【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519145256.html
職場でいじめられる人の特徴

職場でいじめられる人の特徴 | LADYCO

LADYCO
職場でいじめられる人の特徴

職場でいじめられてしまう人には、こんな共通点があります。

今回は、職場でいじめに遭いやすい人の10の特徴をご紹介します。

  • 嫉妬の対象になりやすい
  • 性格が大人しい
  • 過剰な気遣いをしてしまう
  • 仕事ができない
  • ネガティブ思考
  • 空気を読めない
  • 集団行動が苦手で一人行動が好き
  • 長いものに巻かれない
  • 子供っぽい性格で自立していない
  • コミュニケーション能力が乏しい
  • まとめ

1. 嫉妬の対象になりやすい

嫉妬の対象になりやすい

見た目や若さ、学歴、語学力、飛びぬけて仕事ができるなど、他人が羨むような要素を持っている人は職場でいじめの対象になりやすいと言えます。

ちょっとした言動もコンプレックスを感じている人には「自分たちを馬鹿にしているんだ」「自分の有能さを見せびらかしているんだ」などと解釈されてしまうこともあります。

2. 性格が大人しい

性格が大人しい

自己主張をしない大人しい人は「何でも自分の言うことを聞いてくれる」と思われて人のやりたがらない仕事を押し付けられたり、弱い立場に置かれてしまったりと、いじめのターゲットになりやすいのです。

特に新入社員や派遣、アルバイト、パートなど立場の低い人がいじめに遭いやすくなります。

3. 過剰な気遣いをしてしまう

過剰な気遣いをしてしまう

人に迷惑をかけないよう気遣うあまり無駄な言動が多く「すみません」が口癖になっていたり、いつもオドオドしているタイプは周囲に「面倒くさい」と思われいじめられてしまうことがあります。

このタイプは一見人を気遣っているようでその実相手に嫌われないようビクビクしており、そのネガティブな気持ちが周囲に伝わってしまうのです。

自分のすべき仕事をしっかりやっていれば大丈夫なので、自分に非がない時は特に謝ったりせず、毅然とした態度でいるようにしましょう。

また、人前でオドオドしてしまうのは自分に自信がない証拠でもあるので、何か自信がつくことを頑張ってみるのもおすすめです。

4. 仕事ができない

仕事ができない

時間がかかる、ミスが多い、段取りが悪いなど仕事ができないと周りの人をイライラさせてしまい、怒りやストレスをぶつけられてしまうこともあります。

周囲から強く叱責されることで萎縮してしまい、さらにミスが増えてしまうという悪循環に陥ってしまうなんてことも。

仕事の優先順位を付ける、一つ一つ確実に終わらせる、納期を考えながら仕事を進めるなど、冷静に頭を使って仕事をこなすようにすれば段々コツがつかめて周囲に迷惑をかけることもなくなるでしょう。

5. ネガティブ思考

ネガティブ思考

ネガティブ思考の人は過ぎたことにくよくよしたり、「どうせ自分なんて」と思っていたり、ミスを指摘するとすぐ不機嫌になってしまいます。

こういったタイプは周囲から面倒くさい人だと思われてしまい、「でも、お前の方が悪いんだぞ」と他人から攻撃されてしまいがちです。

「でも」「どうせ」などネガティブなワードを使う代わりに「だから」「おかげで」などポジティブな言葉を口にするよう心掛けてみましょう。

6. 空気を読めない

空気を読めない

特に日本人は和を乱す人を嫌う傾向にあるので、空気が読めなかったりいちいち言葉にしないと理解できなかったり協調性がなかったりする人は、職場で孤立しがちです。

また、新しく入った人がその職場の暗黙のルールを知らなかったために、前からそこにいる人たちの神経を逆なでしてしまうこともあります。

仕事をしているときは自分本位にならず、周囲の人のことや仕事の全体の進捗状況なども鑑みて、広い視点で物事を考えるようにしましょう。

7. 集団行動が苦手で一人行動が好き

集団行動が苦手で一人行動が好き

集団が苦手で一人で行動するのが好きなタイプも、いじめの標的にされる可能性があります。

いじめをする人は常に集団で行動しグループからのけ者にされるのを恐れており、一人行動を楽しんでいる人の心理を理解することができません。

自分とは違う種類の人間だと感じるので、排除したくなるのです。

8. 長いものに巻かれない

長いものに巻かれない

長いものに巻かれるのが苦手で、何でも本音で発言するタイプの人もいじめに遭いやすくなります。

特に生真面目なタイプほどそのような傾向があります。

とはいえ、相手に媚びたりベタベタ付き合ったりする必要はありませんが、職場では付かず離れず適度な距離で人間関係を保っていく努力を多少はした方が働きやすくなります。

9. 子供っぽい性格で自立していない

子供っぽい性格で自立していない

職場では大人同士の対等な人間関係が求められます。

だから、何かと人に甘えたり、叱責したら泣き出すなどすぐ感情的になったり、子供っぽい喋り方だったり、他人の迷惑を顧みなかったりする精神年齢の幼い自立していない人は周囲の人をイライラさせ、それがいじめに繋がってしまうこともあります。

10. コミュニケーション能力が乏しい

コミュニケーション能力が乏しい

学生時代から対人関係が苦手で人とあまりうまくコミュニケーションを取れず挙動不審になってしまうタイプも、からかわれたりいじめられたりしやすいと言えます。

気持ちよくあいさつする、目を合わせて話す、要点をうまく伝えられるように話し方の訓練をするなど、まずは基本的な部分から改善していく必要があります。

まとめ

いじめはする側が完全に悪いですが、もし自分の言動が周囲に迷惑をかけていたかもしれないと思ったら、改善していくことも大切です。

とはいえ、理不尽ないじめを一人でじっと我慢する必要はまったくありません。

同僚や上司、人事労務に相談するなど早めに対策を講じるようにしましょう。

職場でいじめられてしまう人には、こんな共通点があります。

今回は、職場でいじめに遭いやすい人の10の特徴をご紹介します。


嫉妬の対象になりやすい

見た目や若さ、学歴、語学力、飛びぬけて仕事ができるなど、他人が羨むような要素を持っている人は職場でいじめの対象になりやすいと言えます。

ちょっとした言動もコンプレックスを感じている人には「自分たちを馬鹿にしているんだ」「自分の有能さを見せびらかしているんだ」などと解釈されてしまうこともあります。

性格が大人しい

自己主張をしない大人しい人は「何でも自分の言うことを聞いてくれる」と思われて人のやりたがらない仕事を押し付けられたり、弱い立場に置かれてしまったりと、いじめのターゲットになりやすいのです。

特に新入社員や派遣、アルバイト、パートなど立場の低い人がいじめに遭いやすくなります。

過剰な気遣いをしてしまう

人に迷惑をかけないよう気遣うあまり無駄な言動が多く「すみません」が口癖になっていたり、いつもオドオドしているタイプは周囲に「面倒くさい」と思われいじめられてしまうことがあります。

このタイプは一見人を気遣っているようでその実相手に嫌われないようビクビクしており、そのネガティブな気持ちが周囲に伝わってしまうのです。

自分のすべき仕事をしっかりやっていれば大丈夫なので、自分に非がない時は特に謝ったりせず、毅然とした態度でいるようにしましょう。

また、人前でオドオドしてしまうのは自分に自信がない証拠でもあるので、何か自信がつくことを頑張ってみるのもおすすめです。

仕事ができない

時間がかかる、ミスが多い、段取りが悪いなど仕事ができないと周りの人をイライラさせてしまい、怒りやストレスをぶつけられてしまうこともあります。

周囲から強く叱責されることで萎縮してしまい、さらにミスが増えてしまうという悪循環に陥ってしまうなんてことも。

仕事の優先順位を付ける、一つ一つ確実に終わらせる、納期を考えながら仕事を進めるなど、冷静に頭を使って仕事をこなすようにすれば段々コツがつかめて周囲に迷惑をかけることもなくなるでしょう。

ネガティブ思考

ネガティブ思考の人は過ぎたことにくよくよしたり、「どうせ自分なんて」と思っていたり、ミスを指摘するとすぐ不機嫌になってしまいます。

こういったタイプは周囲から面倒くさい人だと思われてしまい、「でも、お前の方が悪いんだぞ」と他人から攻撃されてしまいがちです。

「でも」「どうせ」などネガティブなワードを使う代わりに「だから」「おかげで」などポジティブな言葉を口にするよう心掛けてみましょう。

空気を読めない

特に日本人は和を乱す人を嫌う傾向にあるので、空気が読めなかったりいちいち言葉にしないと理解できなかったり協調性がなかったりする人は、職場で孤立しがちです。

また、新しく入った人がその職場の暗黙のルールを知らなかったために、前からそこにいる人たちの神経を逆なでしてしまうこともあります。

仕事をしているときは自分本位にならず、周囲の人のことや仕事の全体の進捗状況なども鑑みて、広い視点で物事を考えるようにしましょう。

集団行動が苦手で一人行動が好き

集団が苦手で一人で行動するのが好きなタイプも、いじめの標的にされる可能性があります。

いじめをする人は常に集団で行動しグループからのけ者にされるのを恐れており、一人行動を楽しんでいる人の心理を理解することができません。

自分とは違う種類の人間だと感じるので、排除したくなるのです。

長いものに巻かれない

長いものに巻かれるのが苦手で、何でも本音で発言するタイプの人もいじめに遭いやすくなります。

特に生真面目なタイプほどそのような傾向があります。

とはいえ、相手に媚びたりベタベタ付き合ったりする必要はありませんが、職場では付かず離れず適度な距離で人間関係を保っていく努力を多少はした方が働きやすくなります。

子供っぽい性格で自立していない

職場では大人同士の対等な人間関係が求められます。

だから、何かと人に甘えたり、叱責したら泣き出すなどすぐ感情的になったり、子供っぽい喋り方だったり、他人の迷惑を顧みなかったりする精神年齢の幼い自立していない人は周囲の人をイライラさせ、それがいじめに繋がってしまうこともあります。

コミュニケーション能力が乏しい

学生時代から対人関係が苦手で人とあまりうまくコミュニケーションを取れず挙動不審になってしまうタイプも、からかわれたりいじめられたりしやすいと言えます。

気持ちよくあいさつする、目を合わせて話す、要点をうまく伝えられるように話し方の訓練をするなど、まずは基本的な部分から改善していく必要があります。

いじめはする側が完全に悪いですが、もし自分の言動が周囲に迷惑をかけていたかもしれないと思ったら、改善していくことも大切です。

とはいえ、理不尽ないじめを一人でじっと我慢する必要はまったくありません。

同僚や上司、人事労務に相談するなど早めに対策を講じるようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-