲望とか感情を抑える働きをする部分です。

脳が発達する中でも、最も遅くまで発達するのにかかるそうで、10代の終わり頃までかけて、発達するそうです。

何かとキレやすい人は、何らかの理由で、この部分の発達が、まだ遅れているか、不足しているのではないかとも考えられます。

13. ホルモンのバランス

ホルモンのバランス

精神の安定に関係するセロトニンという女性ホルモンのバランスが悪いために、すぐにイライラしたり、ちょっとしたことが気にいらなかったりして、キレるのではないでしょうか。

14. 育ってきた環境

育ってきた環境

自分が、これまで育ってきた環境の中で、特に、幼少期に十分な愛情を受けて育ってきていないのではないでしょうか。

十分な愛情を受けてこられなかった分、不安や猜疑心が芽生え、知らず識らずの内に、疑り深い心理が働きやすい、起きやすい気持ちのもちようになっているのではないでしょうか。

その結果として、不満が爆発しやすい、いわゆるキレやすい性格になっているようです。

まとめ

キレやすい性格の人は、どうしても人間関係が狭くなり、限定されてきます。

なぜなら、いつ爆発するか分からない人とビクビクしながら付き合うのは大変ですし、場所や時間もお構いなしにキレるので、迷惑もかけますし、迷惑もかかります。

「触らぬ神に祟りなし」根底から付き合わないことです。

ところが、それがまた、キレる要因となり、さらに友達を失うといういたちごっこになっているのです。

その自覚をもたないとこの性格は、簡単には直りません。

すぐにキレる人は、何をそんなにいきり立っているのだろうと思うほど、些細なことでも顔を真っ赤にして、怒鳴り散らしたり、手近なものを投げ散らかしたりと、恨めしい限りです。

その特徴は、どんなところにあるのでしょうか。


自己防衛力が強い

キレやすい人は、自分を守ろうとする意識が強く、周りから攻められないように、質問や意見攻めに合わないように、攻撃こそが最大の防御とばかりに、他の人の考えや意見に対して口をはさみます。

ところが、逆に、自分に矛先が向けられると、突然、キレて矛先を向けた人を中心に、罵倒するようになり、時には、その場を後に出て行ってしまうこともあります。

プライドが高い

自分が絶対で、自分が最高に可愛く、全てが、自分中心にまわっていると考えている気配があります。

そのため、その点から、否定されたり、異を唱えられたりすると、自分を正当化するために、非常に強い態度で反論し、それが、徐々にエスカレートして、最終的には、争点となっている点に関して、必要以上に反応した姿が、キレているという姿になる訳です。

視野が狭い

自分が絶対であり、自分は全て正しいという立場に立っていますから、自分が中心に位置付いていないような印象をうけたりとか、話題がうまくかみ合っていないような印象をうけたりといった時に、自分がのけ者にされたように思えて、不満をぶちまけるようです。

もう少し広く冷静に見れば、だれも阻害してはいないのですが、自分が、自分がという狭い視野からの判断ですので、結果、キレることになります。

強がっている小心者

大声で怒鳴り散らし、場の雰囲気を壊しても、平然と我がもの顔ですが、輪の中に「なにぃ、文句あるのか」と、語気を強める人が現れると、態度は急変し、先ほどの罵声はどうなったのか、嘘のように静まり、こそこそと影を隠すような行動にでることがあります。

同じように、場の中に、自分より上だと考える人がいると、いつもの様子は見られず、借りてきた猫同然で、本来は、小心者であることが、見て取れます。

些細なことからでも、優位に立とうとする

本質とはあまり関係のない、枝葉末節のほんの些細なことや、どうでもよいようなことでクレームを付けたり、人の揚げ足を取ったりすることを通してまでも、自分が優位に立つようにします。

何とかして、自分が優位に立てる根拠を見付けようとするほど、一番でないと気が済まないのです。

思い通りにする

自分の思い通りに進められないと、何かしら不安で、落ち着かないのです。

それで、大声を出すことによって、もう何を言っても聴く耳を持っていないし、ギャーギャーうるさいので言うようにしておこうという戦意喪失の雰囲気が生まれれば、自分の思い通りに事が運ぶようになり、キレ儲けとなります。

周りの目が気になる

異常なくらいに周りの目が気になるタイプです。

他者からの評価が、常に気になるようで、意外と肝っ玉は、小さいのかもしれません。

だからといって、他者からどう見られているか、思われているがまま、素直に受け取ればよいのですが、そうそううまくは、いきません。

自分が思う姿と違うことに腹立たしさを感じると、思い通りにならないくやしさと、評価されないくやしさで、我慢できないキレにつながります。

思い通りに進めたい

自分の思うように物事を進めたいという意識が強く、そのことがワァワァ先んじて言うことによって、自分のおの意向が通ることにつながり、落ち着いて物事の処理に当たれるようになってくるのです。

ストレスの蓄積

週の終わりなどに、一週間くらいの勤務先や家庭生活の中から、あるいは、テレビや新聞の報道などから、少しずつ蓄積されていったストレスが、何かしら勘に触るような小さなきっかけを引き金にして、堰を切ったように放出された様子の一種でもあります。

マイナス思考で他人を見る

他人の失敗は、どんなに些細なことでも許せず、くどくどと叱責する傾向にあり、何かにつけて、文句やクレームをつける存在でもあります。

どうでもいいようなことにこだわり、長々と引きずるのは、心の狭い証拠でもあります。

視野の狭さと同様に、心も狭いようです。

非定型うつ病

イライラしたり、落ち込んだり、不安になったりしたかと思うと、何かをきっかけに、今までの落ち込みが嘘のように明るく元気になったりと、まるでお天気のように、くるくる気分が変わるので、別名「お天気屋うつ病」とも言われる症状にもキレやすい人は似ています。

何かしら、心が一定しておらず、ほんの小さなきっかけで、がらりと気分が変わるという特徴をもっています。

脳内の前頭前野の発達不足

脳の中にある前頭前野と呼ばれる部分は、人間の欲望とか感情を抑える働きをする部分です。

脳が発達する中でも、最も遅くまで発達するのにかかるそうで、10代の終わり頃までかけて、発達するそうです。

何かとキレやすい人は、何らかの理由で、この部分の発達が、まだ遅れているか、不足しているのではないかとも考えられます。

ホルモンのバランス

精神の安定に関係するセロトニンという女性ホルモンのバランスが悪いために、すぐにイライラしたり、ちょっとしたことが気にいらなかったりして、キレるのではないでしょうか。

育ってきた環境

自分が、これまで育ってきた環境の中で、特に、幼少期に十分な愛情を受けて育ってきていないのではないでしょうか。

十分な愛情を受けてこられなかった分、不安や猜疑心が芽生え、知らず識らずの内に、疑り深い心理が働きやすい、起きやすい気持ちのもちようになっているのではないでしょうか。

その結果として、不満が爆発しやすい、いわゆるキレやすい性格になっているようです。

キレやすい性格の人は、どうしても人間関係が狭くなり、限定されてきます。

なぜなら、いつ爆発するか分からない人とビクビクしながら付き合うのは大変ですし、場所や時間もお構いなしにキレるので、迷惑もかけますし、迷惑もかかります。

「触らぬ神に祟りなし」根底から付き合わないことです。

ところが、それがまた、キレる要因となり、さらに友達を失うといういたちごっこになっているのです。

その自覚をもたないとこの性格は、簡単には直りません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-