【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519143733.html
看護師に嫌われる患者の特徴

看護師に嫌われる患者の特徴 | LADYCO

LADYCO
看護師に嫌われる患者の特徴

看護師といえども人間です。

看護師にだって患者の好き嫌いはあります。

看護師は患者にとって身近な存在だからこそ、ないがしろにできない存在です。

そんな看護師たちに嫌われるようなことのないように、日頃から嫌われるようなことをしないように気を付けたいものです。

  • 何度注意しても反省しない患者
  • 空気が読めない患者
  • マナー違反な患者
  • ベッドの上が汚れている患者
  • 旅館の仲居扱いをする患者
  • セクハラする患者
  • 個人情報を聞き出そうとする患者
  • 看護師に罪をなすりつける患者
  • 看護師の悪口を言う患者
  • 看護師に強く、医師に弱い患者
  • まとめ

1. 何度注意しても反省しない患者

何度注意しても反省しない患者

糖分を控えなければならないのに甘いものをこっそりと食べる、喫煙やお酒は厳禁なのに部屋から抜け出して隠れて吸ったり飲んだり…。

看護師が注意しても知らぬ顔をして繰り返す、こんな患者は嫌われます。

医師や看護師は、患者の健康を守るため激務に追われているのに、肝心な患者自身に治そうという気力を感じなければ、仕事のやりがいを無くします。

早くこの患者から解放されたいと願ってしまうのは当然です。

2. 空気が読めない患者

空気が読めない患者

例えば、夜中にスマホをいじる行為は、他の患者のベッドにまで光が洩れたり、静まり返った部屋でパチパチとボタンを押す音はかなりの騒音となります。

こうした他の患者のことを考えない患者は、空気の読めない患者として嫌われます。

迷惑をかけた同じ部屋の患者から、看護師へとクレームがいき、厄介な空気の読めない患者として嫌われてしまいます。

3. マナー違反な患者

マナー違反な患者

洗面所を使っても水を拭き取らず立ち去ったり、医療関係者しか乗れないエレベーターに空いているからと乗ってみるなどの、病院のマナーを無視した行動は嫌われます。

病院のルールは、それなりに理由があるからこそ生まれたルールです。

一人がルールを破ってしまうと、それを見ていた別の患者も真似して同じ行動をとる可能性があります。

ルールを破る患者がいると、病院側としてはかなりの迷惑です。

4. ベッドの上が汚れている患者

ベッドの上が汚れている患者

看護師は患者の下の世話をすることもありますが、それはどうしても世話が必要な人だからこそ、やっているだけのことです。

看護師も人間なので、汚いことに慣れているとはいえ、汚いベッドをみて良い気分にはなりません。

病気などの理由でベッドの周りが片づけられない患者なら仕方がありませんが、自分で整理整頓できるのに片づけないだらしのない患者は嫌われます。

5. 旅館の仲居扱いをする患者

旅館の仲居扱いをする患者

看護師をまるで旅館の仲居を扱うように、身の回りのことを看護師に全てお願いしようとする患者がいます。

看護師はあくまで医療従事者なので、医師が診察しやすいように補助したり管理するのが本来の役目です。

決して患者の身の回りの世話をすることが仕事ではないのです。

病院では自分でできることは自分でするのが基本です。

このような患者に忙しいときに呼ばれると余計に腹立たしい気持ちになります。

6. セクハラする患者

セクハラする患者

看護師は若い女性が多く働く職場のため、たまに勘違いをした男性患者がセクハラ魔と化すことがあります。

セクハラ発言をしたり、看護師の体を触ろうとしたり、自分の体に触れさせようとしたりします。

セクハラする患者を好きな女性は存在しません。

看護師も同じです。

セクハラする患者にあたった看護師は気分が下がります。

7. 個人情報を聞き出そうとする患者

個人情報を聞き出そうとする患者

個人情報を聞き出そうとする患者は嫌われます。

看護師がどこに住んでいるのか、彼氏はいるのか、どこの学校を卒業したかなど、プライベートな話を聞いてくる患者にはなるべく関わりたくないというのが本音です。

患者とはいえ、どんな人なのか分からない人に個人情報を教えたがる人はいません。

看護師と話すときは、当たり障りのない話にしましょう。

8. 看護師に罪をなすりつける患者

看護師に罪をなすりつける患者

病院のルールを無視して注意されたとき、看護師に言われたからやったなどと、看護師に何かと罪をなすりつけてくる患者がいます。

責任は全て看護師にあり、自分には関係ないという態度が見え隠れする患者は嫌われます。

厄介な患者として、看護師に陰でマークされていることでしょう。

9. 看護師の悪口を言う患者

看護師の悪口を言う患者

太っている看護師に「デブの看護師」などとあだ名をつけたり、お局さま的存在の看護師を「ババアの看護師」などと呼ぶ人は嫌われます。

本人は陰でこっそりと話しているつもりでも、狭い生活空間なので看護師の耳に入る可能性は大きいです。

たとえ、自分に対する悪口でなくても、同じ看護師である同僚の悪口を聞くと、自分のこともきっと悪く言われているだろうと思います。

看護師に感謝の念がなく、悪口を叩く患者は看護師に嫌われます。

10. 看護師に強く、医師に弱い患者

看護師に強く、医師に弱い患者

患者によっては、看護師には自分の我儘を言ったり愚痴を言ったりできるけど、医師の前では借りてきた猫のように大人しくなり下手に出ようとする患者がいます。

こうした患者は看護師たちに嫌われます。

看護師の立場を軽視していることがあからさまに分かるからです。

看護師はお手伝いさんではありません。

自分の身の回りの世話をしてもらっているうちに勘違いをする人もいますが、本来は医療従事者です。

自分の命を任せている存在の人を軽視するようなことがあってはなりません。

まとめ

看護師は身近にいる存在だからこそ、いざという時のためにも、仲良くしていた方が得です。

看護師に嫌われないように日頃から感謝の気持ちをもって接するようにしましょう。

看護師といえども人間です。

看護師にだって患者の好き嫌いはあります。

看護師は患者にとって身近な存在だからこそ、ないがしろにできない存在です。

そんな看護師たちに嫌われるようなことのないように、日頃から嫌われるようなことをしないように気を付けたいものです。


何度注意しても反省しない患者

糖分を控えなければならないのに甘いものをこっそりと食べる、喫煙やお酒は厳禁なのに部屋から抜け出して隠れて吸ったり飲んだり…。

看護師が注意しても知らぬ顔をして繰り返す、こんな患者は嫌われます。

医師や看護師は、患者の健康を守るため激務に追われているのに、肝心な患者自身に治そうという気力を感じなければ、仕事のやりがいを無くします。

早くこの患者から解放されたいと願ってしまうのは当然です。

空気が読めない患者

例えば、夜中にスマホをいじる行為は、他の患者のベッドにまで光が洩れたり、静まり返った部屋でパチパチとボタンを押す音はかなりの騒音となります。

こうした他の患者のことを考えない患者は、空気の読めない患者として嫌われます。

迷惑をかけた同じ部屋の患者から、看護師へとクレームがいき、厄介な空気の読めない患者として嫌われてしまいます。

マナー違反な患者

洗面所を使っても水を拭き取らず立ち去ったり、医療関係者しか乗れないエレベーターに空いているからと乗ってみるなどの、病院のマナーを無視した行動は嫌われます。

病院のルールは、それなりに理由があるからこそ生まれたルールです。

一人がルールを破ってしまうと、それを見ていた別の患者も真似して同じ行動をとる可能性があります。

ルールを破る患者がいると、病院側としてはかなりの迷惑です。

ベッドの上が汚れている患者

看護師は患者の下の世話をすることもありますが、それはどうしても世話が必要な人だからこそ、やっているだけのことです。

看護師も人間なので、汚いことに慣れているとはいえ、汚いベッドをみて良い気分にはなりません。

病気などの理由でベッドの周りが片づけられない患者なら仕方がありませんが、自分で整理整頓できるのに片づけないだらしのない患者は嫌われます。

旅館の仲居扱いをする患者

看護師をまるで旅館の仲居を扱うように、身の回りのことを看護師に全てお願いしようとする患者がいます。

看護師はあくまで医療従事者なので、医師が診察しやすいように補助したり管理するのが本来の役目です。

決して患者の身の回りの世話をすることが仕事ではないのです。

病院では自分でできることは自分でするのが基本です。

このような患者に忙しいときに呼ばれると余計に腹立たしい気持ちになります。

セクハラする患者

看護師は若い女性が多く働く職場のため、たまに勘違いをした男性患者がセクハラ魔と化すことがあります。

セクハラ発言をしたり、看護師の体を触ろうとしたり、自分の体に触れさせようとしたりします。

セクハラする患者を好きな女性は存在しません。

看護師も同じです。

セクハラする患者にあたった看護師は気分が下がります。

個人情報を聞き出そうとする患者

個人情報を聞き出そうとする患者は嫌われます。

看護師がどこに住んでいるのか、彼氏はいるのか、どこの学校を卒業したかなど、プライベートな話を聞いてくる患者にはなるべく関わりたくないというのが本音です。

患者とはいえ、どんな人なのか分からない人に個人情報を教えたがる人はいません。

看護師と話すときは、当たり障りのない話にしましょう。

看護師に罪をなすりつける患者

病院のルールを無視して注意されたとき、看護師に言われたからやったなどと、看護師に何かと罪をなすりつけてくる患者がいます。

責任は全て看護師にあり、自分には関係ないという態度が見え隠れする患者は嫌われます。

厄介な患者として、看護師に陰でマークされていることでしょう。

看護師の悪口を言う患者

太っている看護師に「デブの看護師」などとあだ名をつけたり、お局さま的存在の看護師を「ババアの看護師」などと呼ぶ人は嫌われます。

本人は陰でこっそりと話しているつもりでも、狭い生活空間なので看護師の耳に入る可能性は大きいです。

たとえ、自分に対する悪口でなくても、同じ看護師である同僚の悪口を聞くと、自分のこともきっと悪く言われているだろうと思います。

看護師に感謝の念がなく、悪口を叩く患者は看護師に嫌われます。

看護師に強く、医師に弱い患者

患者によっては、看護師には自分の我儘を言ったり愚痴を言ったりできるけど、医師の前では借りてきた猫のように大人しくなり下手に出ようとする患者がいます。

こうした患者は看護師たちに嫌われます。

看護師の立場を軽視していることがあからさまに分かるからです。

看護師はお手伝いさんではありません。

自分の身の回りの世話をしてもらっているうちに勘違いをする人もいますが、本来は医療従事者です。

自分の命を任せている存在の人を軽視するようなことがあってはなりません。

看護師は身近にいる存在だからこそ、いざという時のためにも、仲良くしていた方が得です。

看護師に嫌われないように日頃から感謝の気持ちをもって接するようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-