【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519145317.html
金運がある人の特徴

金運がある人の特徴 | LADYCO

LADYCO
金運がある人の特徴

金運がある人は、ふっくらとした丸顔で、耳たぶが大きく、眉毛がふさふさしていると言われても、今更、容姿を替えるわけにもいきませんので、それ以外の所で、金運のある人の特徴を探ってみましょう。

  • お金を大切に扱う
  • お金が好きで、無駄に使わない
  • よく笑い、口角が上がっている
  • 感謝の言葉をよく口にする
  • お金への感謝も忘れない
  • 周りの人を大切にする
  • 見栄をはらない
  • 本をよく読む
  • ピンチでも前向きに考える
  • 何事にも親切である
  • 背筋が伸びて、姿勢がよい
  • 無理をして買わない
  • 語るよりも聞く
  • まとめ

1. お金を大切に扱う

お金を大切に扱う

ズボンのお尻のポケットから、無造作にお札の束を引き出して、支払いを済ませるようなことは、絶対にしません。

同じように、チャックが壊れたり、表面の皮には無数のキズがあったり、一部はげているところがあるような財布から支払いを済ませるようなこともありません。

きちんとした質の良さそうな財布から出して、支払いを済ませます。

その際に、注意して財布の中のお札を見ると、一万円札、五千円札、千円札と、額面毎にきちんと揃えられています。

さらによく見ると、お札の向きも揃っています。

お金によって、今の幸せな暮らしが得られていることを熟知しているので、何よりお金を大切に扱い、粗末にしません。

2. お金が好きで、無駄に使わない

お金が好きで、無駄に使わない

いつ何時も、お金を大切に扱い、無駄に使いません。

街で見かけた気になる商品も通信販売で見付けた商品も、すぐにその場で購入するような、衝動買い的なお金の使い方は、決してしません。

代価に値するだけのファッション性があるか、機能性があるか、徹底したコスパをじっくり考えて、購入します。

だから、購入した後で、「かえって邪魔になるね」と、物置の場所ふさぎにしかならなかったりしません。

高くてもよいものを購入します。

3. よく笑い、口角が上がっている

よく笑い、口角が上がっている

金運がよくてお金がまわっているからかもしれませんが、口角が上がりぎみなので、いつも温和な笑顔をしているように見えます。

さらに、よく笑い、大きな声ではないのですが、よく通る太い声で話します。

そこからも裕福な感じや自信の表れを感じ取らせます。

4. 感謝の言葉をよく口にする

感謝の言葉をよく口にする

食事をしたレストランで「ごちそうさま。

美味しかったよ。

ありがとう」
頼まれた書類を持って行くと「ありがとう」と、様々な場所、場面で、心からの感謝の言葉を口にします。

閉まりかけたエレベーターのドアを開けてあげても「ありがとう」と、いつ何時も、感謝の言葉を忘れません。

5. お金への感謝も忘れない

お金への感謝も忘れない

使ったお金への感謝も忘れずに、感謝の言葉をそえます。

品物であれば「これを買って、便利になって良かった」食事に行けば「お寿司が美味しくて良かった」旅行にでかければ「楽しい思い出ができて良かった」友達へプレゼントをすれば「あんなに喜んでもらって良かった」と、有意義に使えたお金への感謝も忘れません。

6. 周りの人を大切にする

周りの人を大切にする

身の回りにいる友人、知人をとても大切にします。

それは、何か困った時や気分が落ち込んだ時などに、金銭面からでも精神面からでも、助けてくれる強い味方になってくれるからです。

勿論、そのためには、日頃からよい関係を作っておくことが大事で、そういった先行投資には、お金を使うことを惜しみません。

7. 見栄をはらない

見栄をはらない

「見て、最新型スマホだぜ」などと、いくら人が自慢しても動じません。

常に、人に左右されるのではなく、自分で考え、判断してお金を使います。

誰でも持っているから自分もと、購入はしてみたものの、自分には不必要だったということは、よくあることです。

その必要がなければ、数百万円もするような時計を腕に巻くようなことはしません。

まして、それが単なる見栄なら、なおさらです。

8. 本をよく読む

本をよく読む

確かな自分の考えを持つために、人に左右されず自分の考えで判断するために、多くの人のものの見方や考え方に触れておくことは、とても大事なことです。

その手っ取り早い方法は、本を読むことによって、様々な情報や考え方を得ることです。

移動の電車の中や人を待つときなどの隙間時間をうまく利用して、本当に、よく本を読んでいます。

9. ピンチでも前向きに考える

ピンチでも前向きに考える

ピンチに陥った時に、落ち込んだりネガティブになったりするのではなく、逆に、ここからさらに下ることはない、上がるしかないのだからとポジティブに考え、前向きな思考をします。

落ち込んで、暗い処には、貧乏神が寄ってきます。

ピンチだからこそ明るくの精神で、日頃から、よい関係を作っている周囲の人の力も借りて、再構築していきます。

10. 何事にも親切である

何事にも親切である

いろいろなことに感謝の気持ちを忘れないのと同様に、誰に対しても、親切です。

よく気が付き、ちょっとしたことにも、さりげない配慮が見られます。

立食パーティの会場でも、、高齢の方が目に付けば、さりげなく壁際に椅子を用意するなど、優しさが行動に表れています。

11. 背筋が伸びて、姿勢がよい

背筋が伸びて、姿勢がよい

背筋がピンと、気持ちよいほど伸びていて、胸を張って歩くので、端から見ると、いかにも裕福そうで、堂々とした、自信に満ちあふれている人物に見えます。

よく貧相な格好といいますが、貧相な容姿では、貧乏神しか寄ってきません。

背筋をピンと伸ばして、胸を張って堂々と歩くことで、金運をたぐり寄せましょう。

12. 無理をして買わない

無理をして買わない

自分の生活サイズではないものを、欲しいからという理由だけで購入すると、結局、そこだけが浮いてしまって、結果として、粗大ゴミや納戸の場所ふさぎになってしまいます。

金運のある人は、こうした無駄金を使いません。

自分の収入、貯蓄とよく相談をして、無理な買い物は、決してしませんし、無理な買い物もしません。

13. 語るよりも聞く

語るよりも聞く

自分が、何かおしゃべりをする、語るというよりも、聞き手にまわることの方が多いようです。

聞き手にまわることで、様々な情報を得ることができます。

語る人の話の内容や語り方で、その人の人柄や考えていること、好みなどが分かります。

また、自分の知らなかった世界や情報に触れることができます。

会話の場は、人と人とのつながりを作る場であると同時に、とても大事な情報収集の場でもあるのです。

まとめ

金運のある人は、無駄なお金は使いませんが、自分で判断して、先行き展望が見えるものに対しては、先行投資を惜しみません。

「お金は、天下の回りもの」ため込むばかりでは増えません。

お金の流れを作ってこそ、お金が流れてきます。

金運のある人は、お金をとても大事にします。

そして、無駄なお金は使いませんが、有効と判断したら、惜しみなく使います。

その点では、ケチとは全く違います。

お金への感謝を忘れない、有効なお金の使途を見抜く名人でもあります。

金運がある人は、ふっくらとした丸顔で、耳たぶが大きく、眉毛がふさふさしていると言われても、今更、容姿を替えるわけにもいきませんので、それ以外の所で、金運のある人の特徴を探ってみましょう。


お金を大切に扱う

ズボンのお尻のポケットから、無造作にお札の束を引き出して、支払いを済ませるようなことは、絶対にしません。

同じように、チャックが壊れたり、表面の皮には無数のキズがあったり、一部はげているところがあるような財布から支払いを済ませるようなこともありません。

きちんとした質の良さそうな財布から出して、支払いを済ませます。

その際に、注意して財布の中のお札を見ると、一万円札、五千円札、千円札と、額面毎にきちんと揃えられています。

さらによく見ると、お札の向きも揃っています。

お金によって、今の幸せな暮らしが得られていることを熟知しているので、何よりお金を大切に扱い、粗末にしません。

お金が好きで、無駄に使わない

いつ何時も、お金を大切に扱い、無駄に使いません。

街で見かけた気になる商品も通信販売で見付けた商品も、すぐにその場で購入するような、衝動買い的なお金の使い方は、決してしません。

代価に値するだけのファッション性があるか、機能性があるか、徹底したコスパをじっくり考えて、購入します。

だから、購入した後で、「かえって邪魔になるね」と、物置の場所ふさぎにしかならなかったりしません。

高くてもよいものを購入します。

よく笑い、口角が上がっている

金運がよくてお金がまわっているからかもしれませんが、口角が上がりぎみなので、いつも温和な笑顔をしているように見えます。

さらに、よく笑い、大きな声ではないのですが、よく通る太い声で話します。

そこからも裕福な感じや自信の表れを感じ取らせます。

感謝の言葉をよく口にする

食事をしたレストランで「ごちそうさま。

美味しかったよ。

ありがとう」
頼まれた書類を持って行くと「ありがとう」と、様々な場所、場面で、心からの感謝の言葉を口にします。

閉まりかけたエレベーターのドアを開けてあげても「ありがとう」と、いつ何時も、感謝の言葉を忘れません。

お金への感謝も忘れない

使ったお金への感謝も忘れずに、感謝の言葉をそえます。

品物であれば「これを買って、便利になって良かった」食事に行けば「お寿司が美味しくて良かった」旅行にでかければ「楽しい思い出ができて良かった」友達へプレゼントをすれば「あんなに喜んでもらって良かった」と、有意義に使えたお金への感謝も忘れません。

周りの人を大切にする

身の回りにいる友人、知人をとても大切にします。

それは、何か困った時や気分が落ち込んだ時などに、金銭面からでも精神面からでも、助けてくれる強い味方になってくれるからです。

勿論、そのためには、日頃からよい関係を作っておくことが大事で、そういった先行投資には、お金を使うことを惜しみません。

見栄をはらない

「見て、最新型スマホだぜ」などと、いくら人が自慢しても動じません。

常に、人に左右されるのではなく、自分で考え、判断してお金を使います。

誰でも持っているから自分もと、購入はしてみたものの、自分には不必要だったということは、よくあることです。

その必要がなければ、数百万円もするような時計を腕に巻くようなことはしません。

まして、それが単なる見栄なら、なおさらです。

本をよく読む

確かな自分の考えを持つために、人に左右されず自分の考えで判断するために、多くの人のものの見方や考え方に触れておくことは、とても大事なことです。

その手っ取り早い方法は、本を読むことによって、様々な情報や考え方を得ることです。

移動の電車の中や人を待つときなどの隙間時間をうまく利用して、本当に、よく本を読んでいます。

ピンチでも前向きに考える

ピンチに陥った時に、落ち込んだりネガティブになったりするのではなく、逆に、ここからさらに下ることはない、上がるしかないのだからとポジティブに考え、前向きな思考をします。

落ち込んで、暗い処には、貧乏神が寄ってきます。

ピンチだからこそ明るくの精神で、日頃から、よい関係を作っている周囲の人の力も借りて、再構築していきます。

何事にも親切である

いろいろなことに感謝の気持ちを忘れないのと同様に、誰に対しても、親切です。

よく気が付き、ちょっとしたことにも、さりげない配慮が見られます。

立食パーティの会場でも、、高齢の方が目に付けば、さりげなく壁際に椅子を用意するなど、優しさが行動に表れています。

背筋が伸びて、姿勢がよい

背筋がピンと、気持ちよいほど伸びていて、胸を張って歩くので、端から見ると、いかにも裕福そうで、堂々とした、自信に満ちあふれている人物に見えます。

よく貧相な格好といいますが、貧相な容姿では、貧乏神しか寄ってきません。

背筋をピンと伸ばして、胸を張って堂々と歩くことで、金運をたぐり寄せましょう。

無理をして買わない

自分の生活サイズではないものを、欲しいからという理由だけで購入すると、結局、そこだけが浮いてしまって、結果として、粗大ゴミや納戸の場所ふさぎになってしまいます。

金運のある人は、こうした無駄金を使いません。

自分の収入、貯蓄とよく相談をして、無理な買い物は、決してしませんし、無理な買い物もしません。

語るよりも聞く

自分が、何かおしゃべりをする、語るというよりも、聞き手にまわることの方が多いようです。

聞き手にまわることで、様々な情報を得ることができます。

語る人の話の内容や語り方で、その人の人柄や考えていること、好みなどが分かります。

また、自分の知らなかった世界や情報に触れることができます。

会話の場は、人と人とのつながりを作る場であると同時に、とても大事な情報収集の場でもあるのです。

金運のある人は、無駄なお金は使いませんが、自分で判断して、先行き展望が見えるものに対しては、先行投資を惜しみません。

「お金は、天下の回りもの」ため込むばかりでは増えません。

お金の流れを作ってこそ、お金が流れてきます。

金運のある人は、お金をとても大事にします。

そして、無駄なお金は使いませんが、有効と判断したら、惜しみなく使います。

その点では、ケチとは全く違います。

お金への感謝を忘れない、有効なお金の使途を見抜く名人でもあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-